有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第35期

第36期

第37期

第38期

第39期

決算年月

平成25年5月

平成26年5月

平成27年5月

平成28年5月

平成29年5月

売上高

(千円)

9,455,353

6,601,785

7,501,839

7,767,518

8,289,339

経常利益

(千円)

744,702

422,439

1,162,844

1,293,148

1,054,109

当期純利益

(千円)

412,616

321,389

1,645,193

831,290

872,395

持分法を適用した場合
の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

2,000,792

2,000,792

2,000,792

2,000,792

2,000,792

発行済株式総数

(株)

126,198

12,619,800

12,619,800

12,619,800

12,619,800

純資産額

(千円)

9,459,247

9,428,999

10,692,460

10,411,025

10,813,619

総資産額

(千円)

15,376,472

16,495,944

16,583,714

16,596,483

16,384,223

1株当たり純資産額

(円)

749.56

747.16

847.28

878.58

912.55

1株当たり配当額(1株当たり中間配当額)

(円)

3,000

30

40

35

40

(1,500)

(15)

(15)

(15)

(20)

1株当たり当期純利益

(円)

32.70

25.47

130.37

69.00

73.62

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

61.5

57.2

64.5

62.7

66.0

自己資本利益率

(%)

4.4

3.4

15.4

8.0

8.2

株価収益率

(倍)

19.27

25.05

6.61

11.20

11.65

配当性向

(%)

91.75

117.79

30.68

50.72

54.33

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

3,037,415

303,553

1,210,029

2,944,265

3,082,440

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

58,197

127,484

1,874,643

50,987

13,406

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

1,183,420

779,819

2,244,583

353,395

1,258,080

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

3,800,938

4,404,656

5,250,073

2,604,164

4,415,299

従業員数
〔外、平均臨時雇用者数〕

(名)

35

33

35

37

37

2

2

2

2

2

 

(注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。

2  第35期、第36期、第37期、第38期及び第39期の持分法を適用した場合の投資利益については、持分法を適用すべき関連会社がないため記載しておりません。

3  平成25年12月1日に1株につき100株の株式分割を行いましたが、第35期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。また、第36期の1株当たり配当額及び1株当たり中間配当額につきましては、株式分割後の金額を記載しており、実際の1株当たり中間配当額は1,500円となります。

   4  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5  第37期の1株当たり配当額40円については、特別配当10円を含んでおります。

6 第37期より、従来は「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めていた「現金及び現金同等物に係る換算差額」を独立掲記する方法に変更したため、第36期の関連する主要な経営指標等について当該表示方法の変更を反映した遡及処理後の数値を記載しております。

 

2 【沿革】

現代表取締役社長河合純二は、都内の工務店において建築大工の技能を習得し、昭和45年9月に個人事業としての河合組を創業しました。当時、わが国は空前の建築投資ブームにあったこと、また事業を型枠工事業に特化したことにより順調に事業を拡大することができ、昭和54年6月に有限会社河合工務店(出資金3,000千円)を設立しました。その後、昭和58年6月28日、有限会社河合工務店を組織変更し、株式会社河合工務店(資本金10,000千円、券面額50,000円)を設立しました。

昭和58年6月

総合建築の設計及び施工を目的として株式会社河合工務店を埼玉県越谷市谷中町に設立

昭和59年6月

宅地建物取引業者の埼玉県知事免許を取得

昭和61年4月

本社を埼玉県越谷市南町に移転

昭和61年4月

越谷支店を埼玉県越谷市増森に設置

昭和62年3月

一級建築士事務所の埼玉県知事登録

昭和63年4月

不動産の売買・賃貸借の仲介部門を分離し、トータル情報センター株式会社を設立

平成2年10月

損害保険代理業として事業開始

平成3年9月

建築資金及び住宅購入資金融資のため、貸金業を開始

平成6年10月

中華人民共和国より内装天然石材の直接輸入開始

平成8年1月

カナダより室内ドアの直接輸入開始

平成8年6月

将来の事業構築の基盤として、中華人民共和国に文登中日友好日語職業中等専業学校、私立威海外語学院及び東港中日友好日語普通中等専業学校の中日合弁学校3校を設立(当事業年度末出資比率14.9%)

平成8年12月

中華人民共和国より当社仕様による天然石精密加工のシステムキッチン用部材の直接輸入開始

平成9年3月

千葉県東金市に建築資材、住宅設備機器の加工組立・配送を目的とした物流センター完成

平成11年10月

将来の事業拡大に備え「株式会社河合工務店」から「リベレステ株式会社」へ社名変更

平成12年12月

株式を店頭登録

平成14年4月

高級リゾート分譲マンションとして当社初の「ベルジューレ軽井沢」を発売

平成14年5月

超高層分譲マンションとして当社初の「ベルドゥムール ランドマーク秋田」を発売

平成15年2月

自由設計、自由デザインの戸建オーダーシステムによる「ベルシェモア鎌ヶ谷」を発売

平成16年6月

トータル情報センター株式会社が裏磐梯猫魔ホテルを開業

平成16年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成17年3月

長柄ショッピングリゾート株式会社を取得

平成18年1月

本社を現在地の埼玉県草加市金明町に移転

平成18年5月

子会社ネコマホテル株式会社を設立

平成18年10月

東京支店を日本橋室町から日本橋一丁目に移転

 

 

 

平成19年5月

長柄ショッピングリゾート株式会社の全株式を譲渡

平成20年4月

短期戦略/第1弾・買取再販事業の取得販売

平成21年1月

買取再販事業/習志野台84戸取得販売

平成21年4月

裏磐梯猫魔ホテル事業・㈱星野リゾート運営委託に伴うネコマホテル㈱の株式譲渡

平成21年4月

買取再販事業/西軽井沢88戸の取得販売

平成21年9月

開発事業用地 都内マンション用地取得

平成21年10月

仕掛工事物件 取得開始

平成22年2月

開発事業(仕掛工事物件)「ベルドゥムール 溝の口森林公園」を発売

平成22年9月

開発事業「ベルドゥムール 両国」を発売

平成23年1月

開発事業「ベルドゥムール 東京八丁堀」を発売

平成23年12月

連結子会社「トータル情報センター株式会社」を吸収合併

平成25年3月

カナダに子会社River Sky Homes Co.,Ltdを設立

平成25年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

平成25年7月

当社が所有する「裏磐梯猫魔ホテル」の名称を「星野リゾート 裏磐梯ホテル」へ変更

平成27年1月

当社が所有する「星野リゾート 裏磐梯ホテル」を売却

平成29年5月

開発事業「越谷駅前ビジネスホテル」を発売

 

 

 

3 【事業の内容】

当社及び子会社2社(平成29年5月31日現在)においては、開発事業、建築事業、不動産販売事業、その他事業の4部門に関係する事業を主として行っております。

各事業における当社の位置付け等は次のとおりであります。

 

(1) 開発事業

当部門においては、首都圏において、分譲マンション「ベルドゥムール」シリーズ、及び、戸建分譲住宅「ベルフルーブ」シリーズの企画、設計、施工、販売を行っております。また、当事業年度よりビジネスホテルの開発も行っております。

「ベルドゥムール」シリーズにおいては、建築部門及び躯体工事業の自社施工を活用し、独自のローコストオペレーションを確立してきました。製品の均一化と高品質、低廉な価格の供給を基本的なマンションの付加価値としております。具体的には、自社施工により外注に流れる利益部分を削減し、経験に基づく施工方法を駆使することにより工期を短縮し、実需に基づく商品供給を進めるとともに、販売価格を抑制しやすい地価の高い都心物件を中心にした開発物件の販売をしてまいります。

また、「ベルフルーブ」は、木造2階建ての戸建分譲住宅のシリーズで、「ベルドゥムール」シリーズと同様、基礎及び構造体を重視し、製品の均一化と高品質、低価格の追求を付加価値としており延床面積を30坪前後に設定し、2,000万円台後半から3,000万円台前半で供給しております。

 

(2) 建築事業

当部門においては、請負工事及び注文住宅の企画、設計、施工、また、中高層住宅建設等における型枠工事の施工を行っております。

請負工事及び注文住宅は東武スカイツリーライン沿線(埼玉)を中心に、首都圏において、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の住宅、店舗等を手がけております。また、総合建設業として大型工事、リフォームも当部門において行っております。

型枠工事業は各ゼネコンから受注したマンション及びビル建設等の最も重要な個所である、柱等の構造部分の施工を直接行い、建築物の安全性と製品の均一化に努めております。

 

(3) 不動産販売事業

当部門においては、経済環境・市場ニーズなど、最近の動向を的確に捉えて、一般不動産の販売を行っております。物件の仕入については、経験を活かし柔軟かつ迅速に判断することで他社との競合を減らし、利益率の高い物件の確保に努めております。

 

(4) その他事業

賃貸住宅の仲介・管理及び不動産の売買仲介事業等を行っております。

 

 


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権の所有
割合又は被所有
割合(%)

関係内容

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

㈱ジュンプランニング

埼玉県草加市

98百万円

損害保険代理業

被所有

21.14

当社役員1名(代表取締役社長  河合純二)が役員を兼任しております。

 

(注)  その他の関係会社は、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出しておりません。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成29年5月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

37  (2)

45.9

12.0

6,157

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

開発事業

   12 (2)

建築事業

5

不動産販売事業

9

その他

3

全社(共通)

8

合計

    37 (2)

 

(注) 1  従業員数は、就業人員であり、臨時雇用者数は(  )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2  平均年間給与は賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3  全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(2) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: リベレステ株式会社、2017-05-31 期 有価証券報告書