有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第5期

第6期

第7期

第8期

第9期

決算年月

平成13年5月

平成14年5月

平成15年5月

平成16年5月

平成17年5月

売上高

(千円)

4,535,425

6,998,611

7,312,150

11,291,335

12,564,007

経常利益

(千円)

20,443

557,846

713,900

1,238,870

1,539,655

当期純利益

又は当期純損失(△)

(千円)

△36,953

284,082

390,583

544,079

732,668

純資産額

(千円)

415,766

538,591

1,246,927

2,151,459

4,058,851

総資産額

(千円)

5,726,440

7,994,189

15,865,153

24,428,026

43,671,081

1株当たり純資産額

(円)

125,989.90

160,629.75

130,568.36

54,288.66

49,343.54

1株当たり当期純利益

又は当期純損失(△)

(円)

△12,753.47

85,813.66

56,908.45

14,005.89

9,168.48

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

53,948.47

13,224.43

9,055.01

自己資本比率

(%)

7.3

6.7

7.8

8.8

9.3

自己資本利益率

(%)

59.53

43.75

32.02

23.60

株価収益率

(倍)

10.9

38.6

31.7

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

△1,806,006

1,022,270

926,646

4,085,424

4,054,150

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

△381,228

△2,158,470

△5,377,866

△7,445,634

△19,362,909

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

2,342,959

1,965,774

3,909,956

5,866,841

13,906,814

現金及び現金同等物

の期末残高

(千円)

653,357

1,482,932

941,666

3,451,056

2,049,112

従業員数

〔外、平均臨時

雇用者数〕

(名)

32

〔6〕

65

〔45〕

186

〔56〕

325

〔94〕

606

〔145〕

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 当社は新株引受権付社債および旧商法第280条ノ19の規定に基づく新株引受権残高がありますが、第6期以前の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、当社株式は非上場・非登録でありますので、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。

3 第6期以前の株価収益率については、当社株式は非上場・非登録でありますので記載しておりません。

4 従業員は就業人員であり、従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

5 平成15年1月8日開催の取締役会決議に基づき、平成15年1月31日付をもって普通株式1株を1.4株に分割しております。なお、当該株式分割に伴う影響を加味し、遡及修正を行った場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると以下のとおりとなります。

なお、当該数値のうち第5期については城東監査法人の監査を受けておりません。

回次

第5期

第6期

決算年月

平成13年5月

平成14年5月

(1) 連結経営指標等

 

 

1株当たり純資産額

(円)

89,992.79

114,735.54

1株当たり当期純利益

又は当期純損失(△)

(円)

△9,109.62

61,295.47

6 第7期から「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成14年9月25日 企業会計基準第2号)及び「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会 平成14年9月25日 企業会計基準適用指針第4号)を適用しております。

7 平成15年11月10日開催の取締役会決議に基づき、平成16年2月20日をもって普通株式1株を4株に分割しております。なお、当該株式分割に伴う影響を加味し、遡及修正を行った場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると以下のとおりとなります。

回次

第5期

第6期

第7期

決算年月

平成13年5月

平成14年5月

平成15年5月

(1) 連結経営指標等

 

 

 

1株当たり純資産額

(円)

22,498.20

28,683.89

32,642.09

1株当たり当期純利益

又は当期純損失(△)

(円)

△2,277.41

15,323.87

14,227.11

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

13,487.11

8 平成16年9月22日開催の取締役会決議に基づき、平成16年12月20日をもって普通株式1株を2株に分割しております。なお、当該株式分割に伴う影響を加味し、遡及修正を行った場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると以下のとおりとなります。

回次

第5期

第6期

第7期

第8期

決算年月

平成13年5月

平成14年5月

平成15年5月

平成16年5月

(1) 連結経営指標等

 

 

 

 

1株当たり純資産額

(円)

11,249.10

14,341.94

16,321.05

27,144.33

1株当たり当期純利益

又は当期純損失(△)

(円)

△1,138.70

7,661.93

7,113.56

7,002.95

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

6,743.56

6,612.22

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第5期

第6期

第7期

第8期

第9期

決算年月

平成13年5月

平成14年5月

平成15年5月

平成16年5月

平成17年5月

売上高

(千円)

4,494,088

7,051,391

8,965,645

8,536,070

7,691,149

経常利益

(千円)

117,825

427,697

688,722

925,538

1,219,097

当期純利益

(千円)

56,992

254,625

361,452

481,354

655,507

資本金

(千円)

262,500

273,100

488,849

691,575

1,067,698

発行済株式総数

(株)

3,300

3,353

9,550.2

39,769.48

82,905.10

純資産額

(千円)

508,300

714,662

1,393,867

2,235,674

4,065,905

総資産額

(千円)

5,607,323

7,351,676

10,255,168

13,177,269

18,275,834

1株当たり純資産額

(円)

154,030.35

213,141.17

145,954.70

56,413.70

49,429.29

1株当たり配当額

(内、1株当たり

中間配当額)

(円)

(円)

(—)

(—)

2,000

(—)

1,100

(—)

800

(—)

1株当たり当期純利益

(円)

19,669.48

76,915.42

52,663.99

12,391.21

8,202.89

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

50,317.84

11,754.46

8,101.37

自己資本比率

(%)

9.1

9.7

13.6

17.0

22.2

自己資本利益率

(%)

17.3

41.6

34.3

26.5

20.8

株価収益率

(倍)

11.8

43.6

35.5

配当性向

(%)

3.8

8.9

9.8

従業員数

〔外、平均臨時

雇用者数〕

(名)

27

〔3〕

30

〔5〕

42

〔4〕

62

〔7〕

76

〔3〕

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 当社は新株引受権付社債及び旧商法第280条ノ19の規定に基づく新株引受権残高がありますが、第6期以前の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、当社株式は非上場・非登録でありますので、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。

3 第6期以前の株価収益率については、当社株式は非上場・非登録でありますので記載しておりません。

4 従業員は就業人員であり、従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

5 平成15年1月8日開催の取締役会決議に基づき、平成15年1月31日付をもって普通株式1株を1.4株に分割しております。なお、当該株式分割に伴う影響を加味し、遡及修正を行った場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると以下のとおりとなります。

なお、当該数値のうち第5期については城東監査法人の監査を受けておりません。

回次

第5期

第6期

決算年月

平成13年5月

平成14年5月

(2) 提出会社の経営指標等

 

 

1株当たり純資産額

(円)

110,021.68

152,243.69

1株当たり当期純利益

(円)

14,049.63

54,939.59

 

6 第7期から「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成14年9月25日 企業会計基準第2号)及び「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会 平成14年9月25日 企業会計基準適用指針第4号)を適用しております。

7 平成15年11月10日開催の取締役会決議に基づき、平成16年2月20日をもって普通株式1株を4株に分割しております。なお、当該株式分割に伴う影響を加味し、遡及修正を行った場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると以下のとおりとなります。

回次

第5期

第6期

第7期

決算年月

平成13年5月

平成14年5月

平成15年5月

(2)提出会社の経営指標等

 

 

 

1株当たり純資産額

(円)

27,505.42

38,060.92

36,488.68

1株当たり当期純利益

(円)

3,512.41

13,734.90

13,166.00

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

12,579.46

8 平成16年9月22日開催の取締役会決議に基づき、平成16年12月20日をもって普通株式1株を2株に分割しております。なお、当該株式分割に伴う影響を加味し、遡及修正を行った場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると以下のとおりとなります。

回次

第5期

第6期

第7期

第8期

決算年月

平成13年5月

平成14年5月

平成15年5月

平成16年5月

(2)提出会社の経営指標等

 

 

 

 

1株当たり純資産額

(円)

13,752.71

19,030.46

18,244.34

28,206.85

1株当たり当期純利益

(円)

1,756.21

6,867.45

6,583.00

6,195.61

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)

6,289.73

5,877.23

 

 

 

2 【沿革】

 

平成8年6月

 

不動産の価値を向上させる最適なソリューションの提供を目的として東京都新宿区新宿に株式会社ゼクス(資本金1,000万円)を設立

平成8年9月

宅地建物取引業として東京都知事免許取得。(東京都知事(1)第74391号)

建設業として特定建設業免許取得。(東京都知事免許(特-13)第104513号)

不動産コンサルティング事業を開始

平成9年1月

シニアハウジング運営を主目的とする有限会社ゼクス・ビルケアオペレーション(現 株式会社ゼクスコミュニティ)を設立(現連結子会社)

平成13年1月

宅地建物取引業として国土交通大臣免許取得。(国土交通大臣(1)第6112号)

平成13年2月

高齢者向けケア付賃貸マンション(アシステッドリビング)として「ボンセジュールたまプラーザ」を株式会社ゼクスコミュニティにて運営開始

平成13年4月

健常高齢者向け住宅(シニアレジデンス)の所有・運営を目的とした、株式会社チャーミング・エイジ研究所(現連結子会社)、並びにシニア向けコンサルティング会社として、株式会社ゼクスアクティブ・エイジを設立(現連結子会社)

平成13年9月

健常高齢者向け住宅(シニアレジデンス)「チャーミングコート溝の口」が財団法人高齢者住宅財団から「シニア住宅」として認定を受ける

平成14年5月

株式会社アイピーシー多摩(現 株式会社ゼクスペットコミュニティ)を株式譲渡により子会社化(現連結子会社)し、「わんにゃんワールド多摩」の運営を、その他施設運営事業のカルチャー部門として開始

平成14年11月

不動産特定共同事業許可を取得(東京都知事 第48号)

平成15年4月

株式を日本証券業協会に店頭登録

平成15年7月

有限会社デューバレー(現 株式会社チャーミング・リゾート那須)(現連結子会社)により、「那須グリーンコース倶楽部」及び「那須グリーンホテル」を取得し、同施設の運営を開始

平成15年10月

医療関連サービスを行う株式会社ジーメドを設立(現連結子会社)

平成16年1月

健常高齢者向け住宅(シニアレジデンス)「チャーミング・スクウェア舞子」の所有・運営を目的として、株式会社チャーミング・コミュニティを設立(現連結子会社)

平成16年2月

大阪支店の設置

健常高齢者向け住宅(シニアレジデンス)「チャーミング・スクウェア芦屋」の所有・運営を目的として、株式会社チャーミング・コミュニティ芦屋を設立(現連結子会社)

平成16年8月

沖縄でのビジネスホテル運営を行う株式会社チャーミング・リゾート沖縄(現連結子会社)、並びに「チャーミング・リゾート藤岡ゴルフ倶楽部」、「チャーミング・リゾート関越ハイランドゴルフクラブ」の運営会社として、株式会社チャーミング・リゾート藤岡ゴルフ倶楽部(現連結子会社)、株式会社チャーミング・リゾート関越ハイランドゴルフクラブ(現連結子会社)を設立

平成16年12月

日本証券業協会への登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場

 

静岡県での温浴施設の運営を行う有限会社チャーミング・リゾートすんぷを設立(現連結子会社)

平成17年1月

ゼクス不動産投資顧問株式会社を設立(現連結子会社)

平成17年3月

健常高齢者向け住宅(シニアレジデンス)「チャーミング・スクウェア白金」の所有・運営を目的として、株式会社チャーミング・コミュニティ白金を設立(現連結子会社)

ゼクス不動産投資顧問株式会社を通じて、資産運用会社であるエルシーピー・リート・アドバイザーズ株式会社に出資し、不動産投資信託事業に参入

平成17年4月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場、同時に株式会社ジャスダック証券取引所へ上場廃止を申請

 

株式会社チャーミング・リゾートワイルドダッククラブを株式譲渡により子会社化(現連結子会社)し、「チャーミング・リゾートワイルドダックカントリークラブ」の運営を開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び子会社15社で構成されており、不動産価値創造を通じて、心の豊かさにつながるホスピタリティサービスの提供をミッションに不動産価値創造に関する幅広いソリューション業務と、シニア向け住宅等の施設運営業務を行っております。

不動産コンサルティング事業においては、不動産の物件毎に最適なビジネスモデルを開発しており、自社グループにおいて情報の収集から事業スキーム構築・建築企画・証券化アレンジメント・施設運営事業まで一貫して行っております。

シニアハウジング&サービス事業においては、シニアレジデンス(健常高齢者向けの住宅)「チャーミング」シリーズの運営とアシステッドリビング(介護付き有料老人ホーム)「ボンセジュール」シリーズの運営、並びに医療関連サービス、シニア向けコンサルティング等のシニアハウジングに関連する事業を行っております。

また、その他施設運営事業として「心の豊かさにつながる施設運営」をミッションにゴルフ場やホテル、ペット関連施設等ホスピタリティー関連施設の運営を行っております。

なお、従来、事業の種類別セグメントを「コンサルティング・CM事業」、「ディベロップメント事業」、「インベストメント・AM事業」、「施設運営事業」の4区分としておりましたが、当連結会計年度より連結の範囲が拡大されたこと等に伴い、事業の種類別セグメント情報を事業の実態に即した区分で表示し、その有用性を高めることを目的として、「不動産コンサルティング事業」、「シニアハウジング&サービス事業」、「その他施設運営事業」の3区分に変更しております。また、変更の内容については、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報)」に記載のとおりであります。

なお、下記事業区分は、(セグメント情報)「事業の種類別セグメント情報」における変更後の事業区分と同一であります。

 

(1)不動産コンサルティング事業

当社にて、不動産の収益性改善のための事業企画、事業化後の収益予測、基本設計等の提供、コンバージョンの提案、不動産事業における用地取得まで含めた各種コンサルティングを行っております。物件の立地条件や依頼者の意向を考慮し、シニアハウジング、商業施設、ビジネスホテル、賃貸マンション、分譲マンション(ファミリー・ワンルームタイプ)等特定の用途に限らずプロジェクトを行っております。また、依頼者(土地所有者・デベロッパー等)の投資コストを抑えるため、企画段階では、投資効率の向上のために設備投資の選別・精査を行い、建設段階で  は建築工程の最適化・協力会社への直接発注・分離発注等を行うことによる、建築費用削減の為 のコンサルティング提供、及び建築請負を行っております。又、当社グループが事業主として、不動産を購入し開発を行っております。当社グループは事業企画に特化しており、最終顧客への販売業務は外部に委託しております。更に、主として不良債権処理、企業再生・財務体質改善の過程で発生する不動産売却ニーズに対応し、高収益及び収益性の改善が可能な不動産に投資・収益性改善・保有を行っております。ビジネスホテル、商業用ビル、賃貸マンション、商業用施設、シニアハウジング等を保有しております。また、不動産証券化ビジネスにおける収益源不動産の選別および価値向上、ノンリコースローン(非遡及型融資)の調達など、全体の投資スキームの構築を行っております。

また、AM(アセットマネジメント)業務を積極的に推進するため、ゼクス不動産投資顧問株式会社を設立しております。

 

(2)シニアハウジング&サービス事業

高齢社会に対応し、高齢者が安全で快適に生活できる住居空間とコミュニティの提供を目的として、当社グループでは高齢者用各種住宅の企画開発・運営を行っており、株式会社ゼクスコミュニティにて、要介護者を対象としたアシステッドリビング(介護付き有料老人ホーム)「ボンセジュール」シリーズを、平成17年5月末現在、12棟運営しております。また同社では健常高齢者を対象としたシニアレジデンス「チャーミング・スクウェア本郷」を運営しております。

株式会社チャーミング・エイジ研究所にて、健常高齢者を対象としたシニアレジデンス「チャーミングコート溝の口」を運営しております。また、今後の「チャーミング」シリーズの運営を目的として「株式会社チャーミング・コミュニティ芦屋」「株式会社チャーミング・コミュニティ」に加えて「株式会社チャーミング・コミュニティ白金」を設立しました。シニアハウジング入居者への医療面のサポートを目的として「株式会社ジーメド」において医療関連サービスを行っております。またシニア関連のコンサルティングを「株式会社ゼクスアクティブ・エイジ」が行っております。

 

(3)その他施設運営事業

当社グループは、施設運営事業として様々な付加価値施設の運営を行っております。株式会社チャーミング・リゾート那須において那須のゴルフ場及びリゾートホテルの所有、運営を行っております。株式会社チャーミング・リゾート藤岡ゴルフ倶楽部、株式会社チャーミング・リゾート関越ハイランドゴルフクラブ、株式会社チャーミング・リゾートワイルドダッククラブの3社において、ゴルフ場の運営を行っております。株式会社チャーミング・リゾート沖縄においてビジネスホテルの運営を予定しております。

また、有限会社チャーミング・リゾートすんぷにおいて静岡県で温浴施設の運営を予定しております。さらに株式会社ゼクスペットコミュニティにて、総合ペット施設「わんにゃんワールド多摩」及びペットスクールを2校運営しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 

 

※ (株)チャーミング・リゾート那須は、平成17年4月26日開催の臨時株主総会をもって、(株)チャーミング・リゾートより商号を変更しております。

      また、(株)チャーミング・リゾート藤岡ゴルフ倶楽部、(株)チャーミング・リゾート関越ハイランドゴルフクラブ並びに(株)チャーミング・リゾートワイルドダッククラブは、平成17年8月24日開催の株主総会をもって、それぞれ(株)チャーミング・リゾート藤岡、(株)チャーミング・リゾート関越並びに(株)チャーミング・リゾートワイルドダックに商号を変更しております。

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は

出資金

(千円)

主要な事業

の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社ゼクスコミュニティ

(注)4

東京都新宿区

80,000

シニアハウジング&サービス事業

98.75

役員の兼任 2名

当社より建物を賃借しております。

当社より金融機関からの借入及びリース取引に伴い債務保証を受けております。

株式会社

ゼクスアクティブ・エイジ

東京都新宿区

73,000

シニアハウジング&サービス事業

100.0

役員の兼任 1名

当社より運転資金を借入れております。

株式会社

チャーミング・エイジ研究所

(注)4

東京都新宿区

165,000

シニアハウジング&サービス事業

100.0

(100.0)

役員の兼任 1名

当社より金融機関からの借入に対し債務保証を受けております。

当社にて預り金が発生しております。

株式会社

ゼクスペットコミュニティ

           (注)4

東京都新宿区

375,750

その他施設運営事業

(カルチャー部門)

95.69

役員の兼任 2名

当社へ改修工事等を発注しております。

当社より運転資金を借入れております。

当社より金融機関からの借入及びリース取引に伴い債務保証を受けております。

株式会社

チャーミング・リゾート那須

(注)4,5,6

東京都新宿区

450,000

その他施設運営事業

(リゾート部門)

100.0

役員の兼任 1名

当社に対し、施設利用に伴う役務を提供しております。

当社より運転資金を借入れております。

当社より金融機関からの借入及びリース取引に伴い債務保証を受けております。

株式会社ジーメド

東京都新宿区

75,000

シニアハウジング&サービス事業

100.0

役員の兼任 1名

当社よりリース取引に伴い債務保証を受けております。

株式会社

チャーミング・コミュニティ

東京都新宿区

100,000

シニアハウジング&サービス事業

100.0

役員の兼任 1名

当社より金融機関からの借入及びリース取引に伴い債務保証を受けております。

株式会社

チャーミング・コミュニテイ芦屋

            

兵庫県芦屋市

100,000

シニアハウジング&サービス事業

100.0

役員の兼任 1名

当社より運転資金を借入れております。

当社より金融機関からの借入に伴い債務保証を受けております。

株式会社

チャーミング・リゾート沖縄

沖縄県那覇市

100,000

その他施設運営事業

(リゾート部門)

100.0

役員の兼任 1名

当社より運転資金を借入れております。

当社より金融機関からの借入に伴い債務保証を受けております。

株式会社

チャーミング・リゾート藤岡

ゴルフ倶楽部

           (注)7

東京都新宿区

10,000

その他施設運営事業

(リゾート部門)

100.0

(100.0)

当社に対し、施設利用に伴う役務を提供しております。

当社より金融機関からの借入に伴い債務保証を受けております。

株式会社

チャーミング・リゾート関越

ハイランドゴルフクラブ

           (注)7

東京都新宿区

10,000

その他施設運営事業

(リゾート部門)

100.0

(100.0)

当社に対し、施設利用に伴う役務を提供しております。

当社より金融機関からの借入に伴い債務保証を受けております。

名称

住所

資本金又は

出資金

(千円)

主要な事業

の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

有限会社

チャーミング・リゾートすんぷ

東京都新宿区

3,000

その他施設運営事業

(リゾート部門)

100.0

役員の兼任 1名

ゼクス不動産投資顧問株式会社

東京都新宿区

50,000

不動産コンサルティング事業

100.0

株式会社

チャーミング・コミュニティ白金

東京都新宿区

10,000

シニアハウジング&サービス事業

100.0

役員の兼任 1名

当社に対し、土地を賃貸しております。

当社より金融機関からの借入に伴い債務保証を受けております。

株式会社

チャーミング・リゾートワイルドダッククラブ

(注)7

東京都新宿区

10,000

その他施設運営事業

(リゾート部門)

100.0

(100.0)

当社に対し、施設利用に伴う役務を提供しております。

(注) 1 「主要な事業の内容」欄には、事業の種類別セグメントの名称を記載しております。

2 「議決権の所有割合」欄の(内書)は間接所有であります。

3 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

4 特定子会社であります。 

   5 株式会社チャーミング・リゾート那須は、平成17年4月26日付にて株式会社チャーミング・リゾートより商号を変更しております。

6 平成17年6月1日付にて行われた子会社の組織再編に伴い、当社の有する株式会社チャーミング・リゾート那須株式14,000株を株式会社チャーミング・リゾーツ(設立:平成17年6月1日 資本金:10,000千円 当社の100%連結子会社)に譲渡しております。その結果、株式会社チャーミング・リゾート那須は株式会社チャーミング・リゾーツの100%子会社となっており、株式会社チャーミング・リゾート那須に対する当社の有する議決権は、直接所有から間接所有へと変更になっております。

   7 株式会社チャーミング・リゾート藤岡ゴルフ倶楽部、株式会社チャーミング・リゾート関越ハイランドゴルフクラブ、並びに株式会社チャーミング・リゾートワイルドダッククラブは、平成17年8月24日付にてそれぞれ株式会社チャーミング・リゾート藤岡、株式会社チャーミング・リゾート関越、並びに株式会社チャーミング・リゾートワイルドダックに商号を変更しております。

 

 

 

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成17年5月31日現在

事業の種類別セグメントの名称

従業員数(名)

不動産コンサルティング事業

44

〔—〕

シニアハウジング&サービス事業

365

〔44〕

その他施設運営事業

164

〔98〕

全社(共通)

33

〔3〕

合計

606

〔145〕

(注) 1 従業員数は、就業人員であり、臨時雇用者数は〔  〕内に、当連結会計年度の平均雇用人員(但し、1日勤務時間8時間換算による)を外数で記載しております。

2 全社(共通)として記載されている従業員数は特定のセグメントに区別できない管理部門に所属しているものであります。

   3 当連結会計年度において従業員数が281名、臨時雇用者数が51名増加しております。主な理由は、その他施設運営事業を積極的に推進した結果、当連結会計年度中に新たに3箇所のゴルフ場を取得し、その運営を開始したこと、また、シニアハウジング&サービス事業の拡大に伴い新規施設の開設並びに開業準備等により、期中採用が増加したことによるものであります。

 

(2) 提出会社の状況

平成17年5月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

76

〔3〕

32.2

2.4

5,695,808

(注) 1 従業員数は、当社から他社への出向者を除く就業人員であり、臨時雇用者数は〔  〕内に、平均雇用人員(但し、勤務時間1日8時間換算による)を外数で記載しております。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

  3 当事業年度において従業員数が14名増加しております。主な理由は、業容の拡大に伴い期中採用が増加したことによるものであります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: 株式会社ゼクス、2005-05-31 期 有価証券報告書