有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
3【事業の内容】
      当社グループは、当社[株式会社明豊エンタープライズ]、子会社[株式会社東京テナントセンター(平成18年8
    月1日より株式会社明豊プロパティーズに社名変更)、株式会社明豊コーポレーション]及び関連会社[エコロジ
    ー・アセットマネジメント株式会社、有限会社シーエーエム・フォー武蔵小杉]により構成されており、不動産
    分譲事業、不動産賃貸事業、不動産仲介事業及びこれらに付随する業務を行っております。
       当社グループの事業に係わる位置付け及び事業の種類別のセグメントとの関連は、次の通りであります。な         お、事業の区分内容は、事業の種類別セグメントと同一の区分であります。
(1)不動産分譲事業(当社及び子会社)
   不動産分譲事業は、自社単独「シェルゼ」の形態と、他のデベロッパーとの共同事業により、主にマンション
  分譲を展開する事業であり、一部例外的に戸建住宅分譲及びマンション用地の販売等を行う場合もあります。当
  事業は、当社グループの主力事業として、当社及び子会社(株式会社明豊コーポレーション)が事業を展開して
  おります。
   当社は、マンション等の設計、施工、販売等の各部門を有しておらず、マンション用地取得及び物件企画等 
  の業務に経営資源を集中することにより、事業及び経営の効率化を図っております。なお、設計、施工、販売
  等の各業務については、共同事業物件においては相手先デベロッパーが主体となり、また、自社単独物件にお
  いては全て外部に業務委託することにより、プロジェクトを遂行しております。
      ① 共同事業物件
      共同事業物件は、不動産分譲事業の主力形態であり、都内を中心とした首都圏エリア及び大阪を中心とした
        関西エリアにおいて、デベロッパーに対してマンション用地情報を主体とした物件企画を提案し、共同事業と
        してマンション分譲を展開しております。
          当社は、相手先デベロッパーのブランド力、資金力及びプロジェクト遂行に係るノウハウ等を活用すること
        により、マンション分譲に伴う投資リスクの低減を図っております。当社は、親密取引先で組織されている明
        豊会を中心として入手する土地情報のうちマンション分譲に適した物件の選別を行い、各デベロッパーが得意
        とする地域及び物件特性等を考慮し最適と考えられる相手先に対して提案・事業化しております。
②  自社単独物件
 当社は、事業理念である「一生涯のお付き合い〜Partner For Life」の追求に向け、マンション購入後に
おいても、購入者と一生涯に亘る関係を構築するため、共同事業物件によるノウハウ等を活用し、独自ブラン
ドである「サンフル」シリーズを展開してきましたが、リニューアル・買い替え・買取り・転勤時の賃貸等、 
住まいと暮らしの様々な相談・要望事項に事業主としてお応えするリビング・サービス・システム(L.S.
S.)健康と環境に配慮した外断熱工法を採用した100年耐用型マンション(※)を融合させた「シェルゼ」を
新たなる独自ブランドとして自社単独によるマンション開発・分譲を展開しております。平成18年1月に竣工
した「サンフル池上シェルゼ」は竣工前完売いたしました。引き続き「シェルゼ府中の森公園(平成19年4月
竣工予定)」、「シェルゼ千駄木(平成19年7月竣工予定)」、「シェルゼ木場公園(平成20年3月竣工予定)」
が始動しております。
  また、外断熱工法の利点をお客様に知っていただき、より良く理解・体感していただくため、平成18年5月に
目黒区目黒にシェルゼパビリオンを竣工し、シアター、体感コーナー、体験宿泊ルームを通じ、外断熱の効果、 
ブランドの認知向上のための広告宣伝活動の推進を続けております。
 ※ 強硬度コンクリートと外断熱工法を採用することで躯体強度を高め耐久性を高めるとともに二重床構造
   にして設備の更新、水回り・間取りの変更にも対応させ、100年耐用すべく開発したマンション。
(2)不動産賃貸事業(当社及び子会社)
  当事業は、マンション及びビル等の賃貸を行っており、自社保有物件については当社及び子会社が、サブリー
 ス物件については子会社が、それぞれ事業展開しておりましたが、当社グループは、連結子会社である株式会社
 東京テナントセンター(現株式会社明豊プロパティーズ)の体制整備の進行、限られた人員でのより効率的な収
 益機会の追求の観点から、当社業務としての不動産賃貸事業は縮小するものとし、当社が保有する賃貸不動産も
 逐次売却していきますが、売却時までの賃貸収益は今後も計上されます。
① 自社保有物件
  現在、マンション又はビル等を一棟又は区分所有により自社保有し、一般に賃貸しておりますが前述の通り
当社が保有する賃貸不動産も逐次売却しております。 
② サブリース物件
  子会社において、賃貸マンション等のオーナーより一括賃借を行い、オーナーに対して賃料収入を保証する
と共に、一定の利潤を加算した家賃により一般に賃貸(転貸)しております。
(3)不動産仲介事業(当社及び子会社)
   当事業は、主に不動産分譲事業に付随して発生するマンション用地等の仲介業務を行っており、加えて、取引
  先等からの依頼による仲介業務も行っております。当事業は原則として子会社が行うこととしておりますが、必
  要に応じて当社においても対応を図っております。
(4)その他事業(当社、子会社及び関連会社)
   当事業は、上記の各事業に付随して発生するものであり、不動産賃貸事業に関連して発生する賃貸代理受託業
  務にかかる代理手数料、その他各種手数料等が含まれております。
   また、J−REIT市場への参画に向け、平成17年3月に「エコロジー・アセットマネジメント株式会社」を
 当社他4社にて設立しており、同社は平成17年12月に投資法人資産運用業務認可を取得、また「エコロジー・リ
 ート投資法人」を平成18年4月に設立いたしました。今後当社グループはREIT事業も推進してまいります。
[事業系統図]
 
画像
4【関係会社の状況】
名称
住所
資本金
(百万円)
主要な事業の内容
      (注1)
議決権の所有割合
(%)
関係内容
(連結子会社)
 
 
 
 
 
株式会社東京テナントセンター(注2)
東京都渋谷区
30
不動産賃貸事業及び不動産仲介事業
100.0
当社取締役1名が子会社の取締役を兼任
当社が所有する賃貸用不動産の管理
 
 
 
 
 
 
 株式会社明豊コーポレ ーション
東京都渋谷区
30
不動産分譲事業(共同事業分譲及び不動産流動化を目的とした開発事業)、不動産仲介事業
100.0
当社取締役2名が子会社の取締役を兼任
 
(持分法適用関連会社)
 
 
 
 
 
エコロジー・アセットマネジメント株式会社
東京都港区
300
不動産投資信託運用事業
35.0
当社取締役(現執行役員)が監査役を兼任
 
 
 
 
 
 
 有限会社シーエーエム・フォー武蔵小杉
東京都千代田区
3
不動産分譲事業(不動産投資を目的とした匿名組合の営業者)
               -
 当社が匿名組合出資金30%を出資するとともに開発用資金を負担
 (注)1.主要な事業の内容欄には、事業の種類別セグメントの名称を記載しております。
     2.株式会社東京テナントセンターは平成18年8月1日に株式会社明豊プロパティーズと商号変更しております。
     
5【従業員の状況】
(1)連結会社の状況
 
平成18年7月31日現在
事業の種類別セグメントの名称
従業員数(人)
不動産分譲事業
 
28
不動産賃貸事業
 
26
不動産仲介事業
 
4
その他事業
 
     −
全社(共通)
 
18
合計
 
76
 (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む)であります。
2.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。
     3. 従業員数が前連結会計年度末に比べ19名増加しましたのは、業務拡大による中途、並びに新卒の採用による
      ものです。       
 
(2)提出会社の状況
 
平成18年7月31日現在
従業員数(人)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(千円)
50
34.9
2.8
5,843
 (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であります。
2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     3.従業員数が前期末に比べ16名増加しましたのは、業務拡大による中途並びに新卒の採用によるものです。
 
(3)労働組合の状況
 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。




出典: 株式会社明豊エンタープライズ、2006-07-31 期 有価証券報告書