有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






⑤ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

該当事項はない。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 建物
154,230
-
-
154,230
108,810
4,335
45,420
 構築物
69,282
4,190
294
73,177
45,408
1,880
27,768
 機械装置
388,810
37,101
5,189
420,722
209,885
18,195
210,836
 車両運搬具
294,387
476
-
294,864
152,902
16,500
141,961
 工具器具備品
35,450
834
500
35,784
29,616
1,457
6,168
有形固定資産計
942,161
42,601
5,984
978,779
546,624
42,369
432,155
無形固定資産
 ソフトウェア
1,000
-
-
-
606
200
393
 電話加入権
208
-
-
-
-
-
208
無形固定資産計
1,208
-
-
-
606
200
601
長期前払費用
繰延資産

(注) 1 当期増加額のうち、主なものは次のとおりである。

構築物   電気及び通信ケーブル  
設備更新工事
       3,270千円
機械装置  循環式索道
予備原動機更新
       25,550千円
            循環式索道
重錘改造工事
       5,200千円
      交走式索道
           交走式索道
受電設備更新
曳索交換
       2,727千円
       3,624千円

 

2 当期減少額のうち、主なものは次のとおりである。

機械装置  循環式索道
予備原動機他
       5,189千円

【社債明細表】

該当事項はない。

 

【借入金等明細表】

該当事項はない。

 

【資本金等明細表】

 

区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金
(千円)
125,000
-
-
125,000
資本金のうち
既発行株式
普通株式
(株)
(250,000)
(     -)
(     -)
(  250,000)
普通株式
(千円)
125,000
-
-
125,000
(株)
(250,000)
(     -)
(     -)
(    250,000)
(千円)
125,000
-
-
125,000
利益準備金及び
任意積立金
利益準備金
(千円)
28,900
2,000
-
30,900
任意積立金
別途積立金
(千円)
240,000
-
-
240,000
(千円)
268,900
2,000
-
270,900

(注) 利益準備金の当期増加額は、前期決算の利益処分によるものである。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
賞与引当金
6,258
6,422
6,258
-
6,422

 

 





出典: 広島観光開発株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書