有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
⑤ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

該当事項はない。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 建物
170,753
4,598
-
175,352
130,874
4,454
44,478
 構築物
77,498
472
-
77,970
55,179
1,936
22,790
 機械装置
484,474
13,290
-
497,764
326,250
26,464
171,514
 車両運搬具
344,792
-
-
344,792
226,455
21,390
118,336
 工具器具備品
37,254
9,052
3,041
43,264
31,287
2,047
11,976
有形固定資産計
1,114,773
27,412
3,041
1,139,144
770,048
56,294
369,096
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 電話加入権
-
-
-
208
-
-
208
無形固定資産計
-
-
-
208
-
-
208

(注) 1 当期増加額のうち、主なものは次のとおりである。

 
 
 
獅子岩線運転制御盤更新
13,290千円
 
もみじ饅頭手焼き体験工房
6,454 〃
 
モニュメント「誓いの火」設置
3,800 〃
 
獅子岩駅放送装置更新
2,150 〃
 

 

2 当期減少額のうち、主なものは次のとおりである。

     可搬式ポンプ                  559千円

 

3 無形固定資産の金額が資産総額の1%以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略している。

 

 

【社債明細表】

該当事項はない。

 

【借入金等明細表】

該当事項はない。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
30,000
-
-
-
30,000
賞与引当金
7,472
7,575
7,472
-
7,575
役員賞与引当金
3,000
3,000
3,000
-
3,000

 

【資産除去債務明細表】

           該当事項はない。

 





出典: 広島観光開発株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書