有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次
第52期
第53期
第54期
第55期
第56期
決算年月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
平成23年3月
平成24年3月
売上高
(千円)
386,304
451,433
460,210
458,492
413,177
経常利益
(千円)
83,086
129,233
146,744
145,640
91,410
当期純利益
(千円)
45,493
82,272
74,261
65,460
52,722
持分法を適用した場合の
投資利益
(千円)
資本金
(千円)
125,000
125,000
125,000
125,000
125,000
発行済株式総数
(株)
250,000
250,000
250,000
250,000
250,000
純資産額
(千円)
562,869
636,752
701,518
758,287
802,694
総資産額
(千円)
741,360
732,819
785,149
838,069
905,158
1株当たり純資産額
(円)
2,251.48
2,547.01
2,806.07
3,033.14
3,210.77
1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)
(円)
(円)
40
(—)
40
(—)
40
(—)
40
(—)
40
(—)
1株当たり当期純利益
(円)
181.97
329.09
297.05
261.84
210.88
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
自己資本比率
(%)
75.92
86.89
89.35
90.48
88.67
自己資本利益率
(%)
8.08
13.72
11.19
8.63
6.56
株価収益率
(倍)
配当性向
(%)
21.98
12.15
13.46
15.27
18.96
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
77,910
148,525
125,820
118,009
143,754
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△63,405
△167,707
△3,623
△96,722
△46,469
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△10,000
△10,000
△10,000
△10,000
△10,000
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
89,030
59,848
172,045
183,332
270,616
従業員数
(名)
21
21
20
21
23

(注) 1 当社は、連結財務諸表を作成していないので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については、記載していない。

2 売上高には、消費税等を含んでいない。

3 当社の株式には、潜在株式が存在しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益は記載していない。

4 当社の株式は、金融商品取引所は非上場及び認可金融商品取引業協会に非登録のため、株価収益率については記載していない。

5 持分法を適用した場合の投資利益は、関連会社が存在しないため記載していない。

 

 

2 【沿革】

昭和31年8月
広島市千田町三丁目828番地において会社設立、資本金120,000千円。
昭和34年4月
広島県佐伯郡宮島町において宮島ロープウエーを開業し、旅客運送事業を行う。
昭和39年8月
広電ボーリング株式会社を合併し、ボーリング事業を加える。資本金125,000千円。
昭和47年7月
広電鈴が峰ボウルを開業。
昭和49年1月
広電ボール、広電鈴が峰ボウルを閉鎖し、ボーリング業を廃止する。
昭和50年6月
広島県佐伯郡大野町宮島口において駐車場業を開業。
平成14年3月
広島県佐伯郡大野町宮島口において営業していた駐車場業を廃止する。

 

3 【事業の内容】

経営組織図


 

索道業

索道路線は広島県廿日市市宮島町紅葉谷公園奥地標高約60米の地点紅葉谷駅を起点とし、南方約1,100米、標高約350米の地点榧谷駅までの第一区間を8人乗り客車22両を60秒間隔で運行する複線循環式索道と、更に榧谷駅から南方約530米、標高435米の地点獅子岩駅までの第二区間を30人乗り客車2両を4分間隔で運行する三線交走式索道により観光客の輸送を行い、その付帯事業として紅葉谷駅に売店を、獅子岩駅にレストラン及び売店等を設置し、経営を行っている。

 

事業の系統図


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称
住所
資本金又は
出資金
(千円)
主要な事業
の内容
議決権の所有
(被所有)割合
(%)
関係内容
(親会社)
 
 
 
 
 
広島電鉄株式会社
広島市中区
2,335,625
鉄道業
軌道事業
(39.8)
役員の兼任2人

(注) 1 「議決権の所有(被所有)割合」欄の(内書)は被所有割合である。

2 有価証券報告書の提出会社である。

3 議決権の所有割合は50%以下であるが、支配力基準による親会社である。

4 当社は単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数の記載を省略している。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成24年3月31日現在

従業員数(名)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(千円)
23
44.3
13.0
3,705

(注) 1 従業員数は、他社から当社への出向者を含む就業人員である。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいる。

 

(2) 労働組合の状況

当社の広島観光開発労働組合は全日本海員組合中四国地方支部に属し、組合員数は11人であり、労使関係は安定している。

 





出典: 広島観光開発株式会社、2012-03-31 期 有価証券報告書