有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成20年4月1日 至 平成21年3月31日)

 
運輸業
(百万円)
駅スペース
活用事業
(百万円)
ショッピン
グ・オフィ
ス事業
(百万円)
その他
事業
(百万円)

(百万円)
消去
又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
  売上高
 
 
 
 
 
 
 
 (1) 外部顧客に対する
   売上高
1,831,932
415,019
222,628
227,418
2,696,999
2,696,999
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
57,094
18,075
8,992
317,680
401,843
(401,843)
1,889,027
433,095
231,621
545,099
3,098,843
(401,843)
2,696,999
  営業費用
1,579,808
394,936
161,583
527,838
2,664,166
(399,721)
2,264,444
  営業利益
309,219
38,158
70,037
17,261
434,676
(2,121)
432,554
Ⅱ 資産、減価償却費
  及び資本的支出
 
 
 
 
 
 
 
  資産
5,580,550
181,510
826,778
815,577
7,404,417
(438,624)
6,965,793
  減価償却費
254,320
10,138
30,922
47,719
343,101
343,101
  資本的支出
359,174
10,994
41,267
38,594
450,031
450,031

 

当連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

 
運輸業
(百万円)
駅スペース
活用事業
(百万円)
ショッピン
グ・オフィ
ス事業
(百万円)
その他
事業
(百万円)

(百万円)
消去
又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
  売上高
 
 
 
 
 
 
 
 (1) 外部顧客に対する
   売上高
1,757,993
387,103
226,932
201,693
2,573,723
2,573,723
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
50,710
12,853
8,915
326,438
398,917
(398,917)
1,808,704
399,957
235,847
528,132
2,972,641
(398,917)
2,573,723
  営業費用
1,577,378
366,627
166,538
514,626
2,625,170
(396,295)
2,228,874
  営業利益
231,326
33,330
69,308
13,505
347,470
(2,621)
344,848
Ⅱ 資産、減価償却費
  及び資本的支出
 
 
 
 
 
 
 
  資産
5,717,136
178,573
858,828
826,924
7,581,462
(585,968)
6,995,494
  減価償却費
267,108
10,542
30,548
48,164
356,364
356,364
  資本的支出
396,360
14,865
38,795
29,145
479,166
479,166

(注) 1 事業区分の方法

  経営の多角化の実態が具体的かつ適切に開示できるよう、経営管理上採用している区分によっております。

2 各事業区分の主要な事業内容

運輸業
……………
鉄道事業を中心とした旅客運送事業
駅スペース活用事業
……………
駅における商業スペースを利用した小売店、飲食店、コンビニエンスストア等の事業
ショッピング・オフィス事業
……………
駅スペース活用事業以外のショッピングセンターの運営事業およびオフィスビル等の貸付業
その他事業
……………
ホテル業、広告代理業、卸売業、貨物自動車運送事業、情報処理業、清掃整備・駅業務運営業、清掃整備業、クレジットカード事業、その他サービス業

3 全社資産の主な内容

  資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の主なものは、当社の長期投資資金(投資有価証券)等であります。

前連結会計年度
170,714百万円
当連結会計年度
156,416百万円

4 資本的支出の欄には、工事負担金等による固定資産の増加額を含めて表示しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度および当連結会計年度については、本国以外の国または地域に所在する連結子会社はありません。

 

【海外売上高】

前連結会計年度および当連結会計年度については、海外売上高はありません。

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度および当連結会計年度については、該当事項はありません。

 

(1株当たり情報)

 

項目
前連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)

当連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)

1株当たり純資産額
4,301円06銭
4,501円30銭
1株当たり当期純利益
468円68銭
303円35銭
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
 潜在株式がないため、記載しておりません。
 潜在株式がないため、記載しておりません。
 
 
 当社は、平成20年4月28日および平成20年12月17日開催の取締役会決議、ならびに平成20年6月24日開催の第21回定時株主総会における定款変更の承認可決に基づき、平成21年1月4日を効力発生日とし、普通株式1株を100株に分割いたしました。
 当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前連結会計年度における1株当たり情報は以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
 1株当たり純資産額
3,994円83銭
 1株当たり当期純利益
474円64銭
  潜在株式調整後
 1株当たり当期純利益
 潜在株式がないため、記載しておりません。
 
 

 

(注) 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目
前連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)

当連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)

当期純利益(百万円)
187,291
120,214
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
187,291
120,214
普通株式の期中平均株式数(株)
399,611,248
396,284,205

(注) 前連結会計年度における普通株式の期中平均株式数は「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号 平成18年1月31日改正)および「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号 平成18年1月31日改正)に従い、前期首に株式分割が行われたと仮定して算定しております。

 

(重要な後発事象)

 

前連結会計年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)

当連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)

(自己の株式の取得)
 当社は、平成21年4月27日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、以下のとおり自己の株式を取得することを決議いたしました。
  (1) 自己の株式の取得を行う理由
   経営環境に応じた機動的な資本政策の遂行を可能とするため
  (2) 取得する株式の種類
 当社普通株式
  (3) 取得する株式の総数
 4,000,000株(上限)
 (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.00%)
  (4) 株式の取得価額の総額
 30,000百万円(上限)
  (5) 取得する期間
 平成21年4月30日から平成21年5月29日まで
 なお、平成21年4月30日から平成21年5月22日までの期間に、東京証券取引所における市場買付を実施し、当該決議に基づく自己の株式の取得を終了いたしました。取得した株式の総数は普通株式4,000,000株、取得価額の総額は22,943百万円であります。
——————
   
 

 





出典: 東日本旅客鉄道株式会社、2010-03-31 期 有価証券報告書