有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第116期

第117期

第118期

第119期

第120期

決算年月

平成18年3月

平成19年3月

平成20年3月

平成21年3月

平成22年3月

(1)連結経営指標等

 

    

    

    

    

    

売上高

(千円)

3,628,685

3,558,785

3,570,978

3,563,993

3,330,247

経常利益

(千円)

363,486

279,160

322,583

267,510

214,385

当期純利益

(千円)

223,082

183,657

204,857

156,335

66,024

純資産額

(千円)

832,415

1,022,004

1,221,117

1,363,881

1,294,770

総資産額

(千円)

5,951,381

5,798,323

5,572,617

5,459,757

5,199,386

1株当たり純資産額

(円)

122.41

150.20

179.48

200.48

190.34

1株当たり当期純利益金額

(円)

32.80

27.00

30.12

22.99

9.71

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

14.0

17.6

21.9

25.0

24.9

自己資本利益率

(%)

31.3

19.8

18.3

12.1

4.8

株価収益率

(倍)

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

△2,835

200,316

409,878

328,400

457,303

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

△320,351

△78,766

△86,686

△162,470

△102,019

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

△70,166

△121,533

△282,878

△241,303

△425,437

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

386,355

386,371

426,685

351,311

281,157

従業員数

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

427

(21)

422

(27)

421

(59)

406

(65)

403

(71)

(2)提出会社の経営指標等

 

    

    

    

    

    

売上高

(千円)

3,499,374

3,451,887

3,477,317

3,462,365

3,254,466

経常利益

(千円)

336,187

245,825

298,796

272,331

211,340

当期純利益

(千円)

197,192

152,857

181,585

158,678

167,024

資本金

(千円)

100,000

100,000

100,000

100,000

100,000

発行済株式総数

(千株)

6,800

6,800

6,800

6,800

6,800

純資産額

(千円)

575,797

734,386

911,238

1,057,462

1,196,687

総資産額

(千円)

5,637,995

5,459,847

5,227,068

5,086,337

5,049,190

 

回次

第116期

第117期

第118期

第119期

第120期

決算年月

平成18年3月

平成19年3月

平成20年3月

平成21年3月

平成22年3月

1株当たり純資産額

(円)

84.67

107.99

134.00

155.50

175.98

1株当たり配当額

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

(−)

(−)

(−)

(−)

(−)

1株当たり当期純利益金額

(円)

28.99

22.47

26.70

23.33

24.56

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

10.2

13.5

17.4

20.8

23.7

自己資本利益率

(%)

41.9

23.3

22.1

16.1

14.0

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

従業員数

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

404

(20)

402

(26)

402

(59)

384

(64)

384

(70)

 

(注)1.売上高には消費税は含まれていない。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、記載していない。

3.株価収益率については、当社は非上場であるため記載していない。

4.第117期より「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用している。

2【沿革】

昭和5年7月

日ノ丸自動車株式会社を設立 旅客自動車運送を開始

昭和23年12月

増資により、資本金1千8百万円

昭和30年5月

増資により、資本金2億円

昭和32年2月

日ノ丸ハイヤー㈱へ ハイヤー営業権譲渡

昭和32年2月

日ノ丸トラック㈱へ トラック営業権譲渡(現 日ノ丸西濃運輸㈱)

昭和38年8月

増資により、資本金3億4千万円

昭和42年5月

電車部門廃止

昭和42年8月

全日空総代理店鳥取航空営業所開設

昭和50年10月

自動車整備事業開始

昭和50年11月

駐車場事業開始

昭和52年4月

決算期 4月〜3月に変更

昭和60年6月

各種物品販売事業開始

昭和62年9月

本店、営業部、整備部を鳥取市古海620番地に新築移転

昭和63年5月

日ノ丸自動車㈱、京浜急行電鉄㈱、日本交通㈱の3社共同運行による鳥取・米子〜東京線

(高速バス)運行開始

昭和63年6月

一般貸切旅客自動車運送事業の渉外部門として、㈱日ノ丸観光トラベル(現連結子会社)設立

昭和63年12月

日ノ丸自動車㈱、広島電鉄㈱、日本交通㈱の3社共同運行による鳥取〜広島線(高速バス)

運行開始

平成元年9月

日ノ丸自動車㈱、広島電鉄㈱、日本交通㈱の3社共同運行による米子〜広島線(高速バス)

運行開始

平成2年8月

鳥取市今町に7階建有料駐車場新築

平成3年9月

日ノ丸自動車㈱、西日本鉄道㈱、日本交通㈱の3社共同運行による鳥取〜福岡線(高速バス)

運行開始

平成7年11月

建物、車両清掃請負業 ㈱日ノ丸アネックス(非連結子会社)設立

平成8年4月

三朝温泉〜鳥取空港連絡バス運行開始

平成9年7月

倉吉支店を営業所に組織変更

平成10年7月

鳥取観光ループバス(ループ麒麟獅子)受託運行開始

平成10年9月

鳥取〜姫路線(急行バス)運行休止

平成11年6月

鳥取〜福岡線(高速バス)の運行を日ノ丸自動車㈱、日本交通㈱の2社共同運行に変更

平成14年4月

米子市内循環バス(だんだん)受託運行開始

平成14年10月

鳥取市内循環バス(くる梨)受託運行開始

平成15年8月

減資により資本金1億円

平成16年12月

日ノ丸自動車㈱、両備バス㈱、中鉄バス㈱、の3社共同運行による倉吉〜岡山線(高速バス)

運行開始

平成18年12月 

倉吉〜岡山線(高速バス)の運行を日ノ丸自動車㈱の1社運行に変更

平成19年1月 

智頭町内循環バス(すぎっ子)受託運行開始 

平成19年4月 

伯耆町内循環バス受託運行開始 

平成19年4月 

境港市内循環バス(はまループ)受託運行開始 

平成20年4月 

南部町内循環バス(ふれあい)受託運行開始 

平成20年5月 

琴浦町内循環バス受託運行開始 

平成22年3月 

三朝温泉〜鳥取空港連絡バスを日ノ丸ハイヤー㈱へ移管

平成22年3月 

日ノ丸自動車㈱、神姫バス㈱の2社共同運行による鳥取〜姫路線(高速バス)運行再開 

3【事業の内容】

 当社グループは連結財務諸表提出会社である日ノ丸自動車株式会社(以下、当社という)及び子会社2社、関連会社1社により構成されており、事業の種類別セグメントと当該事業に係る各会社の位置付けは次のとおりである。

(1)運輸業

 当社は、一般乗合バス事業、貸切バス事業、代替旅客運送事業、航空代理店事業を行っており、鳥取バスターミナル㈱がターミナル施設の保有・賃貸を行っている。また㈱日ノ丸アネックスが建物及びバス車内清掃の受託事業を行っており、㈱日ノ丸観光トラベルが旅行斡旋事業を行っている。なお、日ノ丸西濃運輸㈱については、平成21年10月に持分の一部を譲渡したため、当社の関連会社ではなくなっている。

(2)物品販売業

 当社は、各種商品販売及び生命保険・損害保険代理業を行っている。

(3)駐車場業

 当社は、立体駐車場を保有し賃貸を行っている。

<事業系統図>

 以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりである。

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

    

 

    

 

㈱日ノ丸観光トラベル(注2.3)

鳥取県鳥取市

永楽温泉町

11,000

運輸業

99.0

(53.5)

貸切バスの運行
受託・役員の兼任

(持分法適用関連会社)

 

    

 

    

 

鳥取バスターミナル㈱

鳥取県鳥取市
東品治

100,000

運輸業

39.7

ターミナルの賃貸・
役員の兼任

 (注)1.主要な事業の内容欄には事業の種類別セグメントの名称を記載している。

2.議決権の所有割合の( )内は間接所有割合で内数である。

3.特定子会社に該当している。

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

(平成22年3月31日現在)

事業の種類別セグメントの名称

従業員数(人)

運輸業

399

(71)

物品販売業

4

(−) 

駐車場業

(−)

合計

403

(71)

 (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員は( )内に年間の平均人員を外数で記載している。

2.駐車場業の運営はすべて外部に委託している。

(2)提出会社の状況

 

(平成22年3月31日現在)

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

 384(70)

41.8

14.3

3,689,797

 (注)1.従業員は就業人員であり、臨時従業員は( )内に年間の平均人員で外数で記載している。

2.平均年間給与は賞与及び基準外賃金を含んでいる。

(3)労働組合の状況

 私鉄中国地方労働組合日ノ丸自動車支部は日本私鉄労働組合総連合会に属し、平成22年3月31日現在の組合員数は330名でユニオンショップ制である。また、連結子会社の㈱日ノ丸観光トラベルにおける平成22年3月31日現在の組合員数は12名である。なお、労使関係について特に記載すべき事項はない。





出典: 日ノ丸自動車株式会社、2010-03-31 期 有価証券報告書