有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

 

(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

 前連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)                                          

自動車運送
事   業

 不動産   事 業

物品販売
事  業

その他  事 業

消  去   又は全社

連 結

(千円) (千円) (千円) (千円) (千円) (千円) (千円)

Ⅰ売上高及び営業損益

売上高

(1)外部顧客に対する売上高

18,509,923

1,267,368

7,285,559

1,395,963

28,458,816

28,458,816

(2)セグメント間の内部売上高
   又は振替高

37,300

442,254

1,815,255

34,723

2,329,533

(2,329,533)

18,547,224

1,709,622

9,100,815

1,430,686

30,788,349

(2,329,533)

28,458,816

営業費用

19,155,445

1,111,331

9,174,183

1,412,033

30,852,993

(2,504,622)

28,348,370

営業利益又は営業損失(△)

△608,220

598,291

△73,367

18,652

△64,644

(△175,089)

110,445

資産、減価償却費及び資本的支出

 資産

16,741,125

12,385,377

2,206,976

2,299,391

33,632,870

2,439,266

36,072,137

 減価償却費

882,885

238,156

88,986

49,637

1,259,665

(20,819)

1,238,846

 資本的支出

1,017,625

35,640

84,511

58,295

1,196,073

(25,577)

1,170,496

(注)

1.

事業区分は売上集計区分によっている。

2. 各事業の主な内容
(1)自動車運送事業・・・バス・タクシー・貨物事業
(2)不動産事業・・・・・土地建物販売・賃貸業
(3)物品販売事業・・・・書籍・自動車部品販売業、菓子類の製造販売業、飲食業、宣伝広告業
(4)その他事業・・・・・自動車教習所、駐車・駐輪場、旅行業
3. 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はない。
4. 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は2,792,858千円であり、その主なものは親会社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)並びに親会社および連結子会社での繰延税金資産である。
 当連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)                                          

自動車運送
事   業

 不動産   事 業

物品販売
事  業

その他  事 業

消  去   又は全社

連 結

(千円) (千円) (千円) (千円) (千円) (千円) (千円)

Ⅰ売上高及び営業損益

売上高

(1)外部顧客に対する売上高

19,174,488

1,475,660

7,160,625

1,368,924

29,179,699

29,179,699

(2)セグメント間の内部売上高
   又は振替高

39,369

413,989

1,970,562

35,524

2,459,446

(2,459,446)

19,213,858

1,889,650

9,131,188

1,404,448

31,639,145

(2,459,446)

29,179,699

営業費用

19,273,038

885,602

9,133,931

1,348,313

30,640,885

(2,649,946)

27,990,939

営業利益又は営業損失(△)

△59,180

1,004,047

△2,743

56,135

998,259

(△190,500)

1,188,759

資産、減価償却費及び資本的支出

 資産

17,243,505

12,494,561

2,356,264

1,574,426

33,668,758

2,427,787

36,096,545

 減価償却費

876,875

232,775

75,887

49,436

1,234,975

(22,592)

1,212,382

 資本的支出

1,053,981

28,088

175,753

67,179

1,325,002

(28,144)

1,296,858

(注)

1.

事業区分は売上集計区分によっている。

2. 各事業の主な内容
(1)自動車運送事業・・・バス・タクシー・貨物事業
(2)不動産事業・・・・・土地建物販売・賃貸業
(3)物品販売事業・・・・書籍・自動車部品販売業、菓子類の製造販売業、飲食業、宣伝広告業
(4)その他事業・・・・・自動車教習所、駐車・駐輪場、旅行業
3. 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はない。
4. 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は2,714,868千円であり、その主なものは親会社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)並びに親会社および連結子会社での繰延税金資産である。
5. 会計処理の変更
「会計処理の変更」に記載のとおり、バス運行補助金収入について、従来、営業外収益に計上していたが、当連結会計年度より営業収益に含めて計上する方法に変更している。この結果、従来と同一の方法によった場合と比較して、当連結会計年度の売上高のうち(1)外部顧客に対する売上高が、自動車運送事業で697,038千円増加し、営業損失が同額減少している。

 

 

 

【所在地別セグメント情報】

すべての連結会社が本邦において営業しているため、前連結会計年度および当連結会計年度ともに該当事項なし。

【海外売上高】

すべての連結会社において海外売上高がないため、前連結会計年度および当連結会計年度ともに該当事項なし。 

【関連当事者との取引】

 連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)                        

    該当事項なし。

 連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)                        

    該当事項なし。

 

(1株当たり情報)

前連結会計年度 当連結会計年度
(自 平成16年4月1日       
  至 平成17年3月31日)
(自 平成17年4月1日       
  至 平成18年3月31日)

1株当たり純資産額

341.85円

1株当たり純資産額

310.31円

1株当たり当期純利益金額

20.20円

1株当たり当期純利益金額

12.97

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載していない。

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載していない。

 

(注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりである。

    

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成16年4月1日                          至 平成17年3月31日)

(自 平成17年4月1日                          至 平成18年3月31日)

当期純利益(千円)

525,523

339,616

普通株主に帰属しない金額(千円)

6,000

6,200

(うち利益処分による役員賞与金)(千円)

(6,000)

(6,200)

普通株式に係る当期純利益(千円)

519,523

333,416

期中平均株式数(千株)

25,716

25,713

 

(重要な後発事象)

 該当事項なし。




出典: 奈良交通株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書