有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

④【附属明細表】

【有価証券明細表】

【株式】

 

銘   柄

株式数

貸借対照表計上額

(株)

(千円)

 

 

投資有価証券

 

 

その他有価証券

屋島ドライブウェイ株式会社

14,800

7,400

新高松空港ビル株式会社

60

3,000

中讃ケーブルビジョン株式会社

1,840

92,000

その他7銘柄

11,384

3,175

小計

28,084

105,575

28,084

105,575

(注)1.株式については、銘柄別による貸借対照表計上額が1%以下のものは一括記載しました。

2.一時所有の有価証券はありません。

【債券】     なし

【その他】    なし

 


  【有形固定資産等明細表】

資産の種類

前期末残高

(千円)

当期増加額(千円)

当期減少額(千円)

当期末残高

(千円)

当期末減価償却累計額又は償却累計額(千円)

当期償却額(千円)

差引当期末残高(千円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

建物

5,600,153

8,195

5,608,348

2,519,955

157,231

3,088,393

構築物

294,049

123

294,172

232,767

10,823

61,405

機械装置

195,706

195,706

145,349

10,602

50,357

車両

2,165,656

16,073

2,181,729

1,910,342

72,566

271,387

工具・器具・備品

98,016

1,011

99,027

85,743

3,754

13,284

土地

4,937,149

4,937,149

4,937,149

有形固定資産計

13,290,729

25,402

13,316,129

4,894,156

254,976

8,421,975

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

借地権

41,289

41,289

電話加入権

1,834

1,834

無形固定資産計

43,123

43,123

43,123

繰延資産

 

 

 

 

 

 

 

開発費

1,059

1,680

2,739

592

380

2,147

繰延資産計

1.059

1,680

2,739

592

380

2,147

(注)1.当期増加額及び減少額のうち主なものは次のとおりです。

資産の種類

増減

区分

事業所(部)

金額

(千円)

建物

増加額

第二ビル

7,517

構築物

増加額

琴平案内所

123

車両

増加額

丸亀営業所

16,073

工具器具備品

増加額

第二ビル

650

2.無形固定資産の金額が、資産総額の1%以下であるため、「期首残高」、「当期増加額」、「当期減少額」の記載を省略しております。

 


  【資本金等明細表】

区分

前期末残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

資本金(千円)

200,000

200,000

資本金のうち

既発行株式

普通株式(千株)

4,000

4,000

普通株式(千円)

200,000

200,000

計(千株)

4,000

4,000

計(千円)

200,000

200,000

資本準備金及び

その他資本剰余金

資本準備金(千円)

82,684

82,684

その他の資本剰余金(千円)

82,684

82,684

利益準備金及び

任意積立金

利益準備金(千円)

28,150

28,150

任意積立金(千円)

28,150

28,150

 

【引当金明細表】

区分

前期末残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

目的使用

その他

貸倒引当金(短期)

2,041

322

1,719

貸倒引当金(長期)

587

54

641

賞与引当金

16,318

7,473

16,318

7,473

 





出典: 琴平参宮電鉄株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書