有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【自己株式の取得等の状況】

(1)【定時総会決議又は取締役会決議による自己株式の買受け等の状況】

①【前決議期間における自己株式の取得等の状況】

該当事項はありません。

②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況】

該当事項はありません。

 

3【配当政策】

当社は創業以来一貫して、株主への利益還元を重要な課題のひとつと考えて、事業の経営にあたってきました。しかし、地方バス路線においては、自家用車等の増加にともない旅客の減少が続いており、貸切事業においても長引く不況等により、瀬戸大橋開通の年である昭和63年度に6%の配当をして以来、無配であります。今後、貸切バス事業及び開発事業の充実を図り、株主への利益還元が出来るよう経営努力する所存であります。

 

4【株価の推移】

(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

回  次

第155期

第156期

第157期

第158期

第159期

決算年月

平成14年3月

平成15年3月

平成16年3月

平成17年3月

平成18年3月

最  高

最  低

(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

月 別

平成17年

 

 

平成18年

 

 

10月

11月

12月

1月

2月

3月

最 高

最 低

(注)当社の株式は非上場、非登録であり、株価については該当がありません。


5【役員の状況】

役 名

(職 名)

氏  名

(生年月日)

略     歴

所有株式数(千株)

取締役会長

(代表取締役)

浅羽  喜二郎

(大正9年9月28日生)

昭和21年 4月 当社入社

501 

昭和38年 5月 取締役就任

昭和43年 5月 常務取締役就任

昭和46年 5月 代表取締役専務取締役就任

昭和56年 6月 代表取締役社長就任

平成元年 6月 琴参タクシー㈱代表取締役会長就任(現)

平成元年 6月 ニッポンレンタカー四国㈱

代表取締役社長就任(現)

平成 3年 2月 琴参観光㈱代表取締役会長就任

平成 4年 5月 (社)香川県自動車会議所理事就任(現)

平成 7年 6月 香川県バス事業協同組合理事長就任(現)

平成11年 5月 香川県バス協会会長就任(現)

平成13年 6月 代表取締役会長就任(現)

 

 

平成13年10月 琴参興業㈱代表取締役会長就任

取締役社長

(代表取締役)

小野  俊一郎

(昭和16年8月9日生)

昭和61年 7月 当社入社

501 

昭和63年 8月 観光バスセンター所長就任

平成元年 6月 取締役就任

平成 3年 6月 常務取締役就任

平成 5年 6月 代表取締役専務取締役就任

平成 8年 4月 琴参自動車整備㈱代表取締役社長就任

平成11年 6月 琴参自動車整備㈱代表取締役会長就任

平成13年 6月 代表取締役社長就任(現)

平成15年 6月 琴参自動車整備㈱代表取締役社長就任(現)

平成17年 2月 琴参観光㈱代表取締役会長就任(現)

平成17年 6月 琴参タクシー㈱代表取締役社長就任(現)

平成17年10月 琴参興業㈱代表取締役会長就任(現)

取締役

都村  忠弘

平成13年 6月 取締役就任(現)

8 

(非常勤)

(昭和10年4月13日生)

平成10年 6月 ㈱都村製作所代表取締役就任(現)

取締役

若山  和夫

平成13年 6月 取締役就任(現)

15 

(非常勤)

(昭和23年12月12日生)

平成10年 6月 (社)香川県モーターボート競走会会長就任(現)

取締役

河田  正行

平成15年 6月 取締役就任(現)

− 

(非常勤)

(昭和20年12月1日生)

昭和53年 9月 西讃観光㈱代表取締役就任(現)

取締役

(常勤)

秋山 昌之

(昭和22年3月25日生)

昭和46年 2月 当社入社

平成15年 6月 執行役員総務部長就任

平成17年 6月 取締役就任(現)

276

取締役

(常勤)

佐藤 国夫

(昭和23年3月7日生)

昭和46年 2月 当社入社

平成15年 6月 執行役員営業本部長就任 

平成17年 6月 取締役就任(現)

291

 


 

役 名

(職 名)

氏  名

(生年月日)

略     歴

所有株式数(千株)

監査役

(非常勤)

永山  久光

(昭和16年9月7日生)

平成 8年 6月 監査役就任(現)

25 

平成元年 3月 ㈱下電ホテル代表取締役就任(現)

監査役

(非常勤)

木村  大三郎

(昭和16年1月16日生)

平成17年 6月 監査役就任(現)

昭和55年 2月 トヨタビスタ香川(現ネッツトヨタ高松)

代表取締役社長就任(現)

合   計

1,617 

(注)執行役員は経理担当部長渡邊康行の1名です。

 


6【コーポレート・ガバナンスの状況】

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は競争力を強化しつつ、企業倫理と遵法の精神に基づき、経営の透明性を高めるためにコーポレート・ガバナンスを充実することは経営上の重要課題であると考えております。

(1)  会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

①会社機関の基本説明

監査役制度を採用しており、監査役会は社外監査役2名で構成されております。また、執行役員制度を導入しております。取締役会は7名で構成され、うち社外取締役が3名で、会社の重要な意思決定を行うとともに執行部門の監督も行っております。

②*会社の機関・内部統制の関係をわかりやすく示す図表

 

 

 

株主総会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取締役会

 

監査役会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幹部会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

当社では、取締役会の他に常勤取締役、執行役員及び次長職以上の7名で構成される幹部会を、原則として週1回開催し、各部門の業務の執行を決定しています。

 

④内部監査及び監査役監査の状況

内部監査は総務部員2名で構成されており、法令遵守、内部統制の有効性等を検証し、必要の都度、公認会計士と情報交換をおこなっております。監査役監査の組織は、社外監査役2名で構成されており、会計監査を行い、監査役と公認会計士は、同席して監査をすることはないが、会計上の諸問題等について、意見交換はしております。

 

⑤会計監査の状況

当社の会計監査業務を執行した公認会計士は大西均氏であり、監査年数は連続9年であります。監査業務に係る補助者は、公認会計士1名であり、監査意見に対する審査は他の公認会計士より受けています。

 

⑥社外取締役、社外監査役との関係

当社の社外取締役及び社外監査役は、いずれも当社主要株主から選任されております。


(2)リスク管理体制の整備の状況

当社は、労働災害の防止を最大のリスク管理として捉え、下記の委員会を設置しております。

・事故審査委員会

発生した事故につき、その原因を究明してその責任を明らかにすると共に、将来の事故発生を防止するために設置しております。

・安全衛生委員会

会社における業務上災害防止、安全、衛生、防火管理について広く関係者の意見を聞き、その改善を図り、その向上を期することを目的とし設置しております。

(3)役員報酬の内容

当年度における当社の取締役及び監査役に対する役員報酬は以下のとおりです。

・役員報酬

社内取締役に支払った報酬

14,304千円

 

社外取締役に支払った報酬

1,560千円

 

15,864千円

 

(4)監査報酬の内容

当年度における当社の監査法人に対する監査報酬は以下のとおりです。

・監査証明に係る報酬

 

4,000千円

 

 

 

 

 

 

 

 





出典: 琴平参宮電鉄株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書