有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2 監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)及び前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表については、みすず監査法人により監査を受け、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)及び当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表については、あずさ監査法人により監査を受けております。
 なお、当社の監査人は次のとおり交代しております。
  第86期連結会計年度の連結財務諸表及び第86期事業年度の財務諸表  みすず監査法人 
  第87期連結会計年度の連結財務諸表及び第87期事業年度の財務諸表  あずさ監査法人 
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
 
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1 現金及び預金
※4
 
48,514
 
 
39,837
 
2 受取手形
※5
 
13,540
 
 
11,549
 
3 営業未収金及び売掛金
 
 
73,671
 
 
74,114
 
4 有価証券
 
 
3,906
 
 
14,461
 
5 たな卸資産
 
 
6,694
 
 
7,300
 
6 繰延税金資産
 
 
4,559
 
 
4,435
 
7 その他
 
 
19,572
 
 
17,392
 
8 貸倒引当金
 
 
△753
 
 
△617
 
流動資産合計
 
 
169,706
36.3
 
168,474
36.8
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 有形固定資産
※1
 
 
 
 
 
 
(1) 建物及び構築物
※4
 
84,060
 
 
83,738
 
(2) 機械装置及び
車両運搬具
 
 
24,427
 
 
22,851
 
(3) 工具器具備品
 
 
1,833
 
 
1,964
 
(4) リース資産
 
 
249
 
 
228
 
(5) 土地
※3,4
 
131,250
 
 
131,630
 
(6) 建設仮勘定
 
 
553
 
 
29
 
有形固定資産合計
 
 
242,374
51.8
 
240,444
52.5
2 無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) その他
 
 
4,840
 
 
4,920
 
無形固定資産合計
 
 
4,840
1.0
 
4,920
1.1
3 投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) 投資有価証券
※2
 
37,465
 
 
29,457
 
(2) 長期貸付金
 
 
166
 
 
136
 
(3) 繰延税金資産
 
 
10,379
 
 
10,445
 
(4) その他
 
 
3,551
 
 
4,714
 
(5) 貸倒引当金
 
 
△479
 
 
△722
 
投資その他の資産合計
 
 
51,084
10.9
 
44,031
9.6
固定資産合計
 
 
298,299
63.7
 
289,396
63.2
資産合計
 
 
468,006
100.0
 
457,871
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1 支払手形
※5
 
8,744
 
 
6,455
 
2 営業未払金及び買掛金
 
 
43,800
 
 
41,455
 
3 短期借入金
※4
 
4,723
 
 
3,114
 
4 未払金
 
 
10,969
 
 
11,632
 
5 未払費用
 
 
13,059
 
 
12,480
 
6 未払法人税等
 
 
4,444
 
 
4,870
 
7 未払消費税等
 
 
2,801
 
 
2,160
 
8 役員賞与引当金
 
 
110
 
 
 
9 その他
 
 
10,324
 
 
10,873
 
流動負債合計
 
 
98,979
21.1
 
93,044
20.3
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1 長期借入金
※4
 
2,412
 
 
1,465
 
2 繰延税金負債
 
 
9,562
 
 
7,636
 
3 退職給付引当金
 
 
48,652
 
 
48,693
 
4 役員退職慰労引当金
 
 
722
 
 
1,683
 
5 負ののれん
 
 
14,642
 
 
11,180
 
6 その他
 
 
186
 
 
182
 
固定負債合計
 
 
76,178
16.3
 
70,842
15.5
負債合計
 
 
175,158
37.4
 
163,886
35.8
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1 資本金
 
 
42,481
 
 
42,481
 
2 資本剰余金
 
 
73,582
 
 
74,266
 
3 利益剰余金
 
 
171,034
 
 
174,670
 
4 自己株式
 
 
△9,557
 
 
△8,564
 
株主資本合計
 
 
277,540
59.3
 
282,854
61.8
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1 その他有価証券評価
差額金
 
 
9,483
 
 
5,554
 
2 土地再評価差額金
※3
 
△317
 
 
△304
 
3 為替換算調整勘定
 
 
△356
 
 
△270
 
評価・換算差額等合計
 
 
8,809
1.9
 
4,979
1.1
Ⅲ 少数株主持分
 
 
6,497
1.4
 
6,151
1.3
純資産合計
 
 
292,847
62.6
 
293,985
64.2
負債純資産合計
 
 
468,006
100.0
 
457,871
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【連結損益計算書】
 
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
比率
(%)
金額(百万円)
比率
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
449,485
100.0
 
451,977
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
408,395
90.9
 
410,579
90.8
売上総利益
 
 
41,090
9.1
 
41,398
9.2
Ⅲ 販売費及び一般管理費
 
 
 
 
 
 
 
1 人件費
 
17,145
 
 
17,861
 
 
(うち退職給付費用)
 
(587)
 
 
(658)
 
 
(うち役員賞与引当金繰入額) 
 
(110)
 
 
(—)
 
 
(うち役員退職慰労引当金繰入額)
 
(—)
 
 
(245)
 
 
2 減価償却費
 
1,467
 
 
1,686
 
 
3 貸倒引当金繰入額
 
108
 
 
269
 
 
4 広告宣伝費
 
1,402
 
 
1,513
 
 
5 その他
 
10,169
30,294
6.7
10,143
31,473
7.0
営業利益
 
 
10,795
2.4
 
9,924
2.2
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1 受取利息
 
361
 
 
436
 
 
2 受取配当金
 
463
 
 
394
 
 
3 持分法による投資利益 
 
 
 
16
 
 
4 負ののれんの償却額
 
4,180
 
 
4,356
 
 
5 その他
 
1,808
6,814
1.5
1,442
6,646
1.5
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1 支払利息
 
164
 
 
136
 
 
2 持分法による投資損失
 
368
 
 
 
 
3 その他
 
71
604
0.1
35
172
0.1
経常利益
 
 
17,006
3.8
 
16,399
3.6
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産売却益
※1
87
 
 
863
 
 
2 支援金受入益
 
22
 
 
 
 
3 投資有価証券売却益
 
 
 
895
 
 
4 その他
 
0
109
0.0
143
1,903
0.4
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産処分損
※2
473
 
 
317
 
 
2 減損損失
※3
1,727
 
 
3,115
 
 
3 過年度役員退職慰労
引当金繰入額
 
 
 
1,073
 
 
4 役員退職慰労金
 
91
 
 
256
 
 
5 その他
 
245
2,536
0.6
158
4,920
1.0
税金等調整前当期純利益
 
 
14,579
3.2
 
13,382
3.0
法人税、住民税
及び事業税
 
5,912
 
 
5,951
 
 
法人税等調整額
 
△295
5,617
1.2
741
6,692
1.5
少数株主利益
 
 
164
0.0
 
671
0.2
当期純利益
 
 
8,797
2.0
 
6,018
1.3
 
 
 
 
 
 
 
 
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成18年3月31日残高(百万円)
42,481
73,353
164,489
△10,571
269,752
連結会計年度中の変動額
 
 
 
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
△2,150
 
△2,150
役員賞与(注)
 
 
△102
 
△102
当期純利益
 
 
8,797
 
8,797
自己株式の取得
 
 
 
△90
△90
自己株式の処分
 
229
 
1,104
1,333
株主資本以外の項目の
連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
229
6,544
1,014
7,787
平成19年3月31日残高(百万円)
42,481
73,582
171,034
△9,557
277,540
 
評価・換算差額等
少数株主
持分
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
土地再評価
差額金
為替換算
調整勘定
評価・換算
差額等合計
平成18年3月31日残高(百万円)
9,860
△295
△402
9,163
5,527
284,443
連結会計年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
 
△2,150
役員賞与(注)
 
 
 
 
 
△102
当期純利益
 
 
 
 
 
8,797
自己株式の取得
 
 
 
 
 
△90
自己株式の処分
 
 
 
 
 
1,333
株主資本以外の項目の
連結会計年度中の変動額(純額)
△376
△22
46
△353
969
616
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
△376
△22
46
△353
969
8,404
平成19年3月31日残高(百万円)
9,483
△317
△356
8,809
6,497
292,847
 (注) 平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年3月31日残高(百万円)
42,481
73,582
171,034
△9,557
277,540
連結会計年度中の変動額
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
△2,161
 
△2,161
当期純利益
 
 
6,018
 
6,018
持分法適用関連会社の増加に伴う利益剰余金減少高 
 
 
△207
 
△207
土地再評価差額金取崩による利益剰余金減少高 
 
 
△13
 
△13
自己株式の取得
 
 
 
△50
△50
自己株式の処分
 
684
 
1,043
1,727
株主資本以外の項目の
連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
684
3,636
992
5,313
平成20年3月31日残高(百万円)
42,481
74,266
174,670
△8,564
282,854
 
評価・換算差額等
少数株主
持分
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
土地再評価
差額金
為替換算
調整勘定
評価・換算
差額等合計
平成19年3月31日残高(百万円)
9,483
△317
△356
8,809
6,497
292,847
連結会計年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
△2,161
当期純利益
 
 
 
 
 
6,018
持分法適用関連会社の増加に伴う利益剰余金減少高 
 
 
 
 
 
△207
土地再評価差額金取崩による利益剰余金減少高 
 
 
 
 
 
△13
自己株式の取得
 
 
 
 
 
△50
自己株式の処分
 
 
 
 
 
1,727
株主資本以外の項目の
連結会計年度中の変動額(純額)
△3,928
13
85
△3,830
△345
△4,175
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
△3,928
13
85
△3,830
△345
1,137
平成20年3月31日残高(百万円)
5,554
△304
△270
4,979
6,151
293,985
 
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
 
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
金額(百万円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
税金等調整前当期純利益
 
14,579
13,382
減価償却費
 
16,252
17,015
減損損失
 
1,727
3,115
負ののれんの償却額
 
△4,180
△4,356
貸倒引当金の増減額(△減少)
 
△119
99
退職給付引当金の増減額(△減少)
 
1,442
41
役員退職慰労引当金の増減額(△減少)
 
961
受取利息及び受取配当金
 
△825
△830
支払利息
 
164
136
持分法による投資損益(△利益)
 
368
△16
有形・無形固定資産除売却損益(△利益)
 
385
△546
投資有価証券売却損益(△利益)
 
△895
売上債権の増減額(△増加)
 
△3,432
1,565
たな卸資産の増減額(△増加)
 
1,976
△1,372
仕入債務の増減額(△減少)
 
6,193
△4,675
仕入債務に係る信託受益権の増減額(△増加)
 
△11,714
△50
その他
 
454
1,290
小計
 
23,271
24,863
利息及び配当金の受取額
 
824
851
利息の支払額
 
△169
△137
法人税等の支払額
 
△6,406
△6,005
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
17,519
19,572
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
定期預金の預入による支出
 
△13,209
△13,599
定期預金の払戻による収入
 
12,739
12,198
有価証券の償還等による収入
 
2,347
3,900
事業譲受にかかる前払支出
 
△1,000
有形・無形固定資産の取得による支出
 
△16,310
△18,066
有形・無形固定資産の売却による収入
 
608
2,052
投資有価証券の取得による支出
 
△3,664
△31
連結子会社株式の追加取得による支出
 
△32
△131
連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による現金及び現金同等物の純減少額
※2
△44
連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による現金及び現金同等物の純増加額
※2
410
25
投資有価証券の売却等による収入
 
107
969
その他の投資の増減額(△増加)
 
236
95
貸付けによる支出
 
△26
△480
貸付金の回収による収入
 
239
512
その他
 
△154
△140
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△16,753
△13,694

 

 
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
金額(百万円)
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
短期借入れの純増減額(△減少)
 
△3,755
△1,237
長期借入れによる収入
 
0
長期借入金の返済による支出
 
△8,688
△1,472
少数株主による株式払込収入
 
8
自己株式の増減額(△増加)
 
△86
自己株式の取得による支出
 
△50
自己株式の処分による収入 
 
2,209
配当金の支払額
 
△2,150
△2,161
少数株主への配当金の支払額
 
△7
△41
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△14,678
△2,754
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
 
8
7
Ⅴ 現金及び現金同等物の増減額
 
△13,903
3,130
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
 
55,226
42,753
Ⅶ 新規連結に伴う現金及び現金同等物の期首残高
※2,3
1,430
Ⅷ 現金及び現金同等物の期末残高
※1
42,753
45,884
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1 連結の範囲に関する事項
連結子会社数  50社
連結子会社の名称
 「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため省略しております。
 なお、従来、持分法適用関連会社でありました四国西濃運輸㈱は、同社が第三者割当増資で発行する株式を当社が全て引受けたことにより、日ノ丸西濃運輸㈱、昭和西濃運輸㈱は当社が株式を追加取得したことに伴い、株式保有比率が高まったため、当連結会計年度から連結の範囲として含めております。
 また、従来、持分法適用関連会社でありました北海道西濃運輸㈱は平成18年10月1日に当社と株式交換を実施したことにより、当社の完全子会社となったことから、当連結会計年度から連結の範囲として含めております。北海道西濃運輸㈱が連結の範囲に含まれたことに伴い、同社の子会社の西濃北海道エキスプレス㈱、㈲セイノーロジスティクス北海道の2社についても、当連結会計年度から連結の範囲として含めております。
 また、S&Nロジスティクス㈱は平成18年10月2日に日本梱包運輸倉庫㈱と共同設立(当社の出資比率60%)したため、当連結会計年度から連結の範囲として含めております。
1 連結の範囲に関する事項
連結子会社数  49社
連結子会社の名称
 「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため省略しております。
 なお、伊豆西濃運輸㈱は、当社が株式を追加取得したことに伴い、株式保有比率が高まったため当連結会計年度から連結の範囲として含めております。 
 また、SEINO MERCHANTS SINGAPORE PTE LTD及びSEINO TRANSPORTATION(THAILAND)CO.,LTD.は、清算結了に伴い、連結の範囲から除外いたしました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
非連結子会社
 該当事項はありません。
非連結子会社
 該当事項はありません。
2 持分法の適用に関する事項
持分法適用関連会社
 埼玉西濃運輸㈱、東京西濃運輸㈱の合計2社
 なお、従来、持分法適用関連会社でありました北海道西濃運輸㈱、日ノ丸西濃運輸㈱、四国西濃運輸㈱、昭和西濃運輸㈱の4社については、当連結会計年度から連結の範囲として含めることになったため、持分法の適用範囲から除外しております。
 持分法を適用していない関連会社は三河西濃運輸㈱他合計8社であります。これら8社の持分に見合う当期純利益及び利益剰余金等は少額であり、連結財務諸表に重要な影響を及ぼしておりません。
2 持分法の適用に関する事項
持分法適用関連会社
 埼玉西濃運輸㈱、東京西濃運輸㈱、西濃シェンカー㈱の合計3社
 なお、従来、持分法非適用関連会社でありました西濃シェンカー㈱については、重要性が増したため、当連結会計年度から持分法適用の範囲に含めております。 
 持分法を適用していない関連会社は三河西濃運輸㈱他合計11社であります。これら11社の持分に見合う当期純利益及び利益剰余金等は少額であり、連結財務諸表に重要な影響を及ぼしておりません。
3 連結子会社の事業年度等に関する事項
 連結子会社のうち、在外連結子会社4社の決算日は12月31日であります。
 なお、連結決算日との間に重要な取引が生じた場合には、連結上必要な調整をすることとしております。
3 連結子会社の事業年度等に関する事項
 連結子会社のうち、在外連結子会社2社の決算日は12月31日であります。
 なお、連結決算日との間に重要な取引が生じた場合には、連結上必要な調整をすることとしております。

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
4 会計処理基準に関する事項
(1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券の評価基準及び評価方法
満期保有目的の債券
償却原価法(定額法)
4 会計処理基準に関する事項
(1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券の評価基準及び評価方法
満期保有目的の債券
同左
その他有価証券
時価のあるもの
 決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
その他有価証券
時価のあるもの
        同左
時価のないもの
 移動平均法に基づく原価法
時価のないもの
同左
② たな卸資産の評価基準及び評価方法
車両、仕掛品
 主として個別原価法
貯蔵品、部品
 主として移動平均法に基づく原価法
② たな卸資産の評価基準及び評価方法
車両、仕掛品
同左
    貯蔵品、部品
同左 
(2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
 提出会社及び一部の連結子会社は、建物(建物附属設備を含む)及び車両運搬具は定額法、上記以外については定率法によっております。また、一部を除く連結子会社は、定率法を採用しておりますが、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設備は除く)については定額法によっております。また、一部の連結子会社は、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については、3年間で均等償却しております。
 なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
(2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
同左
—————
 
 
 
(会計方針の変更) 
 提出会社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度から、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 この変更により、従来と同一の方法によった場合と比べ、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は431百万円それぞれ減少しております。なお、セグメント情報に与える影響については(セグメント情報)に記載しております。
 
 
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ② 無形固定資産
 定額法によっております。
 なお、耐用年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
 ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における見込利用可能期間(5年)による定額法によっております。
③ 長期前払費用
 一部の連結子会社では、長期前払費用を均等償却しております。 
(追加情報) 
 提出会社及び国内連結子会社は、当連結会計年度から、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した連結会計年度の翌連結会計年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 この変更により、従来と同一の方法によった場合と比べ、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は692百万円それぞれ減少しております。なお、セグメント情報に与える影響については(セグメント情報)に記載しております。
② 無形固定資産
同左 
 
 
 
 
 
③ 長期前払費用  
同左 
(3) 重要な引当金の計上基準
 ① 貸倒引当金
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
 ② 役員賞与引当金
 役員賞与の支出に備えるため、当連結会計年度末における役員賞与の支給見込額に基づき当連結会計年度末において発生していると認められる額を計上しております。
 ③ 退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の見込額に基づき、当連結会計年度末において発生していると認められる額を計上しております。また、一部の連結子会社では、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当連結会計年度末において発生していると認められる額を計上しております。
 過去勤務債務については発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(主に10年)により、費用処理しております。
 数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(主に10年)による定額法により、それぞれ発生年度の翌連結会計年度より費用処理しております。
(3) 重要な引当金の計上基準
 ① 貸倒引当金
          同左
 
 

 ② 役員賞与引当金
         —————         
 
 
 
 ③ 退職給付引当金
          同左
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
④ 役員退職慰労引当金
 一部の連結子会社において、役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金支給に関する内規に基づく連結会計年度末要支給額を計上しております。
④ 役員退職慰労引当金
   役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金支給に関する内規に基づく連結会計年度末要支給額を計上しております。
 
(4) 連結財務諸表の作成の基礎となった連結会社の財務諸表の作成に当たって採用した重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
 外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。なお、在外子会社等の資産及び負債、収益及び費用は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び少数株主持分に含めております。
(5) 重要なリース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
(6) その他連結財務諸表作成のための重要な事項
 ① 消費税等の会計処理
 提出会社及び国内連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
5 連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
 連結子会社の資産及び負債の評価方法は、全面時価評価法によっております。 
6 のれん及び負ののれんの償却に関する事項
  のれん及び負ののれんは、5年間で均等償却して
  おります。                                                                     
  7 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲   
(4) 連結財務諸表の作成の基礎となった連結会社の財務諸表の作成に当たって採用した重要な外貨建の資産
又は負債の本邦通貨への換算の基準 
          同左
 
 
 
 
 
(5) 重要なリース取引の処理方法
           同左
 
 

(6) その他連結財務諸表作成のための重要な事項
 ① 消費税等の会計処理
           同左

5 連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
           同左
 
  6 のれん及び負ののれんの償却に関する事項
            同左
 
 7 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲   
  連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は手許現金、随時引き出し可能な預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
  
            同左
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(会計処理の変更)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当連結会計年度から、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。従来の資本の部の合計に相当する金額は286,350百万円であります。
 なお、当連結会計年度末における連結貸借対照表の純資産の部については、連結財務諸表規則の改正に伴い、改正後の連結財務諸表規則により作成しております。
—————
 
 
 
 
(企業結合に係る会計基準等)
 当連結会計年度から「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会 平成15年10月31日)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年12月27日 企業会計基準第7号)並びに「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準委員会 最終改正平成18年12月22日 企業会計基準適用指針第10号)を適用しております。これによる損益に与える影響は軽微であります。
 連結財務諸表規則の改正による連結財務諸表の表示に関する変更は以下のとおりであります。
—————
 
 
 
 
(連結貸借対照表)
 「連結調整勘定」は当連結会計年度から「負ののれん」として表示しております。
—————
 
 
 
 
(連結損益計算書)
 「連結調整勘定償却額」は、当連結会計年度から「負ののれんの償却額」として表示しております。
—————
 
 
 
 
(連結キャッシュ・フロー計算書)
 「連結調整勘定償却額」は、当連結会計年度から「負ののれんの償却額」として表示しております。
—————
 
 
 
(役員賞与に関する会計基準)
 当連結会計年度から、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年11月29日 企業会計基準第4号)を適用しております。この結果、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益が110百万円減少しております。なお、セグメント情報に与える影響については(セグメント情報)に記載しております。
—————
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(割賦販売手数料の計上区分の変更)
 割賦販売手数料については従来、営業外収益として計上しておりましたが、当連結会計年度より売上高に含めて表示しております。この変更はセイノーグループの事業再編を契機として割賦販売手数料の再検討を行った結果、割賦販売が営業目標の中心として位置付けられ割賦販売手数料の営業利益としての性質が強まっていることから、営業活動に関する収益とすることが合理的であること、及び同業他社とのより有効な比較を可能とする目的によるものであります。この変更により、従来と同一の方法によった場合に比べ、営業利益は1,043百万円増加しておりますが、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響はありません。なお、セグメント情報に与える影響については(セグメント情報)に記載しております。
 —————
 
 
 
(車両売上計上基準の変更)
 車両売上計上基準については従来、納車時に売上計上しておりましたが、当連結会計年度より登録時に売上計上する方法に変更いたしました。この変更はセイノーグループの事業再編を契機として車両売上計上基準の再検討を行った結果、同業他社とのより有効な比較が可能になること、及び事務作業の効率化を図る目的によるものであります。この変更により、従来と同一の方法によった場合に比べ、売上高は854百万円、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は110百万円それぞれ増加しております。なお、セグメント情報に与える影響については(セグメント情報)に記載しております。 
—————
—————
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (役員退職慰労引当金に関する計上基準) 
  当社及び一部の連結子会社について、役員退職慰労金は、従来支出時の費用として処理しておりましたが、当連結会計年度より内規に基づく連結会計年度末要支給額を計上する方法に変更しております。この変更は、「租税特別措置法上の準備金及び特別法上の引当金又は準備金並びに役員退職慰労引当金等に関する監査上の取扱い」(日本公認会計士協会 監査・保証実務委員会報告第42号 平成19年4月13日)の改正などを契機として、内規の整備を行い、合理的な算定が可能となったことによるものであります。この変更により、従来と同一の方法によった場合に比べ、販売費及び一般管理費は161百万円増加し、営業利益及び経常利益は同額減少し、税金等調整前当期純利益は、1,234百万円減少しております。なお、セグメント情報に与える影響については(セグメント情報)に記載しております。
 
 

 
 
 
 
(表示方法の変更)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
—————
(連結貸借対照表)
 当連結会計年度末より、「金融商品取引法」の施行に伴う「財務諸表等規則ガイドライン」の改正等により、従来、流動資産の「現金及び預金」に含めて表示しておりました国内譲渡性預金は、「有価証券」に含めて表示しております。なお、前連結会計年度末において流動資産の「現金及び預金」に含めて表示しておりました国内譲渡性預金は3,210百万円であります。
 
—————
(連結損益計算書)
 
  前連結会計年度において特別利益の「その他」に含めて表示しておりました「投資有価証券売却益」(前連結会計年度0百万円)については、特別利益の100分の10超となったため、当連結会計年度より区分掲記しております。
 
—————
(連結キャッシュ・フロー計算書)
1 前連結会計年度において営業活動によるキャッシュ・フローの「その他」に含めて表示しておりました「役員退職慰労引当金の増減額」(前連結会計年度△32百万円)については、重要性が高くなったため、当連結会計年度より区分掲記しております。
2 前連結会計年度において営業活動によるキャッシュ・フローの「その他」に含めて表示しておりました「投資有価証券売却損益」(前連結会計年度△0百万円)については、重要性が高くなったため、当連結会計年度より区分掲記しております。
3 前連結会計年度において、自己株式の取得による支出については、財務活動によるキャッシュ・フローの「自己株式の増減額」として表示しておりましたが、当連結会計年度より「自己株式の取得による支出」(前連結会計年度△86百万円)として表示しております。 
 
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
※1
有形固定資産の減価償却累計額
※1
有形固定資産の減価償却累計額
 
 
204,253百万円
 
 
211,610百万円
※2
 関連会社に対する主な資産は次のとおりであります。
※2
 関連会社に対する主な資産は次のとおりであります。
 
投資有価証券(株式)
3,540百万円
 
投資有価証券(株式)
3,381百万円
※3
 一部の連結子会社は、土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号 最終改正 平成13年3月31日)に基づき、平成14年3月31日に事業用の土地の再評価を行っております。
 なお、再評価差額金については、土地の再評価に関する法律の一部を改正する法律(平成11年3月31日公布法律第24号)に基づき、純資産の部の「土地再評価差額金」に按分して計上しております。
※3
 一部の連結子会社は、土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号 最終改正 平成13年3月31日)に基づき、平成14年3月31日に事業用の土地の再評価を行っております。
 なお、再評価差額金については、土地の再評価に関する法律の一部を改正する法律(平成11年3月31日公布法律第24号)に基づき、純資産の部の「土地再評価差額金」に按分して計上しております。
 
 
 再評価の方法
土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める地価税の課税標準価格に合理的な調整を行い算出しております。
 
 
 再評価の方法
土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める地価税の課税標準価格に合理的な調整を行い算出しております。
 
再評価を行った年月日
平成14年3月31日
 
再評価を行った年月日
平成14年3月31日
 
再評価を行った土地の期末における時価と再評価後の帳簿価額との差額
 
再評価を行った土地の期末における時価と再評価後の帳簿価額との差額
 
 
△1,281百万円
 
 
△1,595百万円
※4
 
担保資産及び担保付債務
 担保に供している資産は次のとおりであります。
※4
 
担保資産及び担保付債務
 担保に供している資産は次のとおりであります。
 
建物及び構築物
4,989百万円
土地
7,935百万円
預金
11百万円
合計
12,936百万円
 
建物及び構築物
4,614百万円
土地
7,804百万円
預金
11百万円
合計
12,429百万円
 
 担保付債務は次のとおりであります。
 
 担保付債務は次のとおりであります。
 
短期借入金
993百万円
長期借入金
2,134百万円
合計
3,128百万円
 
短期借入金
692百万円
長期借入金
1,275百万円
合計
1,968百万円

 

前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
※5
 
連結会計年度末日満期手形の処理
 連結会計年度末日満期手形は手形交換日をもって決済処理しております。従って、当連結会計年度末日は金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年度末残高に含まれております。
※5
 
—————
 
 
受取手形
1,374百万円
裏書譲渡手形
137百万円
支払手形
1,001百万円
 
 
 
 
 
 
 
 
(偶発債務)
 
(偶発債務)
 
受取手形裏書譲渡高
1,886百万円
 
受取手形裏書譲渡高
1,671百万円
 
 
(保証債務)
 連結会社以外の会社の金融機関等からの借入金及び一部の連結子会社の顧客の車両、住宅購入資金(銀行借入金等)に対して次のとおり保証を行っております。
 
 
(保証債務)
 連結会社以外の会社の金融機関等からの借入金及び一部の連結子会社の顧客の車両、住宅購入資金(銀行借入金等)に対して次のとおり保証を行っております。
 
西濃シェンカー㈱
280百万円
顧客
892百万円
合計
1,172百万円
 
西濃シェンカー㈱
280百万円
顧客
510百万円
合計
790百万円
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1
固定資産売却益の内容は次のとおりであります。
※1
固定資産売却益の内容は次のとおりであります。
 
機械装置及び車両運搬具
77百万円
土地
9百万円
合計
87百万円
 
建物及び構築物
0百万円
機械装置及び車両運搬具
62百万円
工具器具備品
0百万円
土地
799百万円
合計
863百万円
       
※2
固定資産処分損の内容は次のとおりであります。
※2
固定資産処分損の内容は次のとおりであります。
 
建物及び構築物
222百万円
機械装置及び車両運搬具
156百万円
工具器具備品
25百万円
土地
42百万円
無形固定資産その他
26百万円
合計
473百万円
 
建物及び構築物
187百万円
機械装置及び車両運搬具
96百万円
工具器具備品
3百万円
土地
29百万円
無形固定資産その他
0百万円
合計
317百万円
 
 このうち、建物及び構築物25百万円、機械装置及び車両運搬具124百万円、工具器具備品0百万円、土地42百万円、無形固定資産その他0百万円は売却損であり、そのほかは除却損であります。
 
 このうち、建物及び構築物0百万円、機械装置及び車両運搬具64百万円、工具器具備品0百万円、土地29百万円、無形固定資産その他0百万円は売却損であり、そのほかは除却損であります。
※3
 
減損損失
 当連結会計年度において、当社グループは以下の資産について減損損失を計上いたしました。
※3
 
減損損失
 当連結会計年度において、当社グループは以下の資産について減損損失を計上いたしました。
 
用途
場所
種類
事業用資産
山口県
岩国市他37件
土地、
建物他
遊休資産
群馬県
太田市他3件
土地
その他
のれん
 
用途
場所
種類
事業用資産
兵庫県
神戸市他47件
土地、
建物他
遊休資産
岐阜県
瑞浪市他5件
土地
その他
のれん
 
 当社グループは、事業所毎にグルーピングを行っております。事業用資産については、地価の下落及び収益性が悪化し回収可能価額が低下したものについて、遊休資産については、帳簿価額を回収可能価額にまで減額し、当該減少額を減損損失(1,339百万円)として、また、のれんについては、株式取得時に当初想定していた収益が見込めなくなったことから減損損失(387百万円)として、それぞれ特別損失に計上しております。
 その内訳は、建物及び構築物89百万円、土地1,227百万円、その他22百万円、のれん387百万円であります。
 なお、事業用資産、遊休資産の回収可能価額は正味売却価額については主に不動産鑑定士による不動産鑑定評価額により、使用価値については将来キャッシュフローを主に5.4%で割り引いて算定しております。
 
 当社グループは、事業所毎にグルーピングを行っております。事業用資産については、地価の下落及び収益性が悪化し回収可能価額が低下したものについて、遊休資産については、帳簿価額を回収可能価額にまで減額し、当該減少額を減損損失(3,020百万円)として、また、のれんについては、株式取得時に当初想定していた収益が見込めなくなったことから減損損失(94百万円)として、それぞれ特別損失に計上しております。
 その内訳は、建物及び構築物574百万円、土地2,442百万円、その他3百万円、のれん94百万円であります。
 なお、事業用資産、遊休資産の回収可能価額は正味売却価額については主に不動産鑑定士による不動産鑑定評価額により、使用価値については将来キャッシュフローを主に4.7 %で割り引いて算定しております。
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
1 発行済株式に関する事項
株式の種類
前連結会計年度末
増加
減少
当連結会計年度末
普通株式(株)
207,679,783
207,679,783
2 自己株式に関する事項
株式の種類
前連結会計年度末
増加
減少
当連結会計年度末
普通株式(株)
11,417,339
77,322
1,111,968
10,382,693
(変動事由の概要)
増加の内訳は、次のとおりであります。
単元未満株式の買取りによる増加
69,646株
四国西濃運輸㈱、北海道西濃運輸㈱に対する持分比率変動に伴う当社帰属分の増加
7,676株
合   計
77,322株
減少の内訳は、次のとおりであります。
株式交換による割当交付
1,111,968株
合   計
1,111,968株
3 新株予約権等に関する事項
会社名
内訳
目的となる
株式の種類
目的となる株式の数(株)
当連結
会計年度
末残高
(百万円)
前連結
会計年度末
増加
減少
当連結
会計年度末
提出会社
第一回信託型ライツ・プラン新株予約権
普通株式
397,262,334
397,262,334
合計
397,262,334
397,262,334
 (注) 目的となる株式の数は、権利行使可能数を記載しております。
4 配当に関する事項
(1) 配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
1株当たり配当額
(円)
基準日
効力発生日
平成18年6月23日
定時株主総会
普通株式
2,150
11
平成18年3月31日
平成18年6月24日
(2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
決議
株式の種類
配当の原資
配当金の総額
(百万円)
1株当たり
配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月26日
定時株主総会
普通株式
利益剰余金
2,195
11
平成19年3月31日
平成19年6月27日
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
1 発行済株式に関する事項
株式の種類
前連結会計年度末
増加
減少
当連結会計年度末
普通株式(株)
207,679,783
207,679,783
2 自己株式に関する事項
株式の種類
前連結会計年度末
増加
減少
当連結会計年度末
普通株式(株)
10,382,693
51,673
1,861,858
8,572,508
(変動事由の概要)
増加の内訳は、次のとおりであります。
単元未満株式の買取りによる増加
47,821株
四国西濃運輸㈱他に対する持分比率変動に伴う当社帰属分の増加
3,852株
合   計
51,673株
減少の内訳は、次のとおりであります。
自己株式の売却
1,861,858株
合   計
1,861,858株
3 新株予約権等に関する事項
会社名
内訳
目的となる
株式の種類
目的となる株式の数(株)
当連結
会計年度
末残高
(百万円)
前連結
会計年度末
増加
減少
当連結
会計年度末
提出会社
第一回信託型ライツ・プラン新株予約権
普通株式
397,262,334
397,262,334
合計
 397,262,334
397,262,334
 (注) 目的となる株式の数は、権利行使可能数を記載しております。
4 配当に関する事項
(1) 配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
1株当たり配当額
(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月26日
定時株主総会
普通株式
2,195
11
平成19年3月31日
平成19年6月27日
 (注) 配当金の総額には連結子会社が保有している親会社株式に対する配当金33百万円が含まれております。
(2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
決議
株式の種類
配当の原資
配当金の総額
(百万円)
1株当たり
配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年6月26日
定時株主総会
普通株式
利益剰余金
2,194
11
平成20年3月31日
平成20年6月27日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
現金及び預金勘定
48,514百万円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
△5,761百万円
現金及び現金同等物
42,753百万円
現金及び預金勘定
39,837百万円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
△7,162百万円
有価証券勘定(譲渡性預金) 
13,210百万円 
現金及び現金同等物
45,884百万円
   
※2 持分割合の増加により新たに連結子会社となった会社及び株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の内訳
 持分割合の増加により新たに四国西濃運輸㈱を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳は次のとおりであります。なお、四国西濃運輸㈱の増加に伴う現金及び現金同等物の増加額は884百万円であります。
 ※2        —————
 
 
 
 
 
 
 
流動資産
3,941百万円
固定資産
9,032百万円
資産合計
12,973百万円
流動負債
4,986百万円
固定負債
5,965百万円
負債合計
10,952百万円
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 株式の取得により新たに昭和西濃運輸㈱、日ノ丸西濃運輸㈱を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式の取得価額と取得による現金及び現金同等物の純増加額、純減少額との関係は次のとおりであります。
 株式の取得により新たに伊豆西濃運輸㈱を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式の取得価額と取得による現金及び現金同等物の純増加額との関係は次のとおりであります。
昭和西濃運輸㈱(平成18年9月30日現在)
伊豆西濃運輸㈱(平成19年3月31日現在)
流動資産
1,976百万円
固定資産
3,527百万円
流動負債
△2,192百万円
固定負債
△5,151百万円
のれん
387百万円
少数株主持分
—百万円
追加取得前の持分
1,463百万円
上記会社株式の取得価額
10百万円
上記会社の現金及び現金同等物
420百万円
差引 上記会社取得による現金及び現金同等物の純増加額
410百万円
流動資産
 72百万円
固定資産
 63百万円
流動負債
 △57百万円
固定負債
 △151百万円
のれん
 73百万円
少数株主持分
 —百万円
上記会社株式の取得価額
 0百万円
上記会社の現金及び現金同等物
 25百万円
差引 上記会社取得による現金及び現金同等物の純増加額
 25百万円
日ノ丸西濃運輸㈱(平成18年9月30日現在)
 
流動資産
1,238百万円
固定資産
3,274百万円
流動負債
△1,319百万円
固定負債
△2,168百万円
のれん
33百万円
少数株主持分
△498百万円
追加取得前の持分
△381百万円
上記会社株式の取得価額
178百万円
上記会社の現金及び現金同等物
133百万円
差引 上記会社取得による現金及び現金同等物の純減少額
△44百万円
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※3 重要な非資金取引の内容
 株式の交換により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の内訳
 株式の交換により新たに北海道西濃運輸㈱及び北海道西濃運輸㈱の子会社である西濃北海道エキスプレス㈱、㈲セイノーロジスティクス北海道を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳は次のとおりであります。なお、これらの連結子会社の増加に伴う現金及び現金同等物の増加額は546百万円であります。また、株式交換により増加した資本金及び資本準備金はありません。
※3        —————
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
流動資産
3,102百万円
固定資産
4,987百万円
資産合計
8,090百万円
流動負債
4,518百万円
固定負債
2,054百万円
負債合計
6,572百万円
 
(リース取引関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1 借手側
1 借手側
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
 
機械装置
及び
車両運搬具
(百万円)
 
工具器具
備品
(百万円)
 
その他の
無形
固定資産
(百万円)
 
合計
(百万円)
取得価額
相当額
 
932
 
3,458
 
130
 
4,522
減価償却
累計額
相当額
 
481
 
2,240
 
112
 
2,834
減損損失
累計額
相当額
 
 
 
 
期末残高
相当額
 
450
 
1,210
 
18
 
1,679
 
 
機械装置
及び
車両運搬具
(百万円)
 
工具器具
備品
(百万円)
 
その他の
無形
固定資産
(百万円)
 
合計
(百万円)
取得価額
相当額
 
909
 
2,285
 
24
 
3,220
減価償却
累計額
相当額
 
486
 
1,515
 
21
 
2,022
減損損失
累計額
相当額
 
 
7
 
 
7
期末残高
相当額
 
423
 
763
 
3
 
1,189
(注) 取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
(注) 取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
(2) 未経過リース料期末残高相当額等
(2) 未経過リース料期末残高相当額等
1年内
734百万円
1年超
948百万円
合計
1,683百万円
リース資産減損勘定の期末
残高
3百万円
1年内
524百万円
1年超
666百万円
合計
1,191百万円
リース資産減損勘定の期末
残高
1百万円
(注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
(注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
(3) 支払リース料、リース資産減損勘定取崩額、減価償却費相当額及び減損損失
(3) 支払リース料、リース資産減損勘定取崩額、減価償却費相当額及び減損損失
① 支払リース料
1,006百万円
② リース資産減損勘定取崩額
8百万円
③ 減価償却費相当額
997百万円
④ 減損損失
—百万円
① 支払リース料
760百万円
② リース資産減損勘定取崩額
2百万円
③ 減価償却費相当額
758百万円
④ 減損損失
—百万円
(4) 減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4) 減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
2 貸手側
(1) リース物件の取得価額、減価償却累計額及び期末残高
2 貸手側
(1) リース物件の取得価額、減価償却累計額及び期末残高
 
機械装置
及び車両運搬具
(百万円)
取得価額
717
減価償却累計額
467
期末残高
249
 
機械装置
及び車両運搬具
(百万円)
取得価額
728
減価償却累計額
500
期末残高
228
(2) 未経過リース料期末残高相当額
(2) 未経過リース料期末残高相当額
1年内
175百万円
1年超
232百万円
合計
408百万円
1年内
164百万円
1年超
221百万円
合計
385百万円
(注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が営業債権の期末残高等に占める割合が低いため、受取利子込み法により算定しております。
(注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が営業債権の期末残高等に占める割合が低いため、受取利子込み法により算定しております。
(3) 受取リース料及び減価償却費
(3) 受取リース料及び減価償却費
受取リース料
190百万円
減価償却費
108百万円
受取リース料
191百万円
減価償却費
116百万円
(減損損失について)
リース資産に配分された減損損失はありません。
(減損損失について)
リース資産に配分された減損損失はありません。
3 転貸リース取引
(1) 未経過支払リース料期末残高
3 転貸リース取引
(1) 未経過支払リース料期末残高
1年内
145百万円
1年超
32百万円
合計
178百万円
1年内
6百万円
1年超
0百万円
合計
6百万円
(2) 未経過受取リース料期末残高
(2) 未経過受取リース料期末残高
1年内
157百万円
1年超
34百万円
合計
192百万円
1年内
7百万円
1年超
0百万円
合計
7百万円
(有価証券関係)
1 満期保有目的の債券で時価のあるもの
区分
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
連結決算日に
おける連結
貸借対照表
計上額
(百万円)
連結決算日
における
時価
(百万円)
差額
(百万円)
連結決算日に
おける連結
貸借対照表
計上額
(百万円)
連結決算日
における
時価
(百万円)
差額
(百万円)
時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの
99
101
1
時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの
499
499
△0
100
99
△0
合計
499
499
△0
199
201
1
2 その他有価証券で時価のあるもの
区分
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
取得原価
(百万円)
連結決算日に
おける連結
貸借対照表
計上額
(百万円)
差額
(百万円)
取得原価
(百万円)
連結決算日に
おける連結
貸借対照表
計上額
(百万円)
差額
(百万円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
 
 
 
 
 
 
① 株式
8,389
25,309
16,920
7,071
17,930
10,859
② 債券
3,462
3,503
40
2,845
2,872
26
③ その他
99
196
97
99
142
43
小計
11,951
29,009
17,058
10,016
20,945
10,929
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
 
 
 
 
 
 
① 株式
1,146
1,101
△45
2,494
1,987
△506
② 債券
3,413
3,333
△79
2,426
2,393
△33
③ その他
33
28
△5
33
26
△7
小計
4,593
4,463
△130
4,954
4,406
△547
合計
16,544
33,473
16,928
14,970
25,352
10,381
 (注) その他有価証券で時価のある株式は、当連結会計年度において0百万円の減損処理を行っております。前連結会計年度において該当事項はありません。
 なお、当該株式の減損にあたっては、時価の下落率が取得原価に比べ50%以上の銘柄については一律減損処理しており、また、下落率が30%以上50%未満の銘柄について、過去一定期間の時価の推移や発行会社の業績の推移等を考慮のうえ、時価の回復可能性が認められないと判断される銘柄について減損処理しております。
3 当連結会計年度中に売却した満期保有目的の債券
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
該当事項はありません。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
該当事項はありません。
4 当連結会計年度中に売却したその他有価証券
区分
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
(百万円)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(百万円)
売却額
2
969
売却益の合計額
0
895
売却損の合計額
0
5 時価評価されていない有価証券
区分
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
連結貸借対照表計上額
(百万円)
連結貸借対照表計上額
(百万円)
(1) 満期保有目的の債券
 
 
① 非上場外国債
2,000
合計
2,000
(2) その他有価証券
 
 
① 非上場株式
1,359
1,275
② 譲渡性預金 
13,210
③ 優先出資証券
500
500
合計
1,859
14,985
6 その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の連結決算日後における償還予定額
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
区分
1年以内
(百万円)
1年超5年以内
(百万円)
5年超10年以内
(百万円)
10年超
(百万円)
① 債券
 
 
 
 
国債・地方債等
300
1,570
47
社債
3,600
2,350
800
700
その他
② その他
合計
3,900
3,920
847
700
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
区分
1年以内
(百万円)
1年超5年以内
(百万円)
5年超10年以内
(百万円)
10年超
(百万円)
① 債券
 
 
 
 
国債・地方債等
1,100
517
社債
150
2,300
1,000
400
その他
② その他
 
 
 
 
  譲渡性預金
13,210
合計
14,460
2,817
1,000
400
(デリバティブ取引関係)
1 取引の状況に関する事項
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 当社グループはデリバティブ取引を利用していないため、該当事項はありません。
同左
2 取引の時価等に関する事項
前連結会計年度及び当連結会計年度について、該当事項はありません。
(退職給付関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1 採用している退職給付制度の概要
 当社及び国内連結子会社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けているほか、一部の国内連結子会社では企業年金基金制度、総合設立型の厚生年金基金制度及び適格退職年金制度を設けております。
1 採用している退職給付制度の概要
 当社及び国内連結子会社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けているほか、一部の国内連結子会社では企業年金基金制度、総合設立型の厚生年金基金制度及び適格退職年金制度を設けております。
 なお、要拠出額を退職給付費用として処理している複数事業主制度に関する事項は次のとおりであります。
(1)制度全体の積立状況に関する事項             (平成19年3月31日現在) 
 年金資産の額
20,925百万円
 年金財政計算上の給付債務の額
18,110百万円
 差引額
2,815百万円
 (2)制度全体に占める当社グループの給与額の割合  
 39.6%
 (3)補足説明
 上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の過去勤務債務残高663百万円及び別途積立金3,477百万円であり、別途積立金3,477百万円については、毎年の財政決算で発生した不足金に充当するほか、財政計算等において掛金上昇抑制等の目的のため年金制度内に留保するものであります。本制度における過去勤務債務の償却方法は期間15年以内の元利均等償却であり、当社グループは、当期の連結財務諸表上、特別掛金24百万円を費用処理しております。 
2 退職給付債務に関する事項
2 退職給付債務に関する事項
① 退職給付債務
△56,400百万円
② 年金資産
2,428百万円
③ 未積立退職給付債務(①+②)
△53,972百万円
④ 未認識過去勤務債務
2,925百万円
⑤ 未認識数理計算上の差異
2,394百万円
⑥ 退職給付引当金
(③+④+⑤)
△48,652百万円
① 退職給付債務
△54,112百万円
② 年金資産
1,898百万円
③ 未積立退職給付債務(①+②)
△52,214百万円
④ 未認識過去勤務債務
1,799百万円
⑤ 未認識数理計算上の差異
1,720百万円
⑥ 退職給付引当金
(③+④+⑤)
△48,693百万円
(注) 当社及び一部の連結子会社は退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
(注) 当社及び一部の連結子会社は退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
3 退職給付費用に関する事項
3 退職給付費用に関する事項
① 勤務費用
2,759百万円
② 利息費用
1,032百万円
③ 期待運用収益
△34百万円
④ 過去勤務債務の費用処理額
335百万円
⑤ 数理計算上の差異の費用処理額
494百万円
⑥ 退職給付費用
(①+②+③+④+⑤)
4,587百万円
① 勤務費用
2,844百万円
② 利息費用
1,083百万円
③ 期待運用収益
△42百万円
④ 過去勤務債務の費用処理額
293百万円
⑤ 数理計算上の差異の費用処理額
553百万円
⑥ 退職給付費用
(①+②+③+④+⑤)
4,733百万円
(注) 簡便法を採用している当社及び連結子会社の退職給付費用は、「①勤務費用」に計上しております。
(注) 簡便法を採用している当社及び連結子会社の退職給付費用は、「①勤務費用」に計上しております。

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
4 退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
4 退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
① 退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
② 割引率
2.0%
③ 期待運用収益率
2.0%
④ 過去勤務債務の額の処理年数
主に10年
⑤ 数理計算上の差異の処理年数
主に10年
① 退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
② 割引率
2.0%
③ 期待運用収益率
2.0%
④ 過去勤務債務の額の処理年数
主に10年
⑤ 数理計算上の差異の処理年数
主に10年
5 総合設立型である岐阜県自動車販売厚生年金基金の年金資産に占める連結子会社の金額(掛金拠出割合で按分)は7,584百万円であります。
         ————— 
5        —————
 
 
 (追加情報)
 当連結会計年度より、「『退職給付に係る会計基準』の一部改正(その2)」(企業会計基準第14号 平成19年5月15日)を適用しております。
(ストック・オプション等関係)
該当事項はありません。
(税効果会計関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(繰延税金資産)
 
退職給付引当金
20,226百万円
未払事業税
370百万円
未払賞与
3,768百万円
固定資産未実現利益消去
901百万円
資産評価減否認
1,511百万円
減損損失
10,088百万円
その他有価証券評価差額金
36百万円
その他
4,312百万円
繰延税金資産 小計
41,215百万円
評価性引当額
△15,877百万円
繰延税金資産 合計
25,337百万円
(繰延税金負債)
 
土地圧縮積立金
△505百万円
組織再編に伴い生じた圧縮積立金相当額
△5,772百万円
その他有価証券評価差額金
△6,733百万円
評価差額金
△6,952百万円
繰延税金負債 合計
△19,964百万円
繰延税金資産の純額
5,373百万円
(繰延税金資産)
 
退職給付引当金
20,243百万円
未払事業税
337百万円
未払賞与
3,633百万円
固定資産未実現利益消去
977百万円
繰越欠損金 
1,387百万円 
資産評価減否認
1,048百万円
減損損失
10,967百万円
その他有価証券評価差額金
24百万円
その他
4,305百万円
繰延税金資産 小計
42,925百万円
評価性引当額
△16,991百万円
繰延税金資産 合計
25,933百万円
(繰延税金負債)
 
土地圧縮積立金
△715百万円
組織再編に伴い生じた圧縮積立金相当額
△5,728百万円
その他有価証券評価差額金
△4,106百万円
評価差額金
△8,139百万円
繰延税金負債 合計
△18,689百万円
繰延税金資産の純額
7,243百万円
 当連結会計年度の繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
 当連結会計年度の繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
流動資産—繰延税金資産
4,559百万円
固定資産—繰延税金資産
10,379百万円
流動負債—その他(繰延税金負債)
△3百万円
固定負債—繰延税金負債
△9,562百万円
流動資産—繰延税金資産
4,435百万円
固定資産—繰延税金資産
10,445百万円
流動負債—その他(繰延税金負債)
△1百万円
固定負債—繰延税金負債
△7,636百万円
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった項目別の内訳
 当連結会計年度は法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の百分の五以下であるため、記載を省略しております。
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった項目別の内訳
 
法定実効税率
40.4%
(調整)
 
交際費等永久に損金に
算入されない項目
0.9%
受取配当金等永久に益金に
算入されない項目
△0.7%
住民税均等割等
4.2%
のれん及び負ののれんの
償却額
△13.1%
持分法投資損益
△0.1%
評価性引当額 
16.5% 
その他 
1.9% 
税効果会計適用後の
法人税等の負担率
50.0%
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
輸送事業
(百万円)
自動車販売
事業
(百万円)
不動産賃貸
事業
(百万円)
その他の
事業
(百万円)
(百万円)
消去
又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
(1) 外部顧客に対する
売上高
327,574
85,548
1,079
35,283
449,485
449,485
(2) セグメント間の
内部売上高
又は振替高
1,704
10,179
36,578
48,463
(48,463)
329,278
95,728
1,079
71,862
497,948
(48,463)
449,485
営業費用
323,723
92,607
174
70,574
487,080
(48,390)
438,689
営業利益
5,555
3,120
904
1,287
10,868
(72)
10,795
Ⅱ 資産、減価償却費、
減損損失及び資本的支出
 
 
 
 
 
 
 
資産
338,669
86,113
9,259
27,385
461,427
6,578
468,006
減価償却費
14,555
1,600
49
303
16,509
(256)
16,252
減損損失
1,619
96
10
1,727
1,727
資本的支出
14,434
1,675
171
16,280
(254)
16,026
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
輸送事業
(百万円)
自動車販売
事業
(百万円)
不動産賃貸
事業
(百万円)
その他の
事業
(百万円)
(百万円)
消去
又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
(1) 外部顧客に対する
売上高
331,862
85,536
1,146
33,432
451,977
451,977
(2) セグメント間の
内部売上高
又は振替高
1,668
8,473
39,643
49,785
(49,785)
333,530
94,009
1,146
73,076
501,763
(49,785)
451,977
営業費用
329,073
90,138
175
72,062
491,448
(49,395)
442,052
営業利益
4,457
3,871
970
1,014
10,314
(389)
9,924
Ⅱ 資産、減価償却費、
減損損失及び資本的支出
 
 
 
 
 
 
 
資産
338,842
85,363
9,622
29,830
463,659
(5,788)
457,871
減価償却費
15,269
1,689
45
267
17,272
(256)
17,015
減損損失
2,713
385
16
3,115
3,115
資本的支出
17,922
1,914
0
277
20,115
(460)
19,654
 (注)1 事業区分の方法:輸送事業、自動車販売事業、不動産賃貸事業、その他の事業の4区分としております。
2 各事業区分の主要商品
(1)前連結会計年度
事業区分
主要商品等
輸送事業
カンガルー特急便、カンガルー宅配便、カンガルー引越便、カンガルー航空便、カンガルーミニ便、カンガルースーパー9・10、カンガルースーパーL、カンガルーチルド便、カンガルー超特急便、カンガルービジネス便、JITBOXチャーター便等の輸送
自動車販売
事業
車両・部品等の販売及び修理
不動産賃貸
事業
土地・建物等の不動産の賃貸
その他の事業
ソフトウェアの開発、OA機器等の販売、物流ITサービスの提供、燃料等の販売、産業工作機械・車両・電子機器等のリース、広告代理店業、人材派遣業、旅行代理店業、建築工事請負業、タクシー業等
(2)当連結会計年度
事業区分
主要商品等
輸送事業
カンガルー特急便、カンガルー宅配便、カンガルー引越便、カンガルー航空便、カンガルーミニ便、カンガルースーパー9・10、カンガルー貸切便、カンガルーチルド便、カンガルー超特急便、カンガルービジネス便、JITBOXチャーター便等の輸送
自動車販売
事業
車両・部品等の販売及び修理
不動産賃貸
事業
土地・建物等の不動産の賃貸
その他の事業
ソフトウェアの開発、OA機器等の販売、物流ITサービスの提供、燃料等の販売、産業工作機械・車両・電子機器等のリース、広告代理店業、人材派遣業、旅行代理店業、建築工事請負業、タクシー業等
3 前連結会計年度及び当連結会計年度における営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用は456百万円及び562百万円であり、提出会社の営業費用であります。
4 前連結会計年度及び当連結会計年度における資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は47,526百万円及び42,903百万円であり、その主なものは提出会社での余資運用資金及び長期投資資金(現金及び預金、有価証券及び投資有価証券)等であります。
5 会計処理基準等の変更
(前連結会計年度)
(1)割賦販売手数料の計上区分の変更
 割賦販売手数料については従来、営業外収益として計上しておりましたが、当連結会計年度より売上高に含めて表示しております。この変更により、従来と同一の方法によった場合に比べ、当連結会計年度の自動車販売事業の営業利益は1,043百万円増加しております。
(2)車両売上計上基準の変更
 車両売上計上基準については従来、納車時に売上計上しておりましたが、当連結会計年度より登録時に売上計上する方法に変更いたしました。この変更により、従来と同一の方法によった場合に比べ、当連結会計年度の自動車販売事業の売上高は854百万円、営業利益は110百万円それぞれ増加しております。
(3)役員賞与引当金
 役員賞与については、当連結会計年度から、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準委員会  平成17年11月29日 企業会計基準第4号)を適用しております。この変更により、従来と同一の方法によった場合に比べ、当連結会計年度の輸送事業の営業利益は34百万円、自動車販売事業の営業利益は50百万円、その他の事業の営業利益は25百万円それぞれ減少しております。
(当連結会計年度)
(1)有形固定資産の減価償却の方法の変更
 有形固定資産の減価償却の方法については、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。この変更により、従来と同一の方法によった場合に比べ、当連結会計年度の輸送事業の営業利益は352百万円、自動車販売事業の営業利益は67百万円、不動産賃貸事業の営業利益は0百万円、その他の事業の営業利益は11百万円それぞ減少しております。また、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した連結会計年度の翌連結会計年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。これにより、従来と同一の方法によった場合に比べ、当連結会計年度の輸送事業の営業利益は652百万円、自動車販売事業の営業利益は28百万円、不動産賃貸事業の営業利益は2百万円、その他の事業の営業利益は9百万円それぞれ減少しております。 
(2)役員退職慰労引当金に関する計上基準の変更
 役員退職慰労引当金については、当社及び一部の連結子会社において、従来支出時の費用として処理していましたが、当連結会計年度より内規に基づく連結会計年度末要支給額を計上する方法に変更しております。この変更により、従来と同一の方法によった場合に比べ、当連結会計年度の輸送事業の営業利益は94百万円、自動車販売事業の営業利益は6百万円、その他の事業の営業利益は40百万円、消去又は全社の営業利益は20百万円それぞれ減少しております。 
【所在地別セグメント情報】
 前連結会計年度及び当連結会計年度については全セグメントの売上高及び資産の合計額に占める「本邦」の割合がいずれも90%を超えているため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
【海外売上高】
 前連結会計年度及び当連結会計年度における海外売上高は、連結売上高の10%未満のため、記載を省略しております。
【関連当事者との取引】
 前連結会計年度及び当連結会計年度について、該当事項はありません。
(企業結合等関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(パーチェス法適用)
————— 
 
 
当社と北海道西濃運輸株式会社との株式交換の実施
1 被取得企業の名称及び事業の内容、企業結合を行った理由、企業結合日、企業結合の法的形式、結合後企業の名称及び取得した議決権比率
 
 
 
 
 
 
(1) 被取得企業の名称及び事業の内容
名称:北海道西濃運輸株式会社
事業の内容:輸送事業
 
 
 
 
(2) 企業結合を行った理由
 当社グループの更なる結束力の強化、収益力の向上を図り、また、グループ全体の資本関係をより強固にすることでグループ全体の資本の最適化を図ることを目的としております。
 
 
 
 
 
 
 
(3) 企業結合日
平成18年10月1日
 
 
 
 
(4) 企業結合の法的形式
株式交換
 
 
 
 
(5) 結合後企業の名称
セイノーホールディングス株式会社
 
 
 
 
(6) 取得した議決権比率
 本株式交換により60.95%を取得し、当社の議決権比率は100.0%となりました。
 
 
 
 
 
2 連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間
 平成18年10月1日から平成19年3月31日までが含まれております。なお、同社の平成18年4月1日から平成18年9月30日までの業績については、連結損益計算書の持分法による投資損失に含まれております。
 
 
 
 
 
 
 
 
3 被取得企業の取得原価及びその内訳
取得の対価及びその内訳
 
 
セイノーホールディングス㈱株式
526百万円
取得に直接要した費用
6百万円
取得原価
532百万円
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
4 株式の種類別の交換比率及びその算定方法並びに交付株式数及びその評価額
 ————— 
 
 
 
(1) 株式の種類及び交換比率
株式の種類:普通株式
 
 
会社名
株式交換比率
セイノーホールディングス㈱
1
北海道西濃運輸㈱
0.24
 
 
 
(2) 交換比率の算定方法
 当社は株式会社大和総研に株式交換比率の算定を依頼し、その算定結果を参考として当事会社間において株式交換比率を決定いたしました。株式会社大和総研は、セイノーホールディングス株式会社について市場株価方式による分析を、北海道西濃運輸株式会社について時価純資産方式、DCF方式による分析を行い、それらの結果を総合的に勘案して株式交換比率を算定しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3) 交付株式数及びその評価額
 
交付株式数
438,840株
評価額
526百万円
 
 
 
5 発生した負ののれんの金額、発生原因、償却の方法及び償却期間
 
 
 
 
(1) 負ののれんの金額
147百万円
 
 
 
 
(2) 発生原因
 企業結合時の時価純資産が取得原価を上回ったため、その差額を負ののれんとして認識するものです。
 
 
 
 
 
 
(3) 償却の方法及び償却期間
5年間で均等償却
 
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
6 企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
 ————— 
 
 
 
(1) 資産の額
 
流動資産
2,831百万円
固定資産
5,627百万円
資産合計
8,459百万円
 
 
 
(2) 負債の額
 
流動負債
4,246百万円
固定負債
2,021百万円
負債合計
6,267百万円
 
 
 
7 企業結合契約に規定される条件付取得対価の内容及び当該連結会計年度以降の会計処理方針
 該当事項はありません。
 
 
 
 
 
8 取得原価のうち研究開発費等に配分され費用処理された金額及びその科目名
 該当事項はありません。
 
 
 
 
 
9 企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響の概算額
 
 
 
 
 
(売上高及び損益情報)
 
売上高
2,576百万円
営業利益
△116百万円
経常利益
△53百万円
税金等調整前当期純利益
△61百万円
当期純利益
△74百万円
1株当たり当期純利益
△38銭
 
 
 
(概算額の算定方法及び重要な前提条件)
(1)企業結合が当連結会計年度開始の日に完了し、当連結会計年度開始の日から株式交換により北海道西濃運輸㈱を完全子会社化したと仮定した、売上高及び損益情報を算定しております。
(2)負ののれんについては当連結会計年度開始の日から5年間で均等償却したと仮定しております。
 なお、当該注記情報については監査証明を受けておりません。
 
 
 
 
 
 
 
  
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(共通支配下の取引等)
 ————— 
 
 
当社と株式会社セイノー情報サービスとの株式交換の実施
1 結合当事企業の名称及び事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目的を含む取引の概要
 
 
 
 
 
 
 
(1) 結合当事企業の名称及び事業の内容
名称:株式会社セイノー情報サービス
事業の内容:その他の事業のうち、情報関連事業を行っております。
 
 
 
 
 
(2) 企業結合の法的形式
株式交換
 
 
 
 
(3) 結合後企業の名称
セイノーホールディングス株式会社
 
 
 
 
(4) 取引の目的を含む取引の概要
 当社グループの更なる結束力の強化、収益力の向上を図り、また、グループ全体の資本関係をより強固にすることでグループ全体の資本の最適化を図ることを目的としており、平成18年10月1日に当社を完全親会社、株式会社セイノー情報サービスを完全子会社とする株式交換を実施しております。
 
 
 
 
2 実施した会計処理の概要
 「企業結合に係る会計基準 三 4 共通支配下の取引等の会計処理 (2) 少数株主との取引」に規定する会計処理を実施しております。
 
 
 
 
3 子会社株式の追加取得に関する事項
(1) 取得の対価及びその内訳
 
 
セイノーホールディングス㈱株式
807百万円
取得に直接要した費用
6百万円
取得原価
813百万円
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(2) 株式の種類別の交換比率及びその算定方法並びに交付株式数及びその評価額
 ————— 
 
 
 
① 株式の種類及び交換比率
株式の種類:普通株式
 
 
会社名
株式交換比率
セイノーホールディングス㈱
1
㈱セイノー情報サービス
280.47
 
 
 
② 交換比率の算定方法
 当社は株式会社大和総研に株式交換比率の算定を依頼し、その算定結果を参考として当事会社間において株式交換比率を決定いたしました。株式会社大和総研は、セイノーホールディングス株式会社について市場株価方式による分析を、株式会社セイノー情報サービスについて時価純資産方式による分析を行い、それらの結果を総合的に勘案して株式交換比率を算定しました。
 
 
 
 
③ 交付株式数及びその評価額
 
交付株式数
673,128株
評価額
807百万円
 
 
 
(3) 発生した負ののれんの金額、発生原因、償却の方法及び償却期間
 
 
 
 
① 負ののれんの金額
31百万円
 
 
 
 
② 発生原因
 企業結合時の時価純資産が取得原価を上回ったため、その差額を負ののれんとして認識するものです。
 
 
 
 
 
 
③ 償却の方法及び償却期間
5年間で均等償却
 
 
 
 
4 企業結合契約に規定される条件付取得対価の内容及び当該連結会計年度以降の会計処理方針
 該当事項はありません。
 
 
 
 
 
5 取得原価のうち研究開発費等に配分され費用処理された金額及びその科目名
 該当事項はありません。
 
 
 
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
1,451円36銭
1株当たり当期純利益
44円71銭
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
1株当たり純資産額
1,445円62銭
1株当たり当期純利益
30円27銭
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
 (注)1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
2 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益
 
 
当期純利益 (百万円)
8,797
6,018
普通株式に係る当期純利益 (百万円)
8,797
6,018
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式の期中平均株式数(千株)
196,737
198,755
 
 
 
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
 
 
当期純利益調整額 (百万円)
(うち支払利息(税額相当額控除後)) (百万円)
(うち支払手数料(税額相当額控除後)) (百万円)
普通株式増加数 (千株)
(うち転換社債) (千株)
(うち自己株式方式によるストックオプション) 
(千株)
 希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
 詳細は、第4「提出会社の状況」(2)新株予約権等の状況 第一回信託型ライツ・プラン新株予約権 に記載しております。
    同左
重要な後発事象
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
—————
(事業譲受)
 当社の子会社である九州西濃運輸株式会社は、当社の平成20年2月13日開催の取締役会に基づき、平成20年4月1日に岩崎産業株式会社の子会社である千石西濃運輸株式会社の事業の一部と、いわさきコーポレーション株式会社及び白露カンパニー株式会社の当該事業に係る事業用土地および建物を譲受けました。

1.名称
 千石西濃運輸株式会社
 いわさきコーポレーション株式会社
 白露カンパニー株式会社

2.譲受けた事業の主な内容
 貨物自動車運送事業の一部

3.事業譲受けの理由
 輸送事業において、九州地区の強化を図るため、九州西濃運輸株式会社が千石西濃運輸株式会社より貨物自動車運送事業の一部を譲受け、九州地区のネットワークを統合することによって、全国ネットワークにおける顧客への均一な輸送サービスの更なる向上、経営資源の有効活用および効率化をより一層高めることにより企業価値の向上を実現できるものと判断し譲受ける事と致しました。
 
4.事業譲受け日
 平成20年4月1日

5.企業結合の法的形式
 事業譲受
 
6.譲受け価額
 現金 約54億円

7.のれんの発生見込み金額
 約20億円

8.のれんの発生原因
 超過収益力を見込んでおります。

9.のれんの償却の方法及び償却期間
 5年の定額法を予定しております。

10.譲受け資産及び負債
 土地 建物 車両運搬具 退職給付債務等
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
 該当事項はありません。
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期末残高
(百万円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
3,700
2,465
1.1
1年以内に返済予定の長期借入金
1,023
649
1.8
1年以内に返済予定のリース債務 
長期借入金(1年以内に返済予定の長期借入金を除く。)
(注)
2,412
1,465
2.2
自 平成21年4月
至 平成29年10月
リース債務(1年以内に返済予定のリース債務を除く。) 
 
合計
7,135
4,579
 (注)1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
2 長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額は以下のとおりであります。
区分
1年超2年以内
(百万円)
2年超3年以内
(百万円)
3年超4年以内
(百万円)
4年超5年以内
(百万円)
長期借入金
469
328
189
164
(2)【その他】
(前連結会計年度)
 該当事項はありません。
(当連結会計年度)
   ①訴訟 
 平成20年5月21日付にて、当社及びその子会社である西濃運輸株式会社は、千石運送株式会社他2社により、平成13年2月3日付の新会社設立ならびに営業譲渡に関する基本合意書の債務不履行等による3,079百万円の損害賠償請求訴訟を提起されております。当社及び西濃運輸株式会社としては、当該請求は理由がないと考えており、今後裁判を通じて争う方針であります。




出典: セイノーホールディングス株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書