有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
 当社の報告セグメントは、連結会社の事業活動における業務の種類・性質及び役務の提供方法並びに提供役務市場等の類似性を勘案して決定しており、「倉庫・港湾運送等の物流事業」及び「不動産事業」の2つを報告セグメントとしております。
 「倉庫・港湾運送等の物流事業」は、倉庫事業を中核として陸上運送、港湾運送及び国際運送取扱の各事業から構成され、「不動産事業」は、不動産賃貸、不動産販売等の事業から構成されております。

 

2  報告セグメントごとの営業収益、利益又は資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。

報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部営業収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

「会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更」に記載のとおり、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成24年4月1日以後に取得した有形固定資産のうち、定率法を採用している有形固定資産については改正後の法人税法に基づく定率法に変更したため、報告セグメントの減価償却の方法を改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。

当該変更により、従来の方法に比べて、当連結会計年度の「倉庫・港湾運送等の物流事業」のセグメント利益が73百万円増加し、「不動産事業」のセグメント利益が15百万円増加しております。

 

3  報告セグメントごとの営業収益、利益又は資産、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

 
 
 
 
(単位:百万円)
 
報告セグメント
調整額
(注)1
連結財務諸表
計上額
(注)2
倉庫・港湾運送等の物流事業
不動産事業
営業収益
 
 
 
 
 
  外部顧客に対する営業収益
157,924
45,773
203,697
203,697
  セグメント間の内部
  営業収益又は振替高
392
1,303
1,695
△1,695
158,316
47,076
205,393
△1,695
203,697
セグメント利益
5,019
11,620
16,640
△4,107
12,533
セグメント資産
162,928
101,586
264,514
88,755
353,269
その他の項目
 
 
 
 
 
  減価償却費
5,834
7,526
13,360
207
13,567
  のれんの償却額
220
220
220
 持分法適用会社への投資額
5,571
5,571
5,571
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
9,007
1,867
10,874
74
10,949

(注) 1 調整額は以下の通りである。

 (1) セグメント利益の調整額△4,107百万円には、セグメント間取引消去28百万円、各報告セグメントに配分していない全社費用△4,135百万円が含まれている。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費である。

 (2) セグメント資産の調整額88,755百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産である。全社資産の主なものは、連結財務諸表提出会社の運用資金(現預金及び有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等である。

 (3) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額74百万円は、管理部門に係る設備投資額である。

2 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

 
 
 
 
(単位:百万円)
 
報告セグメント
調整額
(注)1
連結財務諸表
計上額
(注)2
倉庫・港湾運送等の物流事業
不動産事業
営業収益
 
 
 
 
 
  外部顧客に対する営業収益
154,917
37,343
192,260
192,260
  セグメント間の内部
  営業収益又は振替高
404
1,405
1,810
△1,810
155,322
38,749
194,071
△1,810
192,260
セグメント利益
5,572
11,107
16,680
△4,375
12,305
セグメント資産
176,543
94,404
270,948
104,232
375,180
その他の項目
 
 
 
 
 
  減価償却費
5,591
6,352
11,943
153
12,097
  のれんの償却額
245
245
245
 持分法適用会社への投資額
6,092
6,092
6,092
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
12,643
5,063
17,707
16
17,723

(注) 1 調整額は以下の通りである。

 (1) セグメント利益の調整額△4,375百万円には、セグメント間取引消去44百万円、各報告セグメントに配分していない全社費用△4,419百万円が含まれている。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費である。

 (2) セグメント資産の調整額104,232百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産である。全社資産の主なものは、連結財務諸表提出会社の運用資金(現預金及び有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等である。

 (3) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額16百万円は、管理部門に係る設備投資額である。

2 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

   セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。

 

2  地域ごとの情報

(1) 営業収益

本邦の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3  主要な顧客ごとの情報

   外部顧客への営業収益のうち、連結損益計算書の営業収益の10%以上を占める顧客がいないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

   セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。

 

2  地域ごとの情報

(1) 営業収益

本邦の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3  主要な顧客ごとの情報

   外部顧客への営業収益のうち、連結損益計算書の営業収益の10%以上を占める顧客がいないため、記載を省略しております。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

 
 
(単位:百万円)
 
報告セグメント
全社・消去
合計
倉庫・港湾運送等の物流事業
不動産事業
減損損失
304
304
304

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

   該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

(単位:百万円)

 
報告セグメント
全社・消去
合計
倉庫・港湾運送等の物流事業
不動産事業
当期償却額
220
220
220
当期末残高
1,878
1,878
1,878

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

(単位:百万円)

 
報告セグメント
全社・消去
合計
倉庫・港湾運送等の物流事業
不動産事業
当期償却額
245
245
245
当期末残高
2,292
2,292
2,292

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

   該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

   金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

【関連当事者情報】

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

1株当たり純資産額並びに1株当たり当期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前連結会計年度
(平成24年3月31日)
当連結会計年度
(平成25年3月31日)
1株当たり純資産額
1,195.82円

1株当たり純資産額
1,288.42円


 

前連結会計年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成24年4月1日
至 平成25年3月31日)
1株当たり当期純利益
43.16円

1株当たり当期純利益
49.02円

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
(算定上の基礎)
連結損益計算書上の当期純利益
7,564百万円

 

普通株式に係る当期純利益
7,564百万円

 普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
 該当事項はありません。
普通株式の期中平均株式数
175,284,639株

 
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
(算定上の基礎)
連結損益計算書上の当期純利益
8,591百万円

 

普通株式に係る当期純利益
8,591百万円

 普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
 該当事項はありません。
普通株式の期中平均株式数
175,274,559株

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 





出典: 三菱倉庫株式会社、2013-03-31 期 有価証券報告書