有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【海運業収益及び費用明細表】

 

区分

要目

前事業年度

(自  平成26年4月1日

至  平成27年3月31日)

備考

当事業年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

備考

海運業
収益

運賃        (千円)

7,906,833

曳船料

7,651,418

曳船料

貸船料      (千円)

11,400

 

11,400

 

他船取扱手数料
            (千円)

4,440

 

3,300

 

その他      (千円)

307,626

 

354,676

 

      計    (千円)

8,230,299

 

8,020,794

 

海運業
費用

運航費      (千円)

1,066,235

 

731,330

 

船費        (千円)

3,604,776

減価償却費

827,002

3,653,048

減価償却費

865,649

借船料      (千円)

1,422,208

 

1,405,574

 

他社委託手数料
            (千円)

260,352

 

258,077

 

その他      (千円)

80,034

 

87,511

 

      計    (千円)

6,433,607

 

6,135,541

 

海運業利益          (千円)

1,796,692

1,885,253

 

(注)  当社の営業範囲は内航のみであるので外航の欄は省略しました。

 

 

【有価証券明細表】

【株式】

 

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額(千円)

投資有価
証券

その他
有価証券

京浜急行電鉄㈱

460,000

455,400

コクサイエアロマリン㈱

300,000

173,000

㈱みずほフィナンシャルグループ

990,560

166,513

須賀工業㈱

292,000

146,000

富士急行㈱

91,000

140,777

㈱横浜銀行

242,647

126,176

㈱商船三井

253,380

58,024

東洋埠頭㈱

281,125

41,887

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス㈱

7,245

22,720

日本栄船㈱

37,000

22,366

東海汽船㈱

105,000

20,685

山根海運㈱

20,000

20,000

三井住友トラスト・ホールディングス㈱

60,540

19,953

㈱産業貿易センター

1,050

10,500

横浜エフエム放送㈱

200

10,000

鹿島埠頭㈱

9,700

9,700

福島汽船㈱

15,000

7,500

㈱ホテル、ニューグランド

2,420

7,260

㈱りそなホールディングス

15,746

6,323

㈱横浜国際平和会議場

240

6,000

㈱日新

6,050

1,863

富士海事㈱

2,300

1,150

横浜川崎曳船㈱

720

540

港湾保険代行㈱

140

226

3,194,063

1,474,567

 

 

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(千円)

当期増加額
(千円)

当期減少額
(千円)

当期末残高
(千円)

当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額(千円)

当期償却額
(千円)

差引当期末
残高
(千円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

  船舶

13,101,665

1,383,239

1,330,407

13,154,497

8,347,581

861,380

4,806,915

  建物

457,919

7,815

465,734

264,787

11,082

200,946

  構築物

95,646

6,634

102,280

84,213

2,965

18,066

  車輌及び運搬具

23,087

5,232

4,974

23,344

15,547

3,642

7,797

  器具及び備品

89,950

4,420

2,540

91,831

75,648

6,163

16,182

  土地

368,800

368,800

368,800

  建設仮勘定

355,350

1,363,693

1,359,970

359,073

359,073

有形固定資産計

14,492,418

2,771,035

2,697,892

14,565,560

8,787,778

885,233

5,777,782

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

  ソフトウェア

168,756

139,308

14,464

29,447

  電話加入権

2,905

2,905

無形固定資産計

171,661

139,308

14,464

32,353

長期前払費用

繰延資産

 

 

 

 

 

 

 

繰延資産計

 

(注) 1  当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。

船舶

曳船建造

扇丸

568,349千円

有馬丸

537,372千円

 

船舶建造

PORTCAT ONE

254,248千円

 

 

建設仮勘定

曳船建造

愛宕丸

359,073千円

 

 

 

2  当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

船舶

曳船売却

大隅丸

467,875千円

薩摩丸

423,196千円

 

 

第六東亜丸

439,334千円

 

 

 

3  無形固定資産については、資産総額の100分の1以下のため「当期首残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しました。

 

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高
(千円)

当期増加額
(千円)

当期減少額
(目的使用)
(千円)

当期減少額
(その他)
(千円)

当期末残高
(千円)

貸倒引当金

51,455

44,603

16,113

79,945

役員賞与引当金

35,000

40,000

35,000

40,000

賞与引当金

135,606

134,155

135,606

134,155

役員退職慰労引当金

421,820

25,391

14,200

433,011

特別修繕引当金

282,322

113,783

102,719

21,850

271,536

関係会社支援損失引当金

183,456

183,456

 

(注) 1. 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率に基づく洗替による取崩額387千円、ゴルフクラブ預託金等の洗替による取崩額15,725千円であります。

2. 特別修繕引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、船舶売却等に伴う取崩によるものであります。

 

 

(2) 【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。

 

(3) 【その他】

該当事項はありません。

 





出典: 東京汽船株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書