有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【自己株式の取得等の状況】
(1)【定時総会決議又は取締役会決議による自己株式の買受け等の状況】
①【前決議期間における自己株式の取得等の状況】
 該当事項はありません。
②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況】
平成17年6月22日現在
区分
株式の種類
株式数(株)
価額の総額(円)
自己株式取得に係る決議
(注) 「当社は、商法第211条ノ3第1項第2号の規定により、取締役会の決議をもって自己株式を買受けることができる。」旨を定款に定めております。
(2)【資本減少、定款の定めによる利益による消却又は償還株式の消却に係る自己株式の買受け等の状況】
①【前決議期間における自己株式の買受け等の状況】
 該当事項はありません。
②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況等】
 該当事項はありません。
3【配当政策】
当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要事項の一つと認識しており、今後の事業展開に備えるための内部留保や財務体質の強化を勘案しつつ、安定配当を継続的に行うことを基本方針としております。
また、内部留保資金につきましては、電気通信事業の公共性に鑑み、ネットワークの安全性・信頼性向上のための設備投資や、競争力を強化するための新サービス・新技術の開発に活用し将来の業績の向上を通じ、株主の皆様への利益還元を図ってまいります。
なお、当事業年度の期末配当金につきましては、業績及び今後の事業展開を勘案し、普通配当1株当たり2,000円の配当とし、すでに1株当たり2,000円の中間配当を行っておりますので、年間配当金は1株当たり4,000円となりました。なお、平成16年11月22日付で、1株を2株に株式分割いたしましたので、年間配当金は前事業年度に比べ1株につき実質2倍の増配となりました。
 (注) 当事業年度の中間配当に関する取締役会決議日    平成16年10月27日
4【株価の推移】
(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
回次
第10期
第11期
第12期
第13期
第14期
決算年月
平成13年3月
平成14年3月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
最高(円)
780,000
275,000
139,000
864,000
※1,290,000
※□521,000
□498,000
最低(円)
199,000
78,600
80,300
81,500
※771,000
※□390,000
□371,000
 (注)1.最高・最低株価は、平成16年12月13日よりジャスダック証券取引所におけるものであり、それ以前は日本証券業協会の公表のものであります。なお、第14期の事業年度別最高・最低株価のうち、※は日本証券業協会の公表のものであります。
2.□印は、株式分割による権利落後の最高・最低株価を示しております。
(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
月別
平成16年10月
11月
12月
平成17年1月
2月
3月
最高(円)
521,000
498,000
433,000
※405,000
498,000
481,000
475,000
最低(円)
475,000
390,000
371,000
※391,000
410,000
425,000
421,000
(注) 最高・最低株価は、平成16年12月13日よりジャスダック証券取引所におけるものであり、それ以前は日本証券業協会の公表のものであります。なお、平成16年12月の月別最高・最低株価のうち、※は日本証券業協会の公表のものであります。




出典: 沖縄セルラー電話株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書