有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

 当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務状況が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

 当社グループは、「ホテル事業」及び「不動産賃貸事業」の事業を営んでおります。

「ホテル事業」はホテル事業及びこれに付帯する業務(委託食堂等を含む)をしており、「不動産賃貸事業」は、事務所及び店舗の賃貸管理業務をしております。 

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自  平成24年1月1日  至  平成24年12月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

調整額(注)1

連結財務諸表計上額(注)2

ホテル事業

不動産賃貸事業

売上高

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

15,691,773

4,287,890

19,979,663

19,979,663

  セグメント間の内部
  売上高又は振替高

487,833

487,833

487,833

15,691,773

4,775,723

20,467,497

487,833

19,979,663

セグメント利益又は損失(△)

826,333

1,935,074

1,108,741

549,058

559,683

セグメント資産

54,261,066

40,055,510

94,316,576

7,188,685

101,505,262

その他の項目

 

 

 

 

 

  減価償却費

1,616,349

1,142,582

2,758,931

6,297

2,765,229

  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額

38,014,888

28,668,158

66,683,047

801,546

67,484,594

 

(注)1.調整額は、以下のとおりであります。

(1)セグメント損失の調整額549,058千円は、主に全社費用であります。

(2)全社費用は、主に当社の総務人事・経理部門等の管理部門に係る経費であります。

(3)その他の項目の減価償却費の調整額6,297千円は、主に全社資産に係る償却額であります。

(4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額801,548千円は、主に地下道接続通路工事負担金であります。

2.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。

3.セグメント資産の調整額7,188,685千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であり、その主なものは、当社での余資運用資金(現金及び有価証券)、管理部門に係る資産、地下道接続通路工事負担金等であります。

4.セグメント資産は、当連結会計年度に本社ホテル棟及びオフィス棟を開業したことに伴い、当連結会計年度から事業セグメントに配分しております。

 

 

 

当連結会計年度(自  平成25年1月1日  至  平成25年12月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

調整額(注)1

連結財務諸表計上額(注)2

ホテル事業

不動産賃貸事業

売上高

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

20,470,125

5,135,661

25,605,787

25,605,787

  セグメント間の内部
  売上高又は振替高

487,833

487,833

487,833

20,470,125

5,623,495

26,093,620

487,833

25,605,787

セグメント利益又は損失(△)

1,425,184

2,016,644

3,441,828

482,278

2,959,550

セグメント資産

52,964,299

38,874,817

91,839,116

6,635,526

98,474,642

その他の項目

 

 

 

 

 

  減価償却費

2,163,299

1,179,973

3,343,272

3,102

3,346,375

  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額

243,583

238,253

481,836

652,025

1,133,861

 

(注)1.調整額は、以下のとおりであります。

(1)セグメント利益の調整額482,278千円は、主に全社費用であります。

(2)全社費用は、主に当社の総務人事・経理部門等の管理部門に係る経費であります。

(3)その他の項目の減価償却費の調整額3,102千円は、主に全社資産に係る償却額であります。

(4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額665,344千円は、主に地下道接続通路工事負担金であります。

2.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

3.セグメント資産の調整額6,635,526千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であり、その主なものは、当社での余資運用資金(現金及び有価証券)、管理部門に係る資産、地下道接続通路工事負担金等であります。

 

 

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成24年1月1日 至 平成24年12月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦以外の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3  主要な顧客ごとの情報

 

 

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

三菱地所㈱

4,193,814

不動産賃貸事業

 

 

当連結会計年度(自 平成25年1月1日 至 平成25年12月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦以外の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3  主要な顧客ごとの情報

 

 

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

三菱地所㈱

5,032,122

不動産賃貸事業

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

     該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

     該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

前連結会計年度

(自 平成24年1月1日

至 平成24年12月31日)

当連結会計年度

(自 平成25年1月1日

至 平成25年12月31日)

1株当たりの純資産額

1,077円66銭

 

 

1株当たりの純資産額

1,854円61銭

 

 

1株当たりの当期純損失金額

606円39銭

 

 

1株当たりの当期純利益金額

705円62銭

 

 

 

(注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため、記載しておりません。

2.1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目

前連結会計年度

(自 平成24年1月1日

至 平成24年12月31日)

当連結会計年度

(自 平成25年1月1日

至 平成25年12月31日)

当期純利益又は当期純損失
(△)

(千円)

△1,181,950

1,382,949

普通株主に帰属しない金額

(千円)

普通株式に係る当期純利益
又は当期純損失(△)

(千円)

△1,181,950

1,382,949

普通株式の期中平均株式数

(千株)

1,949

1,959

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 





出典: 株式会社パレスホテル、2013-12-31 期 有価証券報告書