有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第91期

第92期

第93期

第94期

第95期

決算年月

平成25年5月

平成26年5月

平成27年5月

平成28年5月

平成29年5月

売上高

(千円)

655,803

615,073

595,913

598,047

600,360

経常利益

(千円)

301,746

290,567

268,771

277,482

275,412

当期純利益

(千円)

182,917

180,751

205,591

185,187

190,310

持分法を適用した場合の

投資利益

(千円)

資本金

(千円)

135,000

135,000

135,000

135,000

135,000

発行済株式総数

(株)

2,700,000

2,700,000

2,700,000

2,700,000

2,700,000

純資産額

(千円)

2,843,734

2,984,924

3,262,485

3,450,922

3,732,448

総資産額

(千円)

3,763,432

3,894,218

4,064,122

4,312,387

4,617,632

1株当たり純資産額

(円)

1,053.23

1,109.96

1,209.72

1,279.59

1,386.19

1株当たり配当額

(円)

5.00

5.00

5.00

5.00

5.00

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額

(円)

67.74

66.95

76.22

68.67

70.58

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

75.56

76.65

80.28

80.02

80.83

自己資本利益率

(%)

6.43

6.06

6.58

5.52

5.30

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

7.38

7.47

6.56

7.28

7.08

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

217,969

233,856

137,509

290,165

194,220

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

284,134

361,770

17,674

1,007

384,601

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

12,923

14,081

14,789

12,974

17,269

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,264,136

1,122,141

1,227,187

1,503,370

2,064,922

従業員数

(人)

4

4

5

4

6

(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益は、重要性が乏しいため記載を省略しております。

4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5.当社株式は非上場のため、株価収益率については記載しておりません。

2【沿革】

 当社は、明治39年に「新橋東会」なる新橋芸妓の技芸向上発表会が初演されましたが、関西における歌舞練場の如き花街による自主経営劇場が未だ東京に存在しないのを残念に思った新橋芸妓組合頭取であった川村徳太郎及び篠原治らの発案によって大正11年7月「東をどり」発表の目的で新橋五業組合の協賛を得て新橋演舞場株式会社が設立されたものであります。(資本金100万円)

 その後の主な変遷は次の通りであります。

大正12年9月  震災のため新橋演舞場建設中止、同13年再起工、同14年3月竣工自社興行

昭和15年1月  松竹株式会社と劇場賃貸借契約し、松竹株式会社において興行

昭和20年5月  戦災により焼失、同22年4月復興工事に着手

昭和23年1月  定款の目的を「建物および其設備の賃貸」と変更

昭和23年3月  演舞場復興開場、松竹株式会社と劇場賃貸の再契約を締結

昭和23年5月  資本金3,000万円に増資

昭和24年5月  東京証券取引所上場

昭和26年4月  株式会社新橋倶楽部(現演舞場サービス株式会社)と食堂・売店の賃貸借契約を締結

昭和27年12月  資本金9,000万円に増資

昭和36年10月  資本金13,500万円に増資

昭和36年10月  東京証券取引所第1部上場

昭和38年10月  東京証券取引所第2部へ指定替

昭和48年5月  東京証券取引所第2部上場廃止

昭和54年8月  旧劇場及び演舞場別館改築の為取り壊し

昭和57年3月  新劇場竣工

昭和57年4月  松竹株式会社と劇場賃貸借契約を、演舞場サービス株式会社と食堂・売店設備の賃貸借契約を締結

昭和61年8月  新橋演舞場別館、築地に竣工、同館内に貸稽古場「スペースアルファ」開設

平成12年8月  新橋演舞場別館内、貸稽古場「スペースアルファ」閉鎖

3【事業の内容】

 当社の企業集団は、当社及び関係会社2社である演舞場サービス㈱及び松竹㈱で構成され、不動産の賃貸及び食堂・売店の経営並びに演劇興行等を主な内容としております。

 当社は、「不動産賃貸事業」の単一セグメントを営んでおります。

 当企業集団の当該事業における位置付けは以下の通りであります。

(1)不動産賃貸事業

 当社は劇場及び別館ビル、駐車場等を所有し、これを賃貸しております。劇場については松竹㈱及び演舞場サービス㈱に賃貸し、松竹㈱が演劇興行等を行い、演舞場サービス㈱は場内の食堂・売店の経営を行っております。

(2)食堂事業

 演舞場サービス㈱は、劇場内で食堂の経営をしております。

(3)売店事業

 演舞場サービス㈱は、劇場内でお土産品などの売店の経営をしております。

 事業の系統図は以下の通りであります。

0101010_001.png

 関係会社は以下の通りであります。

関連会社          演舞場サービス㈱

その他の関係会社      松竹㈱

4【関係会社の状況】

 当社には、関連会社として演舞場サービス株式会社がありますが、重要性が乏しいため記載を省略しております。

 その他の関係会社は次のとおりであります。

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業内容

議決権の所有割合又は被所有割合

(%)

関係内容

松竹㈱

(注)

東京都中央区

33,018,656

演劇部門

映像部門

不動産部門

事業部門

所有  0.42

被所有 21.15

当社の建物を賃借している。

役員の兼任2名あり。

(注)有価証券報告書を提出しております。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

平成29年5月31日現在

 

セグメントの名称

従業員数

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与

不動産賃貸事業

6人

51歳 3ヶ月

3年 5ヶ月

5,623千円

(注)1.従業員数は就業人員数を記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

(2)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。





出典: 新橋演舞場株式会社、2017-05-31 期 有価証券報告書