有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

118,100

118,100

 

②【発行済株式】

種 類

事業年度末現在

発行数(株)

(平成28年12月31日現在)

提出日現在

発行数(株)

(平成29年3月27日現在)

上場金融証券取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内 容

普通株式

68,585

同  左

非上場・非登録

68,585

同  左

 (注)発行済株式は、全て議決権を有しております。

 

(2)【新株予約権等の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

平成28年12月31日現在

 

年 月 日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金

増減額

(千円)

資本金

残高

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

平成15年1月1日〜

平成19年12月31日

38,320

600,500

平成20年12月22日

 (注1)

210

38,530

21,000

621,500

平成24年12月30日

 (注2)

30,055

68,585

300,550

922,050

300,550

300,550

平成26年 3月31日

 (注3)

68,585

922,050

△300,550

 

(注)

1.第三者割当増資 発行株数  210株 資本組入額 21,000千円

2.第三者割当増資 発行株数30,055株 資本組入額300,550千円

3.平成26年 3月24日開催の定時株主総会において、欠損填補により資本準備金を減少することを決議し、効力発生日である平成26年 3月31日に手続きを行っております。

 

(5)【所有者別状況】

平成28年12月31日現在

 

区分

株式の状況(1単元の株式数1株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他

の法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数

(人)

1

4

78

1,441

1,524

所有株式数

(単元)

80

640

21,890

45,975

68,585

所有株式数

の割合(%)

0.1

0.9

31.9

67.0

100.0

 

(6)【大株主の状況】

 

 

 

平成28年12月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(株)

発行済株式総数に対する

所有株式数の割合(%)

株式会社バイタルネット

宮城県仙台市青葉区大手町1番1号

1,620

2.36

株式会社安藤・間

東京都港区赤坂六丁目1番20号

1,290

1.88

鈴木 賢

宮城県仙台市

1,170

1.70

勅使河原 安夫

宮城県仙台市

1,140

1.66

アイリスオーヤマ株式会社

宮城県仙台市青葉区五橋二丁目12番1号

1,070

1.56

セルコホーム株式会社

宮城県仙台市青葉区上杉二丁目1番14号

1,060

1.54

本多 三學

宮城県柴田郡柴田町

1,020

1.48

第一三共株式会社

東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号

1,020

1.48

アステラス製薬株式会社

東京都中央区日本橋本町二丁目5番1号

1,000

1.45

日本新薬株式会社

京都府京都市南区吉祥院西ノ庄門口町14

1,000

1.45

 

11,390

16.60

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

平成28年12月31日現在

 

区 分

株式数(株)

議決権(個)

内 容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

完全議決権株式(その他)

普通株式 68,585

68,585

単元未満株式

発行済株式総数

68,585

総株主の議決権

68,585

 

②【自己株式等】

平成28年12月31日現在

 

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義所有

株式数(株)

他人名義所有

株式数(株)

所有株式数の

合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

 

(8)【ストックオプション制度の内容】

 該当事項はありません。

 

2【自己株式の取得等の状況】

 【株式の種類等】 該当事項はありません。

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 該当事項はありません。

 

3【配当政策】

 当社は、期末の年一回において、配当をすることとし、この決定機関は株主総会であります。配当の基準日は毎年12月31日としており、基準日を定めて配当をすることの旨を定款に定めております。なお、当社は基本方針として配当をしないことにしております。これは株主が会員であるために、それに対する利益還元として、より快適なクラブライフを提供するという理念の下に、会員を最優先とした運営を行っているためであります。従いまして、配当は実施せず内部留保に努め、より良いコース作りや維持管理、施設の充実等有効な投資を図ってまいります。

 

4【株価の推移】

 当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。

 

5【役員の状況】

男性13名 女性−名 (役員のうち女性の比率−%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有

株式数

(株)

取締役

社長

代表

取締役

鈴木 賢

昭和23年6月11日

平成6年4月

平成13年1月

平成18年3月

平成21年4月

 

平成27年1月

平成27年6月

 

 

サンエス(株)代表取締役

(株)バイタルネット代表取締役社長

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役

(株)バイタルケーエスケー・ホールディングス代表取締役社長

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ代表取締役(現任)

(株)バイタルネット代表取締役会長(現任)

(株)バイタルケーエスケー・ホールディングス代表取締役会長(現任)

注3

1,170

取締役

 

勅使河原安夫

大正14年9月5日

昭和26年4月

昭和38年10月

昭和41年7月

平成15年3月

弁護士開業

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役

同社 常務取締役(現任)

表蔵王国際ゴルフクラブ理事長(現任)

注3

1,140

取締役

 

大沼 迪義

昭和11年10月28日

昭和34年4月

昭和38年10月

昭和42年4月

昭和63年6月

平成18年9月

坂元植林(株)社長

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役

仙南生コンクリート(株)代表取締役(現任)

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ常務取締役(現任)

(株)サカモト代表取締役会長(現任)

注3

620

取締役

 

大山 健太郎

昭和20年7月3日

昭和46年4月

平成3年9月

平成12年3月

大山ブロー工業(株)代表取締役社長

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役(現任)

アイリスオーヤマ(株)代表取締役社長(現任)

注3

20

取締役

 

阿部 長

昭和7年7月23日

昭和40年7月

昭和42年4月

平成4年3月

平成12年3月

弁護士登録

阿部長法律事務所開設

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ監査役

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役(現任)

注3

500

取締役

 

大川 輝己

昭和18年2月18日

昭和50年8月

平成18年3月

(株)キタセキ代表取締役社長(現任)

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役(現任)

注3

520

取締役

 

永山 勝教

昭和22年5月15日

平成9年6月

平成18年6月

平成20年3月

平成22年6月

(株)七十七銀行取締役営業推進部長

(株)七十七銀行専務取締役

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役(現任)

(株)七十七銀行代表取締役副頭取(現任)

注3

取締役

 

新本 恭雄

昭和25年3月3日

平成11年6月

平成11年7月

平成15年3月

平成24年3月

セルコホーム(株)代表取締役

セルコホーム(株)代表取締役社長(現任)

表蔵王国際ゴルフクラブ理事

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役(現任)

注3

500

取締役

 

青木 建

昭和24年6月8日

平成22年4月

平成26年3月

平成26年5月

安藤建設(株)代表取締役副社長

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役(現任)

(株)杜の企画KA社代表取締役(現任)

注3

取締役

 

斎藤 清

昭和27年3月13日

平成7年6月

平成10年9月

平成24年4月

平成28年3月

(株)七十七銀行企画部経営広報室室長

(株)七十七銀行大河原支店支店長

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ支配人(現任)

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ取締役(現任)

注3

監査役

常勤

岡部 恒夫

昭和9年12月25日

平成8年4月

平成14年9月

平成20年3月

新成エステート(株)常務取締役

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ監査役(現任)

表蔵王国際ゴルフクラブ理事

注4

20

監査役

 

阿部 勘九郎

昭和22年8月3日

平成元年9月

平成12年10月

平成15年3月

(有)東日本 代表取締役(現任)

阿部勘酒造店 代表(現任)

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ監査役(現任)

注4

520

監査役

 

升 謙一

昭和25年2月3日

平成11年9月

平成14年9月

平成24年3月

マスヤ・スチール工業(株)代表取締役

マスヤ・スチール工業(株)代表取締役社長(現任)

(株)表蔵王国際ゴルフクラブ監査役(現任)

注4

150

 

5,160

注1.  取締役 勅使河原安夫氏、大沼迪義氏、大山健太郎氏、阿部長氏、大川輝己氏、永山勝教氏、新本恭雄氏、青木建氏は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。

注2.  監査役 阿部勘九郎氏及び升謙一氏は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。

注3.  取締役の任期は、平成28年3月28日開催の定時株主総会の終結の時から2年間であります。

注4.  監査役の任期は、平成28年3月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年間であります。

 

6【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの状況】

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、株主及び預託金会員制のゴルフ場であります。会員並びに会員が同伴又は紹介したゲストにプレーを楽しんでいただくため最適なゴルフ場環境を提供することを目指し、且つ、経営の効率性及び透明性を保ちながら、役員・従業員が結束して経営にあたっております。

 取締役会は年間6回、理事会は年間6回開催し、経営課題に対し審議を行い意思決定の迅速化を図っております。

 

 ①会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

イ 会社の機関の基本説明

 当社は、会社法に基づく会社の機関として「株主総会」「取締役会」「監査役会」「会計監査人」で構成されております。

 「取締役会」は、取締役10名(平成28年12月31日現在)で構成されており、経営の基本方針、法令で定められた事項及びその他経営に関する重要な事項を審議し、意思決定の上業務執行を行っております。また、当社の取締役は20名以内とする旨を定款で定めており、取締役の選任決議は、議決権のある発行済株式の総数の3分の1以上に当たる株式を有する株主が出席し、その議決権の過半数の決議によって行う旨を定款で定めております。

 「監査役会」は、常勤監査役1名と社外監査役2名(平成28年12月31日現在)で構成されており、会社の業務及び財産の状況や取締役の業務執行の監視及び検証を行っております。また、当社の監査役は5名以内とする旨を定款で定めており、監査役の選任決議は、議決権のある発行済株式の総数の3分の1以上に当たる株式を有する株主が出席し、その議決権の過半数の決議によって行う旨を定款で定めております。

ロ 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

 取締役会は年6回開催し、来場者の状況、ゴルフ場業界の動向、財務・人事の現況、新規顧客の開拓、内部管理体制の整備状況等「きめ細かな」分析と戦略策定を行っております。

 経理部門は、各部門における事業活動が関係諸法令、内部規程及び当社経営方針に沿って行われているかを監視、検証し、コンプライアンスの遵守及び事業活動の健全性と財務報告の信頼性の確保に努めております。

ハ 内部監査及び監査役監査の状況

 当社は監査役会制度を実施しております。監査役3名のうち2名は社外監査役であります。各監査役は、監査役会が定めた監査の方針、業務の分担等に従い、取締役会への出席や業務、財務の状況の調査等を通じ、取締役会の職務遂行の監視および検証を行っております。また、会計監査人と必要に応じて情報交換を行うなど連携を密にし、効率的な監査役監査を実施するよう努めております。

 当社は、特に内部監査組織を設けていませんが、支配人が業務全般に亘り管理監督を行っております。

ニ 会計監査の状況

 当社の会計監査業務を執行した公認会計士はYAC公認会計士共同事務所の公認会計士矢川昌宏氏及び公認会計士及川寛史氏であります。また、会計監査業務にかかる補助者の構成はその他3名です。

ホ 社外取締役及び社外監査役との関係

 社外取締役につきましては、勅使河原安夫氏が1,140株、大沼迪義氏が620株、大川輝己氏が520株、阿部長氏が500株及び新本恭雄氏が500株、大山健太郎氏が20株、当社の株式を所有しております。

 社外監査役につきましては、阿部勘九郎氏が520株及び升謙一氏が150株当社の株式を所有しております。

 

ヘ リスク管理体制の整備の状況

 当社を取り巻く様々な経営リスクを把握し迅速に対応するため、社内インフラ等を活用することにより随時状況の把握を行っております。また、必要に応じて取締役会及び監査役会を随時招集できる体制を整備しており、専門的立場から意見を求める必要がある場合には、弁護士、公認会計士等の外部機関の適切な助言や指導を受けております。

 

 ②役員報酬の内容

 役員報酬  取締役、監査役全員  無報酬

 

 ③株主総会の特別決議要件

 当社は、株主総会の決議の方法について、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。

 

(2)【監査報酬の内容等】

①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

前事業年度

当事業年度

監査証明業務に基づく報酬

(千円)

非監査業務に基づく報酬

(千円)

監査証明業務に基づく報酬

(千円)

非監査業務に基づく報酬

(千円)

2,400

2,400

 

②【その他重要な報酬の内容】

  該当事項はありません。

③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

  該当事項はありません。

④【監査報酬の決定方針】

  当社は、公認会計士等に対する監査報酬の決定方針を特に定めておりません。

 





出典: 株式会社 表蔵王国際ゴルフクラブ、2016-12-31 期 有価証券報告書