有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

期別

第48期

第49期

第50期

第51期

第52期

決算年月

平成25年5月

平成26年5月

平成27年5月

平成28年5月

平成29年5月

売上高

百万円

1,469

1,446

1,386

1,570

1,558

経常利益

30

31

26

60

50

当期純利益

11

10

10

33

38

持分法を適用した場合の投資利益

資本金

1,096

800

800

800

800

発行済株式総数

109,600

109,600

109,600

109,600

109,600

純資産額

百万円

952

962

972

994

1,022

総資産額

2,366

2,263

2,238

2,246

2,074

1株当たり純資産額

8,690

8,782

8,876

9,077

9,324

1株当たり配当額

100.00

100.00

100.00

(内1株当たり中間配当額)

(〃)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額

103

91

94

310

347

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

自己資本比率

40.2

42.5

43.4

44.2

49.2

自己資本利益率

1.2

1.0

1.0

3.4

3.7

株価収益率

配当性向

106.38

32.26

28.82

営業活動による

キャッシュ・フロー

百万円

179

140

157

206

145

投資活動による

キャッシュ・フロー

20

126

46

88

90

財務活動による

キャッシュ・フロー

114

116

54

68

159

現金及び現金同等物の期末残高

291

189

245

295

191

従業員数

116

109

118

113

118

(外、平均臨時雇用者数)

(41)

(44)

(40)

(40)

(40)

 (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

4.「持分法を適用した場合の投資利益」は、関連会社を有していないため、記載しておりません。

5.「株価収益率」は、当社の株式に市場性のある「株価」が存在していないため、記載しておりません。

2【沿革】

昭和40年6月

「株式会社金太郎温泉天神山健康センター」設立

昭和40年6月

温泉第1号温泉自噴(地下770m、60℃)

昭和40年8月

本館建築、営業開始

昭和46年11月

新浴場「長寿浴殿」完成(平成15年1月解体)

昭和53年7月

レジャープール「ゴールデンリバー」竣工

昭和55年7月

資本金182百万円増資、364百万円となる

昭和57年10月

「光風閣」竣工、営業開始

昭和59年12月

第2号温泉自噴(地下1,020m、75℃)

昭和61年8月

庭園露天風呂「寿光湯」完成(平成15年1月解体)

昭和63年7月

「光風閣別館」新築完成

平成3年7月

「壁画大浴殿・大宴会場棟」新築完成

平成4年8月

社名を「株式会社金太郎温泉」に変更

平成5年4月

社員寮新築完成

平成14年9月

資本金189百万円増資、553百万円となる

平成15年9月

資本金55百万円増資、608百万円となる

平成15年10月

銘石大浴場・露天風呂・「カルナの館」竣工

平成17年 3月

第3号温泉自噴(地下1,000m、75℃)

平成17年11月

資本金488百万円増資、1,096百万円となる

平成22年 4月

「光風閣」4階フロアー等改装により露天風呂付客室等13室竣工

平成25年10月

 資本金296百万円減資、800百万円となる。

 

3【事業の内容】

 当社は温泉旅館業の単一セグメントであり、その事業の内容は次の通りであります。

 

1.公衆浴場業

 

2.旅館及び飲食喫茶店の経営

3.観光用みやげ物の販売

4.煙草、酒類、日用雑貨品、新聞及び書籍の販売

5.民芸品、工芸品の販売

6.食品の販売

7.各種催事の企画、運営、管理業務

8.貸会場の経営

9.遊戯施設及びゲームセンターの経営

10.前各号に付帯する一切の業務

 

経営部門図

0101010_001.png

  最近2期間の売上高構成比率は次のとおりであります。

区分

事業の内容

比率(%)

区分

事業の内容

比率(%)

51期

52期

51期

52期

入館料収入

入場・演芸の観覧等

9.4

9.4

遊戯場収入

遊戯施設の利用

0.3

0.3

旅館収入

宿泊・宴会・会議等

73.9

75.0

自販機収入

飲料・煙草等の販売

1.1

0.9

食堂収入

和洋食・酒類の飲食

3.5

3.2

その他収入

 

2.6

2.1

売店収入

土産品・特産品販売

9.2

9.1

 

100.0

100.0

 

4【関係会社の状況】

 該当事項はありません。

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

平成29年5月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

118(40)

50.5

9.1

2,346,702

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

   2.当社は単一セグメントであり、セグメント毎の区分表示は行っておりません。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。





出典: 株式会社金太郎温泉、2017-05-31 期 有価証券報告書