有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

④ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

【株式】

 

銘柄

株式数

(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

投資有価証券

その他有価証券

サイボウズ㈱

74,000

10,434

㈱イーウェーヴ

2,500

612

㈱豆蔵

2,024

544

住友信託銀行㈱

233,152

317

イーバンクシステム㈱

4,000

240

㈱クエスト

159,000

205

三井住友海上火災保険㈱

68,670

109

昭和情報機器㈱

210,330

106

㈱三井住友フィナンシャルグループ

60

78

㈱アピウス

250

53

その他 50銘柄

1,317,641

382

2,071,627

13,085

 

【債券】

 

銘柄

券面総額

(百万円)

貸借対照表計上額

(百万円)

有価証券

満期保有

目的の債券

AMERICA HONDA FINANCE

ユーロ円債

300

300

第3回トヨタファイナンス

普通社債

300

300

第64回東京三菱銀行 普通社債

300

299

Sumitomo Chemical Capital

America ユーロ円債

500

499

Mitsui&Co(USA) ユーロ円債

500

500

小計

1,900

1,899

投資有価証券

満期保有

目的の債券

第456回東京電力 社債

500

506

第28回三菱商事 普通社債

500

522

General Electric Capital

ユーロ円債

500

500

第24回オリックス 変動利付社債

500

501

第10回トヨタファイナンス

普通社債

500

499

BMWファイナンス ユーロ円債

300

300

その他 2銘柄

400

400

小計

3,200

3,230

その他有価証券

転換社債 2銘柄

15

15

5,115

5,146

 

 

【その他】

 

種類及び銘柄

投資口数等

(口)

貸借対照表計上額

(百万円)

投資有価証券

その他有価証券

投資事業組合等の出資持分相当額

2

135

投資有価証券

その他有価証券

証券投資信託受益証券

 三菱UFJ証券投資信託委託システムオープン

3,440

34

3,442

170

 
【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

前期末残高

(百万円)

当期増加額

(百万円)

当期減少額

(百万円)

当期末残高

(百万円)

当期末減価償却累計額又は償却累計額

(百万円)

当期償却額

(百万円)

差引当期末

残高

(百万円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 建物

19,560

897

600

19,858

7,997

745

11,860

 構築物

116

13

102

89

4

13

 器具及び備品

1,179

4,651

216

5,614

3,260

419

2,354

 土地

14,517

337

324

14,530

14,530

有形固定資産計

35,374

5,886

1,155

40,105

11,346

1,169

28,758

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 ソフトウェア

5,748

3,072

2,577

6,243

3,877

2,447

2,365

 電話加入権

26

14

0

41

41

 施設利用権

26

26

20

1

5

無形固定資産計

5,801

3,089

2,579

6,310

3,897

2,448

2,412

長期前払費用

160

(6)

755

(15)

618

(7)

297

(14)

110

51

187

(14)

(注) 1 当期増加額のうち、平成17年8月1日付け住商エレクトロニクス㈱との合併により引継いだ資産の内訳は、以下のとおりであります。

・建物

 

651百万円

・器具及び備品

 

3,751百万円

・土地

 

337百万円

・ソフトウエア

 

1,400百万円

・電話加入権

 

14百万円

・長期前払費用

 

37百万円

2 当期増加額のうち主なものは、以下のとおりです。ただし、1.を除きます。

・建物

本社ビル等増設工事

206百万円

・器具備品

サーバー、PC等

556百万円

・ソフトウエア

自社利用ソフトウエア

192百万円

 

販売用ソフトウエア

1,480百万円

3 当期減少額のうち主なものは、以下のとおりです。

・建物

社員寮売却

398百万円

・構築物

社員寮売却

13百万円

・器具及び備品

社員寮売却

21百万円

・土地

社員寮売却

324百万円

・ソフトウエア

販売用および自社利用ソフトウエア除却

2,577百万円

4 長期前払費用における当期増加額以外の( )内の金額は内数で、前払保険料の期間配分に係るものであり、減価償却と性格が異なるため、償却累計額及び当期償却額には含めておりません。

5 その他

  ソフトウエアの当期償却額の内、1,271百万円は特別損失で計上しております。

 
【資本金等明細表】

 

区分

前期末残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

資本金(百万円)

21,152

21,152

資本金のうち

既発行株式

普通株式

(株)

(43,588,609)

※1

(10,702,838)

(—)

※1

(54,291,447)

普通株式

(百万円)

21,152

21,152

(株)

(43,588,609)

※1

(10,702,838)

(—)

※1

(54,291,447)

(百万円)

21,152

21,152

資本準備金及び

その他

資本剰余金

(資本準備金)

株式払込剰余金

(百万円)

20,649

※2

10,730

※2

79

31,299

(百万円)

20,649

 

10,730

79

31,299

利益準備金及び

任意積立金

(利益準備金)

(百万円)

525

※3

134

660

(任意積立金)

 

 

 

 

 

 プログラム準備金

(百万円)

549

※4

47

502

 特定償却準備金

(百万円)

※3

6

6

 別途積立金

(百万円)

14,000

※3

9,310

23,310

(百万円)

15,074

9,451

47

24,478

(注) ※1 当期増加株式数は、平成17年8月1日付け住商エレクトロニクス㈱との合併によるものであります。なお、当期末における自己株式数は53,776株であります。

※2 当期増減額は、平成17年8月1日付け住商エレクトロニクス㈱との合併および平成17年12月1日付け㈱SCSファイナンシャルコンサルティングとの合併によるものであります。

※3 当期増加額は、平成17年8月1日付け住商エレクトロニクス㈱との合併によるものであります。

※4 前期決算の利益処分によるものであります。

 

【引当金明細表】

 

区分

前期末残高

(百万円)

当期増加額

(百万円)

当期減少額

(目的使用)

(百万円)

当期減少額

(その他)

(百万円)

当期末残高

(百万円)

貸倒引当金

28

236

29

1

233

役員退職慰労引当金

167

89

67

190

 

(注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。

 

被合併会社(住商エレクトロニクス株式会社)の財務諸表

① 貸借対照表

 

 

 

前事業年度

(平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

(資産の部)

 

 

 

 

Ⅰ 流動資産

 

 

 

 

 1 現金及び預金

 

 

397,073

 

 2 受取手形

※2

 

318,002

 

 3 売掛金

※2

 

15,066,659

 

 4 商品

 

 

3,032,790

 

 5 仕掛ソフトウェア

 

 

101,217

 

 6 貯蔵品

 

 

2,892

 

 7 前渡金

 

 

435,458

 

 8 前払費用

 

 

1,388,106

 

 9 未収収益

 

 

83,098

 

 10 未収入金

※2

 

424,838

 

 11 未収消費税等

 

 

35,442

 

 12 関係会社短期貸付金

 

 

260,000

 

 13 繰延税金資産

 

 

888,968

 

 14 預け金

 

 

8,502,036

 

 15 為替予約

 

 

5,446

 

 16 その他

 

 

28,192

 

 17 貸倒引当金

 

 

△19,230

 

   流動資産合計

 

 

30,950,992

86.6

 

 

 

 

前事業年度

(平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅱ 固定資産

 

 

 

 

 1 有形固定資産

 

 

 

 

  (1) 建物

 

666,226

 

 

    減価償却累計額

 

198,673

467,553

 

  (2) 賃貸用機械及び装置

 

15,749

 

 

    減価償却累計額

 

12,707

3,041

 

  (3) 自社使用機械及び装置

 

1,231,053

 

 

    減価償却累計額

 

702,434

528,619

 

  (4) 保守用機器

 

2,037,780

 

 

    減価償却累計額

 

1,365,564

672,215

 

  (5) 器具及び備品

 

655,977

 

 

    減価償却累計額

 

407,364

248,612

 

  (6) 土地

 

 

337,101

 

   有形固定資産合計

 

 

2,257,143

6.3

 2 無形固定資産

 

 

 

 

  (1) ソフトウェア

 

 

214,441

 

  (2) 電話加入権

 

 

27,440

 

   無形固定資産合計

 

 

241,882

0.7

 3 投資その他の資産

 

 

 

 

  (1) 投資有価証券

 

 

568,702

 

  (2) 関係会社株式

 

 

226,698

 

  (3) 従業員長期貸付金

 

 

10,688

 

  (4) 破産債権、更生債権

    その他これらに準ずる

    債権

 

 

132,187

 

  (5) 長期前払費用

 

 

325,710

 

  (6) 施設借用保証金

※2

 

951,626

 

  (7) 会員権

 

 

75,530

 

  (8) 繰延税金資産

 

 

193,760

 

  (9) その他

 

 

14,446

 

  (10) 貸倒引当金

 

 

△213,232

 

   投資その他の資産合計

 

 

2,286,116

6.4

   固定資産合計

 

 

4,785,142

13.4

   資産合計

 

 

35,736,135

100.0

 

 

 

 

前事業年度

(平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

(負債の部)

 

 

 

 

Ⅰ 流動負債

 

 

 

 

 1 支払手形

※2

 

1,043,371

 

 2 買掛金

※2

 

8,118,978

 

 3 未払金

 

 

1,719,489

 

 4 未払費用

 

 

225,921

 

 5 未払法人税等

 

 

1,078,370

 

 6 前受金

 

 

315,402

 

 7 預り金

 

 

50,219

 

 8 前受収益

 

 

1,914,655

 

 9 賞与引当金

 

 

623,435

 

 10 繰延ヘッジ利益

 

 

5,446

 

   流動負債合計

 

 

15,095,289

42.2

   負債合計

 

 

15,095,289

42.2

 

 

 

 

 

(資本の部)

 

 

 

 

Ⅰ 資本金

※1

 

7,001,166

19.6

Ⅱ 資本剰余金

 

 

 

 

   資本準備金

 

 

3,698,907

10.4

Ⅲ 利益剰余金

 

 

 

 

 1 利益準備金

 

 

134,821

0.4

 2 任意積立金

 

 

 

 

  (1) 特別償却準備金

 

9,415

 

 

  (2) 別途積立金

 

8,110,000

8,119,415

22.7

 3 当期未処分利益

 

 

1,701,253

4.8

   利益剰余金合計

 

 

9,955,489

27.9

Ⅳ その他有価証券評価差額金

 

 

△14,717

△0.1

   資本合計

 

 

20,640,846

57.8

   負債・資本合計

 

 

35,736,135

100.0

 

 

 

 

 

 

② 損益計算書

 

 

 

前事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

百分比

(%)

Ⅰ 売上高

 

 

 

 

 1 商品売上高

 

39,701,149

 

 

 2 賃貸・受託・保守

   サービス料収入

 

16,779,518

56,480,667

100.0

Ⅱ 売上原価

 

 

 

 

 1 商品売上原価

 

31,545,893

 

 

 2 賃貸・受託・保守

   サービス料原価

 

11,304,875

42,850,768

75.9

   売上総利益

 

 

13,629,898

24.1

Ⅲ 販売費及び一般管理費

 

 

 

 

 1 広告宣伝費

 

237,581

 

 

 2 役員報酬

 

105,563

 

 

 3 給料・手当

 

4,365,933

 

 

 4 賞与引当金繰入額

 

623,435

 

 

 5 退職給付費用

 

268,346

 

 

 6 福利厚生費

 

726,851

 

 

 7 業務委託費

 

2,089,108

 

 

 8 交際費

 

137,146

 

 

 9 旅費・交通費

 

538,593

 

 

 10 通信費

 

228,798

 

 

 11 賃借料

 

1,197,793

 

 

 12 租税公課

 

123,989

 

 

 13 減価償却費

 

254,434

 

 

 14 その他

 

613,137

11,510,714

20.3

   営業利益

 

 

2,119,184

3.8

Ⅳ 営業外収益

 

 

 

 

 1 受取利息

 

9,424

 

 

 2 受取配当金

 

5,785

 

 

 3 仕入割引

 

10,892

 

 

 4 為替差益

 

2,009

 

 

 5 業務受託料

※1

5,150

 

 

 6 雑収入

 

73,178

106,439

0.1

Ⅴ 営業外費用

 

 

 

 

 1 支払利息

 

414

 

 

 2 雑損失

 

331

746

0.0

   経常利益

 

 

2,224,878

3.9

 

 

 

 

前事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

百分比

(%)

Ⅵ 特別利益

 

 

 

 

 1 固定資産売却益

※2

12,687

 

 

 2 投資有価証券売却益

 

348,172

 

 

 3 貸倒引当金戻し益

 

31,779

 

 

 4 償却済債権回収益

 

782

393,422

0.7

Ⅶ 特別損失

 

 

 

 

 1 固定資産除却損

※3

88,052

 

 

 2 投資有価証券評価損

 

61,110

 

 

 3 その他

 

1,700

150,863

0.2

   税引前当期純利益

 

 

2,467,437

4.4

   法人税、住民税

   及び事業税

 

1,090,000

 

 

   法人税等調整額

 

△14,737

1,075,262

1.9

   当期純利益

 

 

1,392,174

2.5

   前期繰越利益

 

 

447,777

 

   中間配当額

 

 

138,698

 

   当期未処分利益

 

 

1,701,253

 

 

 

 

 

 

 

商品売上原価明細書

 

 

 

前事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

1 商品期首たな卸高

 

 

2,894,719

8.1

2 当期商品仕入高

 

 

31,970,465

91.9

合計

 

 

34,865,184

100.0

3 他勘定への振替高

※1

 

308,289

 

4 商品期末たな卸高

 

 

3,011,002

 

  商品売上原価

 

 

31,545,893

 

(注)1

前事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

※1 他勘定への振替高の内訳は、次のとおりであります。

自社使用機械及び装置

50,737千円

保守用機器

123,441千円

その他

134,110千円

308,289千円

 

(注)2 貸借対照表の「商品」勘定には、上記「商品期末たな卸高」以外に未成工事支出金が平成17年3月期21,787千円が含まれております。

 

賃貸・受託・保守サービス料原価明細書

 

 

 

前事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

1 サービス売上原価

 

 

2,891,152

25.6

2 支払保守料

 

 

5,501,482

48.7

3 ソフト売上原価

 

 

1,795,109

15.9

4 支払リース料

 

 

328,104

2.9

5 その他

※1

 

789,027

6.9

  賃貸・受託・保守

  サービス料原価

 

 

11,304,875

100.0

(注) 

 

前事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

※1 その他の主な内訳は、次のとおりであります。

減価償却費

206,889千円

給料・手当

355,980千円

福利厚生費

55,167千円

 

 

③ 利益処分計算書

 

 

 

前事業年度

(平成17年6月28日)

区分

注記

番号

金額(千円)

Ⅰ 当期未処分利益

 

 

1,701,253

Ⅱ 任意積立金取崩高

 

 

 

  特別償却準備金取崩額

 

2,935

2,935

合計

 

 

1,704,189

Ⅲ 利益処分額

 

 

 

 1 配当金

 

138,698

 

 2 取締役賞与金

 

20,800

 

 3 任意積立金

 

 

 

   別途積立金

 

1,200,000

1,359,498

Ⅳ 次期繰越利益

 

 

344,690

(注) 1 日付は株主総会承認年月日であります。

2 特別償却準備金の取崩額は、租税特別措置法に基づくものであります。

 

重要な会計方針

 

項目

前事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

1 有価証券の評価基準及び評価方法

(イ)子会社及び関連会社株式

  移動平均法による原価法によっております。

 

(ロ)その他有価証券

  時価のあるもの

   決算末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部資本直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)によっております。

  時価のないもの

   移動平均法による原価法によっております。

2 デリバティブ取引により生じる債権及び債務

 時価法によっております。

3 たな卸資産の評価基準及び評価方法

 商品・仕掛ソフトウェア及び貯蔵品

 主として、個別法による原価法によっております。

4 固定資産の減価償却の方法

(イ)有形固定資産 ……… 定額法

なお、耐用年数および残存価額については、主として法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。

賃貸用機械及び装置については、契約期間および当該資産のライフサイクルの短縮化を考慮し、会社所定の合理的な耐用年数(契約年数等によるもの)を適用しております。

 

(ロ)無形固定資産 ……… 定額法

 なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法、市場販売目的のソフトウェアについては、見込販売数量に基づく方法を採用しております。

5 引当金の計上基準

(イ)貸倒引当金

 債権の貸倒による損失に備えるため、回収不能見込額を計上しております。

 一般債権

  貸倒実績率法によっております。

 貸倒懸念債権及び破産更生債権

  財務内容評価法によっております。

 

(ロ)賞与引当金

 従業員に対する賞与の支出に備えるため、支給見込額を計上しております。

 

 

項目

前事業年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

 

(ハ)退職給付引当金

 従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務および年金資産の見込額に基づき、当期末において発生していると認められる金額を計上しております。

 なお、数理計算上の差異については、各期の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(13年)による按分額をそれぞれ発生の翌期より費用処理しております。

6 リース取引の処理方法

 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。

7 ヘッジ会計の方法

(イ)ヘッジ会計の方法

 繰延ヘッジ処理によっております。また、為替予約等が付されている外貨建金銭債権債務等については、振当処理を行っております。

 

(ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象

  ヘッジ手段…為替予約取引

  ヘッジ対象…外貨建金銭債権債務等

 

(ハ)ヘッジ方針

 デリバティブ取引は実需に基づき行うこととしており、投機を目的とした取引は行わないこととしております。

 

(ニ)その他

 全てのデリバティブ取引は、国内の信用度の高い金融機関と行っており、相手先の契約不履行によるいわゆる信用リスクは低いと考えております。

8 その他財務諸表作成のための重要な事項

消費税等の処理方法

 消費税および地方消費税の処理方法は税抜方式によっております。

 

追加情報

 

前事業年度

(平成17年3月31日)

住商情報システム株式会社との合併

 当社は複雑化・広範囲化する顧客のIT需要に対応するため、住商情報システム株式会社と平成17年3月31日に合併契約書を締結し、平成17年6月28日の定時株主総会において承認され、平成17年8月1日期日で合併する予定であります。

 なお、当該契約の詳細は「5 経営上の重要な契約等」をご参照ください。

 

次へ





出典: SCSK株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書