有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度及び当連結会計年度については、当社及び連結子会社は、ソフトウェアの開発及び情報処理サービスの提供、システム販売並びに情報通信ネットワークの構築・運営管理を中心にITサービス事業を行っており、これらの営業活動は単一の事業分野に属するものと判断しておりますので、該当事項はありません。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度及び当連結会計年度については、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の合計に占める「本邦」の割合がいずれも90%を超えているため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。

 

【海外売上高】

前連結会計年度及び当連結会計年度については、海外売上高が、連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

1 親会社及び法人主要株主等

 

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の
内容
又は職業
議決権等の所有(被
所有)割合(%)
関係内容
取引の
内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
親会社
住友商事㈱
東京都
中央区
219,278
総合商社
(被所有)
直接
57.11
間接
0.69
兼任 1人
当社が行うソフトウェア開発並びに情報処理業務の大口得意先
情報処理サ
ービス並び
にソフトウ
ェア開発
14,446
売掛金
1,821
事業所の賃
1,453
賃借
保証金
1,382

(注) 上記金額のうち、取引金額には消費税等を含まず、期末残高には消費税等を含んで表示しております。

取引条件及び取引条件の決定方針等

情報処理サービス並びにソフトウェア開発については、市場価格、原価率を勘案して当社見積り価格を提示し、一案件毎に価格交渉の上、一般的取引条件と同様に決定しております。

また、事業所の賃借については、一般的取引条件と同様に決定しております。

 

2 兄弟会社等

 

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の
内容
又は職業
議決権等の所有(被
所有)割合(%)
関係内容
取引の
内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
親会社の
子会社
住友商事フ
ィナンシャ
ルマネジメ
ント㈱
東京都
中央区
100
金融ファイナンス業
なし
なし
資金の寄託
資金の寄託
308,800
預け金
27,800

(注) 上記金額の取引金額並びに期末残高には、消費税等を含んでおりません。

取引条件及び取引条件の決定方針等

 資金の寄託による利率については、市場金利を勘案し一般的取引条件と同様に決定しております。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

1 親会社及び法人主要株主等

 

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の
内容
又は職業
議決権等の所有(被
所有)割合(%)
関係内容
取引の
内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
親会社
住友商事㈱
東京都
中央区
219,278
総合商社
(被所有)
直接
59.10
なし
当社が行うソフトウェア開発並びに情報処理業務の大口得意先
情報処理サ
ービス並び
にソフトウ
ェア開発
13,323
売掛金
1,706
事業所の賃
1,526
賃借
保証金
1,395

(注) 上記金額のうち、取引金額には消費税等を含まず、期末残高には消費税等を含んで表示しております。

取引条件及び取引条件の決定方針等

情報処理サービス並びにソフトウェア開発については、市場価格、原価率を勘案して当社見積り価格を提示し、一案件毎に価格交渉の上、一般的取引条件と同様に決定しております。

また、事業所の賃借については、一般的取引条件と同様に決定しております。

 

2 兄弟会社等

 

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の
内容
又は職業
議決権等の所有(被
所有)割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
親会社の
子会社
住友商事フ
ィナンシャ
ルマネジメ
ント㈱
東京都
中央区
100
金融ファイナンス業
なし
なし
資金の寄託
資金の寄託
253,150
預け金
30,450
受取利息
252
未収収益
19

(注) 上記金額の取引金額並びに期末残高には、消費税等を含んでおりません。

取引条件及び取引条件の決定方針等

 資金の寄託による利率については、市場金利を勘案し一般的取引条件と同様に決定しております。

 

(企業結合等関係)—共通支配下の取引等関係

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

1 結合当事企業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目的を含む取引の概要

(1) 結合当事企業の名称及びその事業の内容

① 結合企業

名称    住商情報システム㈱(当社)

事業の内容 情報システムの構築・運用サービスの提供及びパッケージソフトウェア・ハードウェアの販売

② 被結合企業

名称    SCS・ITマネジメント㈱(当社の完全子会社)

事業の内容 ITインフラ系の構築、アプリケーション系システムの構築・保守・運用

(2) 企業結合の法的形式及び結合後企業の名称

当社を存続会社、SCS・ITマネジメント㈱を消滅会社とする吸収合併であり、結合後企業の名称は住商情報システム㈱となっております。なお、合併による新株式の発行及び資本金の増加はありません。

(3) 取引の目的を含む取引の概要

当社と当社の完全子会社であるSCS・ITマネジメント㈱は、従来当社の主要顧客に対し、当社が主としてアプリケーション開発を担当し、SCS・ITマネジメント㈱がITインフラ及びアプリケーションシステムの保守・運用業務を担うという形で一体的なサービスを提供してまいりましたが、両社が一体化することにより顧客に対し、情報システムの構築から保守・運用までをより効率的な形で提供できる体制を整備し、当社グループの事業基盤の強化及び収益力の更なる向上を目指し合併しました。

 

2 実施した会計処理の概要

上記合併は、共通支配下の取引に該当するため、内部取引としてすべて消去しております。したがって、当該会計処理が連結財務諸表に与える影響はありません。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

該当事項はありません。

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
1,712.27円
1株当たり純資産額
1,746.47円
1株当たり当期純利益
80.91円
1株当たり当期純利益
102.52円
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
—円
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
102.29円

(注) 1 前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益の金額については、潜在株式がないため記載して
おりません。

2 1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであり
ます。

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益
当期純利益
(百万円)
4,377
5,415
普通株主に帰属しない金額
(百万円)
普通株式に係る当期純利益
(百万円)
4,377
5,415
普通株式の期中平均株式数
(株)
54,107,848
52,822,252
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
当期純利益調整額
(百万円)
△11
(うち連結子会社が発行した新株予約権の行使を仮定した場合に生じる持分変動差額)
(△11)
普通株式増加数
(株)
11,151
(うち新株予約権)
(株)
(11,151)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
平成19年6月27日定時株主総会決議によるストック・オプション
(新株予約権の株式の数49,000株)
なお、これらの詳細は、「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況(2)新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
子会社エンプレックス㈱の平成17年12月16日開催の臨時株主総会決議によるストック・オプション(新株予約権の株式の数217株)

 

 

(重要な後発事象)

前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)

当社(住商情報システム㈱)と㈱ビリングソフトとの合併

当社グループの競争力強化と事業運営の更なる効率化を目的に、当社は100%子会社である㈱ビリングソフトと平成20年4月24日に合併契約を締結し、同日の取締役会において承認されました。
合併契約の概要は、次のとおりであります。

①合併の方法

住商情報システム㈱を存続会社とし、㈱ビリングソフトは解散いたします。

②合併に係る割当の内容

㈱ビリングソフトは当社の100%子会社であるため、当社は本合併による新株式の発行は行  いません。

③合併の期日

平成20年7月1日

④財産の引継

住商情報システム㈱は、平成19年12月31日現在の㈱ビリングソフトの貸借対照表その他同日現在の計算を基礎とし、これに合併に至るまでの増減を加除した一切の資産、負債及びその他の権利義務を合併期日において引継ぎいたします。

⑤吸収合併消滅会社の平成19年12月31日現在の資産・負債の状況

資産
負債
金額(百万円)
金額(百万円)
流動資産
1,040
流動負債
341
固定資産
固定負債
7
 有形固定資産
68
負債合計
349
 無形固定資産
6
 投資その他の資産
31
105
資産合計
1,146

⑥吸収合併存続会社となる会社の資本金・事業の内容(当該吸収合併後)

資本金
21,152百万円(合併による資本金の増加はありません。)

事業の内容
 
情報システムの構築・運用サービスの提供及びパッケージソフトウェア・ハードウェアの販売

 





出典: SCSK株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書