有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、子会社9社及び関連会社5社より構成され、幅広い業種の企業に対して、最新のIT技術と豊富な業務ノウハウにより、総合的なITサービスの提供を行っております。

具体的には、①顧客企業のITニーズに対応した信頼性の高いソリューションを提供するソフトウェア開発、②専用データセンターの構築・運営管理に加えて、安全かつ信頼性の高いコンピュータ、通信ネットワークシステムの保守・運用サービスなどを提供する情報処理、さらには、③各種サーバ、クライアント機器、ストレージ機器、通信ネットワーク関連機器及びパッケージ・ソフトウェア等を組み合わせ、最適なソリューションとして販売するシステム販売の各ITサービスを展開しております。

顧客企業は、多くの上場企業を含む日本の産業構造を代表する大手及び中堅企業であり、親会社住友商事㈱は大口得意先であります。

当連結会計年度における当社企業集団の変更は以下のとおりであります。

連結子会社のSCSビジネスサポート㈱については、平成22年4月1日付にて当社に吸収合併いたしました。また、連結子会社の㈱カールについては、平成22年6月1日付にて当社に吸収合併いたしました。

朝日アイティソリューション㈱については、平成22年9月17日付にて清算結了したことにより、連結の範囲から除外しております。また、元普信息技術(上海)有限公司については、平成23年1月19日付にて清算結了したことにより、連結の範囲から除外しております。

 

当社グループにおける事業展開につきましては、ITサービスの事業別に設置した事業部門ごとに行っております。具体的には、「流通・製造ソリューション事業部門」、「金融・ERPソリューション事業部門」、「グローバルソリューション事業部門」、「プラットフォームソリューション事業部門」の4つの事業部門及び支社により、事業を推進しております。それぞれの事業部門における担当の事業並びに事業展開の状況は次のとおりであります。

 

流通・製造ソリューション事業部門

 「流通・製造ソリューション事業」を推進し、具体的には流通・製造業を中心とした、業種固有のシステムニーズに対応したITサービスの提供を行っております。

 

(主な子会社)

SCSソリューションズ㈱、住商信息系統(大連)有限公司、Curl, Incorporated、

㈱アライドエンジニアリング

 

金融・ERPソリューション事業部門

 「金融・ERPソリューション事業」を推進し、具体的には金融業固有のITニーズに応えるとともに、一般企業向けには、自社開発の「ProActive」を含む、経営意思決定支援のためのERP(統合基幹業務)システムの提供を行っております。

 

グローバルソリューション事業部門

 「グローバルソリューション事業」を推進し、具体的には住友商事グループを含む、グローバルに事業を展開する顧客に対し、日本・米州・欧州・中国・アセアンの5極を結ぶ当社の強固な海外ネットワークを活用したITサービスの提供を行っております。

 

(主な子会社)

Sumisho Computer Systems(USA), Inc.、

SUMISHO COMPUTER SYSTEMS(EUROPE)LTD.、住商信息系統(上海)有限公司、

Sumisho Computer Systems(Asia Pacific)Pte.Ltd.

 

 

プラットフォームソリューション事業部門

 「プラットフォームソリューション事業」を推進し、具体的には顧客の業務システムを支えるIT基盤の設計・開発から保守、あるいはデータセンターの活用を通じた運用まで、ITインフラの構築に関する総合的なサービス提供を行っております。

 

(主な子会社)

ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン㈱

 

支社

 国内各支社において、幅広い業種の企業に対して、総合的なITサービスの提供を行っております。

 

 なお、第1四半期連結会計期間より、上記各事業を報告セグメントとしてセグメント情報等を開示しております。

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 


 





出典: SCSK株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書