有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(百万円)

当期末残高
(百万円)

当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)

当期償却額
(百万円)

差引当期末
残高
(百万円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 建物

48,204

12,773

1,439

59,538

26,522

2,657

33,015

 

 

 

 

 

 

 

 

 構築物

689

214

903

554

38

349

 

 

 

 

 

 

 

 

  車両運搬具

4

1

6

4

0

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 工具、器具及び備品

15,254

2,819

2,625

15,449

8,458

1,590

6,990

 

 

 

 

 

 

 

 

  土地

20,681

98

20,583

20,583

 

 

 

(98)

 

 

 

 

 リース資産

3,259

286

854

2,691

1,558

561

1,133

 

 

 

 

 

 

 

 

 建設仮勘定

11,656

3,309

11,716

3,249

3,249

 

 

 

 

 

 

 

 

有形固定資産計

99,751

19,405

16,734

102,422

37,100

4,848

65,322

 

 

 

(98)

 

 

 

 

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

 のれん

167

152

320

167

30

153

 

 

 

 

 

 

 

 

 ソフトウエア

27,738

3,094

1,110

29,722

22,458

2,279

7,264

 

 

 

(258)

 

 

 

 

 リース資産

272

30

37

264

141

52

122

 

 

 

 

 

 

 

 

 電話加入権

117

0

0

117

117

 

 

 

 

 

 

 

 

 施設利用権

405

345

60

57

4

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 商標権

9

9

8

0

1

 

 

 

 

 

 

 

 

無形固定資産計

28,710

3,277

1,492

30,495

22,832

2,367

7,662

 

 

 

(258)

 

 

 

 

長期前払費用

1,071

653

366

1,358

126

25

1,232

 

(注) 1 当期増加額のうち主なものは、以下のとおりです。

netXDC設備増強

建物

9,776

百万円

 

工具、器具及び備品

628

百万円

 

建設仮勘定

3,199

百万円

自社利用ソフトウエア

ソフトウエア

1,699

百万円

販売用ソフトウエア

ソフトウエア

1,395

百万円

 

 

   2 当期減少額欄の( )は内数で、当期の減損損失計上額であります。

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高
(百万円)

当期増加額
(百万円)

当期減少額
(目的使用)
(百万円)

当期減少額
(その他)
(百万円)

当期末残高
(百万円)

貸倒引当金

279

59

0

11

326

賞与引当金

4,472

4,027

4,472

4,027

役員賞与引当金

119

222

119

222

工事損失引当金

14

981

14

981

役員退職慰労引当金

11

11

 

 

(注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、洗替又は現金による回収によるものであります。

 

(2) 【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。

(3) 【その他】

該当事項はありません。

 





出典: SCSK株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書