有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第  36  期

第  37  期

第  38  期

第  39  期

第  40  期

決算年月

平成21年3月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

売上高

(百万円)

12,119

9,518

9,497

9,856

11,044

経常利益又は経常損失(△)

(百万円)

△77

82

42

366

439

当期純利益又は当期純損失(△)

(百万円)

△504

86

△339

404

356

包括利益

(百万円)

△339

404

358

純資産額

(百万円)

4,168

4,241

3,901

4,325

4,612

総資産額

(百万円)

6,527

5,758

5,738

6,512

6,533

1株当たり純資産額

(円)

468.07

477.95

439.69

485.45

524.89

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

△56.48

9.75

△38.31

45.61

40.48

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

63.6

73.6

67.9

66.0

70.1

自己資本利益率

(%)

△11.4

2.1

△8.4

9.9

8.0

株価収益率

(倍)

16.3

5.0

9.0

営業活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

652

168

280

1,495

93

投資活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

△466

△276

220

△401

△654

財務活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

△233

△402

4

△13

△81

現金及び現金同等物の

期末残高

(百万円)

2,489

1,980

2,485

3,566

2,923

従業員数

(外、平均臨時雇用者数)

(人)

941

(10)

960

(8)

922

(4)

948

(1)

1,040

(1)

 (注)1.売上高には消費税等(消費税及び地方消費税をいう。以下同じ)は含まれておりません。但し、第36期および第37期の連結子会社1社については免税業者に該当するため税込方式としております。

2.第36期および第38期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。

3.第37期、第39期および第40期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.第36期および第38期の株価収益率については、当期純損失を計上しているため記載しておりません。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第  36  期

第  37  期

第  38  期

第  39  期

第  40  期

決算年月

平成21年3月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

売上高

(百万円)

9,301

7,424

7,358

114

170

経常利益又は経常損失(△)

(百万円)

△121

41

30

△12

44

当期純利益又は当期純損失(△)

(百万円)

△469

98

△314

310

91

資本金

(百万円)

3,149

3,149

3,149

3,149

3,149

発行済株式総数

(千株)

9,237

9,237

9,237

9,237

9,237

純資産額

(百万円)

3,986

4,085

3,770

4,080

4,096

総資産額

(百万円)

5,882

5,225

5,168

4,144

4,164

1株当たり純資産額

(円)

449.50

460.75

425.38

460.60

469.29

1株当たり配当額

(内1株当たり中間配当額)

(円)

(円)

(−)

(−)

(−)

5

(−)

5

(−)

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

△52.56

11.14

△35.42

35.08

10.37

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

67.8

78.2

73.0

98.5

98.4

自己資本利益率

(%)

△11.1

2.4

△8.0

7.9

2.2

株価収益率

(倍)

14.3

6.5

35.2

配当性向

(%)

14.3

48.2

従業員数

(外、平均臨時雇用者数)

(人)

662

(9)

639

(8)

578

(4)

1

(−)

2

(−)

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.第36期および第38期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。

3.第37期、第39期および第40期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.第36期および第38期の株価収益率及び配当性向については、当期純損失を計上しているため記載しておりません。

5.第39期の従業員数が前事業年度末に比べて577名減少しておりますが、これは主として当社が純粋持株会社制へ移行したことによるものであります。

2【沿革】

年月

沿革

昭和49年3月

コンピュータソフトウェアの開発・販売を目的として株式会社東海クリエイトを設立

昭和55年5月

パーソナルコンピュータ用ソフトウェアパッケージの草分けとして「マイソフトシリーズ」を発売

昭和56年6月

関西営業所を開設

昭和56年9月

当社ソフトウェアパッケージの最初のヒット製品、英文ワードプロセッサ「書くべえ」を発売

昭和58年11月

ソフトウェアパッケージ製品日本語ワードプロセッサ「ユーカラシリーズ」を発売

昭和61年9月

当社ソフトウェアパッケージ事業で培った顧客サービスノウハウの外販を目的とした子会社「株式会社クリエイトラボ」(現・連結子会社)を設立、株式取得

平成元年3月

通産省よりシステムインテグレータ企業の認定を受ける

平成元年4月

株式会社東海クリエイトから株式会社クレオに商号変更

平成2年9月

日本証券業協会に株式を店頭売買銘柄として登録

平成2年10月

毛筆印刷ソフト「筆まめ」を発売

平成5年2月

UNIX対応の業務アプリケーションパッケージ製品「CBMSクレオ・ビジネス・マネージャ・シリーズ」を発売

平成10年12月

品質管理の国際規格「ISO9001」認証取得

平成11年4月

名古屋営業所を開設

平成11年9月

本社事務所移転(東京都港区高輪)

平成12年6月

Webサイト「筆まめ★ネット」開設

平成14年7月

インターネット会議システム「FACE Conference TM 」を発売

平成14年8月

第三者割当増資により資本金23億3千万円に増資

平成14年10月

ブロードバンド時代に対応した新サービス「筆まめBBサービス」を開始

平成15年4月

Webツール「ActiveSquare」を発売

平成16年2月

彼方㈱とWebサイト制作及び運営ツールにおいて協業開始

平成16年2月

コニカミノルタビジネスソリューションズ㈱と「アドレスオンデマンドシステム」を共同開発

平成16年11月

CBMS ZeeM会計を発売

平成16年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

平成17年1月

ヤフー株式会社に対して業務・資本提携を実施、第三者割当増資により資本金31億49百万円に増資

平成17年8月

プリント・ソリューション分野に参入

平成17年11月

平成18年8月

平成18年9月

CBMS ZeeM人事給与を発売

個人情報取扱いに関する認定制度「プライバシーマーク」取得

情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」認証取得

平成18年10月

モバイル事業を目的とした子会社「株式会社ネットジーン」の株式を新規取得

平成19年4月

株式会社アルプス社(現ヤフー株式会社)と業務提携開始

平成19年5月

「株式会社ネットジーン」を吸収合併

平成20年6月

平成21年4月

 

平成22年4月

 

平成23年4月

 

 

 

平成23年12月

平成25年3月

株式会社インテックホールディングス(現株式会社インテック)と業務提携を実施

当社の既存顧客向け保守営業を目的とした子会社「株式会社クレオスマイル(現株式会社クレオネットワークス)」を設立

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場(現大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場

4月1日付で株式会社クレオは持株会社となり、ガバナンス及び株式関係に関する事業を除くすべての事業を新設分割設立会社3社(株式会社クレオマーケティング、株式会社クレオソリューション、株式会社筆まめ)、吸収分割承継会社1社(株式会社クレオネットワークス)に移管承継し、既存子会社1社(株式会社クリエイトラボ)を含む5社にてグループの新体制を発足

本社事務所移転(東京都港区港南)

ヤフー株式会社からアマノ株式会社への当社株式一部譲渡により、筆頭株主がアマノ株式会社に異動

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、純粋持株会社である当社と事業を営む連結子会社7社により構成されており、事業は製品・サービス別にクレオマーケティング事業クレオソリューション事業、筆まめ事業、クレオネットワークス事業、クリエイトラボ事業の形に区分しております。

 事業内容と各社の当該事業にかかる位置付けは、次のとおりであります。

 

セグメント名称

(セグメントに該当する子会社)

主要な事業の内容

 

クレオマーケティング事業

(株式会社クレオマーケティング)

 

ZeeM/CBMS製品等の基幹系・情報系業務ソリューションから、組み込み系ソフトウェアまで、トータルICTソリューションの開発・提供

 

クレオソリューション事業

(株式会社クレオソリューション)

 

システムやネットワークの構築から、各種業務アプリケーションの開発

 

筆まめ事業

(株式会社筆まめ)

 

はがき・住所録ソフト「筆まめ」をはじめとしたソフトウェア製品の

企画・開発・販売

 

クレオネットワークス事業

(株式会社クレオネットワークス)

 

ICT基盤サービスプラットフォームとメディアプラットフォームの提供

 

クリエイトラボ事業

(株式会社クリエイトラボ

 株式会社ヒューマン・ネットワーク

 株式会社アイティアイ)

 

ヘルプデスクなどを中心としたサポート&サービス

 

 以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所 

資本金

(百万円) 

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合(%)

 

関係内容

 

 

㈱クレオ

 

東京都港区

3,149

持株会社

− 

− 

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱クレオ

マーケティング

(注)1、6

東京都港区

100

ZeeM/CBMS製品等の基幹系・情報系業務ソリューションから、組み込み系ソフトウェアまで、トータルICTソリューションの開発・提供

100

役員の兼任あり。 

㈱クレオ

ソリューション

(注)1、6

東京都港区

100

システムやネットワークの構築から、各種業務

アプリケーションの開発

100

役員の兼任あり。

㈱筆まめ

(注)1、6

東京都港区

100

はがき・住所録ソフト「筆まめ」をはじめとした

ソフトウェア製品の企画・開発・販売

100

 

役員の兼任あり。

 

㈱クレオ

ネットワークス

東京都港区

100

ICT基盤サービスプラットフォームと
メディアプラットフォームの提供

100

 

役員の兼任あり。

 

㈱クリエイトラボ

(注)1、3、4、6

東京都品川区

140

ヘルプデスクを中心とした

サポート&サービス

97.5

[2.5]

 

役員の兼任あり。

 

㈱ヒューマン・

ネットワーク

(注)2、3、5

東京都品川区

 90

コールセンターアウトソーシングを中心とした

サポート&サービス

94

(94)

[6]

㈱アイティアイ

(注)2、3

東京都港区

 24

システムの開発、運用、保守を中心とした

サポート&サービス

90

(90)

[10]

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

アマノ㈱

(注)7 

横浜市港北区

18,239

就業時間管理システム事業、駐車場管理事業、

床面洗浄機事業等

被所有 

30.5 

(注)1.特定子会社に該当しております。

2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

3.議決権の所有割合の[ ]内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数となっております。

4.㈱クリエイトラボは従業員持株会が2.5%の議決権を保有しております。

5.㈱ヒューマン・ネットワークは従業員持株会が3.3%の議決権を保有しております。

   6.㈱クレオマーケティング、㈱クレオソリューション、㈱筆まめおよび㈱クリエイトラボについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

 ㈱クレオマーケティング

(1)売上高

2,724

百万円

 

 

(2)経常利益

37

百万円

 

 

(3)当期純利益

69

百万円

 

 

(4)純資産額

387

百万円

 

 

(5)総資産額

1,573

百万円

 

 ㈱クレオソリューション

(1)売上高

3,375

百万円

 

 

(2)経常利益

179

百万円

 

 

(3)当期純利益

114

百万円

 

 

(4)純資産額

234

百万円

 

 

(5)総資産額

1,288

百万円

 

 ㈱筆まめ

(1)売上高

1,197

百万円

 

 

(2)経常利益

118

百万円

 

 

(3)当期純利益

78

百万円

 

 

(4)純資産額

217

百万円

 

 

(5)総資産額

577

百万円

 

 ㈱クリエイトラボ

(1)売上高

2,307

百万円

 

 

(2)経常利益

55

百万円

 

 

(3)当期純利益

22

百万円

 

 

(4)純資産額

683

百万円

 

 

(5)総資産額

1,081

百万円

7.有価証券報告書を提出しております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

平成25年3月31日現在

セグメントの名称

従   業   員   数 (人)

クレオマーケティング事業

   182      

クレオソリューション事業

   262   (1)   

筆まめ事業

  51      

クレオネットワークス事業

    48       

クリエイトラボ事業

      495       

全社(共通)

    2      

合計

             1,040   (1)

 (注)1.従業員数は就業人員であり、出向受入者を含み出向転出者を除いて記載しております。

2.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

(2)提出会社の状況

 

平成25年3月31日現在

従業員数(人)

平均年令(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

2

45.0

10.5

0

 

セグメントの名称

従   業   員   数 (人)

全社(共通)

   2      

合計

   2      

 (注)1.平均年間給与は税込支払給与額であり、基準外給与及び賞与を含んでおります。

2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。なお、当該従業員は子会社からの出向受入者となり、給与は子会社が負担しております。 

(3)労働組合の状況

 労働組合はありませんが、労使関係は安定しております。





出典: 株式会社クレオ、2013-03-31 期 有価証券報告書