有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
AGS㈱
20,000
60,000
㈱三菱東京フィナンシャル・グループ
39
36,270
住友信託銀行㈱
33,000
23,067
㈱ワイ・ディ・シー
50
17,500
オリックス㈱
1,200
16,404
㈱ソルパック
500
6,174
小計
54,789
159,415
54,789
159,415
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高
(千円)
有形固定資産
       
建物
974,247
21,166
995,413
463,000
34,306
532,412
構築物
86,863
86,863
51,553
2,894
35,309
車両運搬具
22,673
22,673
13,293
4,393
9,379
工具器具備品
222,107
125,417
1,323
346,202
277,183
24,615
69,018
土地
90,438
90,438
90,438
有形固定資産計
1,396,330
146,583
1,323
1,541,591
805,031
66,210
736,560
無形固定資産
       
ソフトウェア
32,286
89,461
121,747
96,094
10,897
25,653
電話加入権
6,333
2,146
8,479
8,479
その他
612
612
490
30
121
無形固定資産計
39,231
91,607
130,839
96,584
10,928
34,254
長期前払費用
6,835
1,277
6,835
1,277
178
2,341
1,099
繰延資産
       
繰延資産計
(注) 当期増加額には、平成16年10月1日付で合併した株式会社フレックス・ファームからの受入分を次のとおり 含んでおります。
  建物 11,348千円 工具器具備品 106,872千円 ソフトウェア 74,994千円 電話加入権 1,846千円
  長期前払費用 251千円
【資本金等明細表】
区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金(千円)
1,448,468
1,448,468
資本金のうち既発行株式
普通株式(注)1
(株)
(7,636,368)
(−)
(−)
(7,636,368)
普通株式
(千円)
1,448,468
1,448,468
(株)
(7,636,368)
(−)
(−)
(7,636,368)
(千円)
1,448,468
1,448,468
資本準備金及びその他資本剰余金
(資本準備金)
     
株式払込剰余金
(千円)
1,269,165
1,269,165
(その他資本剰余金)
     
資本準備金減少差益
(千円)
250,700
250,700
自己株式処分差益
(注)2
(千円)
23,237
23,237
(千円)
1,519,865
23,237
1,543,103
利益準備金及び任意積立金
(利益準備金)
(千円)
(任意積立金)
     
特別償却準備金(注)3
(千円)
17,859
4,022
13,836
別途積立金
(千円)
450,000
450,000
(千円)
467,859
4,022
463,836
 (注)1.当期末における自己株式は、604,795株であります。
2.自己株式処分差益の増加は、合併に伴う自己株式の交付等によるものであります。
3.特別償却準備金の減少は、前期決算の利益処分によるものであります。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
2,000
5,585
4,585
3,000
賞与引当金
431,000
486,000
431,000
486,000
役員退職慰労引当金
186,561
19,510
866
205,205
 (注)1.貸倒引当金の当期増加額には、株式会社フレックス・ファームとの合併による増加額3,200千円が含まれております。
2.貸倒引当金の当期減少額(その他)は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。




出典: 株式会社KSK、2005-03-31 期 有価証券報告書