有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の連結財務諸表及び前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の財務諸表について、並びに、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の財務諸表について、あずさ監査法人により監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
   
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
2,799,726
   
3,408,258
 
2.受取手形及び売掛金
   
2,437,628
   
2,490,187
 
3.たな卸資産
   
144,912
   
116,779
 
4.繰延税金資産
   
390,162
   
482,836
 
5.その他
   
305,977
   
326,238
 
  貸倒引当金
   
△2,992
   
△4,285
 
流動資産合計
   
6,075,414
69.0
 
6,820,013
72.2
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物及び構築物
 
1,169,027
   
1,174,383
   
減価償却累計額
 
586,300
582,726
 
624,168
550,214
 
(2)土地
   
139,511
   
139,511
 
(3)建設仮勘定
   
   
3,340
 
(4)その他
 
411,670
   
393,193
   
減価償却累計額
 
298,219
113,450
 
290,723
102,469
 
有形固定資産合計
   
835,688
9.5
 
795,536
8.4
2.無形固定資産
             
(1)その他
   
81,219
   
80,327
 
無形固定資産合計
   
81,219
0.9
 
80,327
0.8
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
   
1,209,745
   
1,100,222
 
(2)繰延税金資産
   
166,484
   
214,136
 
(3)その他
   
436,306
   
445,028
 
  貸倒引当金
   
△1,000
   
△3,700
 
投資その他の資産合計
   
1,811,537
20.6
 
1,755,687
18.6
固定資産合計
   
2,728,444
31.0
 
2,631,550
27.8
資産合計
   
8,803,859
100
 
9,451,564
100
 
   
 
   
 
 

 

   
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.買掛金
   
193,357
   
111,902
 
2.短期借入金
   
80,000
   
80,000
 
3.未払法人税等
   
474,268
   
463,155
 
4.賞与引当金
   
736,000
   
935,000
 
5.その他
   
724,962
   
743,064
 
流動負債合計
   
2,208,588
25.1
 
2,333,122
24.7
Ⅱ 固定負債
             
1.退職給付引当金
   
363,739
   
390,706
 
2.役員退職慰労引当金
   
232,313
   
250,800
 
固定負債合計
   
596,052
6.8
 
641,507
6.8
負債合計
   
2,804,640
31.9
 
2,974,629
31.5
 
             
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
1,448,468
16.4
 
1,448,468
15.3
2.資本剰余金
 
 
1,636,996
18.6
 
1,636,996
17.3
3.利益剰余金
 
 
3,096,696
35.2
 
3,686,435
39.0
4.自己株式
 
 
△219,265
△2.5
 
△265,273
△2.8
  株主資本合計
 
 
5,962,895
67.7
 
6,506,626
68.8
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
33,738
0.4
 
△32,898
△0.3
  評価・換算差額等合計
 
 
33,738
0.4
 
△32,898
△0.3
Ⅲ 少数株主持分
 
 
2,584
0.0
 
3,206
0.0
純資産合計
 
 
5,999,218
68.1
 
6,476,934
68.5
負債及び純資産合計
 
 
8,803,859
100
 
9,451,564
100
 
             
②【連結損益計算書】
   
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅰ 売上高
   
12,581,343
100
 
13,449,174
100
Ⅱ 売上原価
   
9,787,075
77.8
 
10,223,885
76.0
売上総利益
   
2,794,267
22.2
 
3,225,289
24.0
Ⅲ 販売費及び一般管理費
             
1.貸倒引当金繰入額
 
874
   
3,993
   
2.役員報酬
 
180,261
   
198,969
   
3.給料及び手当
 
306,832
   
389,577
   
4.賞与引当金繰入額
 
34,648
   
51,043
   
5.退職給付費用
 
4,611
   
4,908
   
6.役員退職慰労引当金繰入額
 
24,738
   
21,777
   
7.減価償却費
 
63,744
   
67,355
   
8.募集費
 
259,951
   
300,597
   
9.その他
※1
733,863
1,609,525
12.8
885,937
1,924,159
14.3
営業利益
   
1,184,742
9.4
 
1,301,129
9.7
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
1,767
   
6,376
   
2.受取配当金
 
36,620
   
49,628
   
3.その他
 
8,455
46,843
0.4
10,947
66,953
0.4
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
1,549
   
2,208
   
2.保険積立解約損
 
477
   
1,337
   
3.その他
 
217
2,245
0.0
336
3,881
0.0
経常利益
   
1,229,340
9.8
 
1,364,201
10.1

 

   
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅵ 特別利益
             
1.固定資産売却益
※2
   
355
   
2.投資有価証券売却益
 
24,301
24,656
0.2
Ⅶ 特別損失
             
1.固定資産売却損
※3
   
270
   
2.固定資産除却損
※4
9,628
   
2,674
   
3.投資有価証券評価損
 
9,628
0.1
55,496
58,441
0.4
税金等調整前当期純利益
   
1,219,712
9.7
 
1,330,416
9.9
法人税、住民税及び事業税
 
489,000
   
694,200
   
法人税等調整額
 
121,611
610,611
4.9
△94,609
599,591
4.5
少数株主利益
   
477
0.0
 
622
0.0
当期純利益
   
608,624
4.8
 
730,203
5.4
 
             
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成18年3月31日 残高
(千円)
1,448,468
1,636,593
2,579,391
△217,518
5,446,935
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当(注)
 
 
△91,318
 
△91,318
当期純利益
 
 
608,624
 
608,624
自己株式の取得
 
 
 
△2,069
△2,069
自己株式の処分
 
403
 
321
724
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
403
517,305
△1,747
515,960
平成19年3月31日 残高
(千円)
1,448,468
1,636,996
3,096,696
△219,265
5,962,895
 
評価・換算差額等
少数株主持分
純資産合計
その他有価証券
評価差額金
評価・換算差額等
合計
平成18年3月31日 残高
(千円)
68,147
68,147
2,107
5,517,190
連結会計年度中の変動額
       
剰余金の配当(注)
 
 
 
△91,318
当期純利益
 
 
 
608,624
自己株式の取得
 
 
 
△2,069
自己株式の処分
 
 
 
724
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△34,409
△34,409
477
△33,932
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△34,409
△34,409
477
482,028
平成19年3月31日 残高
(千円)
33,738
33,738
2,584
5,999,218
 (注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年3月31日 残高
(千円)
1,448,468
1,636,996
3,096,696
△219,265
5,962,895
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当
 
 
△140,464
 
△140,464
当期純利益
 
 
730,203
 
730,203
自己株式の取得
 
 
 
△46,007
△46,007
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
589,738
△46,007
543,730
平成20年3月31日 残高
(千円)
1,448,468
1,636,996
3,686,435
△265,273
6,506,626
 
評価・換算差額等
少数株主持分
純資産合計
その他有価証券
評価差額金
評価・換算差額等
合計
平成19年3月31日 残高
(千円)
33,738
33,738
2,584
5,999,218
連結会計年度中の変動額
       
剰余金の配当
 
 
 
△140,464
当期純利益
 
 
 
730,203
自己株式の取得
 
 
 
△46,007
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△66,637
△66,637
622
△66,014
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△66,637
△66,637
622
477,715
平成20年3月31日 残高
(千円)
△32,898
△32,898
3,206
6,476,934
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
   
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
     
税金等調整前当期純利益
 
1,219,712
1,330,416
減価償却費
 
126,727
112,873
貸倒引当金の増加額
 
874
3,993
賞与引当金の増加額
 
90,990
199,000
退職給付引当金の増加額
 
19,914
26,967
役員退職慰労引当金の増加額
 
19,185
18,487
受取利息及び受取配当金
 
△38,388
△56,005
支払利息
 
1,549
2,208
有形固定資産売却益
 
△355
有形固定資産売却除却損
 
8,826
2,945
投資有価証券売却益
 
△24,301
投資有価証券評価損
 
55,496
売上債権の増加額
 
△226,927
△52,558
たな卸資産の減少額
 
30,170
28,133
仕入債務の減少額
 
△8,179
△81,454
その他
 
166,555
△9,425
小計
 
1,411,010
1,556,420
利息及び配当金の受取額
 
38,170
55,869
利息の支払額
 
△1,591
△2,260
法人税等の支払額
 
△82,418
△705,038
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
1,365,171
904,991

 

   
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
     
定期預金の払戻による収入
 
10,000
有形固定資産の取得による支出
 
△180,142
△45,579
有形固定資産の売却による収入
 
1,252
無形固定資産の取得による支出
 
△32,317
△14,973
投資有価証券の取得による支出
 
△401,394
△74,545
投資有価証券の売却による収入
 
29,616
その他
 
△1,819
△6,137
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△605,674
△110,366
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
     
短期借入れによる収入
 
400,000
400,000
短期借入金の返済による支出
 
△400,000
△400,000
自己株式の取得による支出
 
△2,069
△46,007
自己株式の売却による収入
 
724
配当金の支払額
 
△91,082
△140,085
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△92,427
△186,092
Ⅳ 現金及び現金同等物の増加額
 
667,069
608,531
Ⅴ 現金及び現金同等物の期首残高
 
1,932,657
2,599,726
Ⅵ 現金及び現金同等物の期末残高
2,599,726
3,208,258
 
     
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
1.連結の範囲に関する事項
(1)連結子会社の数   4社
 連結子会社名は「第1企業の概況 4.関係会社の状況」に記載のとおりであります。
1.連結の範囲に関する事項
(1)連結子会社の数   4社
同左
(2)主要な非連結子会社の名称等
 該当事項はありません。
(2)主要な非連結子会社の名称等
同左
2.持分法の適用に関する事項
該当事項はありません。
2.持分法の適用に関する事項
同左
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
 すべての連結子会社の決算日は、連結決算日と同一であります。
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
                   同左
4.会計処理基準に関する事項
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券
その他有価証券
時価のあるもの
  決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
4.会計処理基準に関する事項
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券
その他有価証券
時価のあるもの
同左
時価のないもの
 移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
② たな卸資産
 商品は先入先出法に基づく低価法、材料は先入先出法に基づく原価法、仕掛品は個別法に基づく原価法、貯蔵品は最終仕入原価法に基づく原価法によっております。
② たな卸資産
同左

 

前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
 建物(その付属設備は除く。)は定額法、その他は定率法によっております。
 なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
  建物(その付属設備は除く。)は定額法、その他は定率法によっております。
  なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
 (会計方針の変更)
 法人税法の改正((所得税法等の一部を改正する法律 平成19年3月30日 法律第6号)及び(法人税法施行令の一部を改正する政令 平成19年3月30日 政令第83号))に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得したものについては、改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。
 この変更に伴う損益に与える影響は、軽微であります。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
 (追加情報)
 当連結会計年度から、法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5年間で均等償却する方法によっております。
 この変更に伴う損益に与える影響は、軽微であります。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
② 無形固定資産
 定額法によっております。
 なお、耐用年数は法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
 ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法、市場販売目的のソフトウェアについては、見込販売期間(3年以内)における見込販売数量に基づく償却額と販売可能な残存販売期間に基づく均等配分額を比較し、いずれか大きい額を計上する方法を採用しております。
② 無形固定資産
同左
(3)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
 債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
(3)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
同左
② 賞与引当金
 従業員の賞与の支給に備えるため、当連結会計年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
② 賞与引当金
同左

 

前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
③ 退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。 
  数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
③ 退職給付引当金
同左
 
④ 役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支出に備えるため、規程に基づく期末要支給額を計上しております。
④ 役員退職慰労引当金
                同左
(4)重要なリース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
(4)重要なリース取引の処理方法
同左
(5)消費税等の会計処理
 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
(5)消費税等の会計処理
同左
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
 連結子会社の資産及び負債の評価については全面時価評価法を採用しております。
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
同左
6.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
6.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
同左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
 (貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
   当連結会計年度から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。
 これによる損益に与える影響はありません。
 なお、従来の「資本の部」の合計に相当する金額は5,996,634千円であります。
 連結財務諸表規則の改正により、当連結会計年度における連結財務諸表は、改正後の連結財務諸表規則により作成しております。
 ──────
表示方法の変更
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
 (連結損益計算書)
 前連結会計年度まで区分掲記しておりました「受取手数料」(当連結会計年度 3,921千円)は、営業外収益の100分の10以下であるため、当連結会計年度においては、営業外収益の「その他」に含めて表示しております。                    
 ──────
 
注記事項
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
※1 研究開発費の総額
※1 研究開発費の総額
 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりであります。
 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりであります。
一般管理費
27,402
千円
一般管理費
59,440
千円
※2              ──────
※2 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。
 
車両運搬具
355
千円
※3        ──────
※3 固定資産売却損の内訳は次のとおりであります。
 
工具器具備品
270
千円
※4 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
※4 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
建物
78
千円
構築物
93
千円
工具器具備品
8,653
千円
ソフトウェア
802
千円
工具器具備品
2,674
千円
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
7,636,368
7,636,368
自己株式
       
普通株式 (注)1,2
611,830
2,218
900
613,148
 (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加2,218株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
    2.普通株式の自己株式の株式数の減少900株は、単元未満株式の買増請求による減少であります。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成18年6月29日
定時株主総会
普通株式
91,318
13
平成18年3月31日
平成18年6月30日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月28日
定時株主総会
普通株式
140,464
 利益剰余金
20
平成19年3月31日
平成19年6月29日
当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
7,636,368
7,636,368
自己株式
       
普通株式 (注)
613,148
60,132
673,280
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加60,132株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加60,000株、
       単元未満株式の買取りによる増加132株であります。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月28日
定時株主総会
普通株式
140,464
20
平成19年3月31日
平成19年6月29日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年6月27日
定時株主総会
普通株式
160,151
 利益剰余金
23
平成20年3月31日
平成20年6月30日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
※  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
※  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
 
平成19年3月31日現在
 
平成20年3月31日現在
現金及び預金勘定
2,799,726
千円
預入期間が3か月を超える定期預金
△200,000
千円
現金及び現金同等物
2,599,726
千円
現金及び預金勘定
3,408,258
千円
預入期間が3か月を超える定期預金
△200,000
千円
現金及び現金同等物
3,208,258
千円
(リース取引関係)
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
工具器具備品(有形固定資産「その他」に含む。)
44,324
42,176
2,148
ソフトウェア(無形固定資産「その他」に含む。)
14,157
9,910
4,247
合計
58,482
52,087
6,395
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
工具器具備品(有形固定資産「その他」に含む。)
3,337
3,228
108
ソフトウェア(無形固定資産「その他」に含む。)
14,157
12,742
1,415
合計
17,494
15,970
1,524
2.未経過リース料期末残高相当額
2.未経過リース料期末残高相当額
1年内
8,901
千円
1年超
1,822
千円
合計
10,724
千円
1年内
1,822
千円
1年超
千円
合計
1,822
千円
3.支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
3.支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
支払リース料
14,465
千円
減価償却費相当額
8,309
千円
支払利息相当額
360
千円
支払リース料
8,901
千円
減価償却費相当額
4,871
千円
支払利息相当額
100
千円
4.減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を10%と仮定し、定率法で計算した額に10/9を乗ずる方法によっております。
 また、無形固定資産については、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
4.減価償却費相当額の算定方法
                   同左
5.利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額を利息相当額とし、各期への配分方法については利息法によっております。
5.利息相当額の算定方法
同左
(有価証券関係)
前連結会計年度(平成19年3月31日現在)
1.その他有価証券で時価のあるもの
区分
種類
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額(千円)
差額(千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
33,610
129,267
95,656
(2)債券
(3)その他
585,985
606,390
20,404
小計
619,596
735,657
116,061
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
237,090
207,134
△29,956
(2)債券
200,000
170,780
△29,220
(3)その他
小計
437,090
377,914
△59,176
合計
 
1,056,687
1,113,571
56,884
2.当連結会計年度中に売却したその他有価証券
    当連結会計年度中に売却したその他有価証券はありません。
3.時価評価されていない主な有価証券の内容
 
連結貸借対照表計上額(千円)
その他有価証券
 
非上場株式
96,174
 4.その他有価証券のうち満期があるものの連結決算日後における償還予定額
 
1年以内
(千円)
1年超5年以内
(千円)
5年超10年以内
(千円)
10年超
(千円)
その他有価証券
 
 
 
 
   債券
200,000
当連結会計年度(平成20年3月31日現在)
1.その他有価証券で時価のあるもの
区分
種類
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額(千円)
差額(千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
28,110
56,178
28,068
(2)債券
(3)その他
小計
28,110
56,178
28,068
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
256,139
223,970
△32,169
(2)債券
200,000
172,980
△27,020
(3)その他
575,268
550,920
△24,348
小計
1,031,408
947,870
△83,537
合計
 
1,059,518
1,004,048
△55,469
      (注)その他有価証券で時価のある株式について、55,496千円減損処理を行っており、減損処理後の帳簿
         価額を取得原価としております。
2.当連結会計年度中に売却したその他有価証券(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
売却額(千円)
売却益の合計額(千円)
売却損の合計額(千円)
29,802
24,301
3.時価評価されていない主な有価証券の内容
 
連結貸借対照表計上額(千円)
その他有価証券
 
非上場株式
96,174
 4.その他有価証券のうち満期があるものの連結決算日後における償還予定額
 
1年以内
(千円)
1年超5年以内
(千円)
5年超10年以内
(千円)
10年超
(千円)
その他有価証券
 
 
 
 
   債券
200,000
(デリバティブ取引関係)
前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
 当社グループは、デリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
 当社グループは、デリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
 当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を設けています。
2.退職給付債務に関する事項
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日現在)
当連結会計年度
(平成20年3月31日現在)
(1)退職給付債務
       △367,086千円
△400,617千円
(2)未積立退職給付債務
       △367,086千円
△400,617千円
(3)未認識数理計算上の差異
       3,346千円
            9,911千円
(4)退職給付引当金((2)+(3))
   △363,739千円
△390,706千円
 (注) 一部の連結子会社は退職給付債務の算定に当たり簡便法を採用しております。
3.退職給付費用に関する事項
 
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
 平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
 平成20年3月31日まで)
(1)勤務費用
 25,026千円
       26,581千円
(2)利息費用
 6,535千円
      7,040千円
(3)数理計算上の差異の費用処理額
          △307千円
             44千円
(4)退職給付費用((1)+(2)+(3))
 31,253千円
       33,667千円
 (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、(1)勤務費用に含めております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日現在)
当連結会計年度
(平成20年3月31日現在)
(1)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
     同左
(2)割引率
期首   2.0%
期末  2.0%
      同左
 
(3)数理計算上の差異の費用処理年数
10年(各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。)
      同左
(ストック・オプション等関係)
前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
 該当事項はありません。
当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
 該当事項はありません。
(税効果会計関係)
前連結会計年度末
(平成19年3月31日)
当連結会計年度末
(平成20年3月31日)
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
   
投資有価証券評価損否認
29,771
千円
賞与引当金否認
301,306
 
退職給付引当金否認
148,142
 
役員退職慰労引当金否認
94,528
 
未払事業税
39,777
 
その他
84,050
 
小計
697,574
 
評価性引当額
△111,547
 
繰延税金資産合計
586,027
 
繰延税金負債
   
特別償却準備金
△1,179
 
その他有価証券評価差額金
△23,146
 
その他
△5,055
 
繰延税金負債合計
△29,380
 
繰延税金資産の純額
556,646
 
繰延税金資産
   
投資有価証券評価損否認
52,351
千円
賞与引当金否認
383,118
 
退職給付引当金否認
159,141
 
役員退職慰労引当金否認
102,051
 
未払事業税
39,799
 
その他
124,178
 
小計
860,638
 
評価性引当額
△158,485
 
繰延税金資産合計
702,153
 
繰延税金負債
   
その他
△5,181
 
繰延税金負債合計
△5,181
 
繰延税金資産の純額
696,972
 
 (注) 当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
 (注) 当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
流動資産−繰延税金資産
390,162
千円
固定資産−繰延税金資産
166,484
 
流動資産−繰延税金資産
482,836
千円
固定資産−繰延税金資産
214,136
 
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の主な項目別内訳
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の主な項目別内訳
法定実効税率
40.69
(調整)
   
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.10
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△0.14
住民税均等割
1.32
評価性引当額の増加
9.15
その他
△1.06
税効果会計適用後の法人税等の負担率
50.06
法定実効税率
40.69
(調整)
   
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.69
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△0.16
住民税均等割
1.26
評価性引当額の増加
3.53
その他
△0.94
税効果会計適用後の法人税等の負担率
45.07
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
 最近2連結会計年度の事業の種類別セグメント情報は次のとおりであります。
前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
 
システムコア開発事業
 
アプリケーションソフトウェア開発事業
 
ネットワークサポート事業
 
情報処理事業等
 
 
消去又は全社
 
連結
Ⅰ 売上高及び営業損益
千円
 
千円
 
千円
 
千円
 
千円
 
千円
 
千円
売上高
                         
(1)外部顧客に対する売上高
4,322,673
 
3,841,014
 
3,492,762
 
924,893
 
12,581,343
 
 
12,581,343
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
4,355
 
26,009
 
37,975
 
 
68,340
 
(68,340)
 
4,327,029
 
3,867,024
 
3,530,737
 
924,893
 
12,649,684
 
(68,340)
 
12,581,343
営業費用
3,012,670
 
3,445,196
 
2,908,369
 
892,644
 
10,258,879
 
1,137,721
 
11,396,601
営業利益
1,314,359
 
421,827
 
622,368
 
32,248
 
2,390,804
 
(1,206,061)
 
1,184,742
Ⅱ 資産、減価償却費及び資本的支出
                         
資産
1,359,978
 
1,141,875
 
1,165,244
 
364,733
 
4,031,832
 
4,772,026
 
8,803,859
減価償却費
8,321
 
44,644
 
2,002
 
7,005
 
61,973
 
61,021
 
122,994
資本的支出
3,694
 
24,383
 
1,346
 
96,161
 
125,585
 
73,871
 
199,457
 (注)1.事業の区分
事業はサービスの種類、性質、業務形態等の類似性により区分しております。
2.各区分に属する主要なサービス・製品等の名称
システムコア開発事業………LSI開発・設計、ハードウェアのシステム設計、組込みソフトウェア開発
アプリケーションソフトウェア開発事業
………パッケージソフトウェアの開発、アプリケーションソフトウェアの受託開発、CADシステム開発、Webシステム開発
ネットワークサポート事業
………通信・コンピュータ関連システムの構築・現地調整・運用・保守、CADシステムの運用管理、コールセンター業務
情報処理事業等………………データ入力業務、介護・福祉サービス等
3.営業費用のうち「消去又は全社」の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は、1,298,322千円であり、その内容は連結財務諸表提出会社の総務・経理部門等の管理部門に係る費用であります。
4.資産のうち「消去又は全社」の項目に含めた全社資産の金額は、4,780,606千円であり、その主なものは、連結財務諸表提出会社における余資運用資金(現金及び有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。
当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
 
システムコア開発事業
 
アプリケーションソフトウェア開発事業
 
ネットワークサポート事業
 
情報処理事業等
 
 
消去又は全社
 
連結
Ⅰ 売上高及び営業損益
千円
 
千円
 
千円
 
千円
 
千円
 
千円
 
千円
売上高
                         
(1)外部顧客に対する売上高
4,958,708
 
3,513,256
 
4,004,718
 
972,490
 
13,449,174
 
 
13,449,174
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
615
 
37,421
 
44,666
 
280
 
82,982
 
(82,982)
 
4,959,323
 
3,550,678
 
4,049,384
 
972,770
 
13,532,157
 
(82,982)
 
13,449,174
営業費用
3,504,194
 
3,057,424
 
3,346,117
 
921,243
 
10,828,980
 
1,319,064
 
12,148,045
営業利益
1,455,129
 
493,253
 
703,267
 
51,527
 
2,703,177
 
(1,402,047)
 
1,301,129
Ⅱ 資産、減価償却費及び資本的支出
                         
資産
1,493,427
 
1,228,993
 
1,310,973
 
346,490
 
4,379,884
 
5,071,679
 
9,451,564
減価償却費
12,623
 
24,832
 
1,378
 
7,373
 
46,208
 
63,174
 
109,383
資本的支出
19,530
 
11,133
 
1,414
 
280
 
32,358
 
39,823
 
72,181
 (注)1.事業の区分
事業はサービスの種類、性質、業務形態等の類似性により区分しております。
2.各区分に属する主要なサービス・製品等の名称
システムコア開発事業………LSI開発・設計、ハードウェアのシステム設計、組込みソフトウェア開発
アプリケーションソフトウェア開発事業
………パッケージソフトウェアの開発、アプリケーションソフトウェアの受託開発、CADシステム開発、Webシステム開発
ネットワークサポート事業
………通信・コンピュータ関連システムの構築・現地調整・運用・保守、CADシステムの運用管理、コールセンター業務
情報処理事業等………………データ入力業務、介護・福祉サービス等
3.営業費用のうち「消去又は全社」の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は、1,483,429千円であり、その内容は連結財務諸表提出会社の総務・経理部門等の管理部門に係る費用であります。
4.資産のうち「消去又は全社」の項目に含めた全社資産の金額は、5,079,331千円であり、その主なものは、連結財務諸表提出会社における余資運用資金(現金及び有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。
5.「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4 会計処理基準に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法 ①有形固定資産(会計方針の変更)」に記載のとおり、法人税法の改正((所得税法等の一部を改正する法律 平成19年3月30日 法律第6号)及び(法人税法施行令の一部を改正する政令 平成19年3月30日 政令第83号))に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得したものについては、改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。なお、この変更に伴う損益に与える影響は軽微であります。
6.「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4 会計処理基準に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法 ①有形固定資産(追加情報)」に記載のとおり、平成19年3月31日以前に取得したものについては、法人税法の改正に伴い、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5年間で均等償却する方法によっております。なお、この変更に伴う損益に与える影響は軽微であります。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
 本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため該当事項はありません。
当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
 本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため該当事項はありません。
【海外売上高】
前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
 海外売上高は、連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。
当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
 海外売上高は、連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
 該当事項はありません。
当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
 該当事項はありません。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
1株当たり純資産額
     853円83銭
1株当たり当期純利益
        86円65銭
1株当たり純資産額
        929円72銭
1株当たり当期純利益
         104円50銭
 (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当連結会計年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
当期純利益(千円)
608,624
730,203
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
608,624
730,203
期中平均株式数(株)
7,023,807
6,987,413
(重要な後発事象)
該当事項はありません。
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
 該当事項はありません。
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
80,000
80,000
1.875
1年以内に返済予定の長期借入金
1年以内に返済予定のリース債務
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
その他の有利子負債
80,000
80,000
 (注)平均利率は、期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
(2)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社KSK、2008-03-31 期 有価証券報告書