有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
2,502,758
   
2,920,507
 
2.受取手形
   
1,031
   
 
3.売掛金
   
2,096,134
   
2,017,970
 
4.商品
   
   
1,079
 
5.仕掛品
   
91,124
   
99,517
 
6.貯蔵品
   
643
   
 
7.前払費用
   
64,478
   
66,538
 
8.繰延税金資産
   
317,511
   
373,929
 
9.関係会社短期貸付金
   
29,936
   
9,936
 
10.未収入金
   
241,146
   
230,113
 
11.その他
   
7,258
   
5,268
 
貸倒引当金
   
△1,000
   
△1,000
 
流動資産合計
   
5,351,021
65.7
 
5,723,861
68.0
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物
 
1,045,822
   
1,048,228
   
減価償却累計額
 
526,809
519,012
 
559,491
488,736
 
(2)構築物
 
86,854
   
86,854
   
減価償却累計額
 
56,176
30,677
 
58,376
28,477
 
(3)車両運搬具
 
39,925
   
46,730
   
減価償却累計額
 
19,466
20,458
 
22,876
23,854
 
(4)工具器具備品
 
347,753
   
321,429
   
減価償却累計額
 
262,659
85,093
 
249,034
72,395
 
(5)土地
   
90,438
   
90,438
 
(6)建設仮勘定
   
   
3,340
 
有形固定資産合計
   
745,681
9.1
 
707,242
8.4
2.無形固定資産
             
(1)ソフトウェア
   
65,481
   
66,131
 
(2)電話加入権
   
8,479
   
8,479
 
(3)その他
   
60
   
29
 
無形固定資産合計
   
74,020
0.9
 
74,641
0.9

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
   
1,209,745
   
1,100,222
 
(2)関係会社株式
   
147,833
   
147,833
 
(3)出資金
   
10
   
10
 
(4)関係会社長期貸付金
   
33,098
   
23,162
 
(5)破産更生債権等
   
   
2,700
 
(6)長期前払費用
   
5,451
   
6,660
 
(7)繰延税金資産
   
159,438
   
207,347
 
(8)敷金及び保証金
   
195,597
   
211,226
 
(9)保険積立金
   
174,630
   
166,352
 
 (10)その他
   
53,530
   
49,146
 
貸倒引当金
   
△1,000
   
△3,700
 
投資その他の資産合計
   
1,978,336
24.3
 
1,910,961
22.7
固定資産合計
   
2,798,039
34.3
 
2,692,845
32.0
資産合計
   
8,149,060
100
 
8,416,707
100
               
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.買掛金
 
252,218
   
143,815
 
2.短期借入金
   
80,000
   
80,000
 
3.未払金
   
26,565
   
29,491
 
4.未払費用
   
313,854
   
309,136
 
5.未払法人税等
   
389,742
   
336,057
 
6.未払消費税等
   
88,286
   
84,003
 
7.前受金
   
41,342
   
60,846
 
8.預り金
   
100,825
   
74,596
 
9.賞与引当金
   
597,000
   
732,000
 
流動負債合計
   
1,889,835
23.2
 
1,849,947
22.0
Ⅱ 固定負債
             
1.退職給付引当金
   
348,692
   
375,619
 
2.役員退職慰労引当金
   
232,313
   
250,800
 
固定負債合計
   
581,005
7.1
 
626,420
7.4
負債合計
   
2,470,840
30.3
 
2,476,367
29.4

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
1,448,468
17.8
 
1,448,468
17.2
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
1,269,165
 
 
1,269,165
 
 
(2)その他資本剰余金
 
274,341
 
 
274,341
 
 
資本剰余金合計 
 
 
1,543,506
18.9
 
1,543,506
18.4
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
特別償却準備金
 
1,718
 
 
 
 
別途積立金
 
450,000
 
 
450,000
 
 
繰越利益剰余金
 
2,420,053
 
 
2,796,536
 
 
利益剰余金合計 
 
 
2,871,772
35.3
 
3,246,536
38.6
4.自己株式
 
 
△219,265
△2.7
 
△265,273
△3.2
  株主資本合計 
 
 
5,644,481
69.3
 
5,973,238
71.0
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
33,738
0.4
 
△32,898
△0.4
評価・換算差額等合計 
 
 
33,738
0.4
 
△32,898
△0.4
純資産合計 
 
 
5,678,219
69.7
 
5,940,339
70.6
負債及び純資産合計 
 
 
8,149,060
100
 
8,416,707
100
 
             
②【損益計算書】
   
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅰ 売上高
             
1.ソフトウェア開発売上高
 
9,666,458
   
10,044,954
   
2.情報処理売上高
 
392,342
   
135,202
   
3.商品売上高
 
149,660
10,208,461
100
56,171
10,236,328
100
Ⅱ 売上原価
             
1.当期ソフトウェア開発売上原価
 
7,495,225
   
7,506,844
   
2.当期情報処理売上原価
 
362,683
   
133,775
   
3.当期商品売上原価
 
97,348
7,955,257
77.9
52,014
7,692,634
75.2
売上総利益
   
2,253,203
22.1
 
2,543,693
24.8
Ⅲ 販売費及び一般管理費
             
1.貸倒引当金繰入額
 
   
2,700
   
2.役員報酬
 
149,102
   
165,691
   
3.給料及び手当
 
256,694
   
336,655
   
4.賞与引当金繰入額
 
31,318
   
44,933
   
5.退職給付費用
 
4,551
   
4,908
   
6.役員退職慰労引当金繰入額
 
24,738
   
21,777
   
7.福利厚生費
 
71,977
   
   
8.減価償却費
 
60,998
   
64,659
   
9.賃借料
 
121,797
   
140,930
   
10.研究開発費
※1
27,402
   
59,440
   
11.募集費
 
210,586
   
247,794
   
12.教育図書費
 
   
112,927
   
13.その他
 
408,603
1,367,772
13.4
459,707
1,662,124
16.2
営業利益
   
885,431
8.7
 
881,569
8.6
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
2,421
   
6,268
   
2.受取配当金
 
36,560
   
49,628
   
3.業務受託料収入
※2
63,424
   
63,313
   
4.経営指導料収入
※2
28,612
   
28,803
   
5.その他
 
8,252
139,270
1.4
9,923
157,938
1.5
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
1,549
   
2,208
   
2.業務受託料費用
 
36,315
   
34,253
   
3.その他
 
695
38,560
0.4
1,642
38,103
0.3
経常利益
   
986,141
9.7
 
1,001,404
9.8

 

   
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅵ 特別利益
             
1.固定資産売却益
※3
   
355
   
2.投資有価証券売却益
 
24,301
24,656
0.2
Ⅶ 特別損失
             
1.固定資産売却損
※4
   
270
   
2.固定資産除却損
※5
5,957
   
2,674
   
3.投資有価証券評価損
 
5,957
0.1
55,496
58,441
0.6
税引前当期純利益
   
980,183
9.6
 
967,619
9.4
法人税、住民税及び事業税
 
377,000
   
511,000
   
法人税等調整額
 
136,256
513,256
5.0
△58,610
452,390
4.4
当期純利益
   
466,927
4.6
 
515,229
5.0
 
             
製造原価明細書及び売上原価明細書
1)ソフトウェア開発製造原価(売上原価)明細書
   
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
1.材料費
             
期首材料たな卸高
 
203
   
   
当期材料仕入高
 
10,375
   
8,955
   
期末材料たな卸高
 
10,578
0.1
8,955
0.1
2.外注加工費
   
1,500,716
20.0
 
1,134,718
15.0
3.労務費
※1
 
5,464,295
72.8
 
5,962,135
78.7
4.経費
             
(1)旅費交通費
 
125,385
   
129,643
   
(2)減価償却費
 
47,298
   
26,922
   
(3)賃借料
 
161,146
   
149,515
   
(4)通信費及び水道光熱費
 
87,662
   
88,153
   
(5)その他
 
111,557
533,050
7.1
75,065
469,300
6.2
当期総製造費用
   
7,508,641
100
 
7,575,110
100
期首仕掛品たな卸高
   
120,713
   
91,124
 
   
7,629,354
   
7,666,234
 
期末仕掛品たな卸高
   
91,124
   
99,517
 
他勘定振替高
※2
 
43,004
   
59,872
 
当期ソフトウェア開発製造原価(売上原価)
   
7,495,225
   
7,506,844
 
 
             
(脚注)
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
○ 原価計算の方法
 実際個別(オーダー別)原価計算を採用しております。
○ 原価計算の方法
同左
※1 労務費には次の費目が含まれております。
※1 労務費には次の費目が含まれております。
賞与引当金繰入額
559,102
千円
退職給付費用
25,602
千円
賞与引当金繰入額
686,547
千円
退職給付費用
27,791
千円
※2 他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
※2 他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
研究開発費
27,402
千円
ソフトウェア
15,601
千円
研究開発費
59,440
千円
ソフトウェア
431
千円
2)情報処理製造原価(売上原価)明細書
   
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
1.外注加工費
   
118,950
32.8
 
6,049
4.5
2.労務費
 ※
 
205,500
56.7
 
125,467
93.8
3.経費
             
(1)旅費交通費
 
7,067
   
1,118
   
(2)減価償却費
 
1,922
   
123
   
(3)賃借料
 
14,314
   
397
   
(4)通信費及び水道光熱費
 
2,369
   
86
   
(5)営業支援料
 
6,696
   
   
(6) その他
 
5,862
38,232
10.5
532
2,259
1.7
当期総製造費用
   
362,683
100
 
133,775
100
期首仕掛品たな卸高
   
   
 
   
362,683
   
133,775
 
期末仕掛品たな卸高
   
   
 
当期情報処理
製造原価(売上原価)
   
362,683
   
133,775
 
 
             
(脚注)
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
○ 原価計算の方法
 実際個別(オーダー別)原価計算を採用しております。
○ 原価計算の方法
同左
※ 労務費には次の費目が含まれております。
※ 労務費には次の費目が含まれております。
賞与引当金繰入額
6,580
千円
退職給付費用
549
千円
賞与引当金繰入額
520
千円
退職給付費用
27
千円
3)商品売上原価明細書
   
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
1.期首商品たな卸高
 
2,823
2.9
2.当期商品仕入高
 
94,525
97.1
53,094
100.0
合計
 
97,348
100
53,094
100
3.期末商品たな卸高
 
 
1,079
 
当期商品売上原価
 
97,348
 
52,014
 
 
         
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
 利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本
準備金
その他
資本
剰余金
資本
剰余金
合計
その他利益剰余金
利益
剰余金
合計
特別償却準備金
別途
積立金
繰越利益剰余金
平成18年3月31日 残高
(千円)
1,448,468
1,269,165
273,937
1,543,103
9,797
450,000
2,036,366
2,496,163
△217,518
5,270,217
事業年度中の変動額
                   
特別償却準備金の取崩し
(注)
 
 
 
 
△4,039
 
4,039
 
特別償却準備金の取崩し
 
 
 
 
△4,039
 
4,039
 
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
 
 
△91,318
△91,318
 
△91,318
当期純利益
 
 
 
 
 
 
466,927
466,927
 
466,927
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
△2,069
△2,069
自己株式の処分
 
 
403
403
 
 
 
 
321
724
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額
(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
 (千円)
403
403
△8,078
383,687
375,608
△1,747
374,264
平成19年3月31日 残高
(千円)
1,448,468
1,269,165
274,341
1,543,506
1,718
450,000
2,420,053
2,871,772
△219,265
5,644,481
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算
差額等合計
平成18年3月31日 残高
(千円)
68,147
68,147
5,338,365
事業年度中の変動額
     
特別償却準備金の取崩し
(注)
 
 
特別償却準備金の取崩し
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
△91,318
当期純利益
 
 
466,927
自己株式の取得
 
 
△2,069
自己株式の処分
 
 
724
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額
(純額)
△34,409
△34,409
△34,409
事業年度中の変動額合計
 (千円)
△34,409
△34,409
339,854
平成19年3月31日 残高
(千円)
33,738
33,738
5,678,219
 (注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
 利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本
準備金
その他
資本
剰余金
資本
剰余金
合計
その他利益剰余金
利益
剰余金
合計
特別償却準備金
別途
積立金
繰越利益剰余金
平成19年3月31日 残高
(千円)
1,448,468
1,269,165
274,341
1,543,506
1,718
450,000
2,420,053
2,871,772
△219,265
5,644,481
事業年度中の変動額
                   
特別償却準備金の取崩し
 
 
 
 
△1,718
 
1,718
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△140,464
△140,464
 
△140,464
当期純利益
 
 
 
 
 
 
515,229
515,229
 
515,229
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
△46,007
△46,007
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額
(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
△1,718
376,483
374,764
△46,007
328,756
平成20年3月31日 残高
(千円)
1,448,468
1,269,165
274,341
1,543,506
450,000
2,796,536
3,246,536
△265,273
5,973,238
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算
差額等合計
平成19年3月31日 残高
(千円)
33,738
33,738
5,678,219
事業年度中の変動額
     
特別償却準備金の取崩し
 
 
剰余金の配当
 
 
△140,464
当期純利益
 
 
515,229
自己株式の取得
 
 
△46,007
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額
(純額)
△66,637
△66,637
△66,637
事業年度中の変動額合計
(千円)
△66,637
△66,637
262,119
平成20年3月31日 残高
(千円)
△32,898
△32,898
5,940,339
重要な会計方針
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)その他有価証券
時価のあるもの
 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定。)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)その他有価証券
時価のあるもの
同左
時価のないもの
 移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
(2)子会社株式
移動平均法による原価法を採用しております。
(2)子会社株式
同左
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
 商品は先入先出法に基づく低価法、材料は先入先出法に基づく原価法、仕掛品は個別法に基づく原価法、貯蔵品は最終仕入原価法に基づく原価法によっております。
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
同左
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 建物(その付属設備は除く。)は定額法、その他は定率法によっております。
 なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
  建物(その付属設備は除く。)は定額法、その他は定率法によっております。
  なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
 (会計方針の変更)
 法人税法の改正((所得税法等の一部を改正する法律 平成19年3月30日 法律第6号)及び(法人税法施行令の一部を改正する政令 平成19年3月30日 政令第83号))に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得したものについては、改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。
 この変更に伴う損益に与える影響は、軽微であります。
 (追加情報)
 当事業年度から、法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5年間で均等償却する方法によっております。
 この変更に伴う損益に与える影響は、軽微であります。
(2)無形固定資産
 定額法によっております。
 なお、耐用年数は法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
 ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法、市場販売目的のソフトウェアについては、見込販売期間(3年以内)における見込販売数量に基づく償却額と販売可能な残存販売期間に基づく均等配分額を比較し、いずれか大きい額を計上する方法を採用しております。
(2)無形固定資産
同左

 

前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
(3)長期前払費用
 均等償却によっております。
 なお、償却期間については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
(3)長期前払費用
同左
4.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
 債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
4.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
同左
(2)賞与引当金
 従業員の賞与の支給に備えるため、当期に負担すべき支給見込額を計上しております。
(2)賞与引当金
同左
(3)退職給付引当金
  従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
 数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれの発生の翌期から費用処理する方法によることとしております。
(3)退職給付引当金
同左
 
  (4)役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支出に備えるため、規程に基づく期末要支給額を計上しております。
  (4)役員退職慰労引当金
                    同左
5.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
5.リース取引の処理方法
同左
6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の会計処理
 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の会計処理
同左
会計処理方法の変更
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
 (貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
   当事業年度から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。
 これによる損益に与える影響はありません。
 なお、従来の「資本の部」の合計に相当する金額は5,678,219千円であります。
 財務諸表等規則の改正により、当事業年度における財務諸表は、改正後の財務諸表等規則により作成しております。 
──────
表示方法の変更
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
 (損益計算書)
  前事業年度まで販売費及び一般管理費の「その他」に含めて表示しておりました「福利厚生費」(前事業年度55,206千円)は、販売費及び一般管理費の100分の5を超えたため、区分掲記しております。
 (損益計算書)
1.前事業年度まで区分掲記しておりました販売費及び一般管理費の「福利厚生費」(当事業年度80,356千円)は、販売費及び一般管理費の100分の5以下であるため、当事業年度においては、販売費及び一般管理費の「その他」に含めて表示しております。
2.前事業年度まで販売費及び一般管理費の「その他」に含めて表示しておりました「教育図書費」(前事業年度61,782千円)は、販売費及び一般管理費の100分の5を超えたため、区分掲記しております。
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※  関係会社に対する資産及び負債
 関係会社に対する資産及び負債には区分掲記したもののほかに次のものがあります。
※  関係会社に対する資産及び負債
 関係会社に対する資産及び負債には区分掲記したもののほかに次のものがあります。
買掛金
118,631
千円
買掛金
101,211
千円
(損益計算書関係)
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
※1 研究開発費の総額
※1 研究開発費の総額
 一般管理費及び当期総製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりであります。
 一般管理費及び当期総製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりであります。
一般管理費
27,402
千円
一般管理費
59,440
千円
※2 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
※2 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
業務受託料収入
63,424
千円
経営指導料収入
28,612
千円
業務受託料収入
63,313
千円
経営指導料収入
28,803
千円
※3              ──────
※3 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。
 
車両運搬具
355
千円
※4              ──────
※4 固定資産売却損の内訳は次のとおりであります。
 
工具器具備品
270
千円
※5 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
※5 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
建物
78
千円
構築物
93
千円
工具器具備品
4,982
千円
ソフトウェア
802
千円
工具器具備品
2,674
千円
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数
   (株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数
   (株)
 普通株式 (注)
611,830
2,218
900
613,148
 (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加2,218株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
       2.普通株式の自己株式の株式数の減少900株は、単元未満株式の買増請求による減少であります。
当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数
   (株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数
   (株)
 普通株式 (注)
613,148
60,132
673,280
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加60,132株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加60,000株、
       単元未満株式の買取りによる増加132株であります。
(リース取引関係)
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
──────
1.支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
 
支払リース料
374
千円
減価償却費相当額
80
千円
支払利息相当額
3
千円
 
2.減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を10%と仮定し、定率法で計算した額に10/9を乗ずる方法によっております。
 
3.利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額を利息相当額とし、各期への配分方法については利息法によっております。
 
(有価証券関係)
 前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)
 子会社株式で時価のあるものはありません。
 当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)
 子会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
平成19年3月31日現在
投資有価証券評価損否認
29,771
千円
未払社会保険料否認
29,704
 
賞与引当金否認
242,919
 
退職給付引当金否認
141,883
 
役員退職慰労引当金否認
94,528
 
未払事業税
32,106
 
その他
45,495
 
小計
616,406
 
評価性引当額
△111,547
 
繰延税金資産合計
504,859
 
繰延税金負債
 
 
特別償却準備金
△1,179
 
その他有価証券評価差額金
△23,146
 
その他
△3,584
 
繰延税金負債合計
△27,909
 
繰延税金資産の純額
476,949
 
繰延税金資産
平成20年3月31日現在
投資有価証券評価損否認
52,351
千円
未払社会保険料否認
37,060
 
賞与引当金否認
297,851
 
退職給付引当金否認
152,840
 
役員退職慰労引当金否認
102,051
 
未払事業税
28,324
 
その他
73,903
 
小計
744,380
 
評価性引当額
△158,485
 
繰延税金資産合計
585,895
 
繰延税金負債
 
 
その他
△4,619
 
繰延税金負債合計
△4,619
 
繰延税金資産の純額
581,276
 
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の主な項目別内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の主な項目別内訳
法定実効税率
40.69
(調整)
   
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.12
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△0.17
住民税均等割
1.51
評価性引当額の増加
11.38
その他
△1.17
税効果会計適用後の法人税等の負担率
52.36
法定実効税率
40.69
(調整)
   
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.94
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△0.22
住民税均等割
1.58
評価性引当額の増加
4.85
その他
△1.09
税効果会計適用後の法人税等の負担率
46.75
(1株当たり情報)
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
1株当たり純資産額
   808円49銭
1株当たり当期純利益
        66円48銭
1株当たり純資産額
      853円12銭
1株当たり当期純利益
          73円74銭
 (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(平成18年4月1日から
平成19年3月31日まで)
当事業年度
(平成19年4月1日から
平成20年3月31日まで)
当期純利益(千円)
466,927
515,229
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
466,927
515,229
期中平均株式数(株)
7,023,807
6,987,413
(重要な後発事象)
 該当事項はありません。
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
㈱明光ネットワークジャパン
156,800
76,048
㈱ジャステック
100,000
73,900
AGS㈱
20,000
60,000
㈱アイエスビー
61,600
45,522
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
39,000
33,540
㈱インフォメーションクリエーティブ
50,000
28,500
住友信託銀行㈱
33,000
22,638
㈱ワイ・ディ・シー
50
17,500
㈱ピーエスシー
100
12,500
㈱ソルパック
500
6,174
小計
461,050
376,322
461,050
376,322
【債券】
銘柄
券面総額(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
三菱UFJ証券セキュリティーズインターナショナル
 
200,000
 
172,980
200,000
172,980
【その他】
種類及び銘柄
投資口数等(口)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
(投資信託受益証券)
  グローバル債券ファンド
 
458,883,994
 
448,100
グローバル・ボンド・オープン
100,000,000
102,820
小計
558,883,994
550,920
558,883,994
550,920
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高
(千円)
有形固定資産
             
建物
1,045,822
2,406
1,048,228
559,491
32,682
488,736
構築物
86,854
86,854
58,376
2,200
28,477
車両運搬具
39,925
14,588
7,783
46,730
22,876
10,295
23,854
工具器具備品
347,753
19,069
45,393
321,429
249,034
28,822
72,395
土地
90,438
90,438
90,438
建設仮勘定
3,340
3,340
3,340
有形固定資産計
1,610,793
39,404
53,176
1,597,021
889,779
74,001
707,242
無形固定資産
             
ソフトウェア
151,610
28,168
179,778
113,646
27,517
66,131
電話加入権
8,479
8,479
8,479
その他
612
612
582
30
29
無形固定資産計
160,701
28,168
 
188,869
114,228
27,547
74,641
長期前払費用
10,257
4,700
6,835
8,122
1,461
3,490
6,660
繰延資産
             
繰延資産計
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
2,000
3,700
1,000
4,700
賞与引当金
597,000
732,000
597,000
732,000
役員退職慰労引当金
232,313
21,777
3,290
250,800
 (注)貸倒引当金の当期減少額(その他)は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
 当事業年度末(平成20年3月31日現在)における主な資産及び負債の内容は次のとおりであります。
① 資産の部
1)現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
728
預金
 
当座預金
200
別段預金
1,080
普通預金
2,708,499
定期預金
210,000
小計
2,919,779
2,920,507
2)売掛金
イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
NECエレクトロニクス㈱
343,927
日本電気㈱
209,965
日本電気通信システム㈱
187,641
NECマイクロシステム㈱
103,502
アドバンテスト情報システム㈱
93,203
その他
1,079,729
2,017,970
ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
2,096,134
10,743,138
10,821,301
2,017,970
84.3
70.1
 (注)1.金額には消費税等を含めて表示しております。
2.当期発生高には、仮受消費税等 506,809千円を含んでおります。
3)商品
品目
金額(千円)
パーソナルコンピューター等
1,079
1,079
4)仕掛品
品目
金額(千円)
ソフトウェア開発
99,517
99,517
② 負債の部
1)買掛金
相手先
金額(千円)
㈱KSKテクノサポート
94,385
㈱ユニットシステムエンジニアリング
6,252
㈱KSKアルパ
5,251
㈱つばさ情報
4,480
ジーイージー㈱
3,675
その他
29,771
143,815
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社KSK、2008-03-31 期 有価証券報告書