有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1.現金及び預金
 
 
3,537,331
 
 
3,784,070
 
2.売掛金
※1
 
2,025,923
 
 
1,442,201
 
3.有価証券
 
 
70,093
 
 
56,817
 
4.商品
 
 
3,035
 
 
172
 
5.仕掛品
 
 
106,507
 
 
59,398
 
6.貯蔵品
 
 
6,064
 
 
6,724
 
7.前渡金
 
 
12,382
 
 
35,366
 
8.前払費用
 
 
4,395
 
 
6,746
 
9.立替金
 
 
13,685
 
 
 
10.関係会社短期貸付金
 
 
130,000
 
 
160,000
 
11.繰延税金資産
 
 
234,798
 
 
227,493
 
12.その他
 
 
60,178
 
 
84,007
 
流動資産合計
 
 
6,204,391
73.0
 
5,862,994
72.3
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)建物
 
130,545
 
 
165,516
 
 
減価償却累計額
 
70,408
60,137
 
76,683
88,833
 
(2)器具備品
 
162,600
 
 
166,697
 
 
減価償却累計額
 
131,621
30,979
 
132,467
34,230
 
 (3)土地
 
 
8,225
 
 
8,225
 
有形固定資産合計
 
 
99,341
1.2
 
131,288
1.6
2.無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)ソフトウェア
 
 
26,582
 
 
18,338
 
(2)その他
 
 
1,425
 
 
1,134
 
無形固定資産合計
 
 
28,007
0.3
 
19,472
0.2

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
3.投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)投資有価証券
 
 
446,059
 
 
298,829
 
(2)関係会社株式
 
 
773,150
 
 
802,410
 
(3)関係会社長期貸付金
 
 
80,000
 
 
80,000
 
(4)長期前払費用
 
 
 
 
1,060
 
(5)敷金・保証金
 
 
341,241
 
 
370,881
 
(6)施設利用会員権
 
 
82,483
 
 
 
(7)繰延税金資産
 
 
397,845
 
 
410,880
 
(8)その他
 
 
57,139
 
 
141,677
 
 貸倒引当金
 
 
△6,475
 
 
△5,050
 
投資その他の資産合計
 
 
2,171,442
25.5
 
2,100,688
25.9
固定資産合計
 
 
2,298,790
27.0
 
2,251,448
27.7
資産合計
 
 
8,503,180
100.0
 
8,114,442
100.0
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1.買掛金
※1
 
788,122
 
 
463,821
 
2.一年以内返済予定の長期借入金
 
 
4,000
 
 
4,000
 
3.未払金
 
 
175,257
 
 
101,886
 
4.未払費用
 
 
56,748
 
 
58,243
 
5.未払法人税等
 
 
390,405
 
 
97,864
 
6.未払消費税等
 
 
73,786
 
 
72,073
 
7.前受金
 
 
30,330
 
 
78,455
 
8.預り金
 
 
18,418
 
 
25,935
 
9.賞与引当金
 
 
431,013
 
 
449,376
 
10.役員賞与引当金 
 
 
40,000
 
 
30,000
 
11.株主優待引当金 
 
 
 
 
6,400
 
12.その他
 
 
3,726
 
 
 
流動負債合計
 
 
2,011,804
23.7
 
1,388,053
17.1

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1.長期借入金
 
 
8,000
 
 
4,000
 
2.退職給付引当金
 
 
644,358
 
 
704,601
 
3.役員退職慰労引当金
 
 
71,324
 
 
82,024
 
4.長期未払金
 
 
45,617
 
 
 
5.預り保証金
 
 
54,768
 
 
 
6.その他
 
 
 
 
98,491
 
固定負債合計
 
 
824,066
9.7
 
889,116
11.0
負債合計
 
 
2,835,870
33.4
 
2,277,169
28.1
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
2,205,750
25.9
 
2,217,340
27.3
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
1,005,971
 
 
1,017,561
 
 
(2)その他資本剰余金
 
1,636,076
 
 
1,635,727
 
 
資本剰余金合計
 
 
2,642,047
31.1
 
2,653,288
32.7
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
81,809
 
 
81,809
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
別途積立金
 
201,000
 
 
201,000
 
 
繰越利益剰余金
 
580,569
 
 
791,689
 
 
利益剰余金合計
 
 
863,377
10.2
 
1,074,497
13.2
4.自己株式
 
 
△93,766
△1.1
 
△92,268
△1.1
  株主資本合計
 
 
5,617,407
66.1
 
5,852,857
72.1
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
49,903
0.6
 
△15,585
△0.2
評価・換算差額等合計
 
 
49,903
0.6
 
△15,585
△0.2
純資産合計
 
 
5,667,310
66.6
 
5,837,272
71.9
負債純資産合計
 
 
8,503,180
100.0
 
8,114,442
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
8,100,731
100.0
 
9,539,948
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
 
 
 
 
 
1. 当期製品製造原価
 
6,285,793
6,285,793
77.6
7,165,708
7,165,708
75.1
  売上総利益
 
 
1,814,938
22.4
 
2,374,240
24.9
Ⅲ 販売費及び一般管理費
 
 
 
 
 
 
 
1. 役員報酬
 
137,649
 
 
160,183
 
 
2. 給与・手当・賞与
 
234,318
 
 
253,267
 
 
3. 賞与引当金繰入額
 
177,487
 
 
197,512
 
 
4. 役員賞与引当金繰入額
 
40,000
 
 
30,000
 
 
5. 役員退職慰労引当金繰入額
 
11,250
 
 
10,700
 
 
6. 退職給付費用
 
13,875
 
 
14,771
 
 
7. 法定福利費
 
115,925
 
 
119,701
 
 
8. 福利厚生費
 
16,884
 
 
25,053
 
 
9. 広告宣伝費
 
15,840
 
 
18,898
 
 
10. 募集費
 
42,351
 
 
63,080
 
 
11. 交際費
 
34,969
 
 
45,742
 
 
12. 旅費交通費
 
61,714
 
 
76,368
 
 
13. 通信費
 
13,461
 
 
17,278
 
 
14. 消耗品費
 
14,889
 
 
30,919
 
 
15. 減価償却費
 
9,486
 
 
21,639
 
 
16. 不動産賃借料
 
83,708
 
 
89,837
 
 
17. リース・レンタル料
 
5,680
 
 
9,063
 
 
18. 人員等委託費
 
122,538
 
 
141,755
 
 
19. 株主優待引当金繰入額
 
 
 
6,400
 
 
20. その他
 
160,777
1,312,800
16.2
281,821
1,613,987
16.9
  営業利益
 
 
502,138
6.2
 
760,253
8.0

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1. 受取利息
 
7,492
 
 
10,649
 
 
2. 受取配当金
※1
47,256
 
 
39,492
 
 
3. 有価証券売却益
 
2,521
 
 
 
 
4. その他
 
6,784
64,053
0.8
11,256
61,397
0.6
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1. 支払利息
 
2,272
 
 
701
 
 
2. 株式交付費
 
1,160
 
 
 
 
3. 投資事業組合費用
 
5,516
 
 
8,662
 
 
4. 支払手数料
 
2,214
 
 
 
 
5. 固定資産除却損
 
3,649
 
 
3,626
 
 
6. たな卸資産除却損
 
 
 
2,863
 
 
7. その他
 
428
15,240
0.2
2,177
18,029
0.2
  経常利益
 
 
550,951
6.8
 
803,621
8.4
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1. 貸倒引当金戻入
 
6,694
 
 
1,425
 
 
2. 投資有価証券売却益
 
223,589
 
 
 
 
3. 退職給付過去勤務債務戻入益
 
166,464
396,747
4.9
1,425
0.0
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1. ソフトウェア評価損
 
90,194
 
 
 
 
2. 投資有価証券評価損
 
 
 
44,213
 
 
3. 投資有価証券解散損
 
 
 
30,000
 
 
4. 投資事業組合損失
 
 
 
29,980
 
 
5. 減損損失
※2
18,903
 
 
 
 
6. その他
 
7,629
116,726
1.4
9,617
113,810
1.2
  税引前当期純利益
 
 
830,972
10.3
 
691,236
7.2
法人税、住民税及び事業税
 
391,275
 
 
283,346
 
 
過年度法人税、住民税及び事業税
 
3,587
 
 
 
 
法人税等調整額
 
△30,131
364,731
4.5
39,777
323,123
3.4
当期純利益
 
 
466,241
5.8
 
368,113
3.9
 
 
 
 
 
 
 
 
製造原価明細書
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 労務費
 
2,714,728
43.5
3,148,860
43.9
Ⅱ 外注費
※1
2,965,622
47.5
3,405,276
47.5
Ⅲ 経費
*1
559,351
9.0
619,807
8.6
  当期総製造費用
 
6,239,702
100.0
7,173,943
100.0
  期首仕掛品たな卸高
 
159,964
 
106,507
 
合計
 
6,399,666
 
7,280,450
 
  期末仕掛品たな卸高
 
106,507
 
59,398
 
  他勘定振替高
*2
7,366
 
55,344
 
当期製品製造原価
 
6,285,793
 
7,165,708
 
 
 
 
 
 
 
 (注)*1.主な内訳は次のとおりであります。
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
リース・レンタル料(千円)
136,475
137,137
減価償却費(千円)
19,774
12,840
旅費交通費(千円)
60,371
59,367
不動産賃借料(千円)
152,776
192,994
    *2.他勘定振替の内訳は次のとおりであります。
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
ソフトウェア(千円)
7,366
1,265
研究開発費  (千円)
54,079
(原価計算の方法)
 当社の原価計算は、プロジェクト別の個別原価計算であります。
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本
準備金
その他資
本剰余金
資本剰余
金合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
別途
積立金
繰越利益
剰余金
平成18年3月31日 残高
(千円)
2,205,750
2,205,970
450,000
2,655,970
81,809
201,000
194,218
477,026
△104,574
5,234,172
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当 (注)
△64,890
△64,890
△64,890
役員賞与 (注)
△15,000
△15,000
△15,000
資本準備金取崩 
△1,200,000
1,200,000
当期純利益
466,241
466,241
466,241
自己株式の取得
△67,816
△67,816
自己株式の処分
△13,924
△13,924
78,624
64,700
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額
(純額)
事業年度中の変動額合計
(千円)
△1,200,000
1,186,076
△13,924
386,351
386,351
10,808
383,235
平成19年3月31日 残高
(千円)
2,205,750
1,005,971
1,636,076
2,642,047
81,809
201,000
580,569
863,377
△93,766
5,617,407
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
 評価・
換算差額等合計
平成18年3月31日 残高
(千円)
116,253
116,253
5,350,425
事業年度中の変動額
 
 
 
剰余金の配当 (注)
△64,890
役員賞与 (注)
△15,000
資本準備金取崩 
当期純利益
466,241
自己株式の取得
△67,816
自己株式の処分
64,700
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額
(純額)
△66,350
△66,350
△66,350
事業年度中の変動額合計
(千円)
△66,350
△66,350
316,885
平成19年3月31日 残高
(千円)
49,903
49,903
5,667,310
 (注) 平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本
準備金
その他資
本剰余金
資本剰余
金合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
別途
積立金
繰越利益
剰余金
平成19年3月31日 残高
(千円)
2,205,750
1,005,971
1,636,076
2,642,047
81,809
201,000
580,569
863,377
△93,766
5,617,407
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  新株の発行
11,590
11,590
11,590
23,180
剰余金の配当
△156,993
△156,993
△156,993
当期純利益
368,113
368,113
368,113
自己株式の取得
△42
△42
自己株式の処分
△349
△349
1,540
1,191
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額
(純額)
事業年度中の変動額合計
(千円)
11,590
11,590
△349
11,241
211,120
211,120
1,498
235,450
平成20年3月31日 残高
(千円)
2,217,340
1,017,561
1,635,727
2,653,288
81,809
201,000
791,689
1,074,497
△92,268
5,852,857
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
 評価・
換算差額等合計
平成19年3月31日 残高
(千円)
49,903
49,903
5,667,310
事業年度中の変動額
 
 
 
  新株の発行
23,180
剰余金の配当
△156,993
当期純利益
368,113
自己株式の取得
△42
自己株式の処分
1,191
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額
(純額)
△65,488
△65,488
△65,488
事業年度中の変動額合計
(千円)
△65,488
△65,488
169,962
平成20年3月31日 残高
(千円)
△15,585
△15,585
5,837,272
重要な会計方針
 項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)売買目的有価証券
時価法(売却原価は移動平均法により算定)
(1)売買目的有価証券
────── 
 
(2)子会社株式及び関連会社株式
移動平均法による原価法
(2)子会社株式及び関連会社株式
同左
 
(3)その他有価証券
時価のあるもの
期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
(3)その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
時価のないもの
移動平均法による原価法
 
 
なお、投資事業有限責任組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書に基づき、その組合財産の当社持分割合で評価し、また、組合の営業により獲得した損益については、当社持分相当額を収益及び費用にそれぞれ計上する方法によっております。
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
(1)商品
移動平均法による原価法
(1)商品
同左
 
(2)仕掛品
個別法による原価法
(2)仕掛品
同左
 
(3)貯蔵品
最終仕入原価法
(3)貯蔵品
同左
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
定率法
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については、定額法を採用しております。
 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
建物     3〜22年
器具備品   3〜15年
(1)有形固定資産
定率法
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については、定額法を採用しております。
 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
建物     3〜22年
器具備品   3〜15年

 

 項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
 
(会計方針の変更)
  法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 なお、これによる当事業年度における損益に与える影響は軽微であります。
(追加情報)
  法人税法改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 なお、これによる当事業年度における損益に与える影響は軽微であります。
 
(2)無形固定資産
①ソフトウェア(販売目的)
 見込有効期間(3年以内)における見込販売数量に基づく償却額と販売可能な残存有効期間に基づく均等配分額を比較し、いずれか大きい金額を計上しております。
(2)無形固定資産
①ソフトウェア(販売目的)
同左
 
②ソフトウェア(自社利用目的)
 社内における利用可能期間(5年以内)に基づく定額法によって償却しております。
②ソフトウェア(自社利用目的)
同左
 
③その他
 定額法を採用しております。
③その他
同左
4.繰延資産の処理方法
  株式交付費は、支出時に全額費用として処理しております。 
──────
5.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
 売掛金等の債権の貸倒れに備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
(1)貸倒引当金
同左
 
(2)賞与引当金
 従業員に支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
(2)賞与引当金
同左

 

 項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
 
(3)役員賞与引当金
   役員賞与の支出に備えて、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
 (会計方針の変更)
 当事業年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用しております。
   これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は、それぞれ40,000千円減少しております。
(3)役員賞与引当金
   役員賞与の支出に備えて、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
 
 
(4)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
 数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
 過去勤務債務は、発生時に一括処理しております。
(4)退職給付引当金
同左
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(5)役員退職慰労引当金
 役員に対する退職慰労金の支給に備えて、当社は役員退職慰労金規程に基づく、期末要支給額を計上しております。
(追加情報)
  当社が加入しておりました厚生年金基金は、代行返上を行い、加算部分を企業年金基金に移行することについて、平成19年5月1日に厚生労働大臣から認可を受けました。
 なお、これによる当事業年度における損益に与える影響はありません。 
(5)役員退職慰労引当金
同左
 
 
(6)     ──────
 
(6)株主優待引当金
 将来の株主優待券の利用による費用の発生に備えるため、株主優待対象株主数に基づいて、翌期以降に発生すると見込まれる額を計上しております。
6.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左

 

 項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
7.ヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
──────
 
 金利スワップにおいて、要件を充足しておりますので、特例処理を適用しております。
 
 
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
 
 
ヘッジ手段・・・金利スワップ
ヘッジ対象・・・借入金利息
 
 
(3)ヘッジ方針
 
 
 借入金利息の変動リスクを軽減するため、金利スワップを行っております。
 
 
(4)ヘッジ有効性評価の方法
 
 
 当金利スワップは特例処理を適用しているため、有効性の評価を省略しております。
 
8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
(1)消費税等の会計処理
(1)消費税等の会計処理
 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
同左
会計方針の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は5,667,310千円であります。
 なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
           ──────
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
──────
(貸借対照表)
1.前事業年度まで区分掲記しておりました「立替金」(当期末残高8,485千円)は、当事業年度において重要性が乏しくなったため、流動資産の「その他」に含めて表示しております。 
2.前事業年度まで区分掲記しておりました「施設利用会員権」(当期末残高78,683千円)は、当事業年度において重要性が乏しくなったため、投資その他の資産の「その他」に含めて表示しております。
3.前事業年度まで区分掲記しておりました「長期未払金」(当期末残高30,411千円)及び「預り保証金」(当期末残高68,080千円)は、当事業年度において重要性が乏しくなったため、固定負債の「その他」に含めて表示しております。   
4.前事業年度まで流動負債の「その他」に含めて表示しておりました「株主優待引当金」は、当事業年度において重要性が増したため、区分掲記しております。
  なお、前事業年度における「株主優待引当金」の金額は3,726千円であります。     
(損益計算書)
 前事業年度まで営業外費用の「その他」に含めて表示しておりました「固定資産除却損」は、営業外費用の総額の100分の10を超えたため区分掲記しております。
 なお、前事業年度における「固定資産除却損」の金額は2,145千円であります。
(損益計算書)
 1.前事業年度まで区分掲記しておりました「支払手     数料」(当事業年度1,739千円)は、当事業年度に      おいて営業外費用の総額の100分の10以下となった     ため、営業外費用の「その他」に含めて表示してお
    ります。
 
 2.前事業年度まで販売費及び一般管理費の「その
   他」に含めて表示しておりました「株主優待引当金
   繰入額」は、当事業年度において重要性が増したた
   め区分掲記しております。
     なお、前事業年度における「株主優待引当金繰入
   額」の金額は3,726千円であります。
追加情報
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(退職金規定及び退職年金規程の改定)
 当社は、退職金規程及び退職年金規程につき、退職金等の算定基礎額を勤続20年時点の基本給とする改定を行いました。これに伴い発生した過去勤務債務戻入益166,464千円を特別利益に計上しております。
           ──────
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1 関係会社に対する主な債権債務のうち区分掲記さ
  れたもの以外のものは、以下のとおりであります。
※1 関係会社に対する主な債権債務のうち区分掲記さ
  れたもの以外のものは、以下のとおりであります。
売掛金
228,535千円
買掛金
192,240千円
売掛金
買掛金
104,611千円
       124,639千円
 2 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引
  銀行3行と当座貸越限度額契約及び貸出コミットメ
  ント契約を締結しております。これら契約に基づく
  当事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであり
  ます。
 2                   同左
当座貸越極度額及び貸出
コミットメントの総額
800,000千円
借入実行残高
−千円
差引額
800,000千円
 
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 関係会社に係る注記
※1 関係会社に係る注記
受取配当金
36,765千円
受取配当金
33,840千円
※2 減損損失
 当事業年度において、当社は以下の資産について、減損損失を計上しております。
※2        ──────
  
場所
用途
種類
金額
 長野県上水内郡
信濃町
遊休資産
土地
18,903千円
  当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、事業区分及び遊休資産にグルーピングしております。
 当事業年度において、事業の用に供していない遊休資産のうち、時価が著しく下落した資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(18,903千円)として特別損失に計上しております。
 なお、当該資産の回収可能価額は正味売却価額(固定資産税評価額)により測定しております。
 
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加
株式数(千株)
当事業年度減少
株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
 普通株式(注)1,2
248
109
170
188
合計
248
109
170
188
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加109千株は、会社法第165条第2項の規定に基づく市場買付による増加105千株、単元未満株式の買取りによる増加4千株によるものであります。
 2.普通株式の自己株式の株式数の減少170千株は、ストックオプションの権利行使による減少169千株、単元未満株式の売渡しによる減少1千株によるものであります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加
株式数(千株)
当事業年度減少
株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
 普通株式(注)1,2
188
0
3
185
合計
188
0
3
185
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
 2.普通株式の自己株式の株式数の減少3千株は、ストックオプションの権利行使による減少3千株、単元未満株式の売渡しによる減少0千株によるものであります。
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
器具備品
取得価額相当額
138,833千円
減価償却累計額相当額
71,057千円
期末残高相当額
67,746千円
 
器具備品
取得価額相当額
128,680千円
減価償却累計額相当額
81,423千円
期末残高相当額
 47,258千円
(2)未経過リース料期末残高相当額
(2)未経過リース料期末残高相当額
1年内
30,209千円
1年超
38,731千円
合計
68,940千円
1年内
25,954千円
1年超
22,332千円
合計
48,286千円
(3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
(3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
支払リース料
36,990千円
減価償却費相当額
35,759千円
支払利息相当額
1,185千円
支払リース料
 32,989千円
減価償却費相当額
31,813千円
支払利息相当額
995千円
(4)減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4)減価償却費相当額の算定方法
同左
(5)利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
(5)利息相当額の算定方法
同左
2.転貸リース取引
上記のほか、次のとおり転貸リース取引に係る借主側の未経過リース料期末残高相当額があります。
なお、当該転貸リース取引はおおむね同一の条件で第三者にリースしておりますので、ほぼ同額の貸主側の未経過リース料期末残高相当額があります。
2.転貸リース取引
同左
未経過リース料期末残高相当額 
借主側
未経過リース料期末残高相当額 
借主側
1年内
3,522千円
1年超
14,564千円
合計
18,086千円
1年内
8,139千円
1年超
28,028千円
合計
36,167千円
(減損損失について)
 リース資産に配分された減損損失はありませんので、項目等の記載は省略しております。
(減損損失について)
同左
(有価証券関係)
  前事業年度(平成19年3月31日)及び当事業年度(平成20年3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
 
(千円)
繰延税金資産
 
賞与引当金損金不算入額
176,715
未払費用否認額
23,266
退職給付引当金損金不算入額
264,186
役員退職慰労引当金損金不算入額
29,242
ソフトウェア評価損否認額
55,112
減価償却資産償却超過額
37,742
施設利用会員権評価損否認額
18,987
その他
62,193
繰延税金資産合計
667,443
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
△34,800
繰延税金負債合計
△34,800
繰延税金資産の純額
632,643
 
(千円)
繰延税金資産
 
賞与引当金損金不算入額
184,244
未払費用否認額
23,879
退職給付引当金損金不算入額
288,886
役員退職慰労引当金損金不算入額
33,629
ソフトウェア評価損否認額
18,493
減価償却資産償却超過額
24,665
施設利用会員権評価損否認額
10,379
その他有価証券評価差額金
12,490
その他
55,818
繰延税金資産小計
652,483
評価性引当額
△12,449
繰延税金資産合計
640,034
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
△1,661
繰延税金負債合計
△1,661
繰延税金資産の純額
638,373
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
 
(%)
法定実効税率
41.0
(調整)
 
交際費の損金不算入額
1.7
役員賞与引当金損金不算入額
2.0
住民税均等割
1.4
過年度法人税等
0.4
受取配当金の益金不算入額
△2.1
税効果未認識の一時差異
△0.5
その他
△0.0
税効果会計適用後の法人税等の負担率
43.9
 
(%)
法定実効税率
41.0
(調整)
 
交際費の損金不算入額
2.9
役員賞与否認
2.4
住民税均等割
1.7
受取配当金の益金不算入額
△2.2
税効果未認識の一時差異
△0.4
評価性引当額の増減額
1.8
その他
△0.4
税効果会計適用後の法人税等の負担率
46.8
(企業結合等関係)
前事業年度及び当事業年度のいずれにおいても該当事項はありません。
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
650.48円
1株当たり当期純利益金額
53.76円
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
52.56円
1株当たり純資産額
        665.10円
1株当たり当期純利益金額
42.11円
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
41.53円
 (注) 1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益(千円)
466,241
368,113
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
466,241
368,113
期中平均株式数(株)
8,673,098
8,742,531
 
 
 
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益調整額(千円)
普通株式増加数(株)
197,529
120,659
(うち新株予約権)
(197,529)
(120,659)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
(重要な後発事象)
該当事項はありません。 
④【附属明細表】
  【有価証券明細表】
【株式】
投資有価証券
その他有価証券
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額(千円)
JBCCホールディングス㈱
155,700
121,602
クリヤマ㈱
150,000
51,000
ニューコン㈱
5,000
25,000
㈱浜名湖国際頭脳センター
200
10,000
大河原運送㈱
20,000
6,000
㈱みずほフィナンシャルグループ
10
3,650
㈱ユニテック
4,000
2,000
㈱りそなホールディングス
12
1,917
㈱トリプルエス
100
1,650
サイバートラスト㈱
25
921
その他(3銘柄)
508,280
1,314
843,327
225,054
【その他】
有価証券
その他有価証券
種類及び銘柄
投資口数等
貸借対照表計上額(千円)
野村アセットマネジメント㈱
フリーファイナンシャルファンド
  20,486(千口)
20,486
㈱三井住友銀行 225オープン
38,782(千口)
36,331
小計
59,268(千口)
56,817
投資有価証券
その他有価証券
プロフェッショナルプラットフォーム一号投資事業有限責任組合
40(口)
73,775
130,592
  【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
130,545
46,721
11,750
165,516
76,683
14,784
88,833
器具備品
162,600
12,616
8,518
166,697
132,467
8,981
34,230
土地
8,225
8,225
8,225
有形固定資産計
301,370
59,337
20,268
340,438
209,150
23,765
131,288
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
ソフトウェア
57,415
39,077
10,423
18,338
その他
6,325
5,191
291
1,134
無形固定資産計
63,740
44,268
10,714
19,472
長期前払費用
2,005
2,005
945
945
1,060
 (注)1.当期増減額のうち主なものは、次のとおりであります。
建物
増加額(千円)
大阪営業所
35,067
名古屋営業所
8,913
減少額(千円)
大阪営業所
9,211
器具備品
増加額(千円)
大阪営業所
8,602
減少額(千円)
東京営業所
5,013
2.無形固定資産の金額が資産の総額の1%以下であるため「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。
  【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
6,475
1,425
5,050
賞与引当金
431,013
449,376
431,013
449,376
役員賞与引当金
40,000
30,000
40,000
30,000
株主優待引当金
3,726
6,400
3,726
6,400
役員退職慰労引当金
71,324
10,700
82,024
 (注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 流動資産
イ.現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
2,532
預金
 
普通預金
2,996,538
通知預金
35,000
定期預金
750,000
小計
3,781,538
合計
3,784,070
ロ.売掛金
  相手先別内訳
相手先
金額(千円)
㈱NTTデータ
85,083
日立ソフトウェアエンジニアリング㈱ 
60,207
シャープ㈱
54,225
㈱野村総合研究所
52,243
矢崎総業㈱
42,058
その他
1,148,385
合計
1,442,201
売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
 
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
────── 
(A) + (B)
 
× 100 
 
(A) + (D)
──────
÷
(B)
───
366
2,025,923
11,000,560
11,584,282
1,442,201
88.9
57.7
 (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
ハ.商品
区分
金額(千円)
販売用ソフトウェアパッケージ
172
合計
172
ニ.仕掛品
区分
金額(千円)
システム開発原価
59,398
合計
59,398
ホ.貯蔵品
区分
金額(千円)
会社案内パンフレット
4,414
コンピュータ出力用紙
1,435
パッケージマニュアル
874
合計
6,724
② 固定資産
 イ.関係会社株式
区分
金額(千円)
㈱ファイナンシャルブレインシステムズ
267,820
グローバルセキュリティエキスパート㈱
245,100
㈱ギャブコンサルティング
130,000
㈱PLMジャパン
50,490
㈱ミックス
40,000
その他
69,000
合計
802,410
  ロ.繰延税金資産(固定)
内訳
金額(千円)
繰延税金資産(固定)
 
 退職給付引当金損金不算入額
288,886
 役員退職慰労引当金損金不算入額
33,629
 ソフトウェア評価損否認額
18,493
 減価償却資産償却超過額
24,665
 施設利用会員権評価損否認額
10,379
 その他有価証券評価差額金
6,894
 その他
42,044
 繰延税金資産(固定)小計
424,990
 評価性引当額
△12,449
 繰延税金資産(固定)合計
412,541
繰延税金負債(固定)
 
 その他有価証券評価差額金
△1,661
繰延税金負債(固定)合計
△1,661
繰延税金資産(固定)の純額
410,880
③ 流動負債
 買掛金
相手先別内訳
相手先
金額(千円)
 ㈱アドファイン
57,415
㈲エムエスエー
37,569
シー・エス技研㈱
32,705
グローバルセキュリティエキスパート㈱
30,608
㈱日本構研システムズ
20,418
その他
285,106
合計
463,821
④ 固定負債
退職給付引当金
区分
金額(千円)
未積立退職給付債務
798,662
未認識数理計算上の差異
△94,061
合計
704,601
(3)【その他】
該当事項はありません。




出典: 株式会社ビジネスブレイン太田昭和、2008-03-31 期 有価証券報告書