有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
 前連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)
 
システム構築
・運用事業
(千円)
パッケージ事業
(千円)
計(千円)
消去又は全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
   売上高
 
 
 
 
 
(1) 外部顧客に対する売上高
22,439,130
3,912,042
26,351,172
26,351,172
(2) セグメント間の内部売上高又は振替高
437,990
215,548
653,538
(653,538)
22,877,120
4,127,590
27,004,711
(653,538)
26,351,172
営業費用
19,991,999
2,568,278
22,560,278
1,038,802
23,599,080
営業利益
2,885,121
1,559,312
4,444,433
(1,692,340)
2,752,092
Ⅱ 資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
 
 
 
 
 
資産
8,247,173
1,276,693
9,523,867
7,735,594
17,259,461
減価償却費
236,659
234,111
470,770
86,003
556,773
減損損失
44,406
44,406
44,406
資本的支出
150,187
172,424
322,611
167,272
489,883
 (注)1 事業の区分は、サービスおよび市場の類似性を考慮して区分しております。
2 各事業の主な内容
(1) システム構築・運用事業
①情報処理サービス………………コンピュータによる受託計算サービス、コンピュータ・システムの運営受託サービス、データ入出力サービス、データ通信サービス、給与業務代行サービス
②ソフトウェア開発………………受託ソフトウェア開発、LAN構築、通信システム工事、システム維持管理サービス
③システム・機器販売等…………パソコン、ワークステーション、周辺機器等の販売および保守、ソフトウェア製品等の販売および保守
(2) パッケージ事業
①パッケージ販売…………………ソフトウェアパッケージ「HULFT」等の開発、販売および保守
②パッケージ付帯サービス………「HULFT」等に関するミドルウェアソリューションサービス
3 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用1,801,195千円の主なものは、親会社本社の管理部門に係る費用であります。
4 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産8,955,462千円の主なものは、親会社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)および親会社の管理部門に係る資産等であります。
5 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」4 会計処理基準に関する事項 (3) 重要な引当金の計上基準 ③ 退職給付引当金に記載のとおり、当連結会計年度から、退職給付引当金は退職給付債務の算定に当たり、子会社のうち株式会社流通情報ソリューションズについては原則法で算定する方法に変更しております。この変更に伴い、従来の方法によった場合に比べ、システム構築・運用事業について営業費用は23,893千円多く、営業利益は23,893千円少なく計上されております。なお、パッケージ事業についてはセグメント情報に与える影響はありません。
6 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載のとおり、当連結会計年度から、減損会計を適用しております。この変更に伴い、システム構築・運用事業について44,406千円の減損損失が計上されております。なお、パッケージ事業についてはセグメント情報に与える影響はありません。
 
 当連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)
 
システム構築
・運用事業
(千円)
パッケージ事業
(千円)
計(千円)
消去又は全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
   売上高
 
 
 
 
 
(1) 外部顧客に対する売上高
18,412,450
4,790,159
23,202,610
23,202,610
(2) セグメント間の内部売上高又は振替高
291,143
18,031
309,174
(309,174) 
18,703,593
4,808,191
23,511,784
(309,174) 
23,202,610
営業費用
16,466,339
2,249,563
18,715,902
2,067,572
20,783,475
営業利益
2,237,254
2,558,627
4,795,882
(2,376,747)
2,419,134
Ⅱ 資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
 
 
 
 
 
資産
6,368,711
1,382,813
7,751,524
9,463,876
17,215,401
減価償却費
331,879
238,728
570,608
125,789
696,397
資本的支出
695,780
181,113
876,893
282,631
1,159,525
 (注)1 事業の区分は、サービスおよび市場の類似性を考慮して区分しております。
2 各事業の主な内容
(1) システム構築・運用事業
①情報処理サービス………………コンピュータによる受託計算サービス、コンピュータ・システムの運営受託サービス、データ入出力サービス、データ通信サービス、給与業務代行サービス
②ソフトウェア開発………………受託ソフトウェア開発、LAN構築、通信システム工事、システム維持管理サービス
③システム・機器販売等…………パソコン、サーバー、周辺機器等の販売および保守、ソフトウェア製品等の販売および保守、人材派遣、サプライ用品の販売
(2) パッケージ事業
①パッケージ販売…………………ソフトウェアパッケージ「HULFT」等の開発、販売および保守
②パッケージ付帯サービス………「HULFT」等に関するミドルウェアソリューションサービス
3 営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用2,418,935千円の主なものは、親会社本社の管理部門に係る費用であります。
4 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産10,734,950千円の主なものは、親会社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)および親会社の管理部門に係る資産等であります。
 
【所在地別セグメント情報】
 前連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)
 本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社および重要な在外支店がないため、該当事項はありません。
 当連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)
 本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計および全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
【海外売上高】
 前連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)および当連結会計年度(自平成17年4月1日至平成18年3月31日)
 海外売上高は、いずれも連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。




出典: 株式会社セゾン情報システムズ、2006-03-31 期 有価証券報告書