有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
第38期
(平成19年3月31日)
第39期
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1 現金及び預金
 
 
5,504,799
 
 
7,070,798
 
2 売掛金
※1 
 
5,660,235
 
 
3,284,106
 
3 有価証券
 
 
400,005
 
 
400,049
 
4 商品
 
 
2,548
 
 
26,838
 
5 仕掛品
 
 
450,627
 
 
482,306
 
6 貯蔵品
 
 
16,197
 
 
14,561
 
7 前払費用
 
 
216,637
 
 
239,682
 
8 繰延税金資産
 
 
372,157
 
 
317,332
 
9 未収入金
 
 
40,864
 
 
38,783
 
10 その他
 
 
962
 
 
436
 
11 貸倒引当金
 
 
△521
 
 
△121
 
流動資産合計
 
 
12,664,514
67.7
 
11,874,774
67.5
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) 有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 建物
 
2,237,607
 
 
2,157,485
 
 
減価償却累計額
 
1,528,879
708,727
 
1,401,944
755,540
 
2 工具器具備品
 
2,270,248
 
 
2,369,761
 
 
減価償却累計額
 
1,362,112
908,135
 
1,601,709
768,052
 
有形固定資産合計
 
 
1,616,863
8.6
 
1,523,593
8.7
(2) 無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 ソフトウェア
 
 
706,335
 
 
668,909
 
2 電話加入権
 
 
0
 
 
0
 
無形固定資産合計
 
 
706,336
3.8
 
668,910
3.8

 

 
 
第38期
(平成19年3月31日)
第39期
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(3) 投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
1 投資有価証券
 
 
929,377
 
 
819,181
 
2 関係会社株式
 
 
96,182
 
 
98,270
 
3 長期前払費用
 
 
2,222
 
 
451
 
4 繰延税金資産
 
 
1,401,167
 
 
1,348,569
 
5 敷金
 
 
1,045,805
 
 
1,033,885
 
6 保証金
 
 
31,370
 
 
2,500
 
7 その他
 
 
216,649
 
 
215,224
 
投資その他の資産合計
 
 
3,722,775
19.9
 
3,518,081
20.0
固定資産合計
 
 
6,045,974
32.3
 
5,710,585
32.5
資産合計
 
 
18,710,488
100.0
 
17,585,359
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
第38期
(平成19年3月31日)
第39期
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1 買掛金
※1 
 
2,922,902
 
 
2,177,772
 
2 未払金
 
 
215,417
 
 
154,651
 
3 設備未払金
 
 
441,327
 
 
153,764
 
4 未払法人税等
 
 
848,400
 
 
229,900
 
5 未払消費税等
 
 
78,535
 
 
80,187
 
6 未払費用
 
 
474,617
 
 
443,130
 
7 前受金
 
 
319,357
 
 
519,322
 
8 預り金
 
 
101,737
 
 
68,432
 
9 賞与引当金
 
 
596,107
 
 
501,463
 
10 その他
 
 
2,520
 
 
3,652
 
流動負債合計
 
 
6,000,923
32.1
 
4,332,278
24.6
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1 退職給付引当金
 
 
2,041,256
 
 
1,719,948
 
2 役員退職慰労引当金
 
 
133,120
 
 
153,590
 
3 その他
 
 
297
 
 
 
固定負債合計
 
 
2,174,674
11.6
 
1,873,538
10.7
負債合計
 
 
8,175,597
43.7
 
6,205,817
35.3

 

 
 
第38期
(平成19年3月31日)
第39期
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1 資本金
 
 
1,367,687
7.3
 
1,367,687
7.8
2 資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
1,461,277
 
 
1,461,277
 
 
(2)その他資本剰余金
 
 
 
1,082
 
 
資本剰余金合計 
 
 
1,461,277
7.8
 
1,462,360
8.3
3 利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
157,500
 
 
157,500
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
別途積立金
 
4,820,000
 
 
5,820,000
 
 
繰越利益剰余金
 
2,607,034
 
 
2,504,492
 
 
利益剰余金合計 
 
 
7,584,534
40.5
 
8,481,992
48.2
4 自己株式
 
 
△947
△0.0
 
株主資本合計 
 
 
10,412,551
55.6
 
11,312,039
64.3
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
その他有価証券
評価差額金
 
 
122,339
0.7
 
67,502
0.4
評価・換算差額等合計 
 
 
122,339
0.7
 
67,502
0.4
純資産合計 
 
 
10,534,891
56.3
 
11,379,542
64.7
負債純資産合計 
 
 
18,710,488
100.0
 
17,585,359
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【損益計算書】
 
 
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
※3
 
 
 
 
 
 
1 情報サービス
 
20,767,892
 
 
20,926,177
 
 
2 システム・機器販売
 
1,632,283
22,400,176
100.0
1,900,682
22,826,859
100.0
Ⅱ 売上原価
※4 
 
 
 
 
 
 
1 情報サービス売上原価
 
15,163,768
 
 
15,516,677
 
 
2 システム・機器販売 売上原価
 
1,366,968
16,530,737
73.8
1,634,357
17,151,034
75.1
売上総利益
 
 
5,869,439
26.2
 
5,675,825
24.9
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※4※6 
 
 
 
 
 
 
1 広告宣伝費
 
29,160
 
 
27,733
 
 
2 役員報酬
 
143,654
 
 
127,951
 
 
3 従業員給与・賞与
 
1,284,593
 
 
1,148,644
 
 
4 賞与引当金繰入額
 
178,600
 
 
135,665
 
 
5 退職給付費用
 
8,546
 
 
41,250
 
 
6 役員退職慰労引当金 繰入額
 
35,550
 
 
32,850
 
 
7 福利厚生費
 
225,464
 
 
220,204
 
 
8 減価償却費
 
132,249
 
 
151,017
 
 
9 借家料
 
150,257
 
 
123,256
 
 
10 施設管理費
 
39,823
 
 
50,816
 
 
11 旅費交通費
 
70,821
 
 
60,790
 
 
12 教育募集費
 
168,403
 
 
164,954
 
 
13 租税公課
 
103,257
 
 
99,222
 
 
14 研究開発費
 
60,185
 
 
93,976
 
 
15 派遣社員費
 
246,101
 
 
165,887
 
 
16 器具備品費 
 
13,603
 
 
74,686
 
 
17 その他
 
384,134
3,274,406
14.6
560,347
3,279,254
14.4
営業利益
 
 
2,595,032
11.6
 
2,396,571
10.5

 

 
 
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅳ 営業外収益
※5 
 
 
 
 
 
 
1 受取利息
 
10,909
 
 
27,135
 
 
2 有価証券利息
 
 ─
 
 
11,725
 
 
3 受取配当金
 
8,893
 
 
11,289
 
 
4 保険配当金
 
11,053
 
 
9,069
 
 
5 受取手数料
 
2,506
 
 
2,737
 
 
6 雑収入
 
7,435
40,798
0.2
559
62,515
0.2
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1 複合金融商品評価損
 
 ─
 
 
28,040
 
 
2 為替差損
 
233
28,273
0.1
経常利益
 
 
2,635,830
11.8
 
2,430,813
10.6
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1 関係会社株式売却益
 
115,801
 
 
 
 
2 投資有価証券売却益 
 
7,029
 
 
22,575
 
 
3 貸倒引当金戻入益
 
122,831
0.5
83
22,658
0.1
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産処分損
※1 
42,576
 
 
22,158
 
 
2 ソフトウエア評価損
 
 
 
103,210
 
 
3 関係会社株式評価損
 
17,393
 
 
17,911
 
 
4 減損損失
※2
105,617
 
 
 
 
5 賃借物件原状回復費用
 
165,587
0.7
68,271
211,552
0.9
税引前当期純利益
 
 
2,593,074
11.6
 
2,241,920
9.8
法人税、住民税及び
事業税
 
1,171,480
 
 
794,451
 
 
法人税等調整額
 
△57,800
1,113,679
5.0
145,060
939,512
4.1
当期純利益
 
 
1,479,395
6.6
 
1,302,407
5.7
 
 
 
 
 
 
 
 
売上原価明細書
1 情報サービス売上原価明細書
 
 
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
142,517
0.9
125,214
0.8
Ⅱ 労務費
※1
4,545,199
29.5
4,820,834
30.6
Ⅲ 外注費
 
6,526,182
42.3
6,686,065
42.4
Ⅳ 経費
※2
4,214,868
27.3
4,124,255
26.2
当期総製造費用
 
15,428,767
100.0
15,756,369
100.0
期首仕掛品棚卸高
 
405,668
 
450,624
 
合計
 
15,834,436
 
16,206,994
 
他勘定への振替高
※3
309,212
 
409,417
 
期末仕掛品棚卸高
 
450,624
 
482,306
 
当期情報サービス原価
 
15,074,598
 
15,315,270
 
他勘定からの振替高
※4
89,169
 
201,407
 
当期情報サービス売上
原価
 
15,163,768
 
15,516,677
 
(脚注)
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 引当金繰入額の内訳
※1 引当金繰入額の内訳
賞与引当金繰入額
417,506千円
退職給付費用
32,838
賞与引当金繰入額
    365,798千円
退職給付費用
115,418
※2 経費の主な内訳
※2 経費の主な内訳
マシン賃借料
     883,844千円
特定回線料
1,038,820
借家料
988,651
減価償却費
406,021
マシン賃借料
582,978千円
特定回線料
999,076
借家料
1,093,824
減価償却費
506,743
※3 他勘定への振替高の内訳
※3 他勘定への振替高の内訳
市場販売目的ソフトウェアの当期製造原価のソフトウェアへの振替
     282,562千円
販売費及び一般管理費への振替
26,649
市場販売目的ソフトウェアの当期製造原価のソフトウェアへの振替
265,676千円
販売費及び一般管理費への振替
143,741
※4 他勘定からの振替高の内訳
※4 他勘定からの振替高の内訳
市場販売目的ソフトウェアの当期償却額のソフトウェアからの振替
     89,169千円
市場販売目的ソフトウェアの当期償却額のソフトウェアからの振替
201,407千円
原価計算の方法
原価計算の方法
個別原価計算によっております。
個別原価計算によっております。
2 システム・機器販売売上原価明細書
 
 
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 期首商品棚卸高
 
9,330
 
 
2,548
 
 
Ⅱ 期首仕掛品棚卸高
 
 
 
2
 
 
Ⅲ 当期商品仕入高
 
1,360,189
1,369,519
100.0
1,658,644
1,661,195
100.0
期末商品棚卸高
 
 
2,548
 
 
26,838
 
期末仕掛品棚卸高
 
 
2
 
 
 
当期システム・機器販売売上原価
 
 
1,366,968
 
 
1,634,357
 
③【株主資本等変動計算書】
第38期(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本
準備金
資本剰余金合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
別途
積立金
繰越利益
剰余金
平成18年3月31日残高
(千円)
1,367,687
1,461,277
1,461,277
157,500
3,820,000
2,419,203
6,396,703
△947
9,224,720
事業年度中の変動額
                 
別途積立金の積立(注)
 
 
 
 
1,000,000
△1,000,000
 
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
 
△291,564
△291,564
 
△291,564
当期純利益
 
 
 
 
 
1,479,395
1,479,395
 
1,479,395
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
1,000,000
187,831
1,187,831
1,187,831
平成19年3月31日残高
(千円)
1,367,687
1,461,277
1,461,277
157,500
4,820,000
2,607,034
7,584,534
△947
10,412,551
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券
評価差額金
評価・換算差額
等合計
平成18年3月31日残高
(千円)
310,512
310,512
9,535,232
事業年度中の変動額
     
別途積立金の積立(注)
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
△291,564
当期純利益
 
 
1,479,395
株主資本以外の項目の事
業年度中の変動額(純額)
△188,172
△188,172
△188,172
事業年度中の変動額合計
(千円)
△188,172
△188,172
999,658
平成19年3月31日残高
(千円)
122,339
122,339
10,534,891
(注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
第39期(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己
株式
株主資本
合計
資本
準備金
その他資本剰余金
 資本剰余金合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
別途
積立金
繰越利益
剰余金
平成19年3月31日残高
(千円)
1,367,687
1,461,277
1,461,277
157,500
4,820,000
2,607,034
7,584,534
△947
10,412,551
事業年度中の変動額
                   
別途積立金の積立
 
 
 
 
 
1,000,000
△1,000,000
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△404,950
△404,950
 
△404,950
当期純利益
 
 
 
 
 
 
1,302,407
1,302,407
 
1,302,407
自己株式処分差益
 
 
1,082
1,082
 
 
 
 
 
1,082
自己株式の処分
 
 
 
 
 
 
 
 
947
947
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
1,082
1,082
1,000,000
△102,542
897,457
947
899,487
平成20年3月31日残高
(千円)
1,367,687
1,461,277
1,082
1,462,360
157,500
5,820,000
2,504,492
8,481,992
11,312,039
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券
評価差額金
評価・換算差額
等合計
平成19年3月31日残高
(千円)
122,339
122,339
10,534,891
事業年度中の変動額
     
別途積立金の積立
 
 
剰余金の配当
 
 
△404,950
当期純利益
 
 
1,302,407
自己株式処分差益
 
 
1,082
自己株式の処分
 
 
947
株主資本以外の項目の事
業年度中の変動額(純額)
△54,836
△54,836
△54,836
事業年度中の変動額合計
(千円)
△54,836
△54,836
844,651
平成20年3月31日残高
(千円)
67,502
67,502
11,379,542
重要な会計方針
項目
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1 有価証券の評価基準及び評価方法
① 満期保有目的の債券
 償却原価法(定額法)
① 満期保有目的の債券
同左
 
② 子会社株式
移動平均法による原価法
② 子会社株式
同左
 
③ その他有価証券
時価のあるもの
決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算出)
③ その他有価証券
時価のあるもの
決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算出)
 なお、組込デリバティブを区分して測定することができない複合金融商品は、全体を時価評価し、評価差額を損益に計上しております。
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
2 棚卸資産の評価基準及び評価方法
① 商品       個別法による原価法
② 仕掛品      個別法による原価法
③ 貯蔵品      先入先出法による原価法
① 商品        同左
② 仕掛品       同左
③ 貯蔵品       同左
3 固定資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
 定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用しております。なお、主な耐用年数は、以下のとおりであります。
① 有形固定資産
 定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用しております。なお、主な耐用年数は、以下のとおりであります。
 
建物           3〜20年
工具器具備品       2〜20年
建物           3〜20年
工具器具備品       2〜20年
 
 
 
 
(会計方針の変更) 
 当社は、法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。これにより、営業利益、経常利益および税引前当期純利益はそれぞれ15,016千円減少しております。
(追加情報)
 当社は、法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%の相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 これにより、営業利益、経常利益および税引前当期純利益はそれぞれ3,575千円減少しております。
 

 

項目
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
② 無形固定資産
② 無形固定資産
 
(1) 市場販売目的のソフトウェアは、製品ごとの未償却残高を見込販売収益を基礎として当期の実績販売収益に対応して計算した金額と残存有効期間に基づく均等配分額のいずれか多い金額で償却しております。
(1)       同左
 
(2) 自社利用目的のソフトウェアは、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
(2)       同左
 
③ 長期前払費用     定額法
③ 長期前払費用   同左
 
4 引当金の計上基準
① 貸倒引当金
債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
① 貸倒引当金
同左
 
② 賞与引当金
 従業員の賞与支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当期の負担額を計上しております。
② 賞与引当金
同左
 
③ 退職給付引当金
従業員の退職給付の支出に備えるため、当期末における退職給付債務および年金資産の見込額に基づき計上しております。過去勤務債務はその発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により、それぞれ発生年度から費用処理しております。数理計算上の差異は、その発生時の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により、それぞれ発生年度の翌年から費用処理しております。
③ 退職給付引当金
同左
 
④ 役員退職慰労引当金
役員に対する退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく支給見積額を計上しております。
④ 役員退職慰労引当金
同左
5 リース取引の処理方法
  リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
6 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の会計処理
税抜方式を採用しております。
消費税等の会計処理
同左
会計処理方法の変更
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 (貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)および「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は10,534,891千円であります。
 なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
──────
 
表示方法の変更
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
──────
(損益計算書) 
 「有価証券利息」は、前事業年度は、営業外収益の「その他」に含めて表示しておりましたが、当事業年度において営業外収益の総額の100分の10を超えたため区分掲記しました。
 なお、前事業年度の「有価証券利息」の金額は2,632千円であります。
注記事項
(貸借対照表関係)
第38期
(平成19年3月31日)
第39期
(平成20年3月31日)
※1 関係会社に対する主な資産および負債
※1 関係会社に対する主な資産および負債
売掛金
 3,937,200千円
買掛金
       146,621千円
売掛金
    1,843,127千円
買掛金
       212,837千円
(損益計算書関係)
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 固定資産処分損の内容
※1 固定資産処分損の内容
建物附属設備(除却損)
7,549
工具器具備品(除却損)
15,121
ソフトウェア(除却損)
17,845
その他
2,060
    42,576千円
建物附属設備(除却損)
16,095
工具器具備品(除却損)
3,753
ソフトウェア(除却損)
953
その他
1,355
22,158千円
 ※2 減損損失
    当社は、以下の資産について減損損失を計上しました。
用途
種類
場所
処分予定資産
建物および工具器具備品
東京都豊島区
    当社は管理会計上の区分に従い事業部を独立したキャッシュ・フローを生み出す最小の単位とし、本社設備等を共用資産としてグルーピングしております。処分予定資産については物件単位毎としてグルーピングしております。
 開発センター移転に伴い処分を予定している資産について、帳簿価額を開発センター移転予定時期における帳簿価額相当額まで減額し、当該減少額を減損損失(105,617千円)として特別損失に計上しております。
 減損損失の内訳は、建物85,885千円、工具器具備品19,731千円であります。
 ※2         ──────
※3 関係会社に対する売上高
  11,109,806千円
※3 関係会社に対する売上高
10,861,571千円
※4 関係会社に係る営業費用
※4 関係会社に係る営業費用
マシン賃借料
9,180
外注費
968,801
その他
135,296
1,113,279千円
マシン賃借料
6,762
外注費
1,140,436
その他
137,313
1,284,512千円
※5 関係会社に対する営業外収益
     2,904千円
※5 関係会社に対する営業外収益
3,120千円
※6 研究開発費の総額
※6 研究開発費の総額
 販売費及び一般管理費に含まれる研究開発費は60,185千円であります。
 販売費及び一般管理費に含まれる研究開発費は93,976千円であります。
(株主資本等変動計算書関係)
第38期(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末
株式数(千株)
当事業年度
増加株式数(千株)
当事業年度
減少株式数(千株)
当事業年度末
株式数(千株)
普通株式
2
2
合計
2
2
第39期(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末
株式数(千株)
当事業年度
増加株式数(千株)
当事業年度
減少株式数(千株)
当事業年度末
株式数(千株)
普通株式
2
2
合計
2
2
 (注)普通株式の自己株式の減少2千株は常勤取締役および常勤監査役への譲渡によるものであります。
(リース取引関係)
項目
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(借主側)
1 リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額および期末残高相当額
 
工具器具備品
取得価額相当額
947,940
減価償却累計額相当額
753,107
減損損失累計額相当額
925
期末残高相当額
193,907千円
(借主側)
1 リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額および期末残高相当額
 
工具器具備品
取得価額相当額
119,930
減価償却累計額相当額
51,391
減損損失累計額相当額
期末残高相当額
68,538千円
 
2 未経過リース料期末残高相当額およびリース資産減損勘定期末残高
2 未経過リース料期末残高相当額およびリース資産減損勘定期末残高
 
1年以内
162,435
1年超
45,357
   207,792千円
リース資産減損勘定期末残高
   297千円
1年以内
30,010
1年超
47,884
77,894千円
リース資産減損勘定期末残高
─  
 
3 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額および支払利息相当額
3 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額および支払利息相当額
 
支払リース料
  231,464千円
リース資産減損勘定の取崩額
627
減価償却費相当額
222,237
支払利息相当額
4,399
支払リース料
68,270千円
リース資産減損勘定の取崩額
297
減価償却費相当額
64,335
支払利息相当額
2,329
 
4 減価償却費相当額および利息相当額の算定方法
4 減価償却費相当額および利息相当額の算定方法
 
・減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
・減価償却費相当額の算定方法
同左
 
・利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
・利息相当額の算定方法
同左
2 オペレーティング・リース取引
(借主側)
  未経過リース料
1年以内
7,588
1年超
7,588
   15,177千円
(借主側)
  未経過リース料
1年以内
9,457
1年超
3,425
12,882千円
(有価証券関係)
 前事業年度末(平成19年3月31日)および当事業年度末(平成20年3月31日)において子会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
第38期
(平成19年3月31日)
第39期
(平成20年3月31日)
1 繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1 繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(繰延税金資産)
(繰延税金資産)
退職給付引当金
830,791
減価償却超過額
538,923
賞与引当金
242,615
未払事業税
65,639
役員退職慰労引当金
54,179
減損損失
42,986
未払社会保険料
32,506
電話加入権評価損
16,439
その他
60,600
小計
1,884,682千円
評価性引当額
△27,390
繰延税金資産合計
1,857,291千円
退職給付引当金
700,019
減価償却超過額
616,974
賞与引当金
204,095
役員退職慰労引当金
62,511
未払社会保険料
28,314
未払事業税
22,376
受託開発原価超過
19,095
一括償却資産
15,394
その他
81,180
小計
1,749,962千円
評価性引当額
△37,731
繰延税金資産合計
1,712,231千円
(繰延税金負債)
(繰延税金負債)
その他有価証券評価差額金
△83,966
繰延税金負債合計
△83,966千円
繰延税金資産の純額
1,773,325千円
その他有価証券評価差額金
△46,329
繰延税金負債合計
△46,329千円
繰延税金資産の純額
1,665,901千円
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
法定実効税率              40.7%
 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省略しております。
(調整)
交際費等永久に損金に算入されない項目 
1.3
受取配当金等永久に益金に算入されない項目 
△0.1
住民税均等割 
0.2
評価性引当額 
0.8
人材投資促進税制の税額控除 
△0.2
その他 
0.2
税効果会計適用後の法人税等の負担率 
42.9
(1株当たり情報)
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
    650円38銭
1株当たり当期純利益
   91円33銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
91円07銭
1株当たり純資産額
702円44銭
1株当たり当期純利益
80円40銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注)1株当たり当期純利益および潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
第38期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第39期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当期純利益(千円)
1,479,395
1,302,407
普通株主に帰属しない金額(千円)
─ 
─ 
普通株式に係る当期純利益(千円)
1,479,395
1,302,407
普通株式の期中平均株式数(株)
16,198,000
16,199,497
潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に用いられた普通株式数の増加数(株)
47,093
─ 
(うち新株予約権)
(47,093)
─ 
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
─ 
 新株予約権 1種類
(ストックオプション)
 3,388個
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
㈱良品計画
14,000
80,920
㈱パルコ
35,200
49,913
㈱セブン&アイ・ホールディングス
18,300
45,750
㈱ヒューマンプラス
80,000
40,000
㈱みずほフィナンシャルグループ
51
18,615
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
12,600
10,836
㈱インテリジェントウェイブ
120
1,716
㈱ペトラ
44,250
44
204,521
247,794
【債券】
銘柄
券面総額(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
有価証券
満期保有目的の債券 
第243回利付国債
100,000
100,000
第246回利付国債
100,000
100,015
第249回利付国債
100,000
100,004
第252回利付国債
100,000
100,029
小計
400,000
400,049
投資有価証券
満期保有目的の債券
第255回利付国債
100,000
99,990
第258回利付国債
100,000
99,963
第261回利付国債
100,000
100,036
第264回利付国債
100,000
100,205
三菱セキュリティーズインターナショナル インデックス連動債
100,000
100,000
         小計
500,000
500,194
投資有価証券
その他有価証券
三菱セキュリティーズインターナショナル為替連動債 
50,000
32,706
トリガーコーラブル日経リンク債
50,000
38,485
         小計
100,000
71,191
1,000,000
971,436
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
2,237,607
190,095
270,216
2,157,485
1,401,944
127,186
755,540
工具器具備品
2,270,248
283,926
184,412
2,369,761
1,601,709
420,255
768,052
有形固定資産計
4,507,855
474,021
454,629
4,527,247
3,003,653
547,442
1,523,593
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
ソフトウェア
2,277,656
377,047
165,367
2,489,336
1,820,426
310,309
668,909
電話加入権
0
0
0
無形固定資産計
2,277,656
377,047
165,367
2,489,336
1,820,426
310,309
668,910
長期前払費用
24,993
6,261
18,732
18,281
1,416
451
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
繰延資産計
  (注)当期増減額のうち主なものは次のとおりです。
      建物増加     電源・LAN工事82,046千円
      建物減少     電源・LAN工事の除却88,322千円
      工具器具備品増加 パソコン・サーバーおよび周辺機器の購入130,064千円
      工具器具備品減少 パソコン・サーバーおよび周辺機器の除却110,053千円
      ソフトウェア増加 市場販売用ソフトウェア224,323千円
               自社利用ソフトウェア120,107千円
      ソフトウェア減少 自社利用ソフトウェア165,367千円
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
521
121
341 
180
121
賞与引当金
596,107
501,463
596,107
501,463
役員退職慰労引当金
133,120
32,850
12,380 
153,590
  (注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
(a)資産の部
1)現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
998
預金の種類
 
当座預金
2,032,754
普通預金
36,993
定期預金
5,000,000
別段預金
53
小計
7,069,800
合計
7,070,798
2)売掛金
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
㈱クレディセゾン
1,842,957
㈱エヌ・ティ・ティ・データ
111,994
ジェーピーエヌ債権回収㈱
103,953
㈱西友
81,954
日本マクドナルド㈱
62,587
その他
1,080,658
合計
3,284,106
(ロ)売掛金の発生および回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
5,660,235
23,968,202
26,344,332
3,284,106
88.9
68.3
 (注) 消費税等の会計処理は税抜方式を採用していますが、上記金額には消費税等が含まれております。
3)商品
区分
金額(千円)
コンピュータ機器一式
26,838
合計
26,838
4)仕掛品
区分
金額(千円)
ソフトウェア受託開発
482,306
合計
482,306
5)貯蔵品
区分
金額(千円)
帳票
 消耗品
 消耗品商品マニュアル・CD−ROM
5,663
4,577
4,320
合計
14,561
6)繰延税金資産(投資その他の資産)
 繰延税金資産(投資その他の資産)は、1,348,569千円であり、その内容については「2 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(税効果会計関係)」に記載しております。
7)敷金
区分
金額(千円)
㈱池袋ショッピングパーク
487,631
㈱サンシャインシティ
443,219
住友不動産㈱
39,051
その他
63,983
合計
1,033,885
(b)負債の部
1)買掛金
相手先
金額(千円)
富士通㈱
175,419
サンマイクロシステムズ㈱
136,564
㈱フェス
132,054
ティーディーシーソフトウェアエンジニアリング㈱
128,527
㈱富士通エフサス
107,124
その他
1,498,082
合計
2,177,772
2)退職給付引当金
区分
金額(千円)
退職給付債務
2,373,863
未認識過去勤務債務
988,133
未認識数理計算上の差異
△373,845
年金資産
△1,268,201
合計
1,719,948
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社セゾン情報システムズ、2008-03-31 期 有価証券報告書