有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

【関連当事者との取引】

前事業年度(自平成16年1月1日 至平成16年12月31日)

  該当事項はありません。

 

当事業年度(自平成17年1月1日 至平成17年12月31日)

  役員及び個人主要株主等

属性

氏名

住所

資本金又は出資金

(千円)

事業の内容又は職業

議決権の所有(被所有)割合

関係内容

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

(千円)

役員の

兼務等

事業上

の関係

役員

石塚 幸司

当社代表取締役会長

(被所有)

直接16.5%

資金の貸付

30,000

 (注)取引条件及び取引条件の決定方法等

    厚生貸付金規程に準じて、貸付利率を決定しております。

 

(1株当たり情報)

第26期

(自 平成16年1月1日

至 平成16年12月31日)

第27期

(自 平成17年1月1日

至 平成17年12月31日)

 

1株当たり純資産額

232円56銭

1株当たり当期純損失

21円71銭

 

 

1株当たり純資産額

254円07銭

1株当たり当期純利益

34円51銭

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

32円88銭

 

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

 

 (注)1株当たり当期純損益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

第26期

(自 平成16年1月1日

至 平成16年12月31日)

第27期

(自 平成17年1月1日

至 平成17年12月31日)

1株当たり当期純損益

 

 

当期純損益(千円)

△93,617

153,626

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る当期純損益(千円)

△93,617

153,626

期中平均株式数(株)

4,312,541

4,452,135

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

 

 

当期純利益調整額(千円)

普通株式増加数(株)

219,653

(うち新株予約権)

(    −)

( 219,653)

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要

新株予約権 1種類

(新株予約権の数 428個)

これらの詳細は、「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況」に記載のとおりであります。

──────

(重要な後発事象)

第26期

(自 平成16年1月1日

至 平成16年12月31日)

第27期

(自 平成17年1月1日

至 平成17年12月31日)

──────

1.当社は、平成18年3月24日開催の第27回定時株主総会において、商法第280条ノ20及び第280条ノ21の規定に基づき、当社の取締役及び従業員の業績の向上に対する意欲や士気並びに監査役の適正な監査に対する意識をそれぞれ一層高めることを目的として、新株予約権を無償で発行することについて決議いたしました。

 

当該決議の内容は、「第4 提出会社の状況 1.株式等の状況(7)ストックオプション制度の内容」に記載のとおりであります。

──────

2.当社は、平成18年3月24日開催の第27回定時株主総会において、商法第280条ノ20及び第280条ノ21の規定に基づき、平成15年3月26日時点で在籍していた取締役及び監査役を対象として、役員退職慰労金の過去積立未精算分のうち半分について、金銭での支給は行わず、当社の取締役ないし監査役が当社を退任するまで、権利行使できないことを条件とし、権利行使価格を1株あたり1円に設定した新株予約権を無償で発行することについて決議いたしました。

 

当該決議の内容は、「第4 提出会社の状況 1.株式等の状況(7)ストックオプション制度の内容」に記載のとおりであります。

 

 





出典: 株式会社ニッパンレンタル、2005-12-31 期 有価証券報告書