有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






1【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
   
前事業年度
(平成18年12月31日)
当事業年度
(平成19年12月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
680,802
   
570,829
 
2.受取手形
※1,2,3
 
609,882
   
459,124
 
3.売掛金
   
943,982
   
926,663
 
4.商品
   
17,787
   
21,375
 
5.貯蔵品
   
5,708
   
8,764
 
6.前払費用
   
24,840
   
28,771
 
7.繰延税金資産
   
29,127
   
29,072
 
8.その他
   
7,690
   
43,515
 
  貸倒引当金
   
△34,400
   
△17,700
 
流動資産合計
   
2,285,422
30.0
 
2,070,416
25.4
Ⅱ 固定資産
             
(1)有形固定資産
             
イ.賃貸用資産
             
1.簡易建物
 
386,820
   
415,581
   
減価償却累計額
 
258,412
128,407
 
226,797
188,783
 
2.機械装置
 
7,216,533
   
7,626,674
   
減価償却累計額
 
4,763,964
2,452,569
 
4,424,426
3,202,248
 
3.車両運搬具
 
513,621
   
416,330
   
減価償却累計額
 
297,793
215,828
 
263,421
152,909
 
4.工具器具備品
 
207
   
207
   
減価償却累計額
 
194
13
 
197
10
 
賃貸用資産計
   
2,796,817
36.7
 
3,543,951
43.5
ロ.自社用資産
             
1.建物
※1
974,309
   
1,028,989
   
減価償却累計額
 
534,544
439,764
 
563,572
465,416
 
2.構築物
 
353,440
   
384,873
   
減価償却累計額
 
243,954
109,485
 
261,310
123,563
 
3.車両運搬具
 
56,451
   
46,727
   
減価償却累計額
 
39,736
16,714
 
37,827
8,899
 
4.工具器具備品
 
154,311
   
163,783
   
減価償却累計額
 
123,207
31,103
 
123,056
40,726
 
5.土地
※1
 
1,567,396
   
1,567,396
 
6.建設仮勘定
 
 
7,350
   
 
自社用資産計
   
2,171,814
28.4
 
2,206,003
27.1
有形固定資産合計
   
4,968,632
65.1
 
5,749,955
70.6
(2)無形固定資産
             
1.借地権
   
36,832
   
31,883
 
2.ソフトウェア
   
535
   
 
3.その他
   
8,491
   
4,836
 
無形固定資産合計
   
45,858
0.6
 
36,719
0.5
(3)投資その他の資産
             
1.投資有価証券
   
30,650
   
28,105
 
2.出資金
   
4,120
   
4,130
 
3.従業員長期貸付金
   
3,102
   
2,280
 
4.破産更生債権等
   
72,184
   
72,615
 
5.長期前払費用
   
104,526
   
116,736
 
6.繰延税金資産
   
99,967
   
47,971
 
7.差入保証金
   
57,228
   
67,320
 
8.会員権
   
18,740
   
16,030
 
9.その他
   
4,243
   
3,690
 
  貸倒引当金
   
△67,712
   
△71,681
 
投資その他の資産合計
   
327,051
4.3
 
287,198
3.5
固定資産合計
   
5,341,542
70.0
 
6,073,873
74.6
資産合計
   
7,626,964
100.0
 
8,144,289
100.0
               

 

   
前事業年度
(平成18年12月31日)
当事業年度
(平成19年12月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.支払手形
   
658,970
   
603,210
 
2.買掛金
   
251,142
   
263,203
 
3.短期借入金
※1
 
338,500
   
417,600
 
4.1年以内返済予定の長期借入金
※1
 
1,361,918
   
1,488,212
 
5.未払金
   
296,441
   
281,520
 
6.未払費用
   
92,175
   
102,233
 
7.未払法人税等
   
36,214
   
8,608
 
8.未払消費税等
   
27,052
   
7,398
 
9.預り金
   
20,631
   
23,223
 
10.賞与引当金
   
19,490
   
18,696
 
11.設備支払手形
 
 
3,684
   
1,562
 
12.その他
   
4,749
   
6,311
 
流動負債合計
   
3,110,971
40.8
 
3,221,780
39.6
Ⅱ 固定負債
             
1.社債
   
   
500,000
 
2.長期借入金
※1
 
2,713,405
   
2,511,209
 
3.長期未払金
   
169,423
   
345,058
 
4.役員退職慰労引当金
   
147,675
   
133,195
 
5.長期設備支払手形
   
1,953
   
390
 
6.その他
   
12,358
   
22,543
 
固定負債合計
   
3,044,814
39.9
 
3,512,396
43.1
負債合計
   
6,155,786
80.7
 
6,734,176
82.7
               
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
720,820
9.5
 
720,861
8.8
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1) 資本準備金
 
193,878
 
 
193,878
 
 
資本剰余金合計
 
 
193,878
2.6
 
193,878
2.4
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1) 利益準備金
 
17,400
 
 
17,400
 
 
(2) その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
別途積立金
 
205,000
 
 
500,430
 
 
繰越利益剰余金
 
337,349
 
 
△20,340
 
 
利益剰余金合計
 
 
559,749
7.3
 
497,490
6.1
4.自己株式
 
 
△4,889
△0.1
 
△1,952
△0.0
株主資本合計
 
 
1,469,558
19.3
 
1,410,278
17.3
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
1,619
0.0
 
△164
△0.0
評価・換算差額等合計
 
 
1,619
0.0
 
△164
△0.0
純資産合計
 
 
1,471,178
19.3
 
1,410,113
17.3
負債純資産合計
 
 
7,626,964
100.0
 
8,144,289
100.0
               
②【損益計算書】
   
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅰ 売上高
             
1.賃貸収入
 
5,867,237
   
5,413,883
   
2.商品売上
 
808,756
6,675,994
100.0
1,303,908
6,717,791
100.0
Ⅱ 売上原価
             
1.賃貸原価
 
4,099,517
   
4,141,072
   
2.商品売上原価
 
430,185
4,529,703
67.9
631,150
4,772,223
71.0
売上総利益
   
2,146,291
32.1
 
1,945,567
29.0
Ⅲ 販売費及び一般管理費
             
1.広告宣伝費
 
10,716
   
19,348
   
2.車両費
 
64,308
   
69,347
   
3.貸倒引当金繰入額
 
5,835
   
   
4.役員報酬
 
81,570
   
73,197
   
5.給料賞与
 
649,957
   
680,740
   
6.賞与引当金繰入額
 
14,424
   
13,420
   
7.退職給付費用
 
23,692
   
24,883
   
8.法定福利厚生費
 
107,914
   
104,864
   
9.地代家賃
 
152,449
   
177,604
   
10.リース料
 
58,898
   
64,613
   
11.通信費
 
57,313
   
62,050
   
12.消耗品費
 
77,828
   
88,228
   
13.租税公課
 
34,819
   
35,806
   
14.減価償却費
 
104,099
   
73,732
   
15.その他
 
175,958
1,619,786
24.2
190,793
1,678,630
25.0
営業利益
   
526,504
7.9
 
266,937
4.0
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
515
   
1,668
   
2.損害保険受取額
 
12,090
   
15,420
   
3.受取賃貸料
 
3,600
   
3,600
   
4.受取奨励金
 
3,269
   
4,585
   
5.その他
 
4,282
23,759
0.3
5,194
30,469
0.5
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
122,848
   
115,367
   
2.社債利息
 
   
6,126
   
3.社債発行費
 
   
12,039
   
4.株式交付費 
 
396
   
63
   
5.事故復旧損失
 
7,485
   
4,012
   
6.その他
 
5,854
136,584
2.0
741
138,351
2.1
経常利益
   
413,679
6.2
 
159,055
2.4
Ⅵ 特別利益
             
1.固定資産売却益
※1
1,730
   
458
   
2.投資有価証券売却益
 
1,000
 
 
 
 
3.役員退職慰労引当金戻入益
 
147,675
 
 
 
 
4.貸倒引当金戻入益
 
150,405
2.2
5,906
6,365
0.0
Ⅶ 特別損失
             
1.固定資産売却損
※2
3,419
   
119
   
2.固定資産除却損
※3
9,411
   
4,483
   
3.投資有価証券評価損
 
   
1,828
   
4.減損損失
※5
2,226
   
49,738
   
5.会員権評価損
※4
15,057
0.2
5,160
61,329
0.9
税引前当期純利益
   
549,027
8.2
 
104,091
1.5
法人税、住民税及び事業税
 
132,625
   
65,967
   
法人税等調整額
 
82,020
214,645
3.2
52,944
118,912
1.7
当期純利益又は当期純損失(△)
   
334,381
5.0
 
△14,820
△0.2
               
売上原価明細書
A.賃貸原価明細書
   
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
Ⅰ 労務費
         
賃金賞与
 
220,201
 
273,418
 
賞与引当金繰入額
 
5,066
 
5,276
 
退職給付費用
 
7,832
 
8,960
 
法定福利厚生費
 
33,008
 
42,972
 
当期労務費
 
266,108
6.5
330,627
8.0
Ⅱ 経費
         
減価償却費
 
905,125
 
947,258
 
移送設置費
 
507,016
 
524,977
 
保険料
 
200,000
 
216,911
 
支払レンタル料
 
637,962
 
614,424
 
修繕費
 
530,459
 
430,647
 
リース料
 
713,598
 
812,000
 
消耗備品費
 
124,325
 
92,032
 
その他
 
214,920
 
172,194
 
当期経費
 
3,833,409
93.5
3,810,445
92.0
賃貸原価
 
4,099,517
100.0
4,141,072
100.0
           
B.商品売上原価明細書
   
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
Ⅰ 期首商品たな卸高
 
16,791
3.7
17,787
2.7
Ⅱ 当期商品仕入高
 
347,586
77.6
503,595
77.2
Ⅲ 他勘定からの振替高
※1
83,595
18.7
131,142
20.1
 
447,973
100.0
652,526
100.0
Ⅳ 期末商品たな卸高
 
17,787
 
21,375
 
商品売上原価
 
430,185
 
631,150
 
           
(脚注)
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
※1.他勘定からの振替高
賃貸用資産
※1.他勘定からの振替高
賃貸用資産
簡易建物
4,473千円
機械装置
65,258
車両運搬具
13,840
工具器具備品 
23
 計
83,595
簡易建物
3,287千円
機械装置
117,235
車両運搬具
10,619
 計
131,142
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自平成18年1月1日 至平成18年12月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
資本剰余金合計
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
別途積立金
繰越利益剰余金
平成17年12月31日 残高
(千円)
720,280
193,338
193,338
17,400
85,000
156,252
258,652
△921
1,171,349
事業年度中の変動額
                 
新株の発行
540
540
540
 
 
 
 
 
1,080
別途積立金の積立て 
 
 
 
 
120,000
△120,000
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
△32,600
△32,600
 
△32,600
当期純利益
 
 
 
 
 
334,381
334,381
 
334,381
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
△4,892
△4,892
自己株式の処分
 
 
 
 
 
△684
△684
924
240
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
540
540
540
 
120,000
181,097
301,097
△3,968
298,209
平成18年12月31日 残高
(千円)
720,820
193,878
193,878
17,400
205,000
337,349
559,749
△4,889
1,469,558
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成17年12月31日 残高
(千円)
11,898
11,898
1,183,248
事業年度中の変動額
     
新株の発行
 
 
1,080
別途積立金の積立て 
 
 
剰余金の配当
 
 
△32,600
当期純利益
 
 
334,381
自己株式の取得
 
 
△4,892
自己株式の処分
 
 
240
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△10,279
△10,279
△10,279
事業年度中の変動額合計
(千円)
△10,279
△10,279
287,929
平成18年12月31日 残高
(千円)
1,619
1,619
1,471,178
当事業年度(自平成19年1月1日 至平成19年12月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
資本剰余金合計
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
別途積立金
繰越利益剰余金
平成18年12月31日 残高
(千円)
720,820
193,878
193,878
17,400
205,000
337,349
559,749
△4,889
1,469,558
事業年度中の変動額
                 
新株の発行
41
 
 
 
 
 
 
 
41
別途積立金の積立て 
 
 
 
 
295,430
△295,430
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
△41,918
△41,918
 
△41,918
当期純利益
 
 
 
 
 
△14,820
△14,820
 
△14,820
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
△2,602
△2,602
自己株式の処分
 
 
 
 
 
△5,520
△5,520
5,540
20
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
41
295,430
△357,690
△62,259
2,937
△59,280
平成19年12月31日 残高
(千円)
720,861
193,878
193,878
17,400
500,430
△20,340
497,490
△1,952
1,410,278
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成18年12月31日 残高
(千円)
1,619
1,619
1,471,178
事業年度中の変動額
     
新株の発行
 
 
41
別途積立金の積立て 
 
 
剰余金の配当
 
 
△41,918
当期純利益
 
 
△14,820
自己株式の取得
 
 
△2,602
自己株式の処分
 
 
20
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△1,784
△1,784
△1,784
事業年度中の変動額合計
(千円)
△1,784
△1,784
△61,064
平成19年12月31日 残高
(千円)
△164
△164
1,410,113
④【キャッシュ・フロー計算書】
   
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
     
税引前当期純利益
 
549,027
104,091
減価償却費
 
972,540
1,020,456
減損損失
 
2,226
49,738
無形固定資産償却額
 
36,683
535
長期前払費用償却額
 
208
171
貸倒引当金の減少額
 
△9,488
△17,891
賞与引当金の増加額(△減少額)
 
1,377
△794
受取利息及び受取配当金
 
△1,699
△1,911
支払利息
 
122,848
121,494
有形固定資産売却損益
 
1,688
△339
有形固定資産除却損
 
9,411
4,483
投資有価証券等売却益
 
△1,000
投資有価証券評価損
 
1,828
役員退職慰労引当金戻入益
 
△147,675
会員権評価損
 
5,160
売上債権の減少額
 
132,094
168,076
たな卸資産の増加額
 
△197
△6,643
仕入債務の減少額
 
△107,899
△43,699
未払消費税等の減少額
 
△18,870
△19,654
その他の資産・負債の増減額
 
△31,320
△29,836
 小計
 
1,509,957
1,355,266
利息及び配当金の受取額
 
1,661
1,702
利息の支払額
 
△125,187
△121,588
法人税等の支払額
 
△269,120
△93,573
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
1,117,311
1,141,806
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
     
貸付けによる支出
 
△3,580
△4,430
貸付金の回収による収入
 
4,810
3,169
有形固定資産の取得による支出
 
△1,245,367
△1,505,684
有形固定資産の売却による収入
 
53,175
5,681
投資有価証券の取得による支出
 
△1,896
△1,960
投資有価証券の売却による収入
 
51,000
定期預金等の預入による支出
 
△246,977
△250,485
定期預金等の満期等による収入
 
257,152
252,788
敷金保証金の差入による支出
 
△1,639
△12,020
敷金保証金の回収による収入
 
262
1,812
出資による支出
 
△3,000
△10
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△1,136,060
△1,511,138
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
     
短期借入金の増減額
 
123,400
79,100
長期借入れによる収入
 
1,460,000
1,350,000
長期借入金の返済による支出
 
△1,250,988
△1,425,901
社債の発行による収入
 
487,960
自己株式売却による収入
 
240
20
自己株式取得による支出
 
△4,892
△2,602
株式の発行による収入
 
1,080
41
配当金の支払額
 
△32,227
△41,175
割賦債務の支払額
 
△282,904
△185,779
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
13,706
261,662
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
 
Ⅴ 現金及び現金同等物の減少額
 
△5,042
△107,669
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
 
484,066
479,024
Ⅶ 現金及び現金同等物の期末残高
 
479,024
371,355
       
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
その他有価証券
時価のあるもの
期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
(1)商品(賃貸用資産付属消耗品)
先入先出法による原価法
(1)商品(賃貸用資産付属消耗品)
同左
 
商品(燃料)
最終仕入原価法
商品(燃料)
同左
 
(2)貯蔵品
 最終仕入原価法
(2)貯蔵品
同左
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
定率法
ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物付属設備を除く)については定額法を採用しております。
なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
賃貸用資産
 簡易建物  7〜10年
 機械装置  7〜10年
 車両運搬具 8〜10年
自社用資産
 建物    7〜50年
(1)有形固定資産
同左
 
(2)無形固定資産
定額法
なお、ソフトウェア(自社利用)については、社内における見込み利用可能期間(5年)による定額法を採用しております。
(2)無形固定資産
同左
4.繰延資産の処理方法
株式交付費
支出時に全額費用として処理しております。
(1)株式交付費
支出時に全額費用として処理しております。
(2)社債発行費
支出時に全額費用として処理しております。

 

項目
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
5.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
売掛債権等の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
(1)貸倒引当金
同左
 
(2)賞与引当金
従業員への賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当事業年度の負担額を計上しております。
(2)賞与引当金
同左
 
(3)役員退職慰労引当金
役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
なお、平成15年3月に役員退職慰労金制度にかかる内規を改定しており、同月末時点における要支給額を現任役員退任時に支給することとしたため、平成15年4月以降対応分については引当計上を行っておりません。
(追加情報)
平成18年4月17日開催の取締役会で、役員退職慰労金の半額を支給しないことを決議したことに伴い、同引当金の半額を取り崩しております。 
(3)役員退職慰労引当金
役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。なお、平成15年3月に役員退職慰労金制度にかかる内規を改定して同月末時点における要支給額を現任役員退任時に支給することとし、さらに、平成18年4月17日開催の取締役会で、役員退職慰労金の半額を支給しないことを決議しております。 
6.リース取引の処理方法
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
7.ヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
金利スワップについては、すべて金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、当該特例処理を適用しております。
(1)ヘッジ会計の方法
同左
 
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
a ヘッジ手段 金利スワップ
b ヘッジ対象 借入金
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
同左
 
(3)ヘッジ方針
内部規程に基づき、借入金利等の将来の金利市場における利率上昇による変動リスクを回避する目的で利用しております。
(3)ヘッジ方針
同左
 
(4)ヘッジ有効性評価の方法
特例処理の適用要件が充足されているため、有効性の評価は省略しております。
(4)ヘッジ有効性評価の方法
同左
8.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同左
9.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の処理方法
税抜方式によっております。
消費税等の処理方法
同左
会計処理方法の変更
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
従来の資本の部の合計に相当する金額は、1,471,178千円であります。
なお、財務諸表等規則の改正により、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
──────
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成18年12月31日)
当事業年度
(平成19年12月31日)
※1.担保に供している資産及びこれに対応する債務は、次のとおりであります。
(イ)担保提供資産
※1.担保に供している資産及びこれに対応する債務は、次のとおりであります。
(イ)担保提供資産
受取手形
      25,183千円
建物
249,542
土地
1,498,512
 計
1,773,238
受取手形
25,026千円
建物
244,600
土地
1,498,512
 計
1,768,139
(ロ)対応する債務
(ロ)対応する債務
短期借入金
  170,000千円
1年以内返済予定の長期借入金
546,652
長期借入金
987,829
 計
1,704,481
短期借入金
110,000千円
1年以内返済予定の長期借入金
634,032
長期借入金
1,156,483
 計
1,900,515
※2.期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
※2.期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
受取手形
45,855千円
受取手形
26,374千円
 ※3.受取手形裏書譲渡高         1,039千円
※3.       ──────
 4.当社は、機動的な賃貸用資産購入資金の確保を目的として、平成16年9月30日に株式会社みずほ銀行を主幹事とするその他3行との間で10億円、平成17年6月30日に株式会社群馬銀行を主幹事とするその他5行との間で12億円のシンジケートローン契約を締結いたしました。
これら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
シンジケートローンの総額
2,200,000千円
借入実行残高
2,200,000
差引額
 4.当社は、機動的な賃貸用資産購入資金の確保を目的として、平成16年9月30日に株式会社みずほ銀行を主幹事とするその他3行との間で10億円、平成17年6月30日に株式会社群馬銀行を主幹事とするその他5行との間で12億円のシンジケートローン契約を締結いたしました。
これら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
シンジケートローンの総額
2,200,000千円
借入実行残高
2,200,000
差引額
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
※1.固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。
自社用資産
※1.固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。
自社用資産
車両運搬具
   455千円
工具器具備品 
1,275
 計
1,730
車両運搬具
458千円
 計 
458
※2.固定資産売却損の内訳は、次のとおりであります。
自社用資産
工具器具備品
140千円
土地 
3,279
 計
3,419
※2.固定資産売却損の内訳は、次のとおりであります。
自社用資産
工具器具備品
   119千円
 計
119
※3.固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。
賃貸用資産
※3.固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。
賃貸用資産
簡易建物
203千円
機械装置
3,737
車両運搬具
165
工具器具備品
88
 小計
4,194
自社用資産
建物
3,084
構築物 
1,857
車両運搬具
275
 小計
5,216
 計
9,411
簡易建物
 62千円
機械装置
1,841
車両運搬具
260
 小計
2,163
自社用資産
建物
816
構築物 
753
工具器具備品
749
 小計
2,319
 計
4,483
※4.       ──────
※4.会員権評価損のうち4,360千円は、貸倒引当金繰入額として処理しております。
※5.減損損失
当事業年度において、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
※5.減損損失
当事業年度において、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
用途及び地域
種 類
減 損 額
渋川営業所 
(群馬県渋川市) 
建 物 
 999千円
宇都宮営業所 
(栃木県宇都宮市) 
建 物 
 1,227千円
当社は、管理会計上の区分(主として営業所)を基準に資産のグルーピングを行っております。その結果、当事業年度において、時価及び収益性の近い将来における回復が見込めないと判断した資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失2,226千円として特別損失に計上しております。
なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、時価については、固定資産税評価額に合理的な調整を加えて算定した額を正味売却価額としております。
用途及び地域
種 類
減 損 額
藤岡営業所 
(群馬県藤岡市) 
建物、その他 
7,664千円
上越営業所
(新潟県上越市) 
建物、その他 
23,486千円
岩槻営業所
(埼玉県さいたま市) 
建物、その他 
8,793千円 
上記以外の3営業所
(栃木県鹿沼市ほか) 
リース資産
その他 
6,979千円
遊休資産
(群馬県前橋市) 
電話加入権 
2,813千円 
当社は、管理会計上の区分(主として営業所)を基準に資産のグルーピングを行っております。その結果、当事業年度において、時価及び収益性の近い将来における回復が見込めないと判断した資産及び遊休資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失49,738千円として特別損失に計上しております。
なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、時価については、固定資産税評価額に合理的な調整を加えて算定した額を正味売却価額としております。
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自平成18年1月1日 至平成18年12月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式(注)1
4,659,680
2,343,340
7,003,020
合計
4,659,680
2,343,340
7,003,020
自己株式
       
普通株式(注)2,3
2,520
16,010
2,000
16,530
合計
2,520
16,010
2,000
16,530
 (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加9,000株は、新株予約権の行使による新株の発行による増加であり、2,334,340株は平成18年7月1日付で株式分割(1:1.5)を実施したことに伴う増加であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の増加16,010株は、単元未満株式の買取による増加であります。
3.普通株式の自己株式の株式数の減少2,000株は、新株予約権の行使に自己株式を代用したことによる減少であります。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配  当  額(円)
基準日
効力発生日
平成18年3月24日
定時株主総会
普通株式
32,600
7.00
平成17年12月31日
平成18年3月24日
(2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配  当  額(円)
基準日
効力発生日
平成19年3月28日
定時株主総会
普通株式
41,918
利益剰余金 
6.00
平成18年12月31日
平成19年3月29日
当事業年度(自平成19年1月1日 至平成19年12月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式(注)1
7,003,020
41,500
7,044,520
合計
7,003,020
41,500
7,044,520
自己株式
       
普通株式(注)2,3
16,530
15,000
20,000
11,530
合計
16,530
15,000
20,000
11,530
 (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加41,500株は、新株予約権の行使による新株の発行による増加であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の増加15,000株は、単元未満株式の買取による増加であります。
3.普通株式の自己株式の株式数の減少20,000株は、新株予約権の行使に自己株式を代用したことによる減少であります。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配  当  額(円)
基準日
効力発生日
平成19年3月28日定
時株主総会
普通株式
41,918
6.00
平成18年12月31日
平成19年3月29日
(2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配  当  額(円)
基準日
効力発生日
平成20年3月27日
定時株主総会
普通株式
21,098
利益剰余金 
3.00
平成19年12月31日
平成20年3月28日
(キャッシュ・フロー計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
1.現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成18年12月31日現在)
1.現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年12月31日現在)
現金及び預金勘定
 680,802千円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金等
△201,777
現金及び現金同等物
479,024
現金及び預金勘定
   570,829千円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金等
△199,474
現金及び現金同等物
371,355
2.重要な非資金取引の内容
当事業年度に新たに計上した固定資産の割賦購入に係る資産及び負債の額はそれぞれ29,400千円であります。
2.重要な非資金取引の内容
当事業年度に新たに計上した固定資産の割賦購入に係る資産及び負債の額はそれぞれ384,457千円であります。
(リース取引関係)
項目
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
借主側
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
イ.賃貸用資産
借主側
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
イ.賃貸用資産
 
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
減損損失累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
機械装置
650,903
539,972
110,931
車両運搬具
1,770,290
1,028,110
742,179
合計
2,421,194
1,568,082
853,111
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
減損損失累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
機械装置
510,410
406,454
103,955
車両運搬具
2,243,870
1,143,542
1,100,328
合計
2,754,280
1,549,996
1,204,283
 
ロ.自社用資産
ロ.自社用資産
 
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
減損損失累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
その他
149,656
95,507
7,649
46,499
合計
149,656
95,507
7,649
46,499
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
減損損失累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
その他
135,169
98,223
3,337
33,608
合計
135,169
98,223
3,337
33,608
 
(2)未経過リース料期末残高相当額等
1年内
438,140千円
1年超
859,952
 計
1,298,092
リース資産減損勘定の残高
     1,978千円
(2)未経過リース料期末残高相当額等
未経過リース料期末残高相当額
1年内
521,563千円
1年超
1,371,885
 計
1,893,449
リース資産減損勘定の残高
     2,737千円
 
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
 
支払リース料
539,887千円
リース資産減損勘定の取崩額
     6,898千円
減価償却費相当額
506,845千円
支払利息相当額
67,114千円
減損損失
−千円
支払リース料
616,334千円
リース資産減損勘定の取崩額
2,579千円
減価償却費相当額
592,997千円
支払利息相当額
103,867千円
減損損失
3,337千円
 
(4)減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする級数法によっております。
(4)減価償却費相当額の算定方法
同左
 
(5)利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
(5)利息相当額の算定方法
同左
 
(6)上記の他、リースにより借受けた車両運搬具を第三者におおむね同一の条件でリースした取引に係る未経過リース料の期末残高は次のとおりであります。
(6)上記の他、リースにより借受けた車両運搬具を第三者におおむね同一の条件でリースした取引に係る未経過リース料の期末残高は次のとおりであります。
 
 
(借主側)
(貸主側)
1年内
23,776千円
24,838千円
1年超
39,168
40,745
 計
62,944
65,584
 
(借主側)
(貸主側)
1年内
16,874千円
17,797千円
1年超
23,283
24,647
 計
40,158
42,444
オペレーティング・リース取引
借主側
未経過リース料
借主側
未経過リース料
 
1年内
56,718千円
1年超
109,537
 計
166,255
1年内
201,685千円
1年超
272,871
 計
474,556
(有価証券関係)
前事業年度(平成18年12月31日)
1.その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
取得原価(千円)
貸借対照表計上額(千円)
差額(千円)
貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
10,516
15,141
4,625
(2)債券
     
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
小計
10,516
15,141
4,625
貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
16,645
15,508
△1,137
(2)債券
     
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
小計
16,645
15,508
△1,137
 
合計
27,161
30,650
3,488
2.当事業年度中に売却したその他有価証券(自平成18年1月1日 至平成18年12月31日)
売却額(千円) 
売却益の合計額(千円)
売却損の合計額(千円) 
51,000
1,000
(注)減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ30%以上下落した場合には減損処理を行っております。
当事業年度(平成19年12月31日)
その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
取得原価(千円)
貸借対照表計上額(千円)
差額(千円)
貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
8,054
10,469
2,415
(2)債券
     
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
小計
8,054
10,469
2,415
貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
19,240
17,635
△1,604
(2)債券
     
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
小計
19,240
17,635
△1,604
 
合計
27,294
28,105
810
(注)当事業年度において投資有価証券について1,828千円減損処理を行っております。なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ30%以上下落した場合には減損処理を行っております。
(デリバティブ取引関係)
1.取引の状況に関する事項
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
(1)取引の内容
利用しているデリバティブ取引は、金利スワップ取引であります。
(1)取引の内容
同左
(2)取引に対する取組方針
デリバティブ取引は、将来の金利の変動によるリスク回避を目的としており、投機的な取引は行わない方針であります。
(2)取引に対する取組方針
同左
(3)取引の利用目的
デリバティブ取引は、借入金等の将来の金利市場における利率上昇による変動リスクを回避する目的で利用しております。
(3)取引の利用目的
同左
(4)取引に係るリスクの内容
金利スワップ取引については、変動金利支払の借入金の金利上昇リスクをヘッジするための金利スワップ契約であり、実質的なリスクはないと判断しております。
また、取引の契約先は、いずれも信用度の高い金融機関であるため、契約不履行にかかる信用リスクは、ほとんどないものと判断しております。
(4)取引に係るリスクの内容
同左
(5)取引に係るリスク管理体制
デリバティブ取引の執行、管理については、取引権限等を定めた社内ルールに従い、総務部が決裁担当者の承認を得て行っております。
(5)取引に係るリスク管理体制
デリバティブ取引の執行、管理については、取引権限等を定めた社内ルールに従い、経営管理部が決裁担当者の承認を得て行っております。
(6)取引の時価等に関する事項についての補足説明
金利スワップ取引については、ヘッジ会計を適用しており、注記の対象から除いております。
(6)取引の時価等に関する事項についての補足説明
同左
2.取引の時価等に関する事項
前事業年度(自平成18年1月1日 至平成18年12月31日)
デリバティブ取引については、ヘッジ会計が適用されておりますので、注記の対象から除いております。
当事業年度(自平成19年1月1日 至平成19年12月31日)
デリバティブ取引については、ヘッジ会計が適用されておりますので、注記の対象から除いております。
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
 当社は、従来、適格退職年金制度を採用しておりましたが、平成15年3月31日をもって適格退職年金制度を廃止し、退職金前払制度へ移行しております。これに伴い、当事業年度末における退職給付引当金残高はありません。また、全国建設機械器具リース業厚生年金基金に加入しておりますが、当該厚生年金基金制度は退職給付会計に関する実務指針33項の例外処理を行う制度であります。
 なお、同基金の年金資産残高のうち当社の掛金拠出割合に基づく期末の年金資産残高は、前事業年度782,948千円、当事業年度865,842千円であります。
2.退職給付費用の内訳
項目
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
退職給付費用
   
(1)総合設立型厚生年金基金掛金(千円)
31,524
33,844
(2)前払退職金(千円)
22,255
24,454
計(千円)
53,780
58,298
(ストック・オプション等関係)
前事業年度(自平成18年1月1日 至平成18年12月31日)
ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
(1) ストック・オプションの内容
 
平成15年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
付与対象者の区分及び人数
当社取締役   4名
 当社従業員   188名
当社取締役   4名
 当社監査役   3名
 当社従業員   140名
当社取締役   4名
 当社監査役   1名
ストック・オプション数(注)
普通株式   642,000株
普通株式   523,500株
普通株式   619,500株
付与日
平成15年4月1日
平成18年4月1日
平成18年4月1日
権利確定条件
付与日(平成15年4月1日)以降、権利確定日(平成17年3月31日)まで継続して勤務していること。 
付与日(平成18年4月1日)以降、権利確定日(平成20年3月31日)まで継続して勤務していること。 
当社の取締役ないし監査役の地位を喪失したとき。
対象勤務期間
2年間(平成15年4月1日から平成17年3月31日まで)
2年間(平成18年4月1日から平成20年3月31日まで)
定めておりません。
権利行使期間
平成17年4月1日から平成20年3月31日まで 
平成20年4月1日から平成25年3月31日まで 
平成18年4月1日から平成38年3月31日までの期間内で、取締役ないし監査役の地位を喪失した日の翌日から10日を経過する日までの間 
 (注)ストック・オプション数につきましては、株式数に換算して記載しております。なお、平成18年7月1日付で普通株式1株を1.5株に分割した後の株式数に換算して記載しております。
(2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
当事業年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。 
① ストック・オプションの数
 
平成15年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
権利確定前      (株)
 
 
 
前事業年度末
付与
523,500
619,500
失効
27,000
権利確定
61,500
未確定残
496,500
558,000
権利確定後      (株)
 
 
 
前事業年度末
112,500
権利確定
61,500
権利行使
16,500
失効
82,500
未行使残
13,500
61,500
(注)株式数は、平成18年7月1日付で普通株式1株を1.5株に分割した後の株式数に換算して記載しております。よって、ストック・オプション1個につき目的となる株式数は1,500株となります。 
② 単価情報
 
平成15年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
権利行使価格      (円)
80
319
1
行使時平均株価     (円)
363
公正な評価単価(付与日)(円)
 (注)1.権利行使価格及び行使時平均株価は、平成18年7月1日付で普通株式1株を1.5株に分割した後の価格及び株価に換算して記載しております。
 2.公正な評価単価は、会社法施行日前に付与されたストック・オプションであるため記載しておりません。
当事業年度(自平成19年1月1日 至平成19年12月31日)
ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
(1) ストック・オプションの内容
 
平成15年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
付与対象者の区分及び人数
当社取締役   4名
 当社従業員   188名
当社取締役   4名
 当社監査役   3名
 当社従業員   140名
当社取締役   4名
 当社監査役   1名
ストック・オプション数(注)
普通株式   642,000株
普通株式   523,500株
普通株式   619,500株
付与日
平成15年4月1日
平成18年4月1日
平成18年4月1日
権利確定条件
付与日(平成15年4月1日)以降、権利確定日(平成17年3月31日)まで継続して勤務していること。 
付与日(平成18年4月1日)以降、権利確定日(平成20年3月31日)まで継続して勤務していること。 
当社の取締役ないし監査役の地位を喪失したとき。
対象勤務期間
2年間(平成15年4月1日から平成17年3月31日まで)
2年間(平成18年4月1日から平成20年3月31日まで)
定めておりません。
権利行使期間
平成17年4月1日から平成20年3月31日まで 
平成20年4月1日から平成25年3月31日まで 
平成18年4月1日から平成38年3月31日までの期間内で、取締役ないし監査役の地位を喪失した日の翌日から10日を経過する日までの間 
 (注)ストック・オプション数につきましては、株式数に換算して記載しております。なお、平成18年7月1日付で普通株式1株を1.5株に分割した後の株式数に換算して記載しております。
(2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
当事業年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。 
① ストック・オプションの数
 
平成15年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
権利確定前      (株)
 
 
 
前事業年度末
496,500
558,000
付与
失効
19,500
権利確定
未確定残
477,000
558,000
権利確定後      (株)
 
 
 
前事業年度末
13,500
61,500
権利確定
権利行使
61,500
失効
1,500
未行使残
12,000
(注)株式数は、平成18年7月1日付で普通株式1株を1.5株に分割した後の株式数に換算して記載しております。よって、ストック・オプション1個につき目的となる株式数は1,500株となります。 
② 単価情報
 
平成15年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
平成18年
ストック・オプション
権利行使価格      (円)
80
319
1
行使時平均株価     (円)
195
公正な評価単価(付与日)(円)
 (注)1.権利行使価格及び行使時平均株価は、平成18年7月1日付で普通株式1株を1.5株に分割した後の価格及び株価に換算して記載しております。
 2.公正な評価単価は、会社法施行日前に付与されたストック・オプションであるため記載しておりません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成18年12月31日現在)
当事業年度
(平成19年12月31日現在)
1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
(単位:千円)
役員退職慰労引当金繰入額
59,660
減損損失
56,421
貸倒引当金繰入限度超過額
27,040
未払レンタル料否認
20,228
減価償却費超過額
11,166
会員権評価損
10,681
賞与引当金繰入限度超過額
7,873
未払事業税否認
3,559
その他
8,394
繰延税金資産小計
205,027
繰延税金負債
 
有価証券評価差額金等
△1,895
繰延税金負債小計
△1,895
繰延税金資産の純額
203,131
評価性引当額
△74,036
繰延税金資産合計
129,095
繰延税金資産
(単位:千円)
減損損失
59,971
役員退職慰労引当金繰入額
53,810
貸倒引当金繰入限度超過額
27,033
減価償却費超過額
23,504
未払レンタル料否認
13,079
前受収益否認
10,551
会員権評価損
9,235
賞与引当金繰入限度超過額
7,553
その他
10,594
繰延税金資産小計
215,334
繰延税金負債
 
有価証券評価差額金等
△1,002
繰延税金負債小計
△1,002
繰延税金資産の純額
214,332
評価性引当額
△137,288
繰延税金資産合計
77,043
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の内訳
(単位:%)
法定実効税率
40.4
(調整)
 
住民税均等割
1.0
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.0
減損損失
△3.4
その他
0.1
税効果会計適用後の法人税等の負担率
39.1
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
(単位:%)
法定実効税率
40.4
(調整)
 
住民税均等割
6.1
交際費等永久に損金に算入されない項目
6.7
評価性引当額
60.7
その他
0.3
税効果会計適用後の法人税等の負担率
114.2
(持分法損益等)
  該当事項はありません。
【関連当事者との取引】
前事業年度(自平成18年1月1日 至平成18年12月31日)
該当事項はありません。 
当事業年度(自平成19年1月1日 至平成19年12月31日)
役員及び個人主要株主等 
属性
会社等の名称
住所
資本金又は出資金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
(人)
事業上の関係
役員
石塚 幸司
当社代表取締役会長
(被所有)
直接 11.1
車両の売却
5,604
(注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。 
2.取引条件及び取引条件の決定方法等
中古市場価格を参考に金額を決定しております。
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
1株当たり純資産額
   210円57銭
1株当たり当期純利益
47円84銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
  44円78銭
当社は、平成18年7月1日付で株式1株につき1.5株の株式分割を行っております。 
なお、当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前事業年度における1株当たり情報については、以下のとおりであります。 
1株当たり純資産額
   169円38銭
1株当たり当期純利益
23円00銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
  21円92銭
1株当たり純資産額
200円50銭
1株当たり当期純損失
2円11銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。 
 (注)1株当たり当期純損益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年1月1日
至 平成18年12月31日)
当事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
1株当たり当期純損益
   
当期純損益(千円)
334,381
△14,820
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純損益(千円)
334,381
△14,820
期中平均株式数(株)
6,989,761
7,020,590
     
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
   
当期純利益調整額(千円)
普通株式増加数(株)
476,911
(うち新株予約権)
( 476,911)
 (   −)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
平成18年4月1日に付与したストックオプション(新株予約権)普通株式496,500株
──────
(重要な後発事象)
該当事項はありません。 
⑤【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
佐田建設株式会社
120,000
12,120
ユアサ商事株式会社
34,549
5,154
株式会社群馬銀行
7,201
5,315
株式会社植木組
20,416
3,348
株式会社東和銀行
11,519
1,428
株式会社ヤマト
2,630
739
小計
197,316
28,105
197,316
28,105
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高(千円)
有形固定資産
             
賃貸用資産
             
簡易建物
386,820
89,970
61,209
415,581
226,797
26,242
188,783
機械装置
7,216,533
1,723,875
1,313,733
7,626,674
4,424,426
853,701
3,202,248
車両運搬具
513,621
15,272
112,563
416,330
263,421
67,311
152,909
工具器具備品
207
207
197
2
10
小計
8,117,182
1,829,117
1,487,506
8,458,793
4,914,841
947,258
3,543,951
自社用資産
             
建物
974,309
74,114
19,433
(15,354)
1,028,989
563,572
32,671
465,416
構築物
353,440
52,672
21,238
(15,343)
384,873
261,310
22,496
123,563
車両運搬具
56,451
4,780
14,504
(2,103)
46,727
37,827
5,295
8,899
工具器具備品
154,311
28,023
18,551
(4,769)
163,783
123,056
12,734
40,726
土地
1,567,396
1,567,396
1,567,396
建設仮勘定
7,350
31,342
38,692
小計
3,113,258
190,932
112,421
(37,571)
3,191,770
985,767
73,197
2,206,003
有形固定資産計
11,230,441
2,020,050
1,599,927
(37,571)
11,650,564
5,900,609
1,020,456
5,749,955
無形固定資産
             
借地権
36,832
4,948
(4,948)
31,883
31,883
ソフトウェア
191,505
191,505
191,505
535
その他
8,491
3,655
(3,655)
4,836
4,836
無形固定資産計
236,828
8,604
(8,604)
228,224
191,505
535
36,719
長期前払費用
105,587
21,290
9,178
(224)
117,697
961
171
116,736
繰延資産
             
繰延資産計
 (注)1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
賃貸用資産
   
機械装置
高所作業台
695,530千円
 
油圧ショベル類
636,140千円
2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
賃貸用資産
   
機械装置
油圧ショベル類
921,333千円
 
ローラー類
122,140千円
3.「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
【社債明細表】
銘柄
発行年月日
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
利率(%)
担保
償還期限
第1回無担保社債
平成19年2月26日
500,000
1.5
なし
 平成24年2月24日
合計
500,000
 (注)決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
1年以内(千円)
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
200,000
200,000
100,000
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
338,500
417,600
2.1
1年以内に返済予定の長期借入金
1,361,918
1,488,212
2.4
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)
2,713,405
2,511,209
2.5
平成21年〜
平成29年
その他の有利子負債
309,737
508,415
2.3
平成20年〜
平成24年
4,723,560
4,925,437
 (注)1.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
1,203,973
685,829
334,451
200,978
2.当期末残高には、取引銀行4行と締結したシンジケートローン契約(総融資限度額1,000百万円)に基づく借入額500百万円と取引銀行6行と締結したシンジケートローン契約(総融資限度額1,200百万円)に基づく借入額750百万円が含まれております。
3.その他の有利子負債は、割賦契約に伴う設備支払手形(長期を含む)及び未払金(長期を含む)であります。
4.その他の有利子負債の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年以内
(千円)
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
その他の有利子負債
168,902
124,191
83,492
79,762
52,067
5.上記の平均利率を算定する際の利率及び借入金残高は、期末時点のものであります。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
102,112
34,525
11,184
36,072
89,381
賞与引当金
19,490
18,696
19,490
18,696
役員退職慰労引当金
147,675
14,480
133,195
 (注)貸倒引当金の当期減少額(その他)は、洗替及び回収による取崩額であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 流動資産
イ.現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
12,630
預金
 
普通預金
260,286
当座預金
90,398
定期預金
180,416
定期積金
25,100
別段預金
1,996
小計
558,198
合計
570,829
ロ.受取手形
相手先別内訳
相手先
金額(千円)
鹿島道路株式会社
32,550
酒井重工業株式会社
22,575
福田道路株式会社
15,300
株式会社NIPPOコーポレーション
15,289
株式会社レックス
15,152
その他
358,257
合計
459,124
期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年1月
111,613
2月
96,669
3月
123,150
4月
107,673
5月
19,775
6月以降
241
合計
459,124
ハ.売掛金
相手先別内訳
相手先
金額(千円)
世紀東急工業株式会社
16,129
株式会社植木組
15,014
鹿島道路株式会社
11,989
株式会社NIPPOコーポレーション
11,203
ユニオン建設株式会社
10,219
その他
862,107
合計
926,663
売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率
(%)
滞留期間
(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
×100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
365
943,982
7,022,639
7,039,957
926,663
88.4
48.6
 (注)当期発生高には消費税等が含まれております。
ニ.商品
品目
金額(千円)
ブレード
8,605
ノミ・ドリル
3,673
ホース類
2,201
その他
6,893
合計
21,375
ホ.貯蔵品
品目
金額(千円)
制服
3,381
事務用品
3,087
その他
2,295
合計
8,764
② 流動負債
イ.支払手形
相手先別内訳
相手先
金額(千円)
コベルコ建機関東株式会社
67,814
株式会社ナガワ
42,039
ユアサ商事株式会社
23,170
住商レンタルサポート株式会社
22,082
株式会社カナモト
16,145
その他
431,958
合計
603,210
期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年1月
97,436
2月
100,545
3月
118,761
4月
133,425
5月
153,041
合計
603,210
ロ.買掛金
相手先
金額(千円)
コベルコ建機関東株式会社
17,514
株式会社あさひコーポレーション
9,832
株式会社ナガワ
9,696
株式会社カナモト
7,218
神鋼リース株式会社
6,757
その他
212,183
合計
263,203
ハ.未払金
相手先
金額(千円)
日立建機株式会社
78,960
東京リース株式会社
40,724
ぐんぎんリース株式会社
34,042
神鋼リース株式会社
16,922
センチュリー・リーシング・システム株式会社
14,808
その他
96,061
合計
281,520
 
ニ.設備支払手形
相手先別内訳
相手先
金額(千円)
三井リース事業株式会社
1,562
合計
1,562
期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年1月
130
2月
130
3月
130
4月
130
5月
130
6月以降
911
合計
1,562
③ 固定負債
イ.長期未払金
相手先
金額(千円)
東京リース株式会社
119,094
神鋼リース株式会社
54,575
首都圏リース株式会社
48,668
ぐんぎんリース株式会社
23,902
三菱UFJリース株式会社
26,559
その他
72,258
合計
345,058
 
ロ.長期設備支払手形
相手先別内訳
相手先
金額(千円)
三井リース事業株式会社
390
合計
390
期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成21年1月〜平成21年12月
390
合計
390
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社ニッパンレンタル、2007-12-31 期 有価証券報告書