有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

提出会社の状況

回次

第28期

第29期

第30期

第31期

第32期

決算年月

平成25年5月

平成26年5月

平成27年5月

平成28年5月

平成29年5月

売上高

(百万円)

153,148

154,972

161,051

170,203

173,190

経常利益

(百万円)

42,902

44,314

47,286

50,273

52,502

当期純利益

(百万円)

26,494

27,171

30,246

33,568

36,360

持分法を適用した場合の投資利益

(百万円)

資本金

(百万円)

22,304

22,506

22,743

23,209

23,755

発行済株式総数

(株)

127,098,571

127,202,871

127,308,971

127,511,971

127,728,671

純資産額

(百万円)

77,473

94,401

113,826

136,227

105,783

総資産額

(百万円)

136,810

154,002

188,847

223,402

198,731

1株当たり純資産額

(円)

601.77

734.20

887.28

1,062.14

824.79

1株当たり配当額

(円)

84

86

95

525

114

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額

(円)

208.47

213.75

237.78

263.64

285.11

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

208.38

213.63

237.51

263.14

284.55

自己資本比率

(%)

55.9

60.6

59.8

60.6

52.9

自己資本利益率

(%)

39.0

32.0

29.3

27.0

30.2

株価収益率

(倍)

19.14

21.47

22.58

22.34

22.87

配当性向

(%)

40.3

40.2

40.0

199.1

40.0

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

35,555

29,019

48,412

44,267

43,087

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

26,032

587

3,088

69,506

16,122

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

9,553

10,359

10,843

11,311

66,829

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

23,463

41,536

82,194

45,644

38,025

従業員数

(名)

2,497

2,468

2,406

2,500

2,422

(注)1 当社は連結財務諸表は作成しておりませんので、連結経営指標等の推移については記載しておりません。

2 売上高には消費税等は含まれておりません。

3 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。

4 第31期(平成28年5月期)の1株当たり配当額には、特別配当420円を含んでおります。

5 「1株当たり純資産額」、「1株当たり当期純利益金額」及び「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」の算定の基礎となる自己株式数については、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が所有する当社株式を含めております。なお、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が所有する自己株式数は以下のとおりであります。

 

第30期

第31期

第32期

役員報酬BIP信託口

事業年度末株式数(株)

13,200

8,826

38,165

期中平均株式数(株)

5,678

10,294

19,173

株式付与ESOP信託口

事業年度末株式数(株)

40,800

28,320

106,382

期中平均株式数(株)

17,550

32,686

55,175

事業年度末自己株式数(株)

54,000

37,146

144,547

 

 

2【沿革】

年月

事項

昭和60年10月

日本市場における、リレーショナルデータベース管理システム「Oracle」をはじめとするソフトウェアプロダクトの販売及び当該ソフトウェアプロダクトの利用を支援する各種サービスの提供を目的として、東京都新宿区に日本オラクル株式会社(資本金1,000千円)を設立。

平成2年10月

本格的な事業活動を開始

平成4年6月

大阪市西区に西日本事業所(現関西支社)を開設

平成5年7月

名古屋市中区に中部事業所(現東海オフィス)を開設

平成6年6月

東京都千代田区に本社を移転

平成6年6月

福岡市中央区に西部事業所(現九州オフィス)を開設

平成8年8月

札幌市中央区に北海道支社を開設

平成9年2月

石川県金沢市に中部支社北陸営業所(現北陸オフィス)を開設

平成9年6月

株式の額面金額を1株50,000円から1株50円に変更するため形式上の存続会社日本オラクル株式会社(旧社名:オーアールエーシーエルイーアクイジッション株式会社)と合併(注)

平成11年2月

日本証券業協会に株式を店頭登録(資本金12,164,660千円)

平成12年4月

東京証券取引所市場第一部に株式を上場(資本金22,127,910千円)

平成12年5月

仙台市青葉区に東北支社を開設

平成12年7月

大阪市北区にトレーニングキャンパス大阪を開設

平成12年8月

沖縄県那覇市に沖縄支社(現沖縄オフィス)を開設

平成12年10月

東京都渋谷区にトレーニングキャンパス渋谷を開設(現トレーニングキャンパス赤坂)

平成17年1月

広島県広島市に西日本支社広島営業所(現中国・四国オフィス)を開設

平成18年6月

兄弟会社である日本オラクルインフォメーションシステムズ株式会社(現日本オラクルインフォメーションシステムズ合同会社、平成24年3月23日に合同会社へ改組。以下、「OIS」)との協業体制を強化し、オラクル・コーポレーションの買収により加わった製品および関連サービス等の取扱窓口を当社に一本化

平成20年7月

本社ビル「オラクル青山センター」が竣工

平成20年9月

東京都港区に本店移転

平成22年6月

ハードウェア・システムズ部門を新設し、サーバー、ストレージ製品等の販売や関連サービス等の提供を開始

平成25年6月

東京都港区元赤坂の赤坂センタービルディングにオフィスを開設

(注) 当社(合併前商号オーアールエーシーエルイーアクイジッション株式会社 昭和57年2月27日設立、株式の額面金額50円)は、日本オラクル株式会社(昭和60年10月15日設立、株式の額面金額50,000円)の株式の額面金額を変更するため、平成9年6月1日を合併期日として、同社を吸収合併し、同社の資産、負債および権利義務の一切を引き継ぎ、同日をもって商号を日本オラクル株式会社に変更しましたが、合併前の当社は休業状態にあり、合併後において被合併会社の営業活動を全面的に継承いたしました。

したがいまして、実質上の存続会社は、被合併会社である日本オラクル株式会社でありますので、記載事項につきましては、特段の記述がない限り、合併前日までは実質上の存続会社について記載しております。なお、事業年度の期数は、実質上の存続会社の期数を継承しております。

 

3【事業の内容】

 当社は、米国オラクル・コーポレーションを実質的な親会社とし、同社を中心とする企業集団に属しております。当企業集団は世界各地で、クラウド・コンピューティングを含むITシステムの構築・運用に利用されるデータベース、ミドルウェアおよびアプリケーション等のソフトウェア、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器等のハードウェアの販売と、これらの製品をインターネットなどのネットワークを通じて提供するクラウドサービス、当社製品の導入や利用を支援する各種サービスの提供を行っております。

 当社は、親会社であるオラクル・コーポレーションの知的財産権の保有・管理を行っているオラクル・インターナショナル・コーポレーションと販売代理店契約を結んでおります。また、オラクル・コーポレーションの子会社で、オラクル・コーポレーションによる買収製品の日本におけるライセンス許諾権および製品販売権を保有している日本オラクルインフォメーションシステムズと相互に販売許諾契約を結んでおります。これらの契約に基づき、当社はオラクル・コーポレーションより日本市場向けに製品の供給を受け、その対価として当該製品の売上高に対する一定割合をロイヤルティとしてオラクル・インターナショナル・コーポレーション、当該買収製品については日本オラクルインフォメーションシステムズに支払っております。

 また、オラクル・コーポレーションが開発した製品の国内市場における販売と、これらに付随する関連サービスの提供を主たる業務としているため、当社独自の研究開発活動は行っておりません。

 

〔事業系統図〕

0101010_001.png

 

 各事業の内容および売上高構成比率は、次のとおりであります。

セグメントの名称

事業内容

売上高構成比率(%)(注)

第30期

(自 平成26年6月1日

至 平成27年5月31日)

第31期

(自 平成27年6月1日

至 平成28年5月31日)

第32期

(自 平成28年6月1日

至 平成29年5月31日)

新規ライセンスおよびクラウド(SaaS/PaaS/IaaS)

新規ライセンス

企業等のITシステムに利用されるデータベース管理ソフトウェア、各種ミドルウェア、ERP等の業務アプリケーションソフトウェアの新規ライセンスの提供。

28.3

27.8

25.1

クラウド

(SaaS/PaaS/IaaS)

企業等のITシステムに利用されるソフトウェアやハードウェアのリソースを、インターネットを通じたサービスとして提供。

2.0

2.7

5.3

新規ライセンスおよびクラウド(SaaS/PaaS/IaaS)計

30.3

30.5

30.3

アップデート&

プロダクト・

サポート

ソフトウェア製品のアップデート (更新版)、 パッチ (プログラム修正) 等の提供およびMy Oracle Support等インターネットや電話を通じた技術サポートの提供。

45.6

45.9

47.8

アップデート&プロダクト・サポート計

45.6

45.9

47.8

ソフトウェアおよびクラウド計

75.9

76.4

78.1

ハードウェア・システムズ

ハードウェア・

システムズ・

プロダクト

サーバー、ストレージ、エンジニアド・システム、ネットワーク機器等のハードウェアの販売およびそれらのオペレーティングシステム(OS)や関連ソフトウェアの提供。

7.2

7.0

5.4

ハードウェア・

システムズ・

サポート

ハードウェア製品の技術サポート、修理、メンテナンスの提供およびOS等関連ソフトウェアの更新版等の提供。

6.3

6.1

5.9

ハードウェア・システムズ計

13.5

13.1

11.3

サービス

当社製品の導入支援を行う「コンサルティング・サービス」、予防保守サービスやIT環境の包括的な運用管理サービスを提供する「アドバンストカスタマーサポートサービス」、技術者や利用者向けの研修事業や技術資格の認定事業「エデュケーション・サービス」の提供。

10.6

10.5

10.6

合計

100.0

100.0

100.0

(注)売上高構成比率は単位未満を四捨五入して表示しております。

 

4【関係会社の状況】

 関係会社は次のとおりであります。

名称

住所

資本金

主要な事業内容

議決権の被所有割合(%)

関係内容

(親会社)

オラクル・コーポレーション

(注)1

米国カリフォルニア州

27,065

百万米ドル

ソフトウェアおよびハードウェアの開発・販売、クラウドサービス、これらに付随するサービスの提供

74.5

(74.5)

(注)3

当社は当該親会社の開発したソフトウェアおよびハードウェア製品、クラウドサービスとこれらに付随する関連サービスを日本において販売、提供しております。

 

役員の受入1名

その他

3社(注)2

(注)1 当社の実質的な親会社であり、米国ニューヨーク証券取引所上場の継続開示会社であります。

2 これらの詳細については、「第7 提出会社の参考情報 1 提出会社の親会社等の情報」に記載のとおりであります。

3 議決権の被所有割合の( )内は、間接被所有割合で内数であります。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

平成29年5月31日現在

 

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

2,422

41.7

8.3

10,271,261

 

セグメントの名称

従業員数(名)

新規ライセンスおよびクラウド(SaaS/PaaS/IaaS)

1,103

アップデート&プロダクト・サポート

273

ハードウェア・システムズ

231

サービス

640

全社(共通)

175

合計

2,422

(注)1 上記従業員数は就業人員であり、他社からの受入出向社員(387名)、嘱託社員(2名)を含んでおります。なお、平均年齢、平均勤続年数および平均年間給与には、受入出向社員、嘱託社員は含めておりません。

2 平均年間給与は賞与及び株式付与ESOP信託制度による給与課税額を含んでおります。

 

(2)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: 日本オラクル株式会社、2017-05-31 期 有価証券報告書