有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

提出会社の経営指標等

回次

第39期

第40期

第41期

第42期

第43期

決算年月

平成25年4月

平成26年4月

平成27年4月

平成28年4月

平成29年4月

売上高

(千円)

7,478,225

8,976,497

7,751,993

7,932,175

8,259,746

経常利益

(千円)

766,136

1,559,107

895,990

752,116

736,922

当期純利益

(千円)

455,415

941,436

565,850

786,716

480,770

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

566,760

566,760

566,760

566,760

566,760

発行済株式総数

(株)

7,618,000

7,618,000

7,618,000

7,618,000

7,618,000

純資産額

(千円)

5,471,093

6,680,439

7,131,468

6,138,227

6,457,127

総資産額

(千円)

7,932,473

9,643,967

9,107,093

7,980,393

7,939,609

1株当たり純資産額

(円)

723.12

882.97

942.58

957.17

1,006.90

1株当たり配当額

(円)

14

26

28

26

26

(内1株当たり中間配当額)

(6)

(10)

(13)

(13)

(13)

1株当たり当期純利益金額

(円)

60.19

124.43

74.79

108.36

74.97

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

69.0

69.3

78.3

76.9

81.3

自己資本利益率

(%)

8.7

15.5

8.2

11.9

7.6

株価収益率

(倍)

7.23

7.48

11.39

6.99

10.58

配当性向

(%)

23.3

20.9

37.4

23.1

34.7

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

721,754

1,013,489

279,358

582,967

251,285

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

139,216

454,918

342,479

637,371

222,820

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

299,136

429,462

421,787

1,129,449

260,234

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

2,140,684

2,269,792

1,784,884

1,875,773

1,644,003

従業員数

(人)

334

371

393

403

370

[外、臨時雇用者数]

[107]

[112]

[119]

[136]

[129]

 (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

 2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式が存在していないため記載しておりません。

4.関連会社がありませんので、持分法を適用した場合の投資損益は記載しておりません。

5.契約社員・常用パート等の人数については、臨時雇用者の意味合いを有する表現であるため、その人数を[ ]外数で記載しております。

6.第41期の1株当たり配当額28円は、設立40周年記念配当2円を含んでおります。

2【沿革】

年月

事項

昭和50年4月

建築金物、仮設機材の製造販売及びプレス加工を目的として大阪府堺市神南辺町(現堺市堺区)に株式会社大三機工商会を設立

昭和50年11月

社団法人仮設工業会に入会

昭和50年11月

「DSブラケット」の製造販売を開始

昭和53年7月

「DSカプラー」の製造販売を開始

昭和55年6月

クサビ式の低層用仮設足場「ビケ足場」を開発し製造販売を開始

昭和55年12月

商品センターを設置(現堺市中区)

昭和57年3月

ビケ足場の普及を目指し、大阪府堺市平井(現堺市中区)にビケ足場事業部を設置

昭和57年8月

本社及び工場を移転(現堺市中区)

昭和58年4月

福岡市東区にビケ足場事業部福岡営業所を設置(現福岡サービスセンター)

昭和59年2月

ビケ足場事業部を「ビケ足場」の西日本地区における販売及びレンタルの会社として、資本金20,000千円で株式会社ビケとして分離
ビケ足場の設計・施工付レンタルサービスである「ビケレンタルシステム」を構築し、事業部単位での組織運営を開始

昭和59年8月

「ビケ足場」が社団法人仮設工業会の認定品となる

平成元年2月

商号を株式会社ダイサンに変更

平成元年2月

本社を移転(大阪市中央区)

平成3年10月

東京支店を設置(現東京都中央区)

平成4年3月

九州支店を設置(現福岡県古賀市)

平成7年12月

「DSハンガーステージ」の製造販売を開始

平成9年4月

経営体質の強化及び製造・開発から販売・施工にいたる総合仮設企業となるために株式会社ビケと合併し、サービスセンター15カ所、整備工場4カ所などを承継

平成12年3月

大阪証券取引所市場第二部に株式を上場

平成12年7月

品質保証の国際規格ISO9001を認証取得

平成14年7月

ISO9001(2000年版)品質マネジメントシステムに移行

平成14年11月

東日本地区へのビケ部材の直接販売開始

平成15年1月

新規事業部門として「住環境事業部」を設置

平成18年2月

首都圏進出第一号として、神奈川サービスセンターを設置 (神奈川県相模原市)

平成20年3月

「ビケレンタルシステム」から「ビケシステムサービス」へ転換

平成20年10月

社内検定「ビケ足場施工」を開始

平成21年7月

社内検定「ビケ足場診断」を開始

平成22年1月

「ビケ足場BX工法®」を標準化

平成25年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場

平成27年7月

監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行

平成29年4月

有限会社山陽セイフティーサービスの足場施工サービス事業を譲り受ける

 

3【事業の内容】

 当社は、昭和50年に建設仮設機材メーカーとして設立いたしました。その後、昭和55年に、主として住宅などの低層建築工事用足場として用いられる、日本で初めてのくさび式足場「ビケ足場」を開発し、昭和57年には、ビケ足場設計・施工業務へ進出『ビケレンタルシステム』を開発し、住宅建築工事の作業の安全と効率化を図り、労働災害の減少に貢献してまいりました。しかしながら、昨今の建築関連工事における作業環境の問題については、労働災害を始め、各種災害の未然防止という社会の要請に適切に対応していくことが求められております。

 そこで当社は、『ビケレンタルシステム』を『ビケシステムサービス』へ発展させ、企業に求められている社会的責任を追求することを事業の内容としております。

 『ビケシステムサービス』は、①ビケ足場施工サービス、②安全コンサルティングサービス、③ビケ足場システム販売の3つを柱とするサービスを提供することで、ビケ足場事業のステークホルダーの皆様に対して「安全、安心、感動」の新しい足場文化を具現することを目的としております。

 当社は現在、ビケ足場施工サービスの拠点として、西日本2府8県に19のサービスセンターと4つの整備工場、また首都圏に7つのサービスセンターと1つの整備工場、東海地区に1つのサービスセンターを擁し、ハウスメーカーなどの顧客にサービスを提供しております。

 さらに、直営のサービスセンターのほか、ビケ足場を取り扱う全国37の提携会社の傘下に143のビケ足場施工サービスの拠点があります。当社は、全国均一のサービスを提供できるように、これらの提携会社をビケ会という団体の下に組織し、施工や営業面での支援活動を行っております。

 当社は、『ビケシステムサービス』のほかに、一般仮設材の製造販売事業を展開しており、ビルなどの中高層建築工事や橋梁などの土木工事で使われる一般仮設材を扱っております。

 一般仮設材は、ビケ足場とちがい、販売だけを目的としており、仮設リース業者・ゼネコンなどに販売しております。また、ビケ足場は各種のビケ部材だけで建築用足場が組み立てられますが、一般仮設材は、他社製品と組み合わせて用いられます。

 ビケシステムサービス、販売事業の概要を図示すると、次のとおりであります。

 

0101010_001.jpg

 

 

 販売経路別の比率は、次のとおりであります。

 

販売経路

平成29年4月期

販売高比率(%)

施工サービス事業

0101010_002.png

83.2

製商品販売事業

0101010_003.png

16.8

 

合計

100.0

 

4【関係会社の状況】

 該当事項はありません。

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

平成29年4月20日現在

 

従業員数(人)

平均年令(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

370

(129)

35.5

9.7

4,587,350

 

セグメント名称

従業員数(人)

施工サービス事業

290

(121)

製商品販売事業

47

(3)

その他

7

(1)

全社(共通)

26

(4)

370

(129)

 (注)1.平均年間給与(税込み)は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。

    2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数を( )外数で記載しております。

    3.平均年令、平均勤続年数、平均年間給与には臨時雇用者を含んでおりません。

(2)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。





出典: 株式会社ダイサン、2017-04-20 期 有価証券報告書