有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)

 
コンサルティング関連事業
(百万円)
薬局関連事業
(百万円)
レンタル関連事業
(百万円)
リース・割賦関連事業
(百万円)
その他
の事業
(百万円)

(百万円)
消去
又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ  売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
 
    売上高
 
 
 
 
 
 
 
 
  (1) 外部顧客に
      対する売上高
1,419
48,983
7,893
10,024
2,105
70,427
70,427
  (2) セグメント間の内部
      売上高又は振替高
936
936
(936)
1,419
48,983
7,893
10,024
3,042
71,364
(936)
70,427
    営業費用
1,175
44,774
6,723
10,060
3,021
65,754
1,404
67,158
    営業利益又は
    営業損失(△)
244
4,209
1,170
△36
21
5,609
(2,340)
3,268
Ⅱ  資産、減価償却費及び
    資本的支出
 
 
 
 
 
 
 
 
    資産
1,632
18,688
4,083
4,904
996
30,305
5,967
36,273
    減価償却費
55
734
262
37
13
1,104
55
1,159
    資本的支出
32
1,467
1,464
68
15
3,048
167
3,216

(注) 1  事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。

2  各事業区分に属する主な事業内容は、次のとおりであります。

事業区分
事業内容
コンサルティング関連事業
医業経営コンサルティング、医師の転職支援・開業支援等
薬局関連事業
調剤薬局の経営
レンタル関連事業
入院患者等向けテレビのレンタル、販売
リース・割賦関連事業
医療機器のリース、割賦販売、販売
その他の事業
医療施設の企画・設計・施工、病院内売店の経営、
特定保健指導の受託サービス等

3  「消去又は全社」に含めた金額及び主な内容は、以下のとおりであります。

 
前連結会計年度
(百万円)
主な内容
消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額
2,337
当社の総務・経理部門等の管理部門に係る費用
消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額
7,676
当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等

 

4  会計処理の方法の変更

前連結会計年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)

  重要な資産の評価基準及び評価方法の変更

たな卸資産

  従来、主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)によっておりましたが、当連結会計年度から、新薬局会計システムの導入を契機に、店舗管理業務の合理化を図るため、主として総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)により算定しております。これが当連結会計年度の各セグメントの損益に与える影響は軽微であります。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)

本邦以外の国または地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため、該当事項はありません。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)

海外売上高はないため、該当事項はありません。

 

 

【セグメント情報】

1 報告セグメントの概要

 当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

 当社は、顧客の視点に立った事業を展開しており、事業の対象とする顧客が概ね類似している「医業支援」「薬局」「その他」の3つを報告セグメントとしております。

 「医業支援」は、医療機関と医師向けに、医業経営コンサルティング、DtoD(医師の転職支援・開業支援等)、入院患者向けテレビのレンタル及び医療機器のリース、割賦並びに医療施設の企画・設計・施工等を行っております。「薬局」は、医療機関を受診した患者向けに調剤薬局を行っております。「その他」は、その他の顧客向けにレンタルなどを行っております。

 

2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

  報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

 報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。

 セグメント間の内部収益及び振替高は第三者間取引価格に基づいております。

 

3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)

(単位:百万円)

 
報告セグメント
調整額(注1)
連結財務諸表計上額
(注2)
医業支援
薬局
その他
合計
売上高
 
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
19,995
48,983
1,448
70,427
70,427
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
1,360
1,360
△1,360
21,355
48,983
1,448
71,788
△1,360
70,427
セグメント利益
又は損失(△)
850
2,888
△76
3,661
△392
3,268
セグメント資産
10,771
18,688
845
30,305
5,967
36,273
その他の項目
 
 
 
 
 
 
  減価償却費
327
679
39
1,047
55
1,102
 のれんの償却額
1
55
56
56
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
1,362
1,467
219
3,048
167
3,216

(注)1 調整額は以下のとおりであります。

(1)セグメント利益の調整額△392百万円には、セグメント間取引消去7百万円、各報告セグメントに配分していない全社費用△399百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない全社的一般経費であります。

(2)セグメント資産の調整額5,967百万円には、投資と資本の相殺消去△1,537百万円、各報告セグメントに配分していない全社資産7,676百万円が含まれております。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない本社預金等であります。

(3)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額167百万円は、本社建物等の設備投資額であります。

2 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)

(単位:百万円)

 
報告セグメント
調整額(注1)
連結財務諸表計上額
(注2)
医業支援
薬局
その他
合計
売上高
 
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
18,631
52,916
1,240
72,789
72,789
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
1,258
1,258
△1,258
19,890
52,916
1,240
74,047
△1,258
72,789
セグメント利益
又は損失(△)
757
3,846
5
4,609
△460
4,148
セグメント資産
14,191
20,738
1,262
36,193
6,864
43,057
その他の項目
 
 
 
 
 
 
  減価償却費
644
839
104
1,588
133
1,722
 のれんの償却額
158
158
158
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
5,016
2,037
615
7,669
265
7,935

(注)1 調整額は以下のとおりであります。

(1)セグメント利益の調整額△460百万円には、セグメント間取引消去11百万円、各報告セグメントに配分していない全社費用△472百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない全社的一般経費であります。

(2)セグメント資産の調整額6,864百万円には、投資と資本の相殺消去△2,299百万円、各報告セグメントに配分していない全社資産9,308百万円が含まれております。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない本社預金等であります。

(3)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額265百万円は、本社ソフトウエア等の設備投資額であります。

2 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

(追加情報)

 当連結会計年度から、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号 平成21年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号 平成20年3月21日)を適用しております。

 

【関連情報】

当連結会計年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)

1  製品及びサービスごとの情報

(単位:百万円)

 
医業支援
薬局
その他
合計
コンサル
ティング
レンタル
リース・
割賦
その他
外部顧客への売上高
1,234
7,851
7,623
1,921
52,916
1,240
72,789

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

   本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

(2) 有形固定資産

   本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。  

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

当連結会計年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)

 
 
(単位:百万円)
 
報告セグメント
全社・消去
合計
医業支援
薬局
その他
減損損失
782
62
301
1,145
1,145

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

当連結会計年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)

 
 
(単位:百万円)
 
報告セグメント
全社・消去
合計
医業支援
薬局
その他
当期末残高
944
944
944

(注)のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

当連結会計年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)

重要性がないため、記載を省略しております。

 





出典: 総合メディカル株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書