有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

国際会計基準

移行日

第29期

第30期

第31期

決算年月

平成26年

7月1日

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

売上収益

(千円)

2,237,208

2,693,963

10,663,814

営業利益

(千円)

541,042

616,901

3,736,577

税引前利益

(千円)

553,283

1,196,180

3,728,984

親会社の所有者に帰属する当期利益

(千円)

361,935

828,359

2,987,773

当期包括利益合計

(千円)

407,301

763,207

3,431,529

親会社の所有者に帰属する持分

(千円)

1,726,851

1,994,460

3,910,513

5,985,100

総資産額

(千円)

1,964,072

3,529,113

9,631,378

14,941,525

1株当たり親会社所有者帰属持分

(円)

123.63

142.79

232.42

355.22

基本的1株当たり当期利益

(円)

25.91

56.50

177.52

希薄化後1株当たり当期利益

(円)

56.46

175.02

親会社所有者帰属持分比率

(%)

87.9

56.5

40.6

40.1

親会社所有者帰属持分当期利益率

(%)

19.5

28.1

60.4

株価収益率

(倍)

27.9

8.9

4.7

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

560,878

413,975

755,292

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

532,017

781,970

759,030

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

214,449

3,997,915

59,418

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,187,195

1,430,505

5,060,414

4,999,099

従業員数

(人)

97

117

158

393

[外、平均臨時雇用者数]

3

3

1

724

(注)1 売上収益には、消費税等は含まれておりません。

2 第30期より国際会計基準(IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成しております。なお、比較情報として、第29期についてもIFRSによる諸数値を併せて記載しております。

3 第30期に行われた事業譲受に係る暫定的な会計処理が第31期に確定したため、第30期の関連する主要な経営指標については、当該暫定的な会計処理の確定後の金額を記載しております。

 

 

回次

日本基準

第27期

第28期

第29期

第30期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

売上高

(千円)

1,733,165

1,883,243

2,240,714

2,657,737

営業利益

(千円)

314,169

377,991

566,563

580,801

経常利益

(千円)

328,409

381,992

577,251

623,264

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

192,121

221,984

313,705

785,083

包括利益

(千円)

201,775

226,891

359,071

719,931

純資産額

(千円)

1,588,300

1,710,435

1,929,815

3,808,989

総資産額

(千円)

1,789,285

1,956,625

3,474,971

9,529,179

1株当たり純資産額

(円)

113.71

122.46

138.16

226.13

1株当たり当期純利益金額

(円)

13.75

15.89

22.46

53.55

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

53.51

自己資本比率

(%)

88.8

87.4

55.5

39.9

自己資本利益率

(%)

12.5

13.5

17.2

27.4

株価収益率

(倍)

19.3

23.8

32.2

9.4

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

319,374

358,580

560,878

413,975

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

40,741

18,904

532,017

781,970

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

233,328

104,792

214,449

3,997,915

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

952,311

1,187,195

1,430,505

5,060,414

従業員数

(人)

88

97

117

158

[外、平均臨時雇用者数]

5

3

3

1

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 当社は、平成26年1月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っておりますが、平成25年6月期の期首(平成24年7月1日)に当該株式分割が行われたと仮定して、「1株当たり純資産額」及び「1株当たり当期純利益金額」を算定しております。

3 第27期の「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、また、第28期及び第29期の「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 第30期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第27期

第28期

第29期

第30期

第31期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

営業収益

(千円)

480,000

565,200

856,571

864,700

920,200

経常利益

(千円)

278,115

269,879

517,482

456,115

105,333

当期純利益

(千円)

160,995

144,994

290,998

682,872

91,450

資本金

(千円)

1,133,011

1,133,011

1,133,011

1,570,806

1,576,761

発行済株式総数

(株)

149,539

14,953,900

14,953,900

16,825,900

16,848,959

純資産額

(千円)

1,493,611

1,538,756

1,735,429

3,512,537

3,396,962

総資産額

(千円)

1,563,265

1,633,133

3,073,683

9,061,293

8,434,176

1株当たり純資産額

(円)

106.93

110.17

124.25

208.51

201.61

1株当たり配当額

(円)

700

404

12.0

14.0

18.0

(1株当たり中間配当額)

(円)

(350)

(400)

(6.0)

(7.0)

(9.0)

1株当たり当期純利益金額

(円)

11.53

10.38

20.83

46.58

5.43

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

46.54

5.36

自己資本比率

(%)

95.5

94.2

56.5

38.7

40.2

自己資本利益率

(%)

11.1

9.6

17.8

26.0

2.7

株価収益率

(倍)

23.0

36.5

34.7

10.8

154.6

配当性向

(%)

60.7

77.1

57.6

30.1

331.3

従業員数

(人)

13

13

14

17

22

[外、平均臨時雇用者数]

(注)1 営業収益には、消費税等は含まれておりません。

2 当社は、平成26年1月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っておりますが、平成25年6月期の期首(平成24年7月1日)に当該株式分割が行われたと仮定して、「1株当たり純資産額」及び「1株当たり当期純利益金額」を算定しております。

3 第28期の「1株当たり配当額」については、平成26年1月1日付で普通株式1株を100株とする株式分割を行ったため、中間配当額を株式分割前の400円、期末配当額を株式分割後の4円(株式分割前では400円)とし、年間配当額は単純合計額である404円として記載しております。

当該株式分割を考慮しない場合の年間配当額は、800円(中間配当額400円、期末配当額400円)となります。

また、平成25年6月期の期首(平成24年7月1日)に当該株式分割が行われたと仮定した1株当たり配当額(1株当たり中間配当額)」は、下記の通りであります。

回次

第27期

第28期

第29期

第30期

第31期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

1株当たり配当額    (円)

7.0

8.0

12.0

14.0

18.0

(1株当たり中間配当額)(円)

(3.5)

(4.0)

(6.0)

(7.0)

(9.0)

なお、第28期の「配当性向」については、平成26年1月1日付で行った株式分割後の1株当たり配当額」8円及び「1株当たり当期純利益金額」10.38円を基に算出しております。

4 第27期の「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、また、第28期及び第29期の「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2【沿革】

年月

沿革

平成3年12月

田村健三が島津英樹を共同経営者としてデータベース・コミュニケーションズ㈱(現 ㈱スカラ)を創業

平成11年1月

米国Computer Corporation of America社及びSirius社と国内販売代理店契約を締結し、Model204のサポートを開始

平成13年5月

㈱大阪証券取引所ナスダック・ジャパン(現東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))市場へ上場

平成15年4月

特許管理システム分野への参入を目的として、インターサイエンス㈱の特許管理システム事業(製品名:PatentManager)を買収

平成15年10月

CRM分野への参入を目的として、㈱ディーベックスを子会社化

平成16年4月

IVR(音声自動応答)分野への参入を目的として、ボダメディア㈱を子会社化

平成16年9月

持株会社体制への移行により、㈱フュージョンパートナーに商号変更すると同時に、データベース・コミュニケーションズ㈱(現 ㈱パレル)を新設会社として設立し、事業を承継

平成18年6月

子会社であるボダメディア㈱と㈱ディーベックスの両社を合併し、デジアナコミュニケーションズ㈱(現 ㈱スカラコミュニケーションズ)へ商号変更

平成22年11月

㈱ニューズウォッチを子会社化

平成24年4月

子会社であるデジアナコミュニケーションズ㈱と㈱ニューズウォッチの両社を合併(現 ㈱スカラコミュニケーションズ)

平成25年8月

梛野憲克が代表取締役社長に就任

平成26年5月

東京証券取引所市場第二部へ市場変更

平成26年12月

東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

平成27年11月

トライアックス㈱を子会社化

平成28年1月

子会社であるデータベース・コミュニケーションズ㈱を、㈱パレルへ商号変更

平成28年7月

ソフトブレーン㈱を子会社化

平成28年12月

㈱スカラへ商号変更

平成28年12月

子会社であるデジアナコミュニケーションズ㈱とトライアックス㈱の両社を合併し、㈱スカラコミュニケーションズへ商号変更

 

3【事業の内容】

 当連結会計年度にソフトブレーン㈱及びその子会社を連結の範囲に含めたことに伴い、当企業集団(当社及び当社の関係会社)では、SaaS/ASP事業、eセールスマネージャー関連事業及びフィールドマーケティング事業を主たる業務としております。

・SaaS/ASP事業

 Webをはじめ、電話、FAX等の自動音声技術を利用したSaaS/ASP型サービスを、インターネットや電話回線を通じて提供しております。

 

・eセールスマネージャー関連事業

 営業支援システムのライセンス、Cloudサービス、カスタマイズ開発、営業コンサルティング、営業スキルトレーニング、iPad等を活用した業務コンサルティング及び教育等のサービスを提供しております。

 

・フィールドマーケティング事業

 フィールド活動業務、マーケットリサーチ等のサービスを提供しております。

 

・その他

 ソフトウエアの受託開発等のサービス、ビジネス書籍の企画・編集・発行等のサービスを提供しております。

 

 当企業集団の事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次の通りであります。

 なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

 

0101010_001.png

 

 

 

 以下のサービスを中心に、企業と人のコミュニケーションを支援するサービスを提供しております。

セグメント

名  称

特    徴

SaaS/ASP事業

サイト内検索エンジン

『i-search』

企業等の自社のサイト内で、ユーザの求めているコンテンツ(ページ)をキーワードから検索するサービスです。検索結果を画像で表示することでユーザを視覚的に目的ページへ誘導し、検索キーワードからユーザニーズを把握することができます。

FAQシステム

『i-ask』

企業等の自社のサイトでのFAQ(よくある質問)コンテンツ作成に特化したコンテンツ管理サービスです。ユーザから多く寄せられる質問に回答を付けたページを、HTML等の専門知識がなくても作成・管理することができます。

総合アンケートシステム

『i-entry』

アンケート・キャンペーン受付、集計機能やメール配信機能を持った、CRM(顧客管理)サービスです。HTML等の専門知識が無くても簡単にアンケートを作成・集計することができ、会員獲得からセグメントごとのメールマガジン配信まで対応することができます。

関連リンク表示サービス

『i-linkplus』

Webサイト内の各コンテンツの下に、関連する記事等へのリンクを自動表示するサービスです。自然言語処理技術を駆使したフィルタリンクエンジンを用いて、関連記事を高精度に抽出し、高速で表示することができます。

リンクチェックシステム

『i-linkcheck』

Webサイト内のリンク切れを自動で検出してサイトの運用担当者に通知するサービスです。効果的にリンク切れを検出・修正することが可能になり、サイトのメンテナンスを速く、容易に行うことができます。

商品サイト管理システム

『i-catalog』

Webサイト内の商品ページの作成・公開・更新を一元管理することができる、商品紹介ページ運用管理サービスです。HTML等の専門知識が無くても簡単に商品紹介ページを作成・管理することができます。

サイトプリントサービス

『i-print』

Webページをワンステップでイメージ通りに印刷することができるサービスです。イメージ通りの印刷でオリジナルの会社の紹介冊子等を作成することができます。

CMSサービス

『i-flow』

Webサイト更新の進捗管理から履歴までを一元管理することができるCMS(コンテンツ管理システム)サービスです。「いつ、だれが、なにを」更新したのかを一目で判別することができます。

ポイントシステム

『i-point』

店舗のPOSシステムと連携し、会員情報やポイントを一元管理することができるサービスです。集客力・リピート率アップの販売促進ツールとして、利用実績等に合わせたメール配信や、多彩なキャンペーン等を行うことができます。

カンタン学習システム

『i-learning』

カスタマイズ自在のクラウド型 e-ラーニングサービスです。

受講コース・教材・試験・ユーザの登録・編集や、受講者のレベルに合わせた様々なパターンのカリキュラムを作成することができます。

ロードサービス

支援サービス

『i-spothelper』

便利なスマートフォンアプリでユーザによる自己解決を可能とすることで、ユーザからの問い合わせを削減できるサービスです。
スマートフォンのGPS機能により、ユーザの現在位置を取得し、コールセンター支援システムに送信することで作業員の手配や店舗への誘導を効率的に行うことができます。

店舗予約支援サービス

『i-shopnavi』

来店予約・店舗連携・広告効果測定までを一つのツールで行うことができるサービスです。ユーザの電話予約から対象店舗への通知までスムーズにご案内することができます。

Webチャットシステム

『i-livechat』

ホームページに訪問したユーザと1対1のチャットを行うことができるサービスです。問い合わせが多い入力フォームでの入力方法についてのサポートや、商品やサービスに対するきめ細かいご案内を行うことができます。

バーチャルアシスタンス

『i-assist』

独自開発の言語処理エンジンを利用して、ユーザからの問い合わせ内容を理解し、自動応答によりユーザをサポートするサービスです。会話感覚で楽しみながら、ユーザの求めている商品・サービスについてのWebページの情報等を提供することができます。

 

 

セグメント

名  称

特    徴

SaaS/ASP事業

Webシステム構築

プラットフォーム
『LaCoon』

フレームワーク+モジュールから構成された、柔軟性と拡張性を兼ね備えたWebシステム構築プラットフォームを提供するサービスです。セミオーダー感覚でWebサイトを構築することができます。

ホスティングサービス

サーバ死活監視、アプリケーションのリソース監視、設定変更等の運用作業をはじめ、ドメイン取得、SSLサーバ証明書取得、その他期限管理まで、お客様のインフラ環境を構築・運用するサービスです。

デジタルギフトサービス

デジタルギフト(商品に交換可能なID付き電子メッセージ)を、企業から個人に電子メール又はSMSで贈るサービスです。

共有メール管理サービス

『dbecs』

顧客データベース管理機能を備えたWebメーラーを提供するサービスです。複数担当者での共有管理や細かな権限設定を行うことで、メールを共有しながら効率的かつ確実に対応することができます。

自動音声応答サービス

『SaaS型IVR』

企業の電話窓口で音声による自動音声応答を行うサービスです。コールセンター業務のコスト削減やオペレータ対応の品質調査、自動注文受付による商機損失の回避等を実現することができます。

キャンペーンサイト
構築サービス

PC・スマートフォン等、メディアを問わず素早くキャンペーンシステムを構築するサービスです。Webサイトから自動音声受付事務局まで一括してお任せ頂くことができます。

ビジネス情報のチェック

ツール

『ニュース配信サービス』

法人向けのニュース配信や法人サイト向けのニュース掲示等、「情報のサーチ & フィルタリング」をテーマに、独自の自然言語処理技術とインターネット検索技術を活用したニュース配信サービスです。ビジネス情報の収集・共有を効率的に行うことができます。

情報ポータルサイト

『フレッシュアイ』

PC向けの検索ポータルサイトです。検索機能や最新の話題・出来事等の情報を利用・閲覧することができます。

特許管理システム『PatentManager6』

国内外出願の期限管理・履歴管理・費用管理等の管理業務をトータルにサポートする知財業務管理サービスです。システムがお客様の知財業務のノウハウを継承し、お客様ごとに自由に設計・管理することができます。

契約業務管理システム『GripManager』

契約書の申請から締結に至るまでのプロセスを管理する契約業務管理サービスです。現場担当者と法務部門とのやりとりを効率的に管理することができます。

その他、顧客ニーズを基に開発・提供する
Webサービス

損害保険会社向けに開発・提供した、SMSを利用して保険契約者と1to1のメッセージを送受信できるメール管理サービスです。

自動車の安全運転支援サービスとして開発・提供した、IoT技術を活用したビッグデータの処理・管理サービスです。

旅行代理店向けに開発・提供した、海外旅行保険に加入した契約者のデータを管理するサービスです。

住宅設備機器メーカー向けに開発・提供した、ショールームへの来館を目的や商品ごと等詳細に予約できるサービスです。

保険代理店向けに開発・提供した、保全業務を簡単に処理することができる社内用請求受付サービスです。

個人向けECサイト運営

当社が運営するECサイトで、対戦型ゲームのトレーディングカードの売買を行うサービスです。

eセールスマネージャー関連事業

営業支援システム

(CRM/SFA)

『eセールスマネージャー』

営業支援システムのライセンス、Cloudサービス、カスタマイズ開発、営業コンサルティング、営業スキルトレーニング、iPad等を活用した業務コンサルティング及び教育等を提供するサービスです。

フィールドマーケティング事業

フィールドマーケティング

フィールド活動業務、マーケットリサーチ等を提供するサービスです。

その他

システム開発、出版

ソフトウェアの受託開発等を行うサービスです。

ビジネス書籍の企画・編集・発行等を行うサービスです。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱スカラコミュニケーションズ

(注2、3、4)

東京都渋谷区

80,000

SaaS/ASP事業

100.0

役員の兼任あり

㈱スカラサービス(注5)

東京都渋谷区

10,000

SaaS/ASP事業

100.0

役員の兼任あり

㈱パレル

東京都渋谷区

100,000

SaaS/ASP事業

100.0

役員の兼任あり

ソフトブレーン㈱(注3、6、7)

東京都中央区

826,064

eセールスマネージャー関連事業

50.2

ソフトブレーン・フィールド㈱

(注3、7)

東京都港区

151,499

フィールドマーケティング事業

85.6

(43.0)

ソフトブレーン・サービス㈱(注7)

東京都中央区

77,900

eセールスマネージャー関連事業

98.7

(49.6)

ソフトブレーン・インテグレーション㈱

(注7)

東京都中央区

50,175

eセールスマネージャー関連事業

100.0

(50.2)

ソフトブレーン・オフショア㈱(注7)

東京都中央区

90,000

その他

100.0

(50.2)

㈱ダイヤモンド・ビジネス企画(注7)

東京都中央区

10,000

その他

70.0

(35.2)

(注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.完全子会社のデジアナコミュニケーションズ㈱及びトライアックス㈱は、平成28年12月1日を効力発生日として、デジアナコミュニケーションズ㈱を存続会社、トライアックス㈱を消滅会社とする吸収合併を行いました。

平成28年12月1日付で、当社の連結子会社であるデジアナコミュニケーションズ㈱は、商号を㈱スカラコミュニケーションズに変更しております。

3.特定子会社に該当しております。

.㈱スカラコミュニケーションズ、ソフトブレーン㈱及びソフトブレーン・フィールド㈱については、売上収益(連結会社相互間の内部売上を除く)の連結売上収益に占める割合が10%を超えております。日本において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づいて作成された財務諸表における主要な損益情報等は次の通りであります。

名称

売上高

(千円)

経常利益

(千円)

当期純利益

(千円)

純資産額

(千円)

総資産額

(千円)

㈱スカラコミュニケーションズ

2,760,579

1,029,699

706,702

1,739,070

1,186,263

ソフトブレーン㈱

3,504,612

973,581

763,397

3,854,724

2,767,230

ソフトブレーン・フィールド㈱

3,184,238

247,923

172,558

1,573,202

1,204,884

平成28年10月21日付で、㈱スカラサービスを設立し連結子会社といたしました。

有価証券報告書を提出しております。

平成28年7月に、ソフトブレーン㈱の株式を追加取得したことに伴い、議決権所有割合が34.2%から45.5%となり、同社を持分法適用関連会社から連結子会社といたしました。これに伴い、ソフトブレーン㈱の子会社ソフトブレーン・フィールド㈱、ソフトブレーン・サービス㈱、ソフトブレーン・インテグレーション㈱、ソフトブレーン・オフショア㈱及び㈱ダイヤモンド・ビジネス企画も連結子会社となりました。

なお、平成29年3月にソフトブレーン㈱の株式を追加取得したことにより、議決権所有割合は50.2%となっております。

議決権所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

 

5【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成29年6月30日現在

 

セグメントの名称

従業員数(人)

SaaS/ASP事業

156(2)

eセールスマネージャー関連事業

148(47)

フィールドマーケティング事業

72(663)

その他

17(12)

合計

393(724)

(注)1.従業員数は就業人員数であり、パート及び派遣社員は( )内に外数で記載しております。

.従業員数が前連結会計年度末と比べて、235名増加しましたのは、主に、ソフトブレーン㈱を連結子会社化したためであります。

 

(2) 提出会社の状況

平成29年6月30日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

22(−)

32.2

2.4

6,066,216

 

セグメントの名称

従業員数(人)

SaaS/ASP事業

22(−)

合計

22(−)

(注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は安定しております。

 





出典: 株式会社スカラ、2017-06-30 期 有価証券報告書