有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

 (1)報告セグメントの決定方法

当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務諸表が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社グループは、商品・製品及びサービス別の事業部を置き、各事業部は、取り扱う商品・製品及びサービスについて、代理店販売、自社開発、サービス提供等の事業活動を展開しております。

したがって、当社グループは、事業部を基礎とした商品・製品及びサービス別セグメントから構成されており、「CAEソリューションサービス事業」及び「ITソリューションサービス事業」の2つを報告セグメントとしております。

 (2)各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

「CAEソリューションサービス事業」は、CAEソフトウェアの開発・販売及びCAEサービスの提供を行っております。

「ITソリューションサービス事業」は、ITソフトウェアの開発・販売及びITサービスの提供を行っております。

 

 (3)報告セグメントの変更等に関する事項

当連結会計年度より、「CAEソリューションサービス事業」の一部を組織変更に伴い「ITソリューションサービス事業」に変更しております。

なお、前連結会計年度のセグメント情報については、変更後の区分方法により作成しており、「3.報告セグメントごとの売上高、利益、その他の項目の金額に関する情報」の前連結会計年度に記載しております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

 

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自  平成27年1月1日  至  平成27年12月31日)

(単位:千円)

 

報告セグメント

合計

調整額

(注)1

連結財務諸表

計上額

(注)2

CAE
ソリューション
サービス事業

IT
ソリューション
サービス事業

売上高

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

12,878,472

2,639,797

15,518,269

15,518,269

  セグメント間の内部

  売上高又は振替高

457

69,198

69,656

69,656

12,878,929

2,708,996

15,587,926

69,656

15,518,269

セグメント利益

1,959,008

268,954

2,227,963

1,376,003

851,960

その他の項目

 

 

 

 

 

  減価償却費

129,189

9,927

139,117

60,766

199,883

  のれんの償却額

376,585

376,585

376,585

 

(注)1.セグメント利益の調整額△1,376,003千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用

△1,376,003千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であ
ります。

2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

3.セグメント資産の金額は、当社では報告セグメントに資産を配分していないため、開示しておりません。

 

当連結会計年度(自  平成28年1月1日  至  平成28年12月31日)

(単位:千円)

 

報告セグメント

合計

調整額

(注)1

連結財務諸表

計上額

(注)2

CAE
ソリューション
サービス事業

IT
ソリューション
サービス事業

売上高

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

13,165,744

2,865,859

16,031,603

16,031,603

  セグメント間の内部

  売上高又は振替高

287

138,491

138,778

138,778

13,166,031

3,004,350

16,170,382

138,778

16,031,603

セグメント利益

2,252,985

361,146

2,614,131

1,586,244

1,027,887

その他の項目

 

 

 

 

 

  減価償却費

149,410

12,353

161,764

57,106

218,870

  のれんの償却額

319,176

319,176

319,176

 

(注)1.セグメント利益の調整額△1,586,244千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用

△1,586,244千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であ
ります。

2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

3.セグメント資産の金額は、当社では報告セグメントに資産を配分していないため、開示しておりません。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成27年1月1日  至  平成27年12月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 売上高

(単位:千円)

日本

北米

その他

合計

12,212,995

1,344,119

1,961,154

15,518,269

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

(単位:千円)

日本

北米

その他

合計

251,303

39,371

29,892

320,567

 

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

当連結会計年度(自  平成28年1月1日  至  平成28年12月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 売上高

(単位:千円)

日本

北米

その他

合計

12,759,662

1,600,827

1,671,113

16,031,603

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

(単位:千円)

日本

北米

その他

合計

264,323

37,100

28,253

329,676

 

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成27年1月1日  至  平成27年12月31日)

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成28年1月1日  至  平成28年12月31日)

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自  平成27年1月1日  至  平成27年12月31日)

(単位:千円)

 

報告セグメント

全社・消去

合計

CAE
ソリューション
サービス事業

IT
ソリューション
サービス事業

当期償却額

376,585

376,585

当期末残高

2,385,929

2,385,929

 

 

当連結会計年度(自  平成28年1月1日  至  平成28年12月31日)

(単位:千円)

 

報告セグメント

全社・消去

合計

CAE
ソリューション
サービス事業

IT
ソリューション
サービス事業

当期償却額

319,176

319,176

当期末残高

2,015,430

2,015,430

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

   該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

1.関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等

前連結会計年度(自  平成27年1月1日  至  平成27年12月31日)

種類

会社等

の名称

所在地

資本金

(百万円)

事業の内容

議決権等の

被所有割合

(%)

関連当事者

との関係

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

(千円)

親会社

富士ソフト株式会社

神奈川県
横浜市
中区

26,200

情報処理システムの設計・開発・販売並びにその運営管理、保守等

直接 53.4

当社商品の販売及び技術サービスの提供
情報通信機器の購入
資金貸付
事務所賃借

資金の貸付(注)

141,192

短期貸付金

3,011,083

資金の回収(注)

150,751

利息の受取(注)

14,781

 

(注) 資金の貸付については、CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)による取引であり、金利は市場金利を勘案して合理的に決定しております。また、取引金額においては純額で表示しております。

 

当連結会計年度(自  平成28年1月1日  至  平成28年12月31日)

種類

会社等

の名称

所在地

資本金

(百万円)

事業の内容

議決権等の

被所有割合

(%)

関連当事者

との関係

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

(千円)

親会社

富士ソフト株式会社

神奈川県
横浜市
中区

26,200

情報処理システムの設計・開発・販売並びにその運営管理、保守等

直接 53.4

当社商品の販売及び技術サービスの提供
情報通信機器の購入
資金貸付
事務所賃借

資金の貸付(注)

107,691

短期貸付金

3,068,138

資金の回収(注)

50,637

利息の受取(注)

12,821

 

(注) 資金の貸付については、CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)による取引であり、金利は市場金利を勘案して合理的に決定しております。また、取引金額においては純額で表示しております。

 

 

2.親会社に関する注記

親会社情報

  富士ソフト株式会社(東京証券取引所に上場)

 

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度
(自  平成27年1月1日
  至  平成27年12月31日)

当連結会計年度
(自  平成28年1月1日
  至  平成28年12月31日)

1株当たり純資産額

433.11円

432.25円

1株当たり当期純利益金額

14.87円

14.83円

 

(注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2.株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり当期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めており、また、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式総数から控除する自己株式数に含めております。
1株当たり当期純利益金額の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は、前連結会計年度174,462株、当連結会計年度324,000株であり、1株当たり純資産額の算定上、控除した当該自己株式の期末株式数は、前連結会計年度324,000株、当連結会計年度324,000株であります。

3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前連結会計年度
(自  平成27年1月1日
   至  平成27年12月31日)

当連結会計年度
(自  平成28年1月1日
  至  平成28年12月31日)

親会社株主に帰属する当期純利益(千円)

463,388

462,115

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する
当期純利益(千円)

463,388

462,115

普通株式の期中平均株式数(株)

31,158,269

31,158,269

 

 

4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前連結会計年度末

(平成27年12月31日)

当連結会計年度末

(平成28年12月31日)

純資産の部の合計額(千円)

13,560,196

13,541,629

純資産の部の合計額から控除する金額(千円)

65,178

73,600

(うち非支配株主持分(千円))

(65,178)

(73,600)

普通株式に係る期末の純資産額(千円)

13,495,018

13,468,028

1株当たり純資産額の算定に用いられた
期末の普通株式の数(株)

31,158,269

31,158,269

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 





出典: サイバネットシステム株式会社、2016-12-31 期 有価証券報告書