有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【自己株式の取得等の状況】
(1)【定時総会決議又は取締役会決議による自己株式の買受け等の状況】
①【前決議期間における自己株式の取得等の状況】
 該当事項はありません。
②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況】
 該当事項はありません。
(2)【資本減少、定款の定めによる利益による消却又は償還株式の消却に係る自己株式の買受け等の状況】
①【前決議期間における自己株式の買受け等の状況】
 該当事項はありません。
②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況等】
 該当事項はありません。
3【配当政策】
 当社は、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。
 以上の方針に基づき、当期(平成17年9月期)においては、1株当たり2,000円(うち中間配当金1,000円)を実施することと決定いたしました。この結果、配当性向は23.4%になりました。
 内部留保金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上にコスト競争力を高め、市場ニーズに応える技術開発体制を強化するために有効投資してまいりたいと考えております。
 なお、第19期の中間配当額についての取締役会決議は平成17年5月11日に行っております。
4【株価の推移】
(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
回次
第15期
第16期
第17期
第18期
第19期
決算年月
平成13年9月
平成14年9月
平成15年9月
平成16年9月
平成17年9月
最高(円)
1,050,000
□315,000
445,000
□445,000
399,000
最低(円)
483,000
□301,000
259,000
□197,000
266,000
 (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズ市場におけるものであります。
なお、平成15年5月30日付をもって同取引所に株式を上場いたしましたので、それ以前の株価については該当事項はありません。
2.□印は、株式分割による権利落後の株価であります。
 
(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
月別
平成17年4月
5月
6月
7月
8月
9月
最高(円)
399,000
384,000
365,000
374,000
358,000
347,000
最低(円)
356,000
325,000
338,000
346,000
332,000
267,000
 (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズ市場におけるものであります。
5【役員の状況】
役名
職名
氏名
生年月日
略歴
所有株式数
(株)
代表取締役
社長
 
松岡 仁史
昭和33年3月28日生
昭和56年10月
アーサーアンダーセン公認会計士事務所入所
昭和60年6月
公認会計士登録
昭和60年10月
中谷公認会計士事務所入所
昭和61年10月
㈱情報企画設立・取締役
昭和62年11月
当社代表取締役社長(現任)
 平成4年4月
 当社税理士登録、松岡公認会計
 士事務所開設(現任)
6,018
常務取締役
東京営業部長
浦西 正善
昭和25年8月6日生
昭和49年4月
日本オリベッティ㈱(現ジェトロニクス㈱)入社
平成5年1月
国際システム㈱入社
平成6年2月
エフ・ビー・アイ㈱入社
平成7年1月
㈱ゲオシステムズ(現㈱ゲオ)入社
平成9年8月
当社入社、東京営業部長
平成12年12月
当社取締役
平成15年5月
当社常務取締役東京営業部長(現任)
330
取締役
 
大森 滋太郎
昭和32年9月30日生
昭和55年4月
大和銀行総合システム㈱入社
平成2年6月
当社入社
平成9年10月
当社大阪営業部長
平成9年11月
当社取締役(現任)
314
取締役
大阪・名古屋 営業部長
井口 宗久
昭和34年3月18日生
昭和56年4月
大和銀行総合システム㈱入社
昭和62年4月
日本シー・アンド・シーシステム㈱(現オープンフューチャーシステム㈱)入社
平成10年2月
当社入社
平成13年9月
当社名古屋営業部長(現任)
平成15年12月
当社取締役(現任)
平成16年6月
当社大阪営業部長(現任)
322
取締役
管理部長
橋本 政幸
昭和33年6月23日生
昭和57年4月
㈱住友銀行(現㈱三井住友銀行)入行
平成13年4月
公認会計士登録
平成15年11月
当社入社
平成16年10月
当社管理部長(現任)
平成16年12月
当社取締役(現任)
7
取締役
 
三宅 卓
昭和27年1月18日生
昭和52年4月
日本オリベッティ㈱(現ジェトロニクス㈱)入社
平成3年4月
㈱日本M&Aセンター入社
平成12年12月
当社取締役(現任)
平成14年7月
㈱日本M&Aセンター取締役副社長(現任)
30
常勤監査役
 
加藤 猛
昭和25年8月12日生
昭和52年4月
㈱オービック入社
昭和54年7月
立石ソフトウエア㈱ (現オムロンソフトウエア㈱)入社
平成4年1月
当社入社
平成15年6月
当社内部監査室長
平成16年12月
当社常勤監査役(現任)
201
監査役
 
垂谷 保明
昭和27年4月27日生
昭和50年4月
㈱三菱重工入社
昭和57年7月
プライスウォーターハウス会計事務所入所
昭和61年9月
公認会計士登録
昭和62年7月
㈱タケツー入社
平成5年1月
税理士登録、開成会計事務所代表(現任)
平成12年9月
当社監査役(非常勤)(現任)
1
 
 
 
 
7,223
6【コーポレート・ガバナンスの状況】
 コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
 当社は、コーポレート・ガバナンスを当社全体の重要課題と認識し、透明性の高い健全なコーポレート・ガバナンス体制及び企業倫理の構築に向け、改善努力を行っております。また、コーポレート・ガバナンスの一環として、株主・投資家への情報開示を重視してまいりました。今後も経営状態の公平性と透明性を高め、迅速な情報開示を行い、コンプライアンスの徹底を図ってまいります。
(1) 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況
① 会社の機関の基本説明
・当社の取締役会は6名の取締役で構成され、うち1名は社外取締役であります。なお、取締役会は毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。
・当社は、監査役会制度は採用しておりませんが、監査役は2名おり、1名が社外監査役、もう1名が常勤監査役であります。監査役は取締役会及び重要な会議に出席し、取締役の職務執行を監視できる体制をとっております。
・当社は、内部監査室を設置し、監査計画に従い四半期毎の決算監査及び必要な監査を実施しております。
・公認会計士監査は新日本監査法人に依頼しており、監査役及び内部監査室とも連携をとり、適時かつ適正な決算開示に努めております。
・当社は、弁護士法人淀屋橋・山上合同と継続的に顧問契約を締結しており、重要な法務的課題、コンプライアンスに関わる事象について相談、依頼をしております。
 
 ② コーポレート・ガバナンスの仕組み
高品質画像
 ③ 内部統制システムの整備の状況
 今期の取り組みとしましては、管理担当取締役が中心になり社内規程の見直し、役員社員を対象とした法令等の理解推進を目的とする社内研修などを実施し、管理体制の強化を推進してまいります。
④ 会計監査の状況
 会計監査業務を執行した公認会計士の氏名、所属する監査法人名及び補助者の構成は以下のとおりであります。
公認会計士の氏名等
所属する監査法人名 
補助者の構成
 指定社員
川島 育也 
新日本監査法人 
公認会計士 3名
 業務執行社員
井上 正彦
会計士補  6名
⑤ 社外取締役及び社外監査役との関係
 社外取締役及び社外監査役と提出会社との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
 
 (2) リスク管理体制の整備の状況
 当社は、業務執行において発生した事項を取締役会にて報告し、必要な対処を検討、実施することでリスク管理を行っております。また、それに伴う情報開示を迅速に行うことができる体制を構築しております。近年、情報技術の発展に伴い顧客情報セキュリティの重要性が増しておりますが、当社では個人情報保護方針を策定し、管理者に対しては個人情報保護に関する社内教育を実施することで、リスク管理体制の整備を行っております。
 
 ⑥ 役員報酬及び監査報酬について
当事業年度における当社の取締役及び監査役に対する役員報酬ならびに監査報酬は以下のとおりであります。
 役員報酬
区分
人数(人)
支給額(千円)
 取締役
6
95,248
 監査役
3
10,185
 合計
9
105,433
(注) 1.上記金額には株主総会決議による監査役退職慰労金453千円が含まれております。
2.上記の他に、使用人兼務取締役の使用人給与及び使用人賞与として21,000千円を支給しておりま 
 す。
3.当事業年度末の人員は取締役6名、監査役2名であります。
  監査報酬
区分
金額(千円)
 監査証明にかかわる報酬
11,000
 上記以外の報酬




出典: 株式会社 情報企画、2005-09-30 期 有価証券報告書