有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
回次
第17期
第18期
第19期
第20期
第21期
決算年月
平成15年9月
平成16年9月
平成17年9月
平成18年9月
平成19年9月
売上高               (千円)
1,296,383
1,555,534
1,489,216
2,079,483
2,348,849
経常利益                  (千円)
311,649
415,364
320,998
705,245
859,832
当期純利益                (千円)
173,071
233,151
174,787
395,196
473,651
持分法を適用した場合の
投資利益           (千円)
資本金                    (千円)
326,625
326,625
326,625
326,625
326,625
発行済株式総数              (株)
10,225
20,450
20,450
20,450
20,450
純資産額                  (千円)
1,165,886
1,361,187
1,495,756
1,839,238
2,111,097
総資産額                  (千円)
1,748,406
2,009,858
2,016,922
2,774,451
2,791,054
1株当たり純資産額          (円)
114,023.13
66,561.75
73,142.11
89,938.32
104,251.72
1株当たり配当額
(うち1株当たり中間配当額)  (円)
3,000
(−)
2,000
(500)
2,000
(1,000)
4,000
(1,000)
9,000
(4,000)
1株当たり当期純利益金額    (円)
18,740.81
11,401.07
8,547.08
19,325.00
23,247.82
潜在株式調整後1株当たり
当期純利益金額              (円)
自己資本比率         (%)
66.7
67.7
74.2
66.3
75.6
自己資本利益率         (%)
19.4
18.5
12.2
23.7
24.0
株価収益率          (倍)
33.3
27.2
31.2
16.1
11.7
配当性向           (%)
16.0
17.5
23.4
20.7
38.7
営業活動による
キャッシュ・フロー     (千円)
415,606
123,096
31,067
575,567
511,220
投資活動による
キャッシュ・フロー    (千円)
△500,332
△113,394
△143,628
△25,368
△154,880
財務活動による
キャッシュ・フロー    (千円)
351,734
△40,317
△51,018
△40,807
△198,239
現金及び現金同等物の期末残高
             (千円)
472,521
441,906
278,326
787,718
945,818
従業員数
(外、平均臨時雇用者数)    (名)
76
(59)
87
(64)
98
(64)
102
(86)
113
(113)
(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
5.従業員数には、使用人兼務役員は含まれておりません。
6.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
7.当社は、平成15年2月3日付で株式1株につき5株の分割を行っております。なお、第17期の1株当たり当期純利益金額は、株式分割が期首に行われたものとして計算しております。
8.当社は、平成15年11月20日付で株式1株につき2株の分割を行っております。なお、第18期の1株当たり当期純利益金額は、株式分割が期首に行われたものとして計算しております。
2【沿革】
年月
沿革
昭和61年10月
金融・税務・会計のパッケージソフトウエアの開発業務を目的として株式会社情報企画を大阪市に設立。
PROFIT(法人格付システム・FPシステムの総合版)をパッケージ開発・納入。
昭和62年9月
FPシステム(金融機関の顧客相談支援業務としての相続税シミュレーション等のFPシステム)をパッケージ開発・納入。
平成2年3月
FA—BOOK(金融機関の顧客自身が行うFPシミュレーションシステム)をパッケージ開発・納入。
平成3年10月
担保不動産評価管理システム(担保不動産に対する的確な保全額・担保余力の自動計算システム)をパッケージ開発・納入。
平成7年10月
決算書リーディングシステム(融資審査・財務分析のための、スキャナーによる決算書の自動読み取り・登録システム)をパッケージ開発・納入。
平成8年3月
NEW−CAPITAL(公開のための資本戦略・株価算定まで含めたフルラインのFPシステム)をパッケージ開発・納入。
平成9年9月
法人格付システム(金融機関の融資先の法人の信用格付システム)をパッケージ開発・納入。
平成9年10月
個人事業主格付システム(金融機関の融資先の個人事業主の信用格付システム)をパッケージ開発・納入。
平成10年9月
東京営業部(東京都千代田区)を開設。
平成11年3月
有価証券担保管理システム(有価証券の最新担保保全状況の自動計算システム)をパッケージ開発・納入。
平成12年2月
自己査定支援システム(金融機関の自己査定支援システム)をパッケージ開発・納入。
平成12年9月
貸倒実績率算定システム(金融機関の貸倒実績率の自動計算システム)をパッケージ開発・納入。
平成12年12月
有限会社システムデザイン(入力代行会社)を吸収合併。
平成13年10月
名古屋営業部(名古屋市中村区)を開設。
平成14年6月
信用金庫業界向けの次期信用リスク管理システムの担保、財務分析の要件定義を受注・納品。
平成14年9月
住宅ローン担保管理システム(住宅ローンの担保不動産に対する的確な保全額・担保余力の自動計算システム)を開発・納入。
債権償却・引当金管理システム(個別貸倒引当金、有税償却・無税償却の自動管理システム)をパッケージ開発・納入。
契約書作成支援システム(融資業務の契約書の一元管理システム)をパッケージ開発・納入。
平成15年5月
東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場。
平成15年9月
経営計画策定支援システム(金融機関の融資先に対する再生を支援するシステム)をパッケージ開発・納入。
信用リスク計量化システム(金融機関の貸出金の信用リスクを測定するシステム)をパッケージ開発・納入。
平成16年9月
リアルタイム連結システム(連結グループ会社の連結決算を即時処理可能なシステム)をパッケージ開発・納入
融資稟議支援システム(融資案件の管理や稟議審査の効率化を支援するシステム)をパッケージ開発・納入。
平成18年9月
 信用リスクアセット算出システム(新BISの標準的手法に対応して、信用リスクアセットを算出するシステム)を開発・納入。




出典: 株式会社 情報企画、2007-09-30 期 有価証券報告書