有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






第5【経理の状況】
1.財務諸表の作成方法について
 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59号)」(以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成18年10月1日から平成19年9月30日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年10月1日から平成20年9月30日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(平成18年10月1日から平成19年9月30日まで)の財務諸表については、新日本監査法人により監査を受け、また、当事業年度(平成19年10月1日から平成20年9月30日まで)の財務諸表については、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
 なお、新日本有限責任監査法人は、監査法人の種類の変更により、平成20年7月1日をもって新日本監査法人から名称変更しております。
3.連結財務諸表について
 当社は、子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
1【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1.現金及び預金
 
 
945,818
 
 
1,132,959
 
2.売掛金
 
 
765,140
 
 
935,098
 
3.有価証券
 
 
 
 
77,280
 
4.仕掛品
 
 
44,113
 
 
61,781
 
5.前払費用
 
 
10,935
 
 
11,784
 
6.繰延税金資産
 
 
3,910
 
 
14,647
 
7.未収収益
 
 
8,843
 
 
14,626
 
8.その他
 
 
2,004
 
 
776
 
貸倒引当金
 
 
△770
 
 
△1,022
 
流動資産合計
 
 
1,779,995
63.8
 
2,247,931
71.3
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.建物
 
75,153
 
 
75,153
 
 
減価償却累計額
 
23,353
51,799
 
28,944
46,208
 
2.車両運搬具
 
19,805
 
 
 
 
減価償却累計額
 
9,611
10,194
 
 
3.器具及び備品
 
51,001
 
 
50,547
 
 
減価償却累計額
 
40,832
10,169
 
44,320
6,226
 
4.土地
 
 
47,526
 
 
47,526
 
有形固定資産合計
 
 
119,689
4.3
 
99,961
3.2
(2)無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.電話加入権
 
 
1,116
 
 
1,116
 
2.ソフトウェア
 
 
55,407
 
 
29,485
 
無形固定資産合計
 
 
56,523
2.0
 
30,601
1.0
(3)投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
1.投資有価証券
 
 
719,096
 
 
599,510
 
2.長期貸付金
 
 
5,000
 
 
 
3.差入保証金
 
 
67,208
 
 
67,066
 
4.繰延税金資産
 
 
10,064
 
 
69,703
 
5.会員権
 
 
38,440
 
 
38,440
 
6.その他
 
 
36
 
 
 
  貸倒引当金
 
 
△5,000
 
 
 
投資その他の資産合計
 
 
834,845
29.9
 
774,721
24.5
固定資産合計
 
 
1,011,058
36.2
 
905,283
28.7
資産合計
 
 
2,791,054
100.0
 
3,153,215
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1.買掛金
 
 
16,517
 
 
50,054
 
2.未払金
 
 
98,339
 
 
97,388
 
3.未払消費税等
 
 
21,891
 
 
21,278
 
4.未払法人税等
 
 
168,596
 
 
202,357
 
5.預り金
 
 
11,360
 
 
7,041
 
6.前受収益
 
 
188,947
 
 
228,957
 
7.賞与引当金
 
 
45,917
 
 
56,183
 
8.製品保証引当金
 
 
11,484
 
 
8,705
 
流動負債合計
 
 
563,056
20.2
 
671,968
21.3
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1.役員退職慰労引当金
 
 
116,794
 
 
134,490
 
 2.その他
 
 
106
 
 
 
固定負債合計
 
 
116,900
4.2
 
134,490
4.3
負債合計
 
 
679,956
24.4
 
806,458
25.6
 
 
 
 
 
 
 
 
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
 Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
 1.資本金
 
 
326,625
11.7
 
326,625
10.4
 2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
 (1) 資本準備金
 
365,175
 
 
365,175
 
 
   資本剰余金合計
 
 
365,175
13.1
 
365,175
11.6
 3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
 (1) 利益準備金
 
1,816
 
 
1,816
 
 
  (2) その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
  プログラム等準備金
 
137,195
 
 
85,510
 
 
  繰越利益剰余金
 
1,340,213
 
 
1,678,192
 
 
   利益剰余金合計
 
 
1,479,225
53.0
 
1,765,519
56.0
 4.自己株式
 
 
△55,491
△2.0
 
△55,491
△1.8
株主資本合計 
 
 
2,115,534
75.8
 
2,401,828
76.2
 Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
△4,437
△0.2
 
△55,071
△1.8
 評価・換算差額等合計
 
 
△4,437
△0.2
 
△55,071
△1.8
 純資産合計
 
 
2,111,097
75.6
 
2,346,757
74.4
 負債純資産合計
 
 
2,791,054
100.0
 
3,153,215
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
2,348,849
100.0
 
2,397,922
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
1,040,752
44.3
 
985,819
41.1
売上総利益
 
 
1,308,096
55.7
 
1,412,103
58.9
Ⅲ 販売費及び一般管理費
 
 
 
 
 
 
 
1.役員報酬
 
115,436
 
 
133,172
 
 
2.給料手当
 
116,019
 
 
145,071
 
 
3.賞与引当金繰入額
 
12,537
 
 
15,581
 
 
4.福利厚生費
 
22,649
 
 
27,505
 
 
5.退職給付費用
 
2,068
 
 
2,661
 
 
6.
役員退職慰労引当金繰入額
 
15,654
 
 
17,695
 
 
7.広告宣伝費
 
16,206
 
 
24,046
 
 
8.旅費交通費
 
39,490
 
 
38,292
 
 
9.消耗品費
 
10,909
 
 
5,481
 
 
10.支払手数料
 
43,568
 
 
44,056
 
 
11.研究開発費
※1
 
 
2,581
 
 
12.賃借料
 
40,779
 
 
42,196
 
 
13.減価償却費
 
8,898
 
 
6,741
 
 
14.租税公課
 
14,411
 
 
14,820
 
 
15. 貸倒引当金繰入額
 
 
 
252
 
 
16.その他
 
31,347
489,976
20.9
32,179
552,336
23.0
営業利益
 
 
818,120
34.8
 
859,766
35.9
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1.受取利息
 
1,662
 
 
2,660
 
 
2.有価証券利息
 
13,847
 
 
16,723
 
 
3.受取配当金
 
30,903
 
 
12,201
 
 
4.その他
 
850
47,264
2.0
527
32,113
1.3
 Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1.自己株式取得付随費用
 
552
 
 
 
 
2.貸倒引当金繰入額
 
5,000
 
 
 
 
3.複合金融商品評価損
 
5,552
0.2
22,720
22,720
0.9
経常利益
 
 
859,832
36.6
 
869,159
36.3

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
 1.固定資産売却益
※2
406
 
 
865
 
 
 2.貸倒引当金戻入益
 
150
557
0.0
865
0.0
 Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産除売却損
※3
263
 
 
518
 
 
2.投資有価証券売却損
 
739
 
 
20,570
 
 
 3.投資有価証券評価損
 
25,000
 
 
17,800
 
 
 4.出資金償還損
 
259
 
 
 
 
5.損害賠償金
 
27,590
53,852
2.3
38,888
1.6
税引前当期純利益
 
 
806,536
34.3
 
831,137
34.7
法人税、住民税及び事業税
 
359,880
 
 
378,255
 
 
法人税等調整額
 
△26,995
332,885
14.1
△35,911
342,343
14.3
当期純利益
 
 
473,651
20.2
 
488,793
20.4
 
 
 
 
 
 
 
 
売上原価明細書
 
 
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
79,684
8.0
92,748
9.4
Ⅱ 労務費
※1
656,270
65.9
681,924
69.3
Ⅲ 経費
※2
260,505
26.1
208,850
21.3
当期総製造費用
 
996,460
100.0
983,523
100.0
期首仕掛品たな卸高
 
65,610
 
44,113
 
合計
 
1,062,071
 
1,027,636
 
期末仕掛品たな卸高
 
44,113
 
61,781
 
他勘定振替高
※3
25,177
 
11,774
 
  差引計
 
992,780
 
954,080
 
販売用ソフトウェア償却額
 
47,972
 
31,738
 
売上原価
 
1,040,752
 
985,819
 
 
 
 
 
 
 
 
前事業年度
当事業年度
原価計算の方法
個別原価計算によっております。
 同 左
  ※1.主な内訳は次のとおりであります。
項目
前事業年度
当事業年度
賃金手当(千円)
318,523
339,300
雑給(千円)
165,460
146,847
法定福利費(千円)   
54,685
57,396
賞与(千円)
47,755
61,485
賞与引当金繰入額(千円)
33,380
40,602
  ※2.主な内訳は次のとおりであります。
項目
前事業年度
当事業年度
外注加工費(千円)
121,041
64,859
賃借料(千円)
61,169
63,295
減価償却費(千円)
13,347
10,112
旅費交通費(千円)
50,571
51,447
受注損失引当金繰入額(千円)
32,711
受注損失引当金戻入益(千円)
△53,545
  ※3.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
項目
前事業年度
当事業年度
ソフトウェア(千円)
25,177
9,192
研究開発費(千円)
2,581
③【株主資本等変動計算書】
   前事業年度(自 平成18年10月1日 至 平成19年9月30日)
 
株主資本
評価・換算差額等
純資産合計
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
その他
有価証券
評価差額金
資本準備金
利益準備金
その他利益剰余金
プログラム等準備金
繰越利益
剰余金
平成18年9月30日 残高(千円)
326,625
365,175
1,816
188,740
958,047
1,840,404
△1,165
1,839,238
事業年度中の変動額
                 
プログラム準備金の取崩高     
 
 
 
△51,544
51,544
 
 
剰余金の配当  
 
 
 
 
△143,030
 
△143,030
 
△143,030
当期純利益   
 
 
 
 
473,651
 
473,651
 
473,651
自己株式の取得 
 
 
 
 
 
△55,491
△55,491
 
△55,491
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
△3,271
△3,271
事業年度中の変動額合計(千円)
△51,544
382,165
△55,491
275,130
△3,271
271,858
平成19年9月30日 残高(千円)
326,625
365,175
1,816
137,195
1,340,213
△55,491
2,115,534
△4,437
2,111,097
   当事業年度(自 平成19年10月1日 至 平成20年9月30日)
 
株主資本
評価・換算差額等
純資産合計
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
その他
有価証券
評価差額金
資本準備金
利益準備金
その他利益剰余金
プログラム等準備金
繰越利益
剰余金
平成19年9月30日 残高(千円)
326,625
365,175
1,816
137,195
1,340,213
△55,491
2,115,534
△4,437
2,111,097
事業年度中の変動額
                 
プログラム等準備金の取崩高     
 
 
 
△51,685
51,685
 
 
剰余金の配当  
 
 
 
 
△202,500
 
△202,500
 
△202,500
当期純利益   
 
 
 
 
488,793
 
488,793
 
488,793
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
△50,633
△50,633
事業年度中の変動額合計(千円)
△51,685
337,979
286,293
△50,633
235,659
平成20年9月30日 残高(千円)
326,625
365,175
1,816
85,510
1,678,192
△55,491
2,401,828
△55,071
2,346,757
④【キャッシュ・フロー計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
税引前当期純利益
 
806,536
831,137
減価償却費
 
70,218
48,593
貸倒引当金の増加額
 
4,849
252
賞与引当金の増加額
 
3,306
10,265
製品保証引当金の増減額
 
4,759
△2,779
役員退職慰労引当金の増加額
 
15,654
17,695
 受注損失引当金の減少額
 
△20,834
受取利息及び受取配当金
 
△46,413
△31,585
複合金融商品評価損 
 
22,720
 投資有価証券売却損
 
739
20,570
 投資有価証券評価損
 
25,000
17,800
有形固定資産売却益
 
△406
△865
有形固定資産除売却損
 
263
518
出資金償還損
 
259
売上債権の増減額
 
155,697
△169,958
たな卸資産の増減額
 
21,497
△17,668
その他流動資産の増加額
 
△1,121
△4,560
仕入債務の増減額
 
△47,303
33,537
 未払金の減少額
 
△18,670
△1,160
未払消費税等の減少額
 
△19,340
△613
前受収益の増加額
 
40,010
その他流動負債の増減額
 
14,197
△4,244
小計
 
968,887
809,664
利息及び配当金の受取額
 
46,380
30,442
法人税等の支払額
 
△504,048
△344,674
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
511,220
495,432

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
   有価証券の取得による支出
 
△100,000
有形固定資産の取得による支出
 
△17,164
△361
有形固定資産の売却による収入
 
666
8,172
無形固定資産の取得による支出
 
△35,849
△10,283
投資有価証券の取得による支出
 
△149,975
△49,114
投資有価証券の売却・償還による収入
 
47,392
45,531
差入保証金の回収による収入
 
120
141
差入保証金の支払による支出
 
△141
その他
 
71
△86
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△154,880
△106,000
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
自己株式取得による支出
 
△55,491
配当金の支払額
 
△142,748
△202,290
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△198,239
△202,290
Ⅳ 現金及び現金同等物の増加額
 
158,100
187,141
Ⅴ 現金及び現金同等物の期首残高
 
787,718
945,818
Ⅵ 現金及び現金同等物の期末残高
945,818
1,132,959
   
 
 
継続企業の前提に重要な疑義を抱かせる事象又は状況
   該当事項はありません。
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
その他有価証券
時価のあるもの
 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)。
その他有価証券
時価のあるもの
 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)。なお、組込デリバティブを区別して測定することができない複合金融商品については、複合金融商品全体を時価評価し、評価差額を当事業年度の営業外損益に計上しております。
 
時価のないもの
 移動平均法による原価法
時価のないもの
同 左
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
仕掛品
 個別法による原価法
仕掛品
同 左
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 定率法
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法
 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
建物          15〜39年
車両運搬具         6年
器具及び備品      3〜10年 
(会計方針の変更)
 当事業年度より、法人税法の改正に伴い、平成19年4月1日以降取得の固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
  この変更に伴う損益に与える影響はありません。
(1)有形固定資産
 定率法
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法
 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
建物          15〜39年
車両運搬具         6年
器具及び備品      3〜8年 
(追加情報)
 当事業年度より、法人税法の改正を契機として見直しを行い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 この変更に伴う損益に与える影響は軽微であります。
 
(2) 無形固定資産
  定額法
 なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間
(5年)、販売目的のソフトウェアについては販売見込数量に基づく償却額と残存有効期間(36ヶ月)を限度とする均等配分額とを比較しいずれか大きい額を償却する方法によっております。
(2) 無形固定資産
同 左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
4.引当金の計上基準
(1) 貸倒引当金
 売上債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率を勘案して、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。  
 
(1) 貸倒引当金
同 左
 
(2)賞与引当金
 従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額基準により計上しております。 
 
(2)賞与引当金
同 左
 
(3)製品保証引当金
 製品の無償補修費用の支出に備えるため、将来の補修見込額を個別に検討して必要額を計上しております。 
 
(3)製品保証引当金
同 左
 
 (4)役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支給に備えるため内規に基づく期末要支給額を計上しております。 
 
 (4)役員退職慰労引当金
同 左
 
 (5)受注損失引当金
 受注契約に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末における受注契約に係る損失見込額を計上しております。
———
5.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同 左
6.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同 左
7.その他財務諸表作成のための重要な事項
  消費税等の会計処理
 消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
  消費税等の会計処理
同 左
   重要な会計方針の変更
   該当事項はありません。
   表示方法の変更
前事業年度   
 (自 平成18年10月1日
  至 平成19年9月30日)
当事業年度    
 (自 平成19年10月1日
 至 平成20年9月30日)
───
 営業活動によるキャッシュ・フローの「前受収益の増加額」は、前事業年度は「その他流動負債の増減額」に含めて表示しておりましたが、金額的重要性が増したため、区分記載しております。
 なお、前事業年度の「その他流動負債の増減額」に含まれる「前受収益の増加額」は13,123千円であります。
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
当座借越契約
 当社は運転資金の効率的な調達を行うため2金融機関と当座借越契約を締結しております。これら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。 
当座借越契約
 当社は運転資金の効率的な調達を行うため2金融機関と当座借越契約を締結しております。これら契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。 
当座借越極度額の総額
110,000千円
借入実行残高
−千円
差引額
110,000千円
当座借越極度額の総額
110,000千円
借入実行残高
 −千円
差引額
       110,000千円
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
※1.研究開発費の総額                       
 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費
   −千円
※1.研究開発費の総額                       
 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費
    2,581千円
※2.固定資産売却益は、車両運搬具406千円であります。
※2.固定資産売却益は、車両運搬具865千円であります。
※3.固定資産除売却損は、器具及び備品263千円であります。
※3.固定資産除売却損は、車両運搬具395千円及び器具及び備品123千円であります。
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年10月1日 至 平成19年9月30日)
 1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

 
前事業年度末
株式数(株)
当事業年度増加
株式数(株)
当事業年度減少
株式数(株)
当事業年度末
株式数(株)
 発行済株式
 
 
 
 
 普通株式
20,450
20,450
 合計
20,450
20,450
 自己株式
 
 
 
 
普通株式 (注)
200
200
 合計
200
200
(注)普通株式の自己株式の増加200株は、会社法第165条第2項の規定に基づく、自己株式の市場買付による増加であります。
平成19年10月1日付をもって1株を2株に株式分割し、発行済株式総数が20,450株増加しております。
 2.配当に関する事項
 (1)配当金支払額
 
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり
 配当額(円)
基準日
効力発生日
 平成18年12月20日
 定時株主総会
普通株式
61,350
3,000
平成18年9月30日
平成18年12月21日
 平成19年4月16日
 取締役会
普通株式
81,680
4,000
平成19年3月31日
平成19年6月8日
  (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
     次のとおり決議しております。
 
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
 配当の原資 
1株当たり
 配当額(円)
基準日
効力発生日
 平成19年12月20日
 定時株主総会
普通株式
101,250
利益剰余金
5,000
平成19年9月30日
平成19年12月21日
当事業年度(自 平成19年10月1日 至 平成20年9月30日)
 1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
 
前事業年度末
株式数(株)
当事業年度増加
株式数(株)
当事業年度減少
株式数(株)
当事業年度末
株式数(株)
 発行済株式
 
 
 
 
 普通株式 (注)
20,450
20,450
40,900
 合計
20,450
20,450
40,900
 自己株式
 
 
 
 
普通株式 (注)
200
200
400
 合計
200
200
400
(注)平成19年10月1日付をもって1株を2株に株式分割し、発行済株式総数が20,450株、自己株式が200株それぞれ増加しております。
 2.配当に関する事項
 (1)配当金支払額
 
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり
 配当額(円)
基準日
効力発生日
 平成19年12月20日
 定時株主総会
普通株式
101,250
5,000
平成19年9月30日
平成19年12月21日
 平成20年5月8日
 取締役会
普通株式
101,250
2,500
平成20年3月31日
平成20年6月6日
  (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
     次のとおり決議しております。
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
 配当の原資 
1株当たり
 配当額(円)
基準日
効力発生日
 平成20年12月18日
 定時株主総会
普通株式
101,250
利益剰余金
2,500
平成20年9月30日
平成20年12月19日
(キャッシュ・フロー計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年9月30日現在)
(平成20年9月30日現在)
現金及び預金勘定
945,818
千円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
千円
現金及び現金同等物
945,818
千円
現金及び預金勘定
1,132,959
千円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
千円
現金及び現金同等物
1,132,959
千円
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
1.借主側
 内容の重要性が乏しく、契約1件当たりの金額が少額なリース取引のため、財務諸表等規則第8条の6第6項の規定により記載を省略しております。
 
1.借主側
同  左
 
 
 
 2.貸主側
オペレーティング・リース 取引
未経過リース料
 2.貸主側
オペレーティング・リース 取引
未経過リース料
1年以内 
1,260
千円
1年超   
3,150
千円
合  計
4,410
千円
1年以内 
1,260
千円
1年超   
1,890
千円
合  計
3,150
千円
(有価証券関係)
前事業年度(平成19年9月30日現在)
1.その他有価証券で時価のある有価証券
種類
取得原価
(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
差額
(千円)
貸借対照表計上額が
取得原価を超えるもの
(1) 株式
(2) 債券
 
 
 
①国債・地方債等
②社債
③その他
(3) その他
251,226
273,572
22,345
小計
251,226
273,572
22,345
貸借対照表計上額が
取得原価を超えないもの
(1) 株式
(2)債券
 
 
 
①国債・地方債等
②社債
252,250
239,726
△12,523
③その他
(3) その他
196,577
179,297
△17,279
小計
448,827
419,024
△29,803
合計
700,054
692,596
△7,457
2.時価評価されていない主な有価証券の内容
 
   貸借対照表計上額 (千円)
  その他有価証券
    非上場株式
 
26,500
   3.当事業年度中に売却したその他有価証券(自 平成18年10月1日 至 平成19年9月30日)
売却額 (千円)
売却益の合計額 (千円)
売却損の合計額 (千円)
46,662
739
   4.その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額 
 
5年超10年以内 (千円)
10年超 (千円)
 その他有価証券
 社債
 
52,900
 
100,000
当事業年度(平成20年9月30日現在)
1.その他有価証券で時価のある有価証券
種類
取得原価
(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
差額
(千円)
貸借対照表計上額が
取得原価を超えるもの
(1) 株式
(2) 債券
 
 
 
①国債・地方債等
②社債
98,000
98,634
634
③その他
(3) その他
小計
98,000
98,634
634
貸借対照表計上額が
取得原価を超えないもの
(1) 株式
(2)債券
 
 
 
①国債・地方債等
②社債
154,250
141,133
△13,116
③その他
100,000
77,280
△22,720
(3) その他
439,817
359,742
△80,074
小計
694,067
578,156
△115,910
合計
792,067
676,790
△115,276
2.時価評価されていない主な有価証券の内容
    該当事項はありません。
3.当事業年度中に売却したその他有価証券(自 平成19年10月1日 至 平成20年9月30日)
 
売却額 (千円)
売却益の合計額 (千円)
売却損の合計額 (千円)
38,430
20,570
4.その他有価証券のうち満期があるものの今後の償還予定額 
 
 
1年以内(千円) 
1年超5年以内 (千円)
10年超 (千円)
 債券
社債
 その他
 
(注)   100,000 
 
46,850
 
100,000
 (注)重要な後発事象に記載のとおり、償還価額が元本割れする可能性があります。
(デリバティブ取引関係)
前事業年度(平成19年9月30日現在)
  該当事項はありません。
  当事業年度(平成20年9月30日現在)
 1.取引の状況に関する事項
(1)取引の内容
   当社は、余剰資金の運用目的でデリバティブを組み込んだ複合金融商品を利用しております。
(2)取引に対する取組方針
   デリバティブを組み込んだ複合金融商品は、余資運用目的で行うこととし、リスクの高い投機的な取引は行わない方針であります。
(3)取引に係るリスクの内容
   デリバティブを組み込んだ複合金融商品は、日経平均株価の変動によるリスクを有しております。また当社が行っているデリバティブ取引の相手先は、信用力の高い金融機関であるため、相手先の契約不履行による信用リスクはほとんど無いものと認識しております。
(4)取引に係るリスク管理体制
 当社のデリバティブ取引は、定められた運用資金の範囲内でのみ行うものであり、取締役会における承認を受けたうえで管理部が実行及び管理をしております。
 2.取引の時価等に関する事項
種類
当事業年度(平成20年9月30日)
契約額等
(千円)
時価
(千円)
評価損益
(千円)
市場取引以外の取引
複合金融商品
100,000
77,280
△22,720
合計
100,000
77,280
△22,720
 (注)1.時価の算定方法
 取引金融機関より提示された価格等に基づき算定しております。
    2.評価損益について
      組込デリバティブについて、時価の測定を合理的に区分して測定できないため、当該複合金融商品全体を時価評価し、評価差額を損益に計上しております。
 3.契約額等について
      当該複合金融商品の期首帳簿価額を表示しております。
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
   当社は、平成17年10月より、確定拠出型の制度として企業型確定拠出年金制度を採用しております。
2.退職給付債務に関する事項
  退職給付債務は、企業型確定拠出年金制度であるため、残高はありません。
 そのため、退職給付引当金は計上しておりません。
3.退職給付費用に関する事項                             
 
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
 確定拠出年金掛金 (千円)
12,188
13,741
 (注)確定拠出年金掛金は退職給付費用に計上しております。
(ストック・オプション等関係)
該当事項はありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年9月30日)
当事業年度
(平成20年9月30日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(繰延税金資産)
 
 
未払事業税
14,593
千円
未払事業所税
937
 
減価償却超過額
1,746
 
賞与引当金
18,596
 
貸倒引当金
2,336
 
製品保証引当金
4,651
 
役員退職慰労引当金
47,301
 
投資有価証券評価損
14,175
 
 その他有価証券評価差額金
3,020
 
繰延税金資産小計
107,359
 
(繰延税金負債)
 
 
プログラム等準備金
93,385
 
繰延税金負債小計
93,385
 
繰延税金資産の純額
13,974
 
(繰延税金資産)
 
 
未払事業税
15,869
千円
未払事業所税
968
 
賞与引当金
22,754
 
貸倒引当金
396
 
製品保証引当金
3,525
 
役員退職慰労引当金
54,468
 
投資有価証券評価損
7,087
 
 その他有価証券評価差額金
37,485
 
繰延税金資産小計
142,555
 
(繰延税金負債)
 
 
プログラム等準備金
58,204
 
繰延税金負債小計
58,204
 
繰延税金資産の純額
84,351
 
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省略しております。
同 左
(持分法損益等)
該当事項はありません。
(企業結合等)
  該当事項はありません。
【関連当事者との取引】
該当事項はありません。
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
1株当たり純資産額
       104,251.72円
1株当たり当期純利益金額
       23,247.82円
1株当たり純資産額
            57,944.62円
1株当たり当期純利益金額
         12,068.97円
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
 同  左
 
 当社は、平成19年10月1日付で株式1株につき2株の株式分割を行っております。
 なお、当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前事業年度の1株当たり情報については、以下のとおりとなります。
 
1株当たり純資産額
            52,125.86円
1株当たり当期純利益金額
         11,623.91円
 
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
(注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
当期純利益(千円)
473,651
488,793
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
473,651
488,793
期中平均株式数(株)
20,374
40,500
(注)1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度末
(平成19年9月30日)
当事業年度末
(平成20年9月30日)
純資産の部の合計額(千円)
2,111,097
2,346,757
普通株式に係る期末の純資産額(千円)
2,111,097
2,346,757
1株当たり純資産額の算定に用いられた
期末の普通株式数(株)
20,250
40,500
(重要な後発事象)
前事業年度
(自 平成18年10月1日
至 平成19年9月30日)
当事業年度
(自 平成19年10月1日
至 平成20年9月30日)
 株式分割               
当社は、平成19年8月7日開催の取締役会の決議に基づき下記の通り株式分割を実施いたしました。
 1.株式分割の目的
 投資家の皆様により投資しやすい環境を整えるため、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図ることを目的としております。
 2.平成19年10月1日付をもって、普通株式1株を2株に分割いたしました。
 (1)分割により増加する株式数
   株式分割前の発行済株式総数     20,450株
   分割により増加する株式数      20,450株
   株式分割後の発行済株式総数     40,900株
 (2)分割の方法
 平成19年9月30日を基準日として株主の所有株式を1株につき2株の割合をもって、分割いたしました。
 有価証券の減損について         
当社が保有している下記有価証券は、償還価額が日経平均株価に連動する複合金融商品であります。
  日経平均株価終値がノックインレベル以下をつけた
場合、償還価額は償還日の10取引営業日前の日経平均株価終値に基づいて算定されます。
  実際に平成20年10月中に日経平均株価終値がノックインレベル以下をつけたため、最近の情勢を考慮すると、日経平均株価が下落しており償還価額が元本割れする可能性があります。その場合、翌事業年度において有価証券の償還による損失の発生が見込まれますが、損失額は提出日現在のところ未確定であります。
 (1)銘柄        UBSトリガー型225連動債
 (2)当事業年度末貸借対照表計上額   77,280千円
               (取得価額100,000千円)
 (3)取得日           平成20年1月9日
 (4)満期償還日         平成21年1月9日
(5)ノックインレベル           9,787円
3.1株当たり情報に及ぼす影響
当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前事業年度における1株当たり情報及び当期首に行われたと仮定した場合の当事業年度における1株当たり情報は、それぞれ以下のとおりとなります。 
 
前事業年度
当事業年度
1株当たり純資産額
 44,969.16円
 
1株当たり純資産額
 52,125.86円
 
1株当たり当期純利益金額
 9,662.50円
 
1株当たり当期純利益金額
 11,623.91円
 
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
 同 左
 
⑤【附属明細表】
【有価証券明細表】
      【債券】
有価証券 
その他
有価証券 
銘柄
券面総額
貸借対照表計上額
(千円)
UBSトリガー型225連動債
100,000,000 円
77,280
投資有価証券
その他
有価証券
米州開発銀行
5,000,000
 メキシコペソ
45,453
 北陸インターナショナル(ケイマン)8−1
100,000,000 円
98,634
 L−バンク
100,000,000 円 
95,680
317,047
【その他】
 
 
種類及び銘柄
投資口数等(口)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他
有価証券
(投資信託受益証券)
 
 
グローバル・ソブリン・オープン
130,810,000
92,613
 フィデリティ日本配当成長株ファンド
43,000,000
31,875
 エネルギー・食糧関連ファンド
100,000,000
94,290
 ピクテグローバルインカム株式ファンド
40,000,000
34,108
 CAばらリスク軽減型ファンド 2007-5
99,477,742
64,740
 三井住友・ヨーロッパ国債ファンド
45,000,000
42,115
458,287,742
359,742
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
75,153
75,153
28,944
5,590
46,208
車両運搬具
19,805
19,805
2,491
器具及び備品
51,001
361
815
50,547
44,320
4,304
6,226
土地
47,526
47,526
47,526
有形固定資産計
193,486
361
20,621
173,226
73,265
12,386
99,961
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
電話加入権
1,116
1,116
1,116
ソフトウェア
190,250
10,283
200,534
171,049
36,206
29,485
無形固定資産計
191,366
10,283
201,650
171,049
36,206
30,601
長期前払費用
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
繰延資産計
 (注)1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
器具及び備品
開発用パソコン・サーバー等
361千円
ソフトウエア
販売用ソフトウェア
自社利用ソフトウェア 
9,192千円
  1,090千円
    2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
車両運搬具
社用車
19,805千円
器具及び備品
開発用パソコン・サーバー等
815千円
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金       (注)
5,770
1,022
5,000
770
1,022
賞与引当金
45,917
56,183
45,917
− 
56,183
製品保証引当金
11,484
8,705
11,484
− 
8,705
役員退職慰労引当金
116,794
17,695
− 
134,490
 (注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 流動資産
イ.現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
109
預金
 
当座預金
222,679
普通預金
9,981
別段預金
188
定期預金
900,000
小計
1,132,849
合計
1,132,959
ロ.売掛金
相手先別内訳
相手先
金額(千円)
信組情報サービス㈱
344,458
日本電気㈱
132,930
㈱しんきん総合サービス
73,550
㈱しんきん情報サービス
65,355
関信用金庫
49,990
その他
268,812
合計
935,098
売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
×100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
765,140
2,506,212
2,336,254
935,098
71.4
124
 (注)当期発生高には消費税等が含まれております。
ハ.仕掛品
区分
金額(千円)
システムインテグレーション事業
9,689
システムサポート事業
52,091
合計
61,781
② 流動負債
イ.買掛金
相手先
金額(千円)
㈱ゼンリン
27,801
㈱富士通エフサス
9,363
ミツイワ㈱
4,522
㈱アシスト
1,632
㈱ハルト
1,512
その他
5,222
合計
50,054
 ロ.未払法人税等
区分
金額(千円)
未払法人税
134,983
未払住民税
28,191
未払事業税
39,182
合計
202,357
ハ.前受収益
相手先
金額(千円)
㈱しんきん情報サービス
30,872
信組情報サービス㈱
19,173
㈱しんきん総合サービス
12,451
その他
166,459
合計
228,957
(3)【その他】
 特記事項はありません。




出典: 株式会社 情報企画、2008-09-30 期 有価証券報告書