有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第27期

第28期

第29期

第30期

第31期

決算年月

平成25年5月

平成26年5月

平成27年5月

平成28年5月

平成29年5月

売上高

(百万円)

33,357

38,221

39,506

48,511

52,949

経常利益

(百万円)

1,228

1,272

997

659

324

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

958

369

227

382

7

包括利益

(百万円)

971

359

236

365

240

純資産額

(百万円)

4,459

5,628

5,811

6,237

5,900

総資産額

(百万円)

23,774

24,879

24,225

25,667

24,540

1株当たり純資産額

(円)

573.12

602.87

619.07

602.33

589.71

1株当たり当期
純利益金額

(円)

127.73

46.55

25.31

42.44

0.85

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

46.31

24.99

41.55

0.83

自己資本比率

(%)

18.1

21.8

23.0

21.1

21.7

自己資本利益率

(%)

24.9

7.6

4.1

6.9

0.1

株価収益率

(倍)

5.7

11.5

23.7

12.9

604.7

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,618

1,306

3,405

272

2,103

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

4,595

1,708

1,064

773

871

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,116

490

2,100

492

816

現金及び現金同等物の
期末残高

(百万円)

3,545

3,633

3,873

3,319

3,734

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(名)

952

964

1,045

1,364

1,481

(176)

(209)

(226)

(370)

(403)

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 第27期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

3 従業員数は、就業人員数を表示しております。

4 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)を記載しております。

5 平成25年12月1日付で1株につき100株の株式分割を行いましたが、第27期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第27期

第28期

第29期

第30期

第31期

決算年月

平成25年5月

平成26年5月

平成27年5月

平成28年5月

平成29年5月

売上高

(百万円)

475

566

576

644

602

経常利益

(百万円)

344

298

421

487

466

当期純利益

(百万円)

284

257

358

228

282

資本金

(百万円)

815

1,165

1,166

1,166

1,174

発行済株式総数

(株)

78,495

8,999,500

9,004,460

9,006,380

9,039,050

純資産額

(百万円)

2,341

3,418

3,722

3,837

4,024

総資産額

(百万円)

12,083

13,791

12,982

14,240

14,481

1株当たり純資産額

(円)

312.18

375.98

405.93

415.35

432.85

1株当たり配当額

(内、1株当たり

中間配当額)

(円)

(円)

1,400

14

16

14

14

(−)

(−)

(−)

(−)

(−)

1株当たり当期純利益金額

(円)

37.89

32.51

39.84

25.41

31.32

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

32.34

39.33

24.88

30.49

自己資本比率

(%)

19.4

24.5

28.2

26.3

27.0

自己資本利益率

(%)

12.7

9.0

10.2

6.2

7.4

株価収益率

(倍)

19.4

16.4

15.0

21.5

16.4

配当性向

(%)

37.0

43.1

40.2

55.1

44.7

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(名)

53

59

62

69

70

( 2)

( 2)

( 2)

( 3)

( 4)

 

(注) 1 売上高には消費税等は含まれておりません。

2 第27期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

3 従業員数は、就業人員数を表示しております。

4 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)を記載しております。

5 平成25年12月1日付で1株につき100株の株式分割を行いましたが、第27期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

 

 

2 【沿革】

昭和59年6月

東京都豊島区に株式会社東京物産を設立。

昭和61年12月

本社を東京都文京区に移転。

昭和62年2月

東京都文京区湯島に本店を開局し、調剤薬局の営業を開始。

平成8年8月

本社を現在の東京都中野区に移転。

平成9年1月

有限会社みなみ薬局(静岡県御殿場市)を買収。

平成9年2月

株式会社協和静岡(静岡県御殿場市)を吸収合併。

平成9年11月

愛知県名古屋市の名古屋店に日本薬物動態研究所を併設。

平成12年2月

新潟県新潟市に北陸ファーマシューティカルサービス株式会社(現連結子会社・東海ファーマライズ株式会社)を設立。

平成12年5月

有限会社南魚沼郡調剤センター(新潟県南魚沼市 現連結子会社・株式会社エシックス)に当社、北陸ファーマシューティカルサービス株式会社が資本参加し、株式会社に改組。

平成13年1月

株式会社エンゼル調剤薬局(福島県内9店舗)を合併。

平成14年4月

商号をファーマライズ株式会社に変更。

平成14年5月

有限会社みなみ薬局を株式会社に改組。

平成16年5月

北陸ファーマシューティカルサービス株式会社が株式会社みなみ薬局を吸収合併し、商号を株式会社みなみ薬局に変更。

平成16年5月

株式会社双葉(現連結子会社、京都府京都市6店舗)を買収。

平成17年5月

株式会社ツジ薬局の愛知県内5店舗を営業譲受。

平成18年7月

日本薬物動態研究所をファーマライズ医薬情報研究所に名称変更。

平成19年2月

株式会社ジャスダック証券取引所へ上場。

平成19年9月

株式会社ふじい薬局(現連結子会社・北海道ファーマライズ株式会社、北海道苫小牧市14店舗)を買収。

平成21年4月

株式会社三和調剤(持分法適用関連会社、東京都武蔵野市3店舗)と業務資本提携。

平成21年6月

ファーマライズ株式会社をファーマライズホールディングス株式会社に商号変更。

また、新設分割により持株会社体制に移行し、ファーマライズ株式会社を新設。

平成21年9月

株式会社三和調剤(現連結子会社・ファーマライズ株式会社、東京都武蔵野市3店舗)を買収。

平成21年9月

株式会社ハイレンメディカル(現連結子会社・北海道ファーマライズ株式会社、北海道内18店舗、秋田県大館市2店舗)を買収。

平成21年12月

株式会社北町薬局(現連結子会社・ファーマライズ株式会社、東京都練馬区3店舗)を買収。

平成22年3月

有限会社エム・シー(持分法適用関連会社、宮城県仙台市3店舗)と業務資本提携。

平成22年4月

新世薬品株式会社(持分法適用関連会社、兵庫県淡路市14店舗)と業務資本提携。

平成22年4月

株式会社ジャスダック証券取引所と株式会社大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)へ上場。

平成22年10月

大阪証券取引所JASDAQ市場、同取引所ヘラクレス市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)へ上場。

平成23年3月

株式会社ほくやく、株式会社バイタルネット、中北薬品株式会社、伊藤忠商事株式会社と業務資本提携。

平成23年6月

株式会社メディカルフロント(現持分法適用関連会社、東京都)の株式取得。

平成23年9月

株式会社テラ・ヘルスプロモーション(現連結子会社、大阪府6店舗、和歌山県1店舗)を買収。

平成24年9月

新世薬品株式会社(現連結子会社、兵庫県15店舗)を買収。

平成24年10月

株式会社寿製作所(現連結子会社・株式会社寿データバンク、栃木県)を買収。

平成24年11月

日本メディケア株式会社(現連結子会社・ファーマライズ株式会社、東京都4店舗、神奈川県2店舗)を買収。

平成25年3月

ファーマライズプラス株式会社(現連結子会社・ファーマライズ株式会社)を設立。

平成25年4月

有限会社たかはし(現連結子会社・北海道ファーマライズ株式会社、北海道3店舗)を買収。

平成25年6月

株式会社東京みなみ薬局(現連結子会社・ファーマライズ株式会社、東京都4店舗、神奈川県1店舗)を新設

平成25年7月

大阪証券取引所と東京証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所JASDAQに上場。

平成26年1月

岩渕薬品株式会社と業務資本提携。

平成26年2月

東京証券取引所市場第二部へ市場変更。

平成26年3月

有限会社鬼怒川調剤センター(現連結子会社・ファーマライズ株式会社、栃木県1店舗)を買収。

平成26年3月

エア・ウォーター株式会社と業務提携に向けた基本合意を締結。

平成26年4月

株式会社エシックス(現連結子会社、新潟県5店舗)を買収。

平成26年5月

株式会社ヘルシーワーク(現持分法適用関連会社、大阪府18店舗、奈良県2店舗、和歌山県1店舗、兵庫県1店舗)の株式取得。

平成26年12月

株式会社ふじい薬局が北海道ファーマライズ株式会社及び株式会社たかはしを吸収合併し、商号を北海道ファーマライズ株式会社に変更。

平成26年12月

株式会社東京みなみ薬局が、日本メディケア株式会社を吸収合併。

平成27年1月

当社株式が東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。

平成27年3月

有限会社川口薬局(現連結子会社・北海道ファーマライズ株式会社、北海道3店舗)を買収。

平成27年6月

有限会社ドゥリーム(現連結子会社・株式会社ドゥリーム、沖縄県4店舗)を買収。

平成27年9月

ファーマライズ株式会社が株式会社三和調剤を吸収合併。

平成27年10月

薬ヒグチ&ファーマライズ株式会社(現連結子会社、茨城県1店舗、千葉県2店舗、東京都30店舗、神奈川県6店舗、石川県1店舗、京都府4店舗、大阪府24店舗、兵庫県2店舗、和歌山県1店舗、香川県2店舗及び佐賀県1店舗)を買収。

平成27年12月

有限会社フォーユー(現連結子会社・株式会社フォーユー、福井県4店舗)を買収。

有限会社ファコム(現連結子会社・株式会社フォーユー、福井県1店舗)を買収。

ファーマライズ株式会社が、株式会社東京みなみ薬局及び株式会社北町薬局を吸収合併。

平成28年3月

有限会社ヌーベルバーグ(現連結子会社・ファーマライズ株式会社、宮城県1店舗)を買収。

平成28年6月

ファーマライズ株式会社が、有限会社ヌーベルバーグを吸収合併。

平成28年10月

株式会社みなみ薬局が、商号を東海ファーマライズ株式会社へ変更。

平成29年1月

株式会社フォーユーが、有限会社ファコムを吸収合併。

平成29年2月

有限会社イノセ商事(現連結子会社、埼玉県1店舗)を買収。

平成29年3月

ファーマライズ株式会社が、ファーマライズプラス株式会社を吸収合併。

北海道ファーマライズ株式会社が、株式会社川口薬局を吸収合併。

平成29年4月

有限会社エム・シー(現連結子会社・株式会社エム・シー 宮城県8店舗)を買収。

 

 

3 【事業の内容】

当社は平成21年6月1日付で新設型会社分割を行い、調剤薬局事業を新設子会社のファーマライズ株式会社が承継することで、当社(ファーマライズホールディングス株式会社)は持株会社となりました。現在の当社グループは、持株会社である当社を中心に、連結子会社15社と持分法適用関連会社2社で構成されております。

なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

また、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (セグメント情報等)」をご参照ください。

それぞれの事業内容は以下のとおりであります。

(調剤薬局事業)

当社は連結子会社・関連会社において、医療機関の発行する処方せんに基づき一般患者に医薬品の調剤を行う調剤薬局を経営し、調剤による報酬は、健康保険法に基づき、患者一部負担金を患者に請求し、患者一部負担金以外については社会保険診療報酬支払基金及び国民健康保険団体連合会に請求を行っております。

当社の調剤薬局事業展開の特徴としては、持株会社体制のもとで北海道から沖縄までの地域を、各事業子会社がきめ細かく主体的に運営している点であります。出店における形態としては、ドミナント形成を意識しつつ病院に隣接した出店を中心とし、主応需医療機関(※1)とマンツーマンの医薬分業体制を構築することを基本としております。平均的な店舗面積は100〜230㎡の広さで、各投薬窓口にはグループ内ネットワークに接続したレセプトコンピュータ(※2)を配置し患者ごとに指導及び医薬品情報を提供、また投薬カウンターに仕切りを設け患者プライバシー保護に配慮した造りとしております。

また、近年におきましては、自宅や職場近くの調剤薬局を利用したいとのニーズの高まりに合わせ、街中でコンビニエンスストアを併設する新業態の開発や大型スーパーマーケットに出店する新型店舗の開発も進めております。

なお、新業態として調剤薬局が併設するコンビニエンスストアの運営事業は、調剤薬局事業とは分け、物販事業に区分しております。

(※1) 薬局が最も多く処方せんを受け取るメインクライアント(病院、診療所等)

(※2)レセプト(調剤報酬明細書)を作成するコンピュータ

(物販事業)

物販事業の主な内容は、北海道ファーマライズ株式会社による化粧品等販売事業、新世薬品株式会社によるコンビニエンスストアの運営事業並びに薬ヒグチ&ファーマライズ株式会社によるドラッグストア等の運営事業であります。

(医学資料保管・管理事業)

医学資料保管・管理事業は、調剤薬局事業の周辺業務として、株式会社寿データバンクが手掛ける紙カルテやレントゲンフィルム等の保管・管理事業であります。同事業は、全国の病院において震災対応や業務効率化のための建替・移転が活発に行われていることから、積極的な営業活動により事業基盤の安定化に努めております。

(医療モール経営事業)

医療モール経営事業は、北海道ファーマライズ株式会社がJR札幌駅内の「JRタワーオフィスプラザさっぽろ」で運営している医療モールに係る事業です。

(その他)

その他の事業の主な内容は次の3つであります。①株式会社レイケアセンターで行っている人材派遣事業、②新世薬品株式会社で行っている文具等の販売事業であります。

当社グループでは、これらの物販事業、医学資料保管・管理事業及びその他の事業につきましても、調剤薬局のシナジー事業として収益機会の拡大に向けて鋭意取り組んでおります。

 

(事業系統図)


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
又は
出資金
(百万円)

主要な
事業の
内容

議決権の所有
(被所有)割合

関係内容

所有
割合
(%)

被所有
割合
(%)

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

ファーマライズ株式会社
(注)2、3

東京都中野区

10

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任1名

運転資金の貸付

東海ファーマライズ株式会社
(注)3

愛知県
名古屋市
中川区

40

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任1名

運転資金の借入

株式会社双葉

京都府京都市
東山区

60

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任2名

運転資金の借入

北海道ファーマライズ株式会社
(注)3

北海道
苫小牧市

10

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任2名

運転資金の貸付
運転資金の借入

株式会社レイケアセンター

大阪府大阪市
中央区

60

人材派遣事業

65.0

(65.0)

役員の兼任1名

株式会社テラ・ヘルスプロモーション

大阪府大阪市
中央区

10

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任3名

新世薬品株式会社

兵庫県淡路市

45

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任2名

運転資金の貸付

株式会社寿データバンク
(注)2

栃木県足利市

320

医学資料保管・管理事業

100.0

役員の兼任2名

運転資金の貸付

株式会社鬼怒川調剤センター

栃木県日光市

10

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任2名

株式会社エシックス

新潟県新潟市
南区

10

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任1名

運転資金の借入

株式会社ドゥリーム

沖縄県沖縄市

3

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任2名

運転資金の貸付

薬ヒグチ&ファーマライズ株式会社
(注)2、3

東京都中野区

90

物販事業・
調剤薬局事業

55.1

役員の兼任2名

株式会社フォーユー

福井県福井市

8

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任1名

運転資金の貸付

有限会社イノセ商事

埼玉県所沢市

3

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任1名

運転資金の貸付

株式会社エム・シー

宮城県仙台市青葉区

5

調剤薬局事業

100.0

役員の兼任1名

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

 

株式会社メディカルフロント

東京都中央区

256

医療情報
関連事業

42.1

役員の兼任2名

運転資金の貸付

株式会社ヘルシーワーク

大阪府大阪市
北区

10

調剤薬局事業

35.0

 

(注) 1 議決権の所有割合の( )は、所有割合のうち間接所有の割合を内書しております。

2 特定子会社であります。

3 ファーマライズ㈱、東海ファーマライズ㈱、北海道ファーマライズ㈱及び薬ヒグチ&ファーマライズ㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主な損益情報等

ファーマライズ㈱

 

東海ファーマライズ㈱

(1)売上高

14,039百万円

 

(1)売上高

8,283百万円

(2)経常利益

168百万円

 

(2)経常利益

127百万円

(3)当期純利益

183百万円

 

(3)当期純利益

79百万円

(4)純資産額

1,286百万円

 

(4)純資産額

578百万円

(5)総資産額

4,446百万円

 

(5)総資産額

1,699百万円

 

北海道ファーマライズ㈱

 

薬ヒグチ&ファーマライズ㈱

(1)売上高

8,067百万円

 

(1)売上高

10,711百万円

(2)経常利益

288百万円

 

(2)経常利益

△351百万円

(3)当期純利益

231百万円

 

(3)当期純利益

△545百万円

(4)純資産額

1,045百万円

 

(4)純資産額

972百万円

(5)総資産額

2,845百万円

 

(5)総資産額

2,477百万円

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成29年5月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

調剤薬局事業

1,114(175)

物販事業

162(207)

医学資料保管・管理事業

39(8)

医療モール経営事業

19(0)

その他

9(1)

全社(共通)

138(12)

合計

1,481(403)

 

(注) 1 従業員数は当社グループから当社グループ外への出向を除き、当社グループ外から当社グループへの出向を含めた、就業人員数であります。

2 従業員数の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。

3 全社(共通)として記載しております従業員数は、特定セグメントに区分できない管理部門の人数であります。

 

(2) 提出会社の状況

平成29年5月31日現在

従業員数(名)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与(円)

70(4)

40歳3ケ月

7年7ケ月

5,817,105

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

調剤薬局事業

—(—)

物販事業

—(—)

医学資料保管・管理事業

—(—)

医療モール経営事業

—(—)

その他

—(—)

全社(共通)

70(4)

合計

70(4)

 

(注) 1 従業員数は当社から他社への出向を除き、他社から当社への出向を含む就業人員数であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 従業員数の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。

4 全社(共通)として記載しております従業員数は、特定セグメントに区分できない管理部門の人数であります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: ファーマライズホールディングス株式会社、2017-05-31 期 有価証券報告書