有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)及び当連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 仮設機材のレンタル事業の売上高、営業利益及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)及び当連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 本邦の売上高及び資産の合計額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合が90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
【海外売上高】
前連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)
 海外売上高は、いずれも連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。
当連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 海外売上高がないため該当事項はありません。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)
役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金及び出資金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者
機材クリーナー
(注)2
大阪市
淀川区
仮設機材のメンテナンス
(被所有)
直接0.04
仮設機材のメンテナンス
当社の仕入
(注)3
33,762
買掛金
2,957
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
㈲アドヴァンスジャパン
(注)4.6
大阪市
淀川区 
3,000
仮設機材のメンテナンス
仮設機材のメンテナンス
当社の仕入
 (注)5
94,774
 買掛金
9,898
(注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
2.機材クリーナーは、当社の代表取締役会長髙宮東実の近親者が代表者として個人経営しております。
3.機材クリーナーとの取引条件は、他の仮設機材メンテナンス会社と同様に決定しております。
4.㈲アドヴァンスジャパンは、アドヴァンスジャパンが組織変更したものであり、当社の代表取締役会長髙宮東実の近親者が議決権の100%を所有しております。
5.㈲アドヴァンスジャパンとの取引条件は、他の仮設機材メンテナンス会社と同様に決定しております。
6.㈲アドヴァンスジャパンに対する資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。なお、当該貸付金については、期中に返済を受け期末残高がなく、その利息に重要性がないため記載しておりません。
当連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金及び出資金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
個人主要株主及びその近親者
髙宮東実 
(注)2
当社
名誉会長
(被所有)
直接15.04
名誉会長業務の委嘱
(注)2
27,000
土地・建物等の譲渡
(注)3
210,483
 −
機材クリーナー
(注)4
大阪市
淀川区
仮設機材のメンテナンス
(被所有)
直接0.04
仮設機材のメンテナンス
当社の仕入
(注)5
35,131
買掛金
3,324
個人主要株主及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
㈲アドヴァンスジャパン
(注)6
大阪市
淀川区 
3,000
仮設機材のメンテナンス
仮設機材のメンテナンス
当社の仕入
 (注)7
91,979
 買掛金
8,835
(注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
2.当社の主要株主髙宮東実は、平成18年4月1日付で取締役を退任し、名誉会長に就任いたしました。報酬額については、委嘱する業務の内容等を勘案し、協議の上決定しております。
3.土地・建物の譲渡については、不動産鑑定評価額を参考にした不動産仲介業者の査定額等を基に協議の上決定しております。取引条件は、取引時に一括現金払いであります。
4.機材クリーナーは、主要株主となる当社の名誉会長髙宮東実の近親者が代表者として個人経営しております。
5.機材クリーナーとの取引条件は、他の仮設機材メンテナンス会社と同様に決定しております。
6.㈲アドヴァンスジャパンは、主要株主となる当社の名誉会長髙宮東実の近親者が議決権の100%を直接所有しております。
7.㈲アドヴァンスジャパンとの取引条件は、他の仮設機材メンテナンス会社と同様に決定しております。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
1株当たり純資産額
   808円71銭
1株当たり当期純利益
  84円96銭
1株当たり純資産額
      422円53銭
1株当たり当期純利益
    75円16銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、希薄化効果を有しないため記載しておりません。
 また、当社は、平成18年5月1日付で株式1株につき2株を、平成19年1月1日付で株式1株につき1.2株の株式分割を行っております。
 当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前連結会計年度における1株当たり情報については、以下のとおりとなります。
1株当たり純資産額
      336円96銭
1株当たり当期純利益
    35円40銭
(注)1.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当期純利益(千円)
399,664
823,324
普通株主に帰属しない金額(千円)
20,000
(うち利益処分による役員賞与金)
(20,000)
(−)
普通株式に係る当期純利益(千円)
379,664
823,324
期中平均株式数(千株)
4,468
10,954
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
      ──────
第1回新株予約権
新株予約権の数    200,000個
潜在株式の数     200,000株
第2回新株予約権
新株予約権の数    200,000個
潜在株式の数     200,000株第3回新株予約権
新株予約権の数    200,000個
潜在株式の数     200,000株
 なお、新株予約権の概要は、「第4提出会社の状況、1株式等の状況、(2)新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
  (注)2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
純資産の部の合計額(千円)
4,782,992
純資産の部の合計額から控除する金額
(千円)
71,240
(うち新株予約権)
(−) 
(7,800) 
(うち少数株主持分)
(−) 
(63,440) 
普通株式に係る期末の純資産額
(千円)
4,711,751
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式数(千株)
11,151
(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
1.ARSエンタープライズ㈱との合併
  当社は、屋根材の賃貸及び販売事業拡大のスピード化を図るため、当社の100%出資子会社であるARSエンタープライズ㈱を、平成18年4月1日付をもって、商法第413条ノ3第1項に定める簡易合併の方法により吸収合併いたしました。
  合併契約の概要は次のとおりであります。
 ① 合併期日  
 平成18年4月1日
 ② 合併の形態    
 当社を存続会社とし、ARSエンタープライズ㈱を消滅会社とする吸収合併とし、合併による新株の発行および資本金の増加はありません。
 ③ 財産の引継
 合併期日においてARSエンタープライズ㈱の資産・負債および権利義務の一切を承継しました。
なお、ARSエンタープライズ㈱の平成18年3月31日現在の財政状況は次のとおりであります。
資産合計  25,321千円
負債合計    711千円
資本合計  24,609千円 
2.当社は、平成18年3月23日開催の取締役会決議に基づき、平成18年5月1日付をもって次のとおり株式分割(無償交付)を行っております。
(1)株式分割の目的
株主への利益の還元、株式の流動性の向上、投資家層の拡大を図ります。
(2)株式分割の概要
 ① 分割の方法
平成18年4月30日最終の株主名簿および実質株主名簿に記載または記録された株主の所有株式数を、1株につき2株の割合を持って分割いたします。
② 分割により増加する株式数
普通株式  4,565,000株
③ 効力発生日
平成18年5月1日
④ 配当起算日
平成18年4月1日
⑤ 当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前連結会計年度における1株当たり情報および当期首に行われたと仮定した場合の当連結会計年度における1株当たり情報は、それぞれ以下のとおりとなります。
前連結会計年度
当連結会計年度
1株当たり純資産額 
1株当たり純資産額  
 340円95銭
 404円36銭
1株当たり当期純利益 
1株当たり当期純利益  
30円35銭 
42円48銭 
  なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
1.㈱エスアールジーカンキとの合併
  当社は、関西地域のシェア拡大のため、当社兵庫支店を開設(平成19年4月2日)し、同社と統合することにより重複する管理業務の効率化を進めるとともに営業力の強化を図るため、当社の100%出資子会社である㈱エスアールジーカンキを平成19年4月1日付をもって、会社法第796条第3項に定める簡易合併の方法により吸収合併いたしました。
  合併契約の概要は次のとおりであります。
 ① 合併期日  
 平成19年4月1日
 ② 合併の形態    
 当社を存続会社とし、㈱エスアールジーカンキを消滅会社とする吸収合併とし、合併による新株の発行および資本金の増加はありません。
 ③ 財産の引継
 合併期日において㈱エスアールジーカンキの資産・負債および権利義務の一切を承継しました。
なお、㈱エスアールジーカンキの平成19年3月31日現在の財政状況は次のとおりであります。
資産合計      152,944千円
負債合計    103,321千円
純資産合計   49,622千円 
2.当社は、平成19年6月19日開催の取締役会決議に基づき、設備資金の安定的かつ効率的調達を目的として、㈱三菱東京UFJ銀行を主幹事とする金融機関10社からなるシンジケート団と以下のとおりシンジケートローンの契約を締結いたしました。
契約日
平成19年6月26日
契約金額
3,500,000千円
借入利率
3ヶ月Tibor+1.2%
契約期限
平成23年4月28日
担保
無担保
保証
無保証

 

前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
 3.当社は、平成18年4月27日開催の取締役会決議に基づき、設備資金の安定的かつ効率的調達を目的として、金融機関10社からなるシンジケート団と以下のとおりシンジケートローンの契約を締結いたしました。
契約日
平成18年5月26日
契約金額
4,000,000千円
契約期限
平成22年4月30日
担保
無担保
保証
無保証
 




出典: エスアールジータカミヤ株式会社、2007-03-31 期 有価証券報告書