有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

 当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

 当社グループは、提供する製品・サービス別の事業部を置き、各事業部は取り扱う製品・サービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を行っております。

 したがって、当社グループは事業部を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「公共システム開発事業」「ネットワークシステム開発事業」「システムインテグレーション事業」「ITサービス事業」および「サポートサービス事業」の5つを報告セグメントとしております。

 各区分に属する主な製品・サービスは、それぞれ以下のとおりであります。

 

区分
主な顧客業態および製品・サービス
公共システム開発事業
コンピュータシステム構築に必要な全体または一部のソフトウェア開発を受託して行う事業のうち、官公庁、報道、通信、金融系に特化した業務
ネットワークシステム開発事業 
コンピュータシステム構築に必要な全体または一部のソフトウェア開発を受託して行う事業のうち、ネットワーク管理、運用管制、データ解析に特化した業務
システムインテグレーション事業 
顧客の業務内容を分析し、コンピュータシステムの企画・構築・運用までを一括して請負う業務(顧客のコンピュータシステム構築に関して、当社が主導的に行うソフトウェア開発の請負業務を含む)
ITサービス事業 
経営とITの統合コンサルティングからシステム構築・運用・保守に至るまでの一貫した情報技術を請負う業務(ERPシステム構築業務、インフラ構築業務を含む)
サポートサービス事業 
顧客のコンピュータシステムの運用に関する様々なニーズに対応し、導入・運用・保守・評価・教育等を支援する業務

 

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部売上高又は振替高は、市場実勢価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

(単位:千円)

 
報告セグメント
公共システム開発事業
ネットワークシステム開発事業
システムインテグレーション事業
ITサービス事業
サポートサービス事業
北海道地区
売上高
 
 
 
 
 
 
 
外部顧客への売上高
4,230,073
1,887,386
1,599,826
4,457,350
744,489
584,193
13,503,320
セグメント間の内部売上高又は振替高
73,957
5,185
8,088
117,040
577,165
73,431
854,868
4,304,031
1,892,571
1,607,914
4,574,390
1,321,655
657,625
14,358,189
セグメント利益又は損失(△)
131,053
△271,516
97,077
111,036
11,079
44,148
122,879
セグメント資産
1,158,426
571,728
770,095
1,749,531
255,258
130,153
4,635,193
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
減価償却費
33,484
23,963
40,530
50,897
7,127
2,197
158,202
のれんの償却額
15,724
39,431
55,156
有形固定資産及び無形固定資産の増加額
15,773
62,606
35,878
45,782
25,952
3,548
189,541
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他
(注)1
合計
調整額
(注)2
連結損益計算書計上額
(注)3
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
 
外部顧客への売上高
2,108,022
15,611,343
15,611,343
 
 
 
セグメント間の内部売上高又は振替高
223,377
1,078,246
△1,078,246
 
 
 
2,331,400
16,689,589
△1,078,246
15,611,343
 
 
 
セグメント利益又は損失(△)
71,422
194,301
2,188
196,489
 
 
 
セグメント資産
490,891
5,126,085
4,289,134
9,415,219
 
 
 
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
減価償却費
16,952
175,154
△5,975
169,178
 
 
 
のれんの償却額
55,156
55,156
 
 
 
有形固定資産及び無形固定資産の増加額
2,783
192,325
△6,679
185,645
 
 
 

(注) 1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、拠点として地域性をもつ独立した経営単位のセグメントおよび機器販売等を含んでおります。

2 調整額は、以下のとおりであります。

(1) セグメント利益又は損失(△)の調整額2,188千円は、セグメント間取引消去であります。

(2) セグメント資産の調整額4,289,134千円は、セグメント間取引消去△204,489千円および各報告セグメントに配分していない全社資産4,493,623千円が含まれております。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金ならびに投資有価証券であります。

(3) 減価償却費の調整額△5,975千円は、セグメント間取引消去であります。

(4) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額△6,679千円は、セグメント間取引消去であります。

3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

 

当連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

(単位:千円)

 
報告セグメント
公共システム開発事業
ネットワークシステム開発事業
システムインテグレーション事業
ITサービス事業
サポートサービス事業
北海道地区
売上高
 
 
 
 
 
 
 
外部顧客への売上高
4,804,978
1,540,941
1,466,517
4,016,325
851,085
562,867
13,242,715
セグメント間の内部売上高又は振替高
92,686
20,491
140,951
596,249
46,627
897,006
4,897,665
1,540,941
1,487,008
4,157,277
1,447,335
609,494
14,139,722
セグメント利益又は損失(△)
△50,246
△249,825
△221,839
△170,901
△3,659
16,599
△679,872
セグメント資産
961,800
534,881
1,135,501
942,727
326,772
178,546
4,080,229
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
減価償却費
30,549
39,430
43,062
51,675
15,404
2,703
182,825
のれんの償却額
15,724
39,431
55,156
有形固定資産及び無形固定資産の増加額
28,677
78,893
76,074
26,968
3,616
642
214,872
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他
(注)1
合計
調整額
(注)2
連結損益計算書計上額
(注)3
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
 
外部顧客への売上高
2,163,144
15,405,860
15,405,860
 
 
 
セグメント間の内部売上高又は振替高
217,460
1,114,467
△1,114,467
 
 
 
2,380,605
16,520,328
△1,114,467
15,405,860
 
 
 
セグメント利益又は損失(△)
152,740
△527,132
△1,293
△528,426
 
 
 
セグメント資産
572,627
4,652,857
4,496,209
9,149,067
 
 
 
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
減価償却費
24,385
207,211
△4,873
202,338
 
 
 
のれんの償却額
55,156
55,156
 
 
 
有形固定資産及び無形固定資産の増加額
9,601
224,473
△3,275
221,198
 
 
 

(注) 1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、拠点として地域性をもつ独立した経営単位のセグメントおよび機器販売等を含んでおります。

2 調整額は、以下のとおりであります。

(1) セグメント利益又は損失(△)の調整額△1,293千円は、セグメント間取引消去であります。

(2) セグメント資産の調整額4,496,209千円は、セグメント間取引消去△233,955千円および各報告セグメントに配分していない全社資産4,730,165千円が含まれております。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金ならびに投資有価証券であります。

(3) 減価償却費の調整額△4,873千円は、セグメント間取引消去であります。

(4) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額△3,275千円は、セグメント間取引消去であります。

3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

 

1.製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2) 有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 
 
(単位:千円)
顧客の名称又は氏名
売上高
関連するセグメント名
日本電気株式会社
2,685,143
公共システム開発事業
ネットワークシステム開発事業
システムインテグレーション事業
ITサービス事業
サポートサービス事業

 

 

当連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

 

1.製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2) 有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 
 
(単位:千円)
顧客の名称又は氏名
売上高
関連するセグメント名
日本電気株式会社
2,297,612
公共システム開発事業
ネットワークシステム開発事業
システムインテグレーション事業
ITサービス事業
サポートサービス事業

 

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

(単位:千円)

 
報告セグメント
公共システム開発事業
ネットワークシステム開発事業
システムインテグレーション事業
ITサービス事業
サポートサービス事業
北海道地区
減損損失
74,218
186,110
260,328
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他
全社・消去
合計
 
 
 
 
減損損失
21,374
281,703
 
 
 
 

(注) 「全社・消去」の金額は、遊休資産に係る減損損失15,278千円および売却予定資産に係る減損損失6,096千円であります。

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

(単位:千円)

 
報告セグメント
公共システム開発事業
ネットワークシステム開発事業
システムインテグレーション事業
ITサービス事業
サポートサービス事業
北海道地区
当期末残高
269,369
675,471
944,841
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他
合計
調整額
連結貸借対照表計上額
 
 
 
当期末残高
944,841
944,841
 
 
 

(注) のれん償却額に関しましては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

(単位:千円)

 
報告セグメント
公共システム開発事業
ネットワークシステム開発事業
システムインテグレーション事業
ITサービス事業
サポートサービス事業
北海道地区
当期末残高
179,426
449,930
629,356
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他
合計
調整額
連結貸借対照表計上額
 
 
 
当期末残高
629,356
629,356
 
 
 

(注) のれん償却額に関しましては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

1.関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

(ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等

前連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

 

種類
会社等の
名称又は
氏名
所在地
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
その他の 関係会社
日本電気㈱
東京都
 港区
397,199
通信機器コンピュータその他の電子機器および電子デバイスの製造および販売
(被所有)
直接
35.0
ソフトウェア開発業務の受託
ソフトウェア開発業務の受託  (注)2
2,401,463
売掛金
275,683

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注) 1 上記金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は消費税等を含んでおります。

2 ソフトウェア開発業務の受託につきましては、取引の都度見積書を提出し、交渉の上決定しております。

 

当連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

 

種類
会社等の
名称又は
氏名
所在地
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
その他の 関係会社
日本電気㈱
東京都
 港区
397,199
通信機器コンピュータその他の電子機器および電子デバイスの製造および販売
(被所有)
直接
35.0
ソフトウェア開発業務の受託
ソフトウェア開発業務の受託 (注)2
2,297,612
売掛金
282,974

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注) 1 上記金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は消費税等を含んでおります。

2 ソフトウェア開発業務の受託につきましては、取引の都度見積書を提出し、交渉の上決定しております。

 

 

(イ)連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

前連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

 

種類
会社等の
名称又は
氏名
所在地
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
その他の関係会社の子会社
NECソフト㈱  (注)2
東京都
江東区
8,668
各種業務システムの開発、運用支援
なし
ソフトウェア開発業務の受託
ソフトウェア開発業務の受託 (注)3
373,596
売掛金
109,831

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注) 1 上記金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は消費税等を含んでおります。

2 NECソフト株式会社は、日本電気株式会社の子会社であります。

3 ソフトウェア開発業務の受託につきましては、取引の都度見積書を提出し、交渉の上決定しております。

 

当連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

 

種類
会社等の
名称又は
氏名
所在地
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
その他の関係会社の子会社
NECソフト㈱
(注)2
東京都
江東区
8,668
各種業務システムの開発、運用支援
なし
ソフトウェア開発業務の受託
ソフトウェア開発業務の受託
(注)3
685,532
売掛金
195,348
その他の関係会社の子会社
NECエンジニアリング㈱  
(注)2
東京都
品川区
370
各種電子機器に用いられる、デバイス・モジュールの開発
なし
ソフトウェア開発業務の受託
ソフトウェア開発業務の受託
(注)3
306,744
売掛金
150,782

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注) 1 上記金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は消費税等を含んでおります。

2 NECソフト株式会社およびNECエンジニアリング株式会社は、日本電気株式会社の子会社であります。

3 ソフトウェア開発業務の受託につきましては、取引の都度見積書を提出し、交渉の上決定しております。

 

2.重要な関連会社に関する注記

重要な関連会社の要約財務情報

当連結会計年度において、重要な関連会社は株式会社HBAであり、その要約財務諸表は以下のとおりであります。

 

 
㈱HBA
流動資産合計
13,240,658千円
固定資産合計
5,906,749千円
 
 
流動負債合計
5,824,743千円
固定負債合計
2,012,362千円
 
 
純資産合計
11,310,302千円
 
 
売上高
14,314,665千円
税引前当期純利益
242,007千円
当期純利益
34,216千円

 

 

(1株当たり情報)
 
前連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
1株当たり純資産額
714円11銭
586円60銭
1株当たり当期純損失金額(△)
△8円42銭
△126円77銭

(注) 1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2 1株当たり当期純損失金額(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目
前連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
1株当たり当期純損失金額(△)
 
 
  当期純損失(△)(千円)
△76,735
△1,154,864
  普通株主に帰属しない金額(千円)
  普通株式に係る当期純損失(△)(千円)
△76,735
△1,154,864
  普通株式の期中平均株式数(株)
9,109,970
9,109,970

 

3 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
純資産の部の合計額(千円)
6,505,559
5,343,915
普通株式に係る期末の純資産額(千円)
6,505,559
5,343,915
普通株式の発行済株式数(株)
9,110,000
9,110,000
1株当たり純資産額の算定に用いられた
期末の普通株式の数(株)
9,109,970
9,109,970

 

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 





出典: キーウェアソリューションズ株式会社、2012-03-31 期 有価証券報告書