有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第13期

第14期

第15期

第16期

第17期

決算年月

平成24年11月

平成25年11月

平成26年11月

平成27年11月

平成28年11月

売上高

(千円)

4,941,644

5,365,787

6,604,945

7,267,934

9,236,016

経常利益

(千円)

29,667

49,008

191,868

49,551

496,623

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

30,793

44,819

165,434

68,663

408,007

包括利益

(千円)

30,793

45,258

165,805

68,835

407,771

純資産額

(千円)

143,027

188,285

756,284

663,892

1,041,602

総資産額

(千円)

1,291,411

1,508,514

2,155,525

2,664,460

3,717,275

1株当たり純資産額

(円)

55.18

72.70

251.66

218.74

344.52

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

11.92

17.35

58.89

22.86

135.85

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

130.24

自己資本比率

(%)

11.0

12.4

35.1

24.7

27.8

自己資本利益率

(%)

27.1

35.1

48.2

株価収益率

(倍)

51.6

18.6

11.1

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

45,794

64,223

291,978

253,546

725,792

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

12,089

130,795

188,814

388,130

480,153

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

184,436

6,730

229,698

513,433

138,079

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

559,728

486,426

819,288

691,045

1,074,764

従業員数

(名)

85

105

116

151

205

〔外、契約従業員数〕

56

77

127

190

206

(外、平均臨時雇用者数)

32

50

85

118

103

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載しておりません。第14期及び第15期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載しておりません。第16期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有する潜在株式が存在するものの、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

3.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

4.第13期及び第16期の自己資本利益率及び株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載しておりません。

5.当社は、平成24年12月1日付けで普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。第13期の1株当たり当期純損失金額(△)及び1株当たり純資産額は、第13期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定しております。

6.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度より、「当期純利益又は当期純損失」を「親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失」としております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第13期

第14期

第15期

第16期

第17期

決算年月

平成24年11月

平成25年11月

平成26年11月

平成27年11月

平成28年11月

売上高

(千円)

1,920,931

2,170,882

847,054

655,604

870,685

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

14,586

5,701

57,222

170,919

77,215

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

15,936

23,071

96,353

39,101

185,680

資本金

(千円)

150,000

150,000

351,138

351,138

351,138

発行済株式総数

(株)

25,834

2,583,400

3,003,400

3,003,400

3,003,400

純資産額

(千円)

142,379

165,451

663,999

679,543

835,161

総資産額

(千円)

1,072,953

1,132,015

1,352,161

1,939,855

2,292,491

1株当たり純資産額

(円)

54.93

63.86

220.93

223.96

275.78

1株当たり配当額

(円)

10.00

10.00

10.00

(内、1株当たり中間配当額)

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

6.17

8.93

34.30

13.02

61.82

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

13.00

59.27

自己資本比率

(%)

13.2

14.6

49.1

34.7

36.1

自己資本利益率

(%)

15.0

23.3

5.9

24.7

株価収益率

(倍)

100.3

31.9

63.0

24.4

配当性向

(%)

29.2

76.8

16.2

従業員数

(名)

46

50

19

24

36

〔外、契約従業員数〕

26

42

26

2

15

(外、平均臨時雇用者数)

13

16

26

37

37

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載しておりません。第14期及び第15期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

4.第13期の自己資本利益率及び株価収益率については、当期純損失であるため記載しておりません。

5.当社は、平成24年12月1日付けで普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。第13期の1株当たり当期純損失金額(△)及び1株当たり純資産額は、第13期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定しております。

2【沿革】

年月

事項

平成11年12月

東京都新宿区高田馬場に人材関連のアウトソーシング事業、マーケティング関連のアウトソーシング事業を目的として株式会社エスプールを設立(資本金2,000万円)

平成12年4月

業務拡大のため東京都新宿区へ本社移転

平成12年8月

全国展開1号店として大阪支店を開設

平成13年2月

東京都中央区へ本社移転

 

中部地区1号店として名古屋支店を開設

平成13年8月

中国地区1号店として広島支店を開設

平成14年8月

営業支援人材派遣事業を開始

 

エスプール総合研究所(事業部)を設置し、企業向け教育研修事業及び組織開発コンサルティング事業を開始

平成14年11月

九州地区1号店として博多支店を開設

平成15年6月

移動体通信事業者・消費財メーカー向け市場調査・販促企画支援事業を目的として株式会社エスプールエコロジー(旧株式会社エスプール・マーケティング)を設立

平成16年6月

東北地区1号店として仙台支店を開設

平成17年3月

北海道地区1号店として北見支店を開設

平成17年7月

アルバイトの雇用・勤怠管理アウトソーシングの事業調査を目的として株式会社GIM(旧株式会社パスカル)を設立

平成18年2月

大阪証券取引所ヘラクレスに上場

平成18年4月

会社分割によりパフォーマンス・コンサルティング事業を分社化し、株式会社エスプール総合研究所を設立

平成20年10月

株式会社GIMがシステム開発受託事業を吸収分割にて事業承継し、システム事業を開始

平成21年12月

会社分割により人材ソリューション事業を分社化し、株式会社エスプールヒューマンソリューションズ(現連結子会社)を設立

平成22年7月

障がい者雇用支援事業を目的として株式会社エスプールプラス(旧株式会社わーくはぴねす農園・現連結子会社)を設立

平成22年10月

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に株式を上場

平成23年2月

株式会社エスプール総合研究所を株式譲渡により連結除外

平成23年9月

株式会社GIMを株式譲渡により連結除外

平成25年4月

株式会社エスプールエコロジーにて、除染事業を開始

平成25年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に株式を上場

平成25年12月

会社分割によりロジスティクスアウトソーシング事業を分社化し、株式会社エスプールロジスティクス(現連結子会社)を設立

平成26年11月

販売促進支援事業を目的として株式会社エスプールセールスサポート(現連結子会社)を設立

平成27年2月

フィールドマーケティング事業を目的として株式会社エスプールエンジニアリング(現連結子会社)を設立

平成27年8月

東京都千代田区へ本社移転

 

3【事業の内容】

 当社グループは、平成28年11月30日現在、当社及び子会社5社(㈱エスプールヒューマンソリューションズ、㈱エスプールプラス、㈱エスプールロジスティクス、㈱エスプールセールスサポート、㈱エスプールエンジニアリング)、関連会社2社(イーカム・ワークス㈱、S-POOL BANGKOK CO.,LTD.)により構成されております。

 なお、連結子会社であった株式会社エスプールエコロジーは当連結会計年度に清算しております。また、GENIXY株式会社は、社名をイーカム・ワークス株式会社に変更しております。

 当社グループの事業における当社及び当社子会社の位置付け、並びにセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。

 

ビジネスソリューション事業

 株式会社エスプールロジスティクスにてロジスティクス分野のアウトソーシングサービスを提供しています。当サービスでは、顧客の物流センターや物流プロセスの全部又は一部分を請け負い、現場での労働者の業務遂行の指示やその他の管理を行い業務を完遂させるセンター運営業務や、顧客の荷物を預かり発送業務を請け負う梱包・発送代行業務を提供しております。

 株式会社エスプールプラスでは、同社が運営する農園を顧客企業の障がい者雇用の受け皿として活用してもらう障がい者雇用支援サービスと職業訓練を受けた障がい者を顧客企業へ紹介する人材紹介サービスを行っております。

 株式会社エスプールエンジニアリングでは、通信関連のフィールド調査アウトソーシングサービスやスマートメーター関連の業務を行っております。

 また、株式会社エスプールにて行っているシニア層を活用した顧問派遣サービスや採用募集に対する応募者対応を代行する採用支援サービス、株式会社エスプールセールスサポートにて行っている対面型の会員獲得、加入促進業務等のセールスプロモーション分野でのアウトソーシングサービスも当事業セグメントに含まれております。

 

人材ソリューション事業

 株式会社エスプールヒューマンソリューションズにおいて、人材派遣、人材紹介等、人材に係わるサービスを提供しており、主要な運営業務はオフィスサポート人材派遣事業と店頭支援人材派遣事業であります。

 オフィスサポート人材派遣事業は、コールセンターや事務処理センターといった顧客のカスタマーセンターに特化した人材派遣事業であります。カスタマーセンターでの採用コスト、研修教育コスト、雇用管理に係る事務コスト等の人材関連コストの削減や定着率の向上といった顧客のニーズに対応しております。

 店頭支援人材派遣事業は、販売や契約獲得といった店頭における営業業務への人材派遣事業であります。携帯電話販売や家電製品販売の要員の派遣等を行っています。単なる人材派遣にとどまらず、営業成果を重視し、営業現場の巡回や研修等の周辺サポートを充実させることにより、顧客の売上増加・販売促進費削減に貢献しております。

 

(事業系統図)

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱エスプールヒューマンソリューションズ

(注)3、4

東京都千代田区

151,000

人材ソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

業務委託先

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

㈱エスプールロジスティクス

(注)5

東京都千代田区

30,000

ビジネスソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

㈱エスプールプラス

(注)3

東京都千代田区

55,000

ビジネスソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

業務委託先

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

資金援助

㈱エスプールセールスサポート

東京都千代田区

10,000

ビジネスソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

業務委託先

役員の兼任3名

事務所設備の転貸

㈱エスプールエンジニアリング

(注)6

東京都千代田区

21,000

ビジネスソリューション事業

100.0

営業サービスの提供

役員の兼任

事務所設備の転貸

資金援助

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

イーカム・ワークス㈱

(注)7

北海道札幌市

中央区

7,700

33.8

S-POOL BANGKOK CO.,LTD.

タイ王国

バンコク都

2,000

(千バーツ)

ビジネスソリューション事業

45.3

(注)1.主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

3.特定子会社であります。

4.株式会社エスプールヒューマンソリューションズは、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えておりますが、セグメント情報における人材ソリューション事業の売上高に占める同社の売上高が90%を超えているため、主要な損益情報等の記載を省略しております。

5.株式会社エスプールロジスティクスは、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております
主な損益情報等    (1)売上高    1,047,052千円

             (2)経常損失     14,739千円

             (3)当期純損失    7,026千円

             (4)純資産額     42,350千円

             (5)総資産額    132,137千円

6.株式会社エスプールエンジニアリングは債務超過会社であり、債務超過額は85,453千円であります。

7.GENIXY株式会社は、社名をイーカム・ワークス株式会社に変更しております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

(平成28年11月30日現在)

 

セグメントの名称

従業員数(名)

ビジネスソリューション事業

83

〔103〕

(53)

人材ソリューション事業

105

〔101〕

(25)

全社(共通)

17

〔2〕

(25)

合計

205

〔206〕

(103)

(注)1.従業員数は就業人員であります。

2.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

4.前連結会計年度末に比べ契約従業員を含めた常用雇用者数が70名増加しております。主な理由は、人材ソリューション事業の業容拡大に伴い採用が増加したことによるものであります。

 

(2)提出会社の状況

(平成28年11月30日現在)

 

従業員数(名)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与

36〔15〕(37)

34歳5ヶ月

3年3ヶ月

4,422千円

 

セグメントの名称

従業員数(名)

ビジネスソリューション事業

19

〔13〕

(12)

全社(共通)

17

〔2〕

(25)

合計

36

〔15〕

(37)

(注)1.従業員数は就業人員であります。

2.従業員数欄の〔外書〕は契約従業員数、(外書)は臨時雇用者の年間平均雇用者数であります。

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んだ正社員の給与であります。

4.前事業年度末に比べ契約従業員を含めた常用雇用者数が25名増加しております。主な理由は、グループ全体の業容拡大に対応するため、管理部門の人員を強化したことによるものであります。

 

(3)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: 株式会社エスプール、2016-11-30 期 有価証券報告書