有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
 前連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)において、翻訳事業以外に事業の種類がないため該当事項はありません。
【所在地別セグメント情報】
 前連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)において、本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店はないため、該当事項はありません。
【海外売上高】
 前連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)において、海外売上高はいずれも連結売上高の10%未満のため、記載を省略しております。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)
役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金又は出資金
職業
議決権等の所有(被所有)割合
関係の内容
取引内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
役員の兼務等
事業上の関係
役員
東 郁男
当社
代表取締役
(被所有)
直接 5.62%
被債務保証
46,600
 (注) 当社は銀行借入に対して代表取締役 東郁男より債務保証を受けております。当該債務保証については保証料の支払いを行っていません。
当連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)
役員及び個人主要株主等
        前連結会計年度の当社代表取締役 東 郁男の債務保証は当連結会計年度においてすべて解消しており、その他の該当事項もありません。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
1株当たり純資産額
254,887円08銭
1株当たり当期純利益金額
72,934円10銭
1株当たり純資産額
62,694円96銭
1株当たり当期純利益金額
13,217円55銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権はありますが、当連結会計年度以前においては当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
 また、当社は平成18年3月3日付で株式1株につき5株の株式分割を行っております。当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前連結会計年度における1株当たり情報については、以下のとおりとなります。 
 
 
 
 
1株当たり純資産額
50,977円41銭
1株当たり当期純利益金額
14,586円82銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当期純利益(千円)
174,101
175,984
普通株主に帰属しない金額(千円)
10,000
22,000
(うち利益処分による役員賞与金)
(10,000)
(22,000)
普通株式に係る当期純利益(千円)
164,101
153,984
期中平均株式数(株)
2,250
11,650
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
──────
 旧商法第280条ノ20及び第280条ノ21の規定に基づき発行した新株予約権1種類(新株予約権の数1,995個)。新株予約権の詳細は、「第4 提出会社の状況、1 株式等の状況、(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
1.当社は、商法第280条ノ20及び第280条ノ21の規定に基づき、平成17年6月29日開催の第19回定時株主総会及び平成17年10月15日開催の取締役会においてストックオプションとして新株予約権の発行を決議し、平成17年11月15日付で発行しております。
(1)発行した新株予約権の数  400個
(2)新株予約権の目的となる株式の種類及び数
普通株式         400株
(3)新株予約権の発行価額
無償
(4)新株予約権の行使時の払込金額
1株当たり      564,000円
(5)新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額
発行価格        564,000円
資本組入額       282,000円
(6)新株予約権の行使期間
平成19年7月1日から平成22年6月30日
(7)新株予約権の行使の条件
① 新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役及び従業員の地位にあることを要するものとする。ただし、任期満了による退任、定年退職の場合は権利行使をなしうるものとする。
② 新株予約権者が死亡した場合は、新株予約権の相続を認めないものとする。
③ その他の行使条件については、株主総会決議及び新株予約権発行に係る取締役会決議に基づき、別途当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによる。
(8)新株予約権の譲渡に関する事項
 新株予約権を譲渡するには取締役会の承認を要するものとする。
 平成18年3月27日及び平成18年4月7日開催の取締役会において、下記のとおり新株式の発行を決議し、平成18年4月27日に払込が完了いたしました。
 この結果、平成18年4月27日付で資本金は386,000千円、発行済株式総数は12,850株となっております。
(1) 募集方法
:一般募集
(ブックビルディング方式による募集)
(2) 発行する株式の種類及び数
:普通株式    1,200株
(3) 発行価格
:1株につき  350,000円
一般募集はこの価格にて行いました。
(4) 引受価額
:1株につき  322,000円
この価額は当社が引受人より1株当たりの新株式払込金として受取った金額であります。
なお、発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金となります。
(5) 発行価額
:1株につき  255,000円
(資本組入額 127,500円)
(6) 発行価額の総額
:      306,000千円
(7) 払込金額の総額
:      386,400千円
(8) 資本組入額の総額
:      153,000千円
(9) 払込期日
:平成18年4月27日
(10) 配当起算日
:平成18年4月1日
(11) 資金の使途
:設備投資として260,000千円を充当し残額を運転資金に充当する予定であります。
 

 

前連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
2.当社は、平成18年2月10日開催の取締役会において、当社株式の分割を決議いたしました。
(1)平成18年3月3日付をもって、普通株式1株につき5株に分割します。
① 分割により増加する株式数
 普通株式とし、平成18年3月2日最終の発行済株式総数に4を乗じた株式数とする。
② 分割方法
 普通株式とし、平成18年3月2日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有株式数を、1株につき5株の割合をもって分割する。
 
───── 
(2)配当起算日
平成17年10月1日
 当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前連結会計年度における1株当たり情報及び当期首に行われたと仮定した場合の当連結会計年度における1株当たり情報は、それぞれ以下のとおりとなります。
 また、当社は前連結会計年度より連結財務諸表を作成しておりますが、前連結会計年度においては決算日に子会社が存在しないため連結貸借対照表は作成しておりません。そのため、前連結会計年度における1株当たり純資産額の記載はしておりません。
 
当連結会計年度
前連結会計年度
1株当たり純資産額
50,977円41銭
1株当たり純資産額
1株当たり当期純利益
14,586円82銭
1株当たり当期純利益
4,641円98銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 潜在株式が存在しないため記載しておりません。
同左
 




出典: 株式会社翻訳センター、2006-03-31 期 有価証券報告書