有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第14期

第15期

第16期

第17期

第18期

決算年月

平成25年8月

平成26年8月

平成27年8月

平成28年8月

平成29年8月

売上高

(千円)

2,086,981

3,558,431

3,661,309

4,154,833

4,943,945

経常利益

(千円)

274,691

365,574

541,369

579,045

797,954

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

96,661

167,321

96,999

347,689

432,659

包括利益

(千円)

197,326

91,316

138,039

339,557

465,798

純資産額

(千円)

1,986,773

2,021,170

2,145,562

2,341,884

2,712,770

総資産額

(千円)

2,962,301

3,007,427

3,107,149

4,066,146

4,439,059

1株当たり純資産額

(円)

51.79

50.83

53.06

57.42

66.65

1株当たり当期純利益金額

(円)

2.35

4.28

2.42

8.63

10.72

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

2.29

4.17

2.39

8.34

10.30

自己資本比率

(%)

67.0

66.8

68.8

57.0

60.8

自己資本利益率

(%)

4.6

8.4

4.7

15.6

17.3

株価収益率

(倍)

57.15

40.63

119.65

53.98

153.36

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

317,580

481,194

593,576

673,461

1,044,682

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

206,882

390,772

312,590

144,678

298,125

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

72,028

169,640

106,498

194,471

204,551

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,247,685

1,199,589

1,371,941

1,719,798

2,262,804

従業員数

(外、平均臨時雇用者数)

(人)

70

(82)

89

(81)

90

(87)

160

(274)

142

(95)

 

(注) 1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間の平均人員であります。臨時従業員にはパートタイマー、アルバイトを含み、派遣社員を除いております。

3.平成25年3月1日付で普通株式1株につき100株、平成26年4月19日付で普通株式1株につき2株、平成29年3月1日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。当該株式分割については、第14期期首に株式分割が行われたものと仮定して、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第14期

第15期

第16期

第17期

第18期

決算年月

平成25年8月

平成26年8月

平成27年8月

平成28年8月

平成29年8月

売上高

(千円)

1,426,903

1,717,086

1,965,256

2,380,564

2,975,885

経常利益

(千円)

268,386

351,778

570,023

607,959

776,141

当期純利益

(千円)

85,446

250,892

152,026

394,664

451,422

資本金

(千円)

1,113,300

1,113,300

1,113,300

1,113,300

1,113,300

発行済株式総数

(株)

5,548,800

11,097,600

11,097,600

11,097,600

44,390,400

純資産額

(千円)

1,985,423

2,105,066

2,286,812

2,596,127

2,986,711

総資産額

(千円)

2,647,020

2,734,845

2,990,742

3,500,271

4,419,153

1株当たり純資産額

(円)

51.75

52.96

56.57

63.93

73.57

1株当たり配当額

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

8.00

5.00

7.00

10.00

3.30

(−)

(−)

(−)

(−)

(−)

1株当たり当期純利益金額

(円)

2.08

6.42

3.79

9.79

11.18

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

2.03

6.26

3.75

9.47

10.75

自己資本比率

(%)

75.0

76.6

76.2

73.7

67.4

自己資本利益率

(%)

4.1

12.3

7.0

16.2

16.2

株価収益率

(倍)

64.66

27.09

76.37

47.56

147.05

配当性向

(%)

48.2

19.5

46.2

25.5

29.5

従業員数

(外、平均臨時雇用者数)

(人)

44

(31)

55

(14)

57

(6)

64

(6)

72

(5)

 

(注) 1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間の平均人員であります。臨時従業員にはパートタイマー、アルバイトを含み、派遣社員を除いております。

3.平成25年3月1日付で普通株式1株につき100株、平成26年4月19日付で普通株式1株につき2株、平成29年3月1日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っておりますが、1株当たり配当額については、実際の配当額を記載しております。
なお、当該株式分割が第14期の期首に行われたものと仮定した場合の1株当たり配当額は、第14期が1円、第15期が1.25円、第16期が1.75円、第17期が2.5円となります。
また、第14期の1株当たり配当額には、出前館事業における会員数が500万人を突破した事による記念配当2円を含んでおります。

4.平成25年3月1日付で普通株式1株につき100株、平成26年4月19日付で普通株式1株につき2株、平成29年3月1日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。当該株式分割については、第14期期首に株式分割が行われたものと仮定して、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

 

2 【沿革】

 

年 月

事        項

平成11年9月

大阪市住之江区に夢の街創造委員会株式会社(資本金1億円)を設立。

平成12年8月

大阪市天王寺区へ大阪本社を移転。

平成12年10月

デリバリー総合サイト「出前館(https://demae-can.com/)」をオープン。

平成14年4月

「出前館」サイトに予約機能を設置。

平成15年8月

「出前館」が株式会社レオパレス21のマンションポータル「レオネット」にコンテンツを提供。

平成15年12月

大阪市中央区北久宝寺町へ大阪本社を移転。

平成16年7月

「出前館」が新たにモバイル版サービス(「モバイル出前館」)をスタート。

平成16年8月

ヤフー株式会社と「Yahoo! 出前注文サービス」の業務提携。

平成16年9月

東京都千代田区に東京営業所(現 東京本社)を開設。

平成17年7月

「出前館」がヤフー株式会社のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」にて「Yahoo! 出前注文サービス(現 Yahoo!ロコ)」を開始。

平成18年6月

東京都港区へ東京営業所(現 東京本社)を移転。

平成18年6月

大阪証券取引所ヘラクレス(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式上場。
(証券コード:2484)

平成18年6月

公募売出しにつき増資(資本金 1,043,775千円)。

平成18年7月

「出前館」で電話オペレーターが注文代行を行う「宅配ホットライン」開始。

平成18年10月

三井住友カード株式会社及びGMOペイメントゲートウェイ株式会社と業務提携し、「出前館」におけるクレジット決済サービス開始。

平成19年9月

株式分割(1:3)を実施。

平成19年11月

「Yahoo!ケータイ」向け新サービス「Yahoo!出前」でヤフー株式会社と協業開始。

平成20年6月

「出前館」で「ポイント利用お買い物サービス」開始。

平成21年3月

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と資本業務提携。(平成25年7月:資本提携解消)

平成21年5月

「出前館」が任天堂株式会社の「任天堂Wii」で「出前チャンネル」をスタート。(平成29年2月:終了)

平成21年6月

「出前館」が「TSUTAYA×出前館」オープン。(平成29年1月:終了)

平成21年7月

リブオン・エンタープライズ株式会社の第三者割当を引受けて資本業務提携。

平成22年6月

「出前館」がヤマトシステム開発株式会社と提携し、ネットスーパーシステムパッケージ「出前館+e-ネコネットスーパー」向けのサービスを開始。(平成25年2月:終了)

平成22年11月

「出前館」の加盟店舗数が10,000店を突破。

平成22年12月

iPhone専用アプリ「出前館」の提供開始。

平成23年7月

「出前館」が凸版印刷株式会社が運営する日本最大級の電子チラシポータルサイト「Shufoo!」と「出前館」がサービス連携。(平成26年11月:終了)

平成23年8月

Android専用アプリ「出前館」の提供開始。

平成23年12月

夢創会(北京)商務諮詢有限公司(100%出資子会社)を中華人民共和国北京市に設立。

平成24年1月

夢創会(北京)商務諮詢有限公司がデリバリーサイト「得利好(デリハオ)」の提供を中国北京市で開始。

平成25年3月

株式分割(1:10)を実施。

平成25年3月

日本フードデリバリー株式会社(現 JFD株式会社・持分法適用会社)の第三者割当を引受けて資本業務提携。

平成25年5月

株式会社薩摩恵比寿堂(連結子会社)の株式(100%)を取得し、子会社化。

平成25年7月

株式会社DeliDeli(平成27年1月に解散)を設立。

平成25年10月

東京営業所を東京支店に改組し、東京都千代田区大手町へ東京支社(現 東京本社)を移転。

平成25年12月

株式会社ZEN(平成29年1月に当社へ吸収合併)の株式(100%)を取得し、子会社化。

平成26年3月

大阪市中央区久太郎町へ大阪本社を移転。

平成26年4月

「出前館」が株式会社NTTドコモと「dデリバリー」サービスに関する業務提携。

平成26年4月

株式分割(1:2)を実施。

平成26年5月

PT Klik Eat(連結子会社)の株式(持分55.4%)を取得し、子会社化。

平成26年8月

夢創会(北京)商務諮詢有限公司の全株式を売却。

平成26年11月

「出前館」が「おひとりさま便」の提供を開始。

平成26年12月

株式会社インテックと資本業務提携。

平成27年1月

株式会社DeliDeliが解散。

平成27年3月

FoodLine.sgPte.Ltd.と業務提携。

平成27年4月

「出前館」が株式会社吉野家へ「お持ち帰り予約システム」を提供開始。

平成27年5月

「出前館」がアマゾンジャパン株式会社が提供開始した「Amazonログイン&ペイメント」を導入。

平成27年9月

株式会社薩摩恵比寿堂がワイン販売強化のため山梨拠点を開設。

平成28年1月

東京都千代田区丸の内へ東京支社を移転。

平成28年2月

東京支社を東京本社に改組し、大阪と東京の二本社制に移行。

平成28年5月

LINE株式会社と「出前館 on LINE」サービスに関する業務提携。

平成28年6月

株式会社デリズ(平成29年4月に全株式売却)の株式(51%)を取得し、子会社化。

平成28年10月

LINE株式会社と資本業務提携。

平成28年12月

株式会社朝日新聞社と資本業務提携。

平成29年3月

株式分割(1:4)を実施。

平成29年4月

株式会社デリズの株式売却。

平成29年6月

「出前館」の加盟店舗数が15,000店を突破。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び子会社である株式会社薩摩恵比寿堂、株式会社ZEN、PT Klik Eat Indonesiaにて構成されております。

当社グループは宅配・デリバリー専門サイトの運営を主たる事業(出前館事業)として運営するとともに、株式会社薩摩恵比寿堂においては、飲食店向けの通販事業(通信販売事業)を運営しております。

事業区分

事業内容

出前館事業

  ・ サイト運営・管理

  ・ システム開発

  ・ 広告運営・管理

  ・ 配達代行

通信販売事業

  ・ 通信販売

 

 

(1) 出前館事業の仕組みについて

「出前館」は、宅配サービスに特化したバーチャルショッピングモール(仮想商店街)であり、主に「ピザ」「すし」「カレー」「弁当」「中華」「ファーストフード」等の飲食店が出店しております。

「出前館」につきましては、消費者がパソコン、スマートフォンやタブレットを介してサイトにアクセスし、各々のニーズに合致した店舗・メニューを選択、注文します。当社が独自に開発した受注情報の伝達システムでは、オーダー受注後、オーダー情報をサーバーで加工し、各店舗にFAXで送信する方法を基本としております。FAX送信後、直ちに自動確認電話がかかる仕組みとなっており、この電話受信時に店舗側からの簡単なプッシュ操作で「受信完了」「要再送信」「お届け時間変更(具体的な時間を指定)」の連絡ができるようになっております。

また、システム上だけで対応しきれないトラブルやクレームへの迅速な対応も重要となります。サイト立ち上げから培ってきたノウハウを基に、年中無休9:00〜26:00体制のカスタマーセンターでオペレーターによるユーザーサポート、店舗サポートを行っております。

 

(2) 加盟店について

「出前館」には、平成29年8月末現在で15,318店の宅配サービスを行う店舗が加盟しております。特に宅配ピザでは、北海道から沖縄までの全都道府県を網羅し、チェーンの多くが加盟しております。また、「すし」「カレー」「弁当」「中華」「ファーストフード」等においても、宅配サービスに新たな収益機会を求める複数のチェーンが加盟しており、その他各地域の小規模な店舗の加盟も進んでおります。また、酒、米などを取扱う店舗やスーパーマーケット、ハウスクリーニングや鍵の交換・取付け等のサービス店舗についても加盟しております。

宅配サービス業者は、これまでの販促施策のほとんどをチラシ等の紙媒体に依存しておりましたが、ポスティングが禁止されているマンションの増加や、若年層を中心とした新聞購読率の低下による新聞折込みチラシの効果減少を受けて、新たな販促チャネルを模索しております。そういった背景の中で、「出前館」は新聞を定期購読していない顧客層や、宅配サービス業者が顧客として獲得したい共働き夫婦等に対するアプローチが可能です。

また、「出前館」の販促による加盟店のメリットは、売上に応じた手数料を当社に支払うモデルであることから、チラシ等による販促物と比べて費用対効果が測りやすいことや、宅配サービスに興味がある消費者に対し、効率的にアプローチできることが挙げられます。

 

(3) 利用者について

「出前館」のサイト利用者は、住所を入力することで、その場所に宅配可能な宅配サービスを一覧比較し、注文することができます。これまでのように、宅配サービス事業者毎のチラシを保存しておく必要も無く、また、常に最新のメニュー情報に更新されており、トッピング等のオプション選択も可能です。加えて、配達までの待ち時間を表示しているため、事前に利用者のニーズに応じて店舗を選択することができます。決済方法についても、配達時に現金で支払うキャッシュオンデリバリー、「出前館」サイトでの注文時にクレジットカードで支払う方法に加え、総合オンラインストアAmazon.co.jpに登録済みのクレジットカードで支払う「Amazonペイメント」、コミュニケーションアプリ「LINE」に登録済みのクレジットカードまたはチャージ金額で支払う「LINE Pay」の利用も可能となっております。

「出前館」の平成29年8月末におけるアクティブユーザー数は約235万人となっております。「出前館」は会員登録を行うことによって、注文時に届け先の住所を入力する必要がありません。また、会員登録者に対してTポイントの付与と還元が可能となっております。

 

(4) 収益機会について

「出前館事業」は、利用者の注文金額に応じた手数料、店舗ごとのサイトへの基本掲載料、初期加盟料を加盟店から受け取ることを主な収益機会としております。

このほかにも、サイト上へのバナー広告及びテキスト広告の掲載並びに会員向けのメール広告配信サービスを行っております。加盟店からの広告を掲載するほか、当サイトの利用者と親和性の高い商品・サービスを販売している一般企業からの広告出稿についても受け付けております。加盟店については特集コーナーを設けるなどして、注文への誘導を組み合わせた仕組みを提供しております。

事業系統図は下記のとおりとなります。

 


 

(※1)「Yahoo! ロコ」は、ヤフー株式会社との共同事業であります。

(※2)「dデリバリー」は、株式会社NTTドコモとの業務受託契約に基づき、当社が運営を代行しております。

(※3)「LINEデリマ」は、LINE株式会社との業務受託契約に基づき、当社が運営を代行しております。

 

(5) 通信販売事業の仕組みについて

コールセンターのオペレーターが電話でセールス活動を行い、全国の飲食店に対して高級焼酎を中心としたアルコール商品、食品、サプリメント等を通信販売しております。

高級焼酎につきましては、良質な焼酎を製造する複数の蔵元から通販限定のオリジナル焼酎を仕入れ、自社のデザイナーが作製するお店のロゴや店名が入ったオリジナルラベルを貼付したプライベートボトルを店舗にお届けします。また、ラベル同様、ロゴや店名をデザインしたポスターやテーブルPOPなども作製し、店舗の販促ツールとしてご活用いただくサービスも行っております。

商品ラインナップについては、各飲食店の顧客特性や客単価等に応じた仕入れのニーズに対応出来るよう、様々な価格帯の芋・麦・米焼酎約30種類を用意し、内容量・サイズも複数提供しているほか、甲類焼酎、白及び赤ワインも販売しております。

 

 

(6) 仕入れ先である蔵元等について

平成29年8月末現在で9ヶ所の蔵元とオリジナル焼酎に関しての専売契約を締結し、仕入れを行っております。ワインについては、海外から輸入した原料ワインをボトリングする工場からオリジナルワインの仕入れを行っております。

 

(7) 顧客である飲食店について

当期実績で全国約30,000店の飲食店の購入実績があります。さらに年間6回以上購入いただく得意客は、全国で約6,000店となっております。飲食店にとっては、オリジナルラベルにより店名のアピールやイメージアップにつながる高品質の焼酎やワインを安定的に仕入れることが出来るという点、小売りをしておらず、消費者の目に触れることがない通販限定の商品のため、価格設定の自由度が確保出来るという点で評価をいただいております。

 

(8) 収益機会について

飲食店への販売代金を主な収益機会としております。12本、24本単位等のセットでご購入いただく場合は本数が多くなるほど高い割引率を適用する、もしくは新商品のサンプルを無料提供するなど、1回あたりの注文本数を増やす工夫をすることで、業務効率及び収益性の向上を図っております。

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の所有(又は被所有)割合(%)

関係内容

(連結子会社)

株式会社薩摩恵比寿堂

鹿児島県鹿児島市

8,000

通信販売事業

100.0

役務の提供

役員の兼務

(連結子会社)

PT Klik Eat
Indonesia

インドネシア国
ジャカルタ市

千IDR

10,177,500

出前館事業

71.5

役務の提供

役員の兼務

(連結子会社)

株式会社ZEN

東京都千代田区

10,000

出前館事業

100.0

役務の提供

役員の兼務

(持分法適用関連会社)

JFD株式会社

東京都渋谷区

56,125

出前館事業

29.1

役務の提供

役員の兼務

(その他の関係会社)

LINE株式会社

東京都新宿区

77,855,684

LINEビジネスポータル事業

(21.9)

役務の提供

役員の兼務

 

(注) 1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.株式会社ZENは、平成29年9月1日付で、当社を存続会社として吸収合併し、消滅しております。

3.株式会社薩摩恵比寿堂については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

(1) 売上高

1,597,390千円

 

(2) 経常利益

250,924千円

 

(3) 当期純利益

162,584千円

 

(4) 純資産額

461,996千円

 

(5) 総資産額

841,608千円

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

 

平成29年8月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

出前館事業

101  (5)

通信販売事業

41 (90)

合計

142 (95)

 

(注) 1.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間の平均人員であります。臨時従業員にはパートタイマー、アルバイトを含み、派遣社員を除いております。

2.当連結会計年度末において、従業員数が前連結会計年度末に比べ18名減少しました。主な要因は、株式会社デリズの全株式を平成29年4月25日付で譲渡し、子会社ではなくなったためであります。

 

 

(2) 提出会社の状況

 

 

 

平成29年8月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

72(5)

32.2

3.2

5,217

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

出前館事業

72(5)

合計

72(5)

 

(注) 1.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間の平均人員であります。臨時従業員にはパートタイマー、アルバイトを含み、派遣社員を除いております。

2.平均年間給与は、基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: 夢の街創造委員会株式会社、2017-08-31 期 有価証券報告書