有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第9期

第10期

第11期

第12期

第13期

決算年月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

営業収入

(千円)

6,477,638

経常損失

(千円)

1,290,059

当期純損失(△)

(千円)

1,085,738

包括利益額

(千円)

1,085,664

純資産額

(千円)

191,004

総資産額

(千円)

4,163,328

1株当たり純資産額

(円)

17.30

1株当たり当期純損失

(円)

99.15

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

-

自己資本比率

(%)

4.6

自己資本利益率

(%)

147.1

株価収益率

(倍)

-

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,144,870

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

284,421

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

587,506

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

878,058

従業員数

(人)

799

(外、平均臨時雇用者数)

()

()

()

()

(686)

(注)1.第13期連結会計年度より連結財務諸表を作成しているため、それ以前については記載しておりません。

2.営業収入には、消費税等は含まれておりません。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、また1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第9期

第10期

第11期

第12期

第13期

決算年月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

営業収入

(千円)

5,220,365

5,483,675

5,359,021

5,275,596

6,440,126

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

512,588

244,637

103,307

24,614

1,167,478

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

376,655

126,618

45,748

77,044

1,111,618

資本金

(千円)

304,375

304,375

304,375

304,375

304,375

発行済株式総数

(株)

113,300

113,300

113,300

11,330,000

11,330,000

純資産額

(千円)

1,489,526

1,506,950

1,439,960

1,330,524

207,163

総資産額

(千円)

2,893,495

3,657,879

3,605,888

4,367,509

4,179,427

1株当たり純資産額

(円)

135.85

137.40

131.41

121.37

18.78

1株当たり配当額

(円)

1,000

1,000

300

1

0

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

(-)

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

34.31

11.55

4.18

7.04

101.52

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

-

-

自己資本比率

(%)

51.5

41.2

39.9

30.4

4.9

自己資本利益率

(%)

27.6

8.5

3.1

5.8

144.6

株価収益率

(倍)

6.9

25.5

61.6

-

配当性向

(%)

29.1

86.6

71.9

-

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

588,410

334,290

96,921

37,817

-

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

134,767

32,023

42,574

263,499

-

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

951,342

506,030

13,081

750,535

-

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

302,232

1,110,529

1,177,957

1,702,809

824,638

従業員数

(人)

469

559

518

625

773

(外、平均臨時雇用者数)

(507)

(605)

(487)

(348)

(664)

 (注)1.営業収入には、消費税等は含まれておりません。

    2.第9期潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。第10期及び第11期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。第12期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、また1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。

    5.第12期に1株につき100株の株式分割を行いましたが、第9期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額を算定しております。

    6.営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フローの期末残高については、平成27年3月期は、連結財務諸表を作成しているため記載しておりません。

     7.従業員数は、就業人員数であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を( )外数で記載しております。

 

2【沿革】

年月

事項

平成14年6月

医療法人医仁会理事長山根洋一が介護事業への参入を目的として広島市中区猫屋町に有限会社や

まねメディカルを設立

平成14年9月

東京都目黒区にデイサービスセンター(以下「DS」といいます)なごやか目黒を開設(直営事業

を開始)

平成14年12月

東京都葛飾区に子会社㈲ケアクリエイトによりDSなごやか葛飾を開設

平成14年12月

東京都板橋区に子会社㈲メディカルクリエイトによりDSなごやか板橋を開設

平成15年1月

東京都大田区に子会社㈲すばるによりDSなごやか大田を開設

平成15年1月

東京都杉並区に子会社㈲クウォークによりDSなごやか杉並を開設

平成15年3月

静岡県浜松市に子会社㈲ぷらてれすによりDSなごやかホット浜松を開設

平成15年4月

東京都世田谷区に子会社㈲ウエッジによりDSなごやか世田谷を開設

平成15年5月

有限会社やまねメディカルを株式会社に組織変更

平成15年10月

東京都江戸川区に子会社㈲オーワンによりDSなごやか江戸川を開設

平成15年10月

東京都中央区日本橋に東京本部開設

平成15年10月

東京都西東京市に子会社㈲NYMによりDSなごやか西東京を開設

平成15年10月

株式会社慶応ゼミナールと最初のフランチャイズ契約を締結

平成15年12月

東京都小平市に子会社㈲KYMによりDSなごやか小平を開設

平成15年12月

東京都港区に子会社㈲SYMによりDSなごやか白金を開設

平成15年12月

横浜市神奈川区にDSなごやか神奈川を開設(㈲ケアクリエイト)

平成16年1月

東京都文京区にDSなごやか千石を開設(㈲メディカルクリエイト)

平成16年1月

東京都品川区にDSなごやか大井を開設(㈲すばる)

平成16年1月

千葉市中央区にフランチャイズ1号施設DSなごやか千葉中央を開設(㈱慶応ゼミナール)

平成16年2月

東京都新宿区にDSなごやか新宿を開設(㈲クウォーク)

平成16年2月

東京都狛江市にDSなごやか狛江を開設(㈲ウエッジ)

平成16年3月

横浜市西区にDSなごやか西横浜を開設(㈲オーワン)

平成16年5月

東京都および神奈川県にDSなごやか練馬他3施設を開設

平成16年6月

東京都および神奈川県にDSなごやか小岩他1施設を開設

平成16年7月

神奈川県および東京都にDSなごやか保土ヶ谷他4施設を開設

平成16年8月

東京都および神奈川県にDSなごやか中村橋他5施設を開設

平成16年8月

医療法人医仁会からDSなごやか豊橋(愛知県豊橋市)並びにDSなごやか墨田(東京都墨田区)

を買い取り

平成16年10月

東京都江戸川区にDSなごやか葛西を開設

平成16年12月

子会社10社を吸収合併

平成17年4月

東京都新宿区にDSなごやか飯田橋を開設

平成17年6月

東京都北区にDSなごやか東十条を開設

平成17年6月

人材紹介事業を開始

平成17年8月

株式会社慶応ゼミナールからDSなごやか習志野(千葉県習志野市)を買い取り

平成17年11月

東京都葛飾区にDSなごやか立石を開設

平成17年12月

横浜市西区にDSなごやか西横浜第二を開設

平成18年4月

子会社㈱オーワンを設立

平成18年4月

子会社㈱キャリアアップを設立

平成18年4月

DSなごやかホット浜松を閉鎖

平成18年5月

東京都杉並区にDSなごやか下井草を開設

平成18年8月

東京都新宿区にDSなごやか新宿御苑を開設

平成18年9月

DSなごやか葛飾を閉鎖

平成19年3月

大阪証券取引所ヘラクレス(現 大阪証券取引所JASDAQ(グロース))に株式を上場

平成19年5月

東京都葛飾区にDSなごやか新小岩を開設

 

年月

事項

平成19年6月

東京都台東区にDSなごやか鶯谷を開設

平成19年7月

広島県広島市より東京都中央区日本橋三丁目3番9号に本店を移転

平成19年8月

東京都にDSなごやか小山他1施設を開設

平成19年10月

東京都江東区にDSなごやか亀戸を開設

平成19年11月

東京都にDSなごやか田園調布他1施設を開設

平成19年12月

平成20年2月

平成20年3月

平成20年4月

平成20年6月

平成20年7月

平成20年8月

平成20年9月

平成20年10月

平成20年11月

平成20年12月

平成21年1月

平成21年2月

平成21年4月

平成21年5月

平成21年6月

平成21年7月

平成21年8月

平成21年8月

平成21年11月

平成22年5月

平成22年6月

平成23年2月

平成23年3月

平成24年12月

東京都荒川区にDSなごやか日暮里を開設

東京都にDSなごやか用賀他1施設を開設

東京都にDSなごやか笹塚他2施設を開設

東京都台東区にDSなごやか御徒町を開設

東京都荒川区にDSなごやか荒川を開設

東京都渋谷区にDSなごやか幡ヶ谷を開設

東京都杉並区にDSなごやか方南町を開設

東京都板橋区にDSなごやか成増を開設

東京都世田谷区にDSなごやか自由が丘を開設

東京都港区にDSなごやか南青山を開設

東京都武蔵野市にDSなごやか三鷹(現 武蔵野)を開設

神奈川県川崎市にDSなごやか新川崎を開設

東京都にDSなごやか砂町他1施設を開設

神奈川県川崎市にDSなごやか小島新田を開設

東京都にDSなごやか神楽坂他5施設を開設

東京都にDSなごやか中延他1施設を開設

東京都にDSなごやか代官山他2施設を開設

子会社㈱オーワン及び子会社㈱キャリアアップを解散・清算

DSなごやか成増を閉鎖

東京都板橋区にDSなごやか志村を開設

東京都豊島区にDSなごやか池袋を開設

東京都世田谷区にDSなごやか三軒茶屋を開設

東京都中央区八重洲二丁目2番1号に本社を移転

DSなごやか御徒町を閉鎖

DSなごやか永田町をなごやか新宿御苑に統合

平成25年6月

 

平成25年7月

平成25年8月

平成25年9月

平成25年11月

平成25年12月

平成26年2月

平成26年4月

平成26年5月

平成26年6月

平成26年7月

平成26年8月

平成26年9月

平成26年11月

平成26年12月

平成27年2月

平成27年3月

神奈川県横浜市に、デイサービスセンター併設のサービス付き高齢者向け住宅として、なごやかレジデンス横浜長沼を開設

なごやかレジデンス柏松葉(千葉県柏市)他2施設を開設

なごやかレジデンス東浦和(埼玉県さいたま市)他1施設を開設

静岡県静岡市になごやかレジデンス静岡西脇を開設

なごやかレジデンス笠寺(愛知県名古屋市)他1施設を開設

なごやかレジデンス明石朝霧(兵庫県神戸市)他1施設を開設

なごやかレジデンス小平上水(東京都小平市)他3施設を開設

なごやかレジデンスあがたの森(長野県松本市)他3施設を開設

なごやかレジデンス日吉(横浜市港北区)他5施設を開設

なごやかレジデンス清水八坂(静岡県静岡市)他5施設を開設

なごやかレジデンス東大宮(埼玉県さいたま市)他1施設を開設

なごやかレジデンス河内天美(大阪府松原市)を開設

なごやかレジデンス藤沢本町(神奈川県藤沢市)他4施設を開設

なごやかレジデンス戸田公園(埼玉県戸田市)他2施設を開設

なごやかレジデンス多摩(東京都多摩市)を開設

なごやかレジデンス大宮日進(埼玉県さいたま市)を開設

なごやかレジデンスひばりヶ丘(東京都西東京市)他2施設を開設

 

3【事業の内容】

(1) 当社は、国家的重要施策である「地域包括ケアシステム」の構築という我が国社会保障制度・高齢者福祉制度の基本的設計を踏まえて、「サービス付き高齢者向け住宅」を拠点として、それに併設する「通所介護(デイサービス)」、「訪問介護・看護」及び「居宅介護支援」の多様なサービスをご提供できる「地域総合ケアセンター」の運営及び創業以来の単独の通所介護施設におけるデイサービスをコア事業としております。

 

(2) 上記のサービスを展開する各事業所の状況は次のとおりであります。

①「サービス付き高齢者向け住宅」は、「なごやかレジデンス」のブランド名にて、平成26年6月に稼働を開始

し、当連結会計年度末現在46箇所で運営しております。

  ②「通所介護」は、創業以来のコア事業として「デイサービスセンターなごやか」及び「なごやかデイサービス」のブランド名にて、当連結会計年度末現在、単独事業所は首都圏を中心に74箇所、ケアセンターの事業所は46箇所、合計120箇所で運営し、送迎、入浴及び食事のお世話、機能訓練、レクリエーションなどの介護サービスの提供を行っております。

  ③「訪問看護」は「なごやかナースステーション」、「訪問介護」は「なごやかヘルパーステーション」、また「居宅介護支援」は「なごやかケアプラン」のそれぞれブランド名にて、現在各1箇所で運営しております。

 

(3) フランチャイズ事業については、当社の通所介護事業におけるノウハウをもとに、質の高い通所介護サービスが全国どの地域でも均質に提供できる仕組みとして、当社の企業理念、事業展開の方法に共鳴いただく事業者に対し、当社の事業ノウハウを提供しフランチャイズ展開を図ってまいりました。「ホームケアセンター」のブランド名にて、当連結会計年度末現在36箇所でフランチャイズによる通所介護事業を運営しております。

 

  (4) さらに、当社の100%子会社の株式会社やまねライフはフードサービスを、また孫会社のワイ株式会社は介護関    連物品販売等をそれぞれ主な市場として、介護保険外の介護・医療周辺サービスを展開しております。該当事項    はありません。

 以上に述べました当社の事業内容と当該事業に係る事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 

 [事業系統図]

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

(1) 連結子会社

   会社の名称

     所在地

 資本金(千円)

   主要な事業の内容

議決権の所有割合(%)

      関係内容

(株)やまねライフ

 (注)1、3、4

中央区八重洲2ー2ー1

   50,000千円

食材・弁当販売

 100.0

当社へ食材、弁当提供

山清建設(株)

 (注)1

同上

   40,000千円

施設メンテナンス事業

 100.0

当社施設のメンテナンス

ワイ(株)

 (注)2

同上

    5,000千円

介護関連商品販売

(100.0)

 100.0

当社ご利用者への販売

 

    (注)1. 特定子会社に該当しております。

        2. 議決権の所有割合の(   )内は、間接所有割合で内数であります。

        3. 債務超過会社で債務超過の額は、平成27年3月末時点で95,783千円となっております。

        4. (株)やまねライフは、平成27年5月7日付で、商号を(株)八重洲クックライフへ変更しました。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成27年3月31日現在

 

セグメントの名称

従業員数(人)

         介護事業

 

773(664)

         その他

26 (22)

合計

 799(686)

(注)従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

 

(2)提出会社の状況

平成27年3月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

773(664)

44.5

2.7

3,407,033

 (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。





出典: 株式会社やまねメディカル、2015-03-31 期 有価証券報告書