有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第16期

第17期

第18期

第19期

第20期

決算年月

平成25年8月

平成26年8月

平成27年8月

平成28年8月

平成29年8月

売上高

(千円)

2,445,373

2,482,289

2,427,821

1,940,567

2,251,083

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

689,483

633,085

216,307

60,097

45,600

親会社株主に帰属する
当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

398,537

327,474

86,188

139,588

110,770

包括利益

(千円)

398,537

327,474

83,079

158,437

106,983

純資産額

(千円)

1,826,619

2,070,478

2,038,096

1,796,068

1,490,400

総資産額

(千円)

3,373,030

3,662,165

3,425,407

3,260,791

3,178,550

1株当たり純資産額

(円)

352.19

193.32

188.28

163.89

141.82

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

78.17

31.14

8.08

13.04

10.40

潜在株式調整後1株当
たり当期純利益金額

(円)

75.21

30.55

8.00

自己資本比率

(%)

53.5

56.2

58.8

53.8

46.5

自己資本利益率

(%)

24.0

17.0

4.3

7.4

6.9

株価収益率

(倍)

17.5

18.8

73.8

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

359,968

520,139

185,988

196,956

289,587

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

236,775

61,860

277,005

363,001

277,270

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

207,328

60,086

180,728

10,988

74,278

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

1,713,602

2,119,788

1,890,132

1,735,069

2,226,553

従業員数

(人)

122

134

158

116

135

(外、平均臨時
雇用者数)

(14)

(27)

(18)

(15)

(24)

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第17期において当社普通株式1株につき100株の割合をもって株式分割を行いましたが、第16期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

3.第18期において当社普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行いましたが、第17期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

4.第19期及び第20期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在するものの1株当たり当期純損失金額であるため、記載しておりません。

5.第19期及び第20期の株価収益率については、1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第16期

第17期

第18期

第19期

第20期

決算年月

平成25年8月

平成26年8月

平成27年8月

平成28年8月

平成29年8月

売上高

(千円)

2,413,976

2,432,126

2,337,466

1,834,480

1,763,365

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

722,811

722,237

378,195

13,208

58,564

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

413,585

416,961

28,885

193,165

152,327

資本金

(千円)

451,459

451,459

451,459

451,459

451,459

発行済株式総数

(株)

56,500

5,650,000

11,300,000

11,300,000

11,300,000

純資産額

(千円)

1,876,318

2,221,414

2,143,992

1,867,236

1,518,523

総資産額

(千円)

3,401,498

3,808,530

3,531,747

3,315,734

3,153,647

1株当たり純資産額

(円)

361.89

207.48

198.32

170.55

144.52

1株当たり配当額

(円)

2,450

24.50

10.00

(うち1株当たり
中間配当額)

(−)

(−)

(−)

(−)

(−)

1株当たり当期純利益
金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

81.12

39.66

2.71

18.05

14.30

潜在株式調整後1株
当たり当期純利益金額

(円)

78.05

38.90

2.68

自己資本比率

(%)

54.5

58.0

60.1

55.1

47.7

自己資本利益率

(%)

24.3

20.5

1.4

9.8

9.1

株価収益率

(倍)

16.9

14.8

220.0

配当性向

(%)

30.2

30.9

369.2

従業員数

(人)

121

134

158

116

104

(外、平均臨時
雇用者数)

(10)

(10)

(10)

(15)

(22)

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第17期において当社普通株式1株につき100株の割合をもって株式分割を行いましたが、第16期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。なお、1株当たり配当額については、当該株式分割前の実際の配当額を記載しております。

3.第18期において当社普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行いましたが、第17期の期首に当該株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。なお、1株当たり配当額については、当該株式分割前の実際の配当額を記載しております。

4.第19期及び第20期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在するものの1株当たり当期純損失金額であるため、記載しておりません。

5.第19期及び第20期の株価収益率については、1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。

6.第19期及び第20期の1株当たり配当額及び配当性向については、1株当たり当期純損失であり、かつ無配であるため、記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

当社は、平成10年4月1日付で、当社の前身である有限会社フラミンゴ(平成9年10月設立、所在地東京都港区赤坂2-15-16)の出資口数を現当社代表取締役社長の長沢一男が譲受けると同時に商号変更及び事業目的の変更を行い、当社としての事業を発足させました。

 

年月

概要

平成9年10月

当社の前身である有限会社フラミンゴ設立

平成10年4月

商号を有限会社フラミンゴから有限会社メディア工房に変更

平成10年5月

株式会社東京デジタルホン(現ソフトバンクモバイル株式会社)向けに、音声応答サービスによる占いコンテンツの配信サービス開始

平成10年9月

第二電電株式会社(現KDDI株式会社)が運営する「Dion」、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社(現ソネットエンタテインメント株式会社)が運営する「So-net」向けに占いをデジタルコンテンツ化して提供開始

平成10年10月

日本電気株式会社が運営する「BIGLOBE」(注)、ニフティ株式会社が運営する「@nifty」向けにコンテンツの提供開始

平成12年4月

資本金を16百万円として株式会社に組織変更

平成15年1月

KDDI株式会社が運営する「EZweb」向けにコンテンツの提供開始

平成15年11月

本社屋を東京都港区赤坂三丁目2番6号へ移転

平成16年4月

ヤフー株式会社が運営するYahoo!JAPANのサイトにコンテンツの提供開始

平成16年7月

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモが運営する「iモード」向けにコンテンツの提供開始

平成16年11月

物販サイト「満福館」を開設

平成17年7月

日本テレコム株式会社(現ソフトバンクテレコム株式会社)が運営する飲食店の卓上端末へのコンテンツの提供開始

平成17年8月

当社100%出資(資本金1,000万円)により「映像コンテンツの企画、制作、販売等」を目的に株式会社ムービーズを設立

平成18年9月

東京証券取引所マザーズに株式を上場

平成19年2月

「化粧品販売及びサロン運営」を目的に設立された株式会社TNKに出資し子会社化(資本金17,500万円 当社97.1%出資)

平成19年12月

株式会社TNKの全株式をYメソッド・ホールディングス株式会社へ売却

 

当社100%出資(資本金5,000万円)により「携帯電話機の受託販売及び周辺機器の販売」を目的に株式会社MKコミュニケーションズを設立

平成20年2月

当社100%出資(資本金3,000万円)により「化粧品、衣料品、アクセサリー等装身具の卸売、販売」を目的に株式会社アンクルールを設立

平成21年7月

「楽天あんしん支払サービス」を導入した占いポータルサイト向けにコンテンツの提供開始

平成21年9月

携帯電話向け無料ポータルサイト「本格鑑定 無料占い」の配信開始

平成21年12月

業容拡大に伴い、本社を東京都港区赤坂四丁目2番6号に移転

平成22年1月

株式会社アンクルールを吸収合併

平成22年2月

mixiアプリ向けにソーシャルゲーム「脳力検定やってmiso」をリリース、ソーシャルメディア向けにゲームアプリケーションの提供開始

平成22年5月

モバゲータウン向けにゲームアプリケーションの提供開始

平成22年8月

アンドロナビ(BIGLOBE)向けに無料占いアプリケーションの提供開始

平成22年10月

韓国Webサイト「STELLA-CAFÉ」向けに占いコンテンツの提供開始

平成23年1月

携帯電話向け無料ポータルサイト「美容ラボ」プレビューオープン

 

株式会社ムービーズを吸収合併

平成23年5月

ユリ・ゲラー氏とコンテンツ事業において業務提携

平成23年6月

スマートフォン(Yahoo!アプリ)向けに有料アプリケーションの提供開始

平成23年6月

株式会社MKアソシエイツを設立

平成23年7月

iPhone対応月額自動継続課金モデル利用の占いiOSアプリの提供開始

平成23年8月

Android有料アプリケーションの配信開始

 

リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社との業務提携による中国最大級SNSサイト「開心網」への占いコンテンツ提供決定

平成23年9月

当社占いサイトの登録会員数が100万人を突破

 

 

年月

概要

平成23年10月

中国向けコンテンツ提供第2弾、中国最大級ポータルサイト「QQ.com」への占いコンテンツ提供決定

平成23年11月

中国向けコンテンツ提供第3弾、「SOHU.com」への占いコンテンツ提供決定

 

NTTドコモ新サービス「dメニュー」向け、一挙26コンテンツの配信決定

平成23年3月

中国大手SNS「開心網」で、初めて日本の占いサービス「中国向け占いサービス 星情物語」を配信開始

平成24年4月

iモード(R)、EZweb、Yahoo!ケータイ公式サイトにて、有料コンテンツ「Dr's美容ラボ」を配信開始

平成24年7月

中国向け本格占いサービス「星情物語」をリリース、中国最大のポータルサイト「QQ.com」へ「カジュアル無料占い」の配信開始

平成24年8月

LINE(NHN Japan株式会社提供)の新コンテンツ「LINE占い」に無料占い及び人気占いを複数提供

 

中国向け無料占いを「百度」「SOHU.com」にて配信開始

平成24年10月

完全子会社である株式会社MKコミュニケーションズにおける携帯電話販売事業を譲渡

平成25年2月

配信網の拡大等を図るため韓国にて株式会社MKBコリアを設立

平成25年4月

LINE株式会社配信の「LINE」と連携した新規アプリ「LINE占い」へ有料・無料占いの提供を開始

平成25年5月

株式会社ギフトカムジャパンを設立

 

株式会社MKコミュニケーションズにて「電話占いサービス」を開始

平成26年6月

iPhone対応アプリ累計500万ダウンロード達成

平成26年10月

株式の取得及び第三者割当増資の引受けに伴い株式会社ブルークエストを子会社化

平成27年1月

自社ゲームブランド「OBOKAID'EM」を立ち上げる

平成27年3月

完全子会社である株式会社MKコミュニケーションズ及び株式会社MKアソシエイツを吸収合併

平成27年4月

第1弾パートナーゲーム「BOOST BEAST(共同開発元:株式会社アーゼスト)」をリリース

 

マルチプラットフォーム、世界約140カ国以上への同時配信に成功

 

第2弾パートナーゲーム「みどりのほし(共同開発元:PUMO)」の配信開始

平成27年11月

海外関係会社である株式会社メディア工房コリア(旧商号:株式会社MKBコリア)への増資の実施

平成28年1月

アイドル専門クラウドファンディングサービス「girls be(ガールズビー)」の提供を開始

平成28年3月

台湾の大手占いポータルサイト「click108」にて有料占いコンテンツ配信を開始

平成28年4月

OBOKAID'EM がフランス最大手携帯キャリアの Orange 社とサブスクリプション課金提携を開始

平成28年7月

韓国法人 KOREA MCN Co., Ltd.と、韓国及び中国への情報コンテンツ配信を目的とした業務提携契約を締結

平成28年8月

当社100%出資(資本金3,000万円)により「モバイルソーシャルゲームの開発・運営等」を目的に株式会社ルイスファクトリーを設立

平成28年9月

完全子会社である株式会社ルイスファクトリーが、株式会社エクスクウェイドよりソーシャルゲームのセカンダリー事業及び新規ソーシャルゲームの制作事業を譲受ける

平成28年10月

米国法人 DoubleMe,Inc と資本及び業務提携を開始

平成29年7月

海外関係会社である株式会社メディア工房コリア(旧商号:株式会社MKBコリア)の株式を売却

平成29年8月

自社ゲームブランド「OBOKAID'EM」を事業撤退

平成29年9月

当社100%出資(登録資本金1,000万人民元)により中国国内における事業展開の拠点として魅仕坊(上海)互聯网科技有限公司(英文表記:Media Kobo (Shanghai) Internet Technology Co .,Ltd.)を設立

 

(注) 「BIGLOBE」は、平成26年4月1日より、ビッグローブ株式会社の運営となりました。

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び連結子会社3社で構成されており、占いコンテンツ事業、ゲームコンテンツ事業、その他事業を展開しております。当社グループの事業内容及び当社と主な連結子会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

(1) 占いコンテンツ事業

当社及び連結子会社が、携帯電話向け及びPC向け占いコンテンツ、及びキャリア向け非占いアプリケーションゲームを中心に企画・制作・配信しております。また、LINE(注1)向けにお悩み鑑定を展開しております。 ISP (注2)、各移動体通信事業者、Apple や Google 等のプラットフォーム向けに占いコンテンツ等を企画・制作・配信するビジネスを中心に展開する他、電話による占いサービスの提供を行っております。

(2) ゲームコンテンツ事業

連結子会社が、海外ゲームの国内パブリッシング、国内向けソーシャルゲームの企画・制作・配信並びにソーシャルゲームのセカンダリー事業を行っております。

(3) その他

当社が、様々な分野に対し、新規事業を行っております。当連結会計年度においてはAI(注3)研究所の設立及び運営、並びに米国法人との協業によるVR(注4)事業を行っております。

 

(注) 1.LINE株式会社の提供するソーシャル・ネットワーキング・サービスアプリケーション

2.ISP:Internet Service Provider 電気通信事業者

3.AI:Artificial Intelligence 人工知能

4.VR:Virtual Reality 仮想現実

 

[事業系統図]

(当社)

 


 

(注) 1.占いコンテンツの制作に関しましては、コンテンツの企画段階から占い師へ監修を依頼し、占い師の協力のもとコンテンツを制作しております。

2.監修の対価として、占い師に対し、コンテンツの売上高に連動した一定料率の金額を、ロイヤリティとして支払っております。

 

(連結子会社)


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権の
所有割合

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社ギフトカムジャパン
(注)2

東京都港区

58,000千円

電話占い事業
その他

100%

役員の兼任

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社ブルークエスト
(注)2

東京都港区

81,314千円

ソーシャルゲームの配信・運用事業

54.74%

役員の兼任

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社ルイスファクトリー

(注)3

東京都港区

30,000千円

ソーシャルゲームのセカンダリー事業

ソーシャルゲームの制作事業

100%

役員の兼任

資金融資

 

(注) 1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.特定子会社に該当しております。

3.株式会社ルイスファクトリーについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

    主要な損益情報等 ① 売上高   414,295千円

    ② 経常利益   28,879千円

    ③ 当期純損失  16,345千円

    ④ 純資産額    13,237千円

    ⑤ 総資産額   218,298千円

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成29年8月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

占いコンテンツ事業

58

(15)

ゲームコンテンツ事業

43

( 4)

その他

18

( 2)

共通

16

( 4)

合計

135

(25)

 

(注) 1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマーは臨時雇用者数に含み、派遣社員は除く。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.共通として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(2) 提出会社の状況

平成29年8月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

104 (23) 名

33.8

3.8

4,390

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

占いコンテンツ事業

58

(15)

ゲームコンテンツ事業

12

( 2)

その他

18

( 2)

共通

16

( 4)

合計

104

(23)

 

(注) 1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマーは臨時雇用者数に含み、派遣社員は除く。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.共通として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: 株式会社メディア工房、2017-08-31 期 有価証券報告書