有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
〔資産の部〕
             
Ⅰ.流動資産
             
1.現金及び預金
   
262
   
67
 
2.繰延税金資産
   
9
   
5
 
3.未収入金
   
26
   
77
 
4.その他
   
2
   
6
 
流動資産合計
   
300
1.5
 
156
0.6
Ⅱ.固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物
 
1
   
1
   
減価償却累計額
 
0
1
 
0
1
 
(2)工具器具及び備品
 
1
   
1
   
減価償却累計額
 
0
0
 
0
0
 
有形固定資産合計
   
2
0.0
 
1
0.0
2.無形固定資産 
   
 
 
 
 
 
 ソフトウェア
   
 
 
5
 
無形固定資産合計
   
 
5
0.0
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
   
   
3,633
 
(2)関係会社株式
   
20,232
   
21,305
 
(3)繰延税金資産
   
0
   
778
 
(4)差入保証金
   
   
40
 
投資その他の資産合計
   
20,232
98.5
 
25,757
99.4
固定資産合計
   
20,235
98.5
 
25,764
99.4
資産合計
   
20,536
100.0
 
25,921
100.0
               

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
〔負債の部〕
             
Ⅰ.流動負債
             
1.短期借入金
   
   
1,100
 
2.関係会社借入金
   
72
   
1,072
 
3.未払金
 ※1
 
19
   
19
 
4.未払法人税等
   
28
   
19
 
5.その他
   
10
   
19
 
流動負債合計
   
130
0.6
 
2,230
8.6
Ⅱ.固定負債
             
1.長期借入金
   
   
4,400
 
固定負債合計
   
 
4,400
17.0
負債合計
   
130
0.6
 
6,630
25.6
〔純資産の部〕
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ.株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
3,000
14.6
 
3,000
11.6
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
3,000
 
 
3,000
 
 
(2)その他資本剰余金
 
14,232
 
 
14,232
 
 
資本剰余金合計 
 
 
17,232
83.9
 
17,232
66.5
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
繰越利益剰余金
 
241
 
 
261
 
 
利益剰余金合計 
 
 
241
1.2
 
261
1.0
4.自己株式
 
 
△72
△0.3
 
△72
△0.3
株主資本合計 
 
 
20,402
99.4
 
20,422
78.8
Ⅱ.評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
 
△1,134
△4.4
評価・換算差額等合計 
 
 
 
△1,134
△4.4
Ⅲ.新株予約権
 
 
3
0.0
 
3
0.0
純資産合計 
 
 
20,405
99.4
 
19,291
74.4
負債純資産合計 
 
 
20,536
100.0
 
25,921
100.0
               
②【損益計算書】
   
前事業年度
(自 平成18年10月2日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
百分比(%)
金額(百万円)
百分比(%)
Ⅰ.売上高
 ※1
 
537
100.0
 
934
100.0
Ⅱ.売上原価
   
 
 
 
売上総利益
   
537
100.0
 
934
100.0
Ⅲ.販売費及び一般管理費
 
           
1.給与・諸手当
 
117
   
248
   
2.広告宣伝費
 
39
   
2
   
3.支払手数料
 
27
   
93
   
4.諸税
 
18
   
8
   
5.交際費
 
11
   
0
   
6.株式報酬費用
 
3
   
   
7.賃借料
 
3
   
8
   
8.電算事務関係費
 
3
   
9
   
9.保険料
 
2
   
2
   
10.その他
 
8
235
43.8
26
401
42.9
営業利益
   
302
56.2
 
533
57.1
Ⅳ.営業外収益
             
1.受取利息
 
0
   
0
   
2.未払消費税等戻入益
 
2
   
4
   
3.雑収入
 
0
2
0.5
0
5
0.5
Ⅴ.営業外費用
             
1.支払利息
 
0
   
32
   
2.創立費
 
40
   
   
3.雑損失
 
2
43
8.1
32
3.4
経常利益
   
261
48.6
 
506
54.2
Ⅵ.特別利益
             
1.過年度損益修正益
 
17
17
1.8
税引前当期純利益
   
261
48.6
 
523
56.0
法人税、住民税及び事業税
 
29
   
41
   
法人税等調整額
 
△9
19
3.7
4
46
4.9
当期純利益
   
241
44.9
 
477
51.1
               
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年10月2日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
新株予約権
純資産合計
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
 資本準備金
その他
資本剰余金
その他
利益剰余金
繰越
利益剰余金
平成18年10月2日 残高
(百万円)
 事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当期純利益
 
 
 
241
 
241
 
241
自己株式の取得
 
 
 
 
△72
△72
 
△72
自己株式の処分
 
 
△0
 
0
0
 
0
株式移転による増加
3,000
3,000
14,232
 
 
20,232
 
20,232
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
3
3
事業年度中の変動額合計
(百万円)
3,000
3,000
14,232
241
△72
20,402
3
20,405
平成19年3月31日 残高
(百万円)
3,000
3,000
14,232
241
△72
20,402
3
20,405
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
評価・換算差額等
新株予約権
純資産合計
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
 資本準備金
その他
資本剰余金
その他
利益剰余金
その他有価証券評価
差額金
繰越
利益剰余金
平成19年3月31日 残高
(百万円)
3,000
3,000
14,232
241
△72
20,402
3
20,405
 事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
△457
 
△457
 
 
△457
当期純利益
 
 
 
477
 
477
 
 
477
自己株式の取得
 
 
 
 
△0
△0
 
 
△0
自己株式の処分
 
 
△0
 
0
0
 
 
0
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
△1,134
△0
△1,134
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△0
20
△0
19
△1,134
△0
△1,114
平成20年3月31日 残高
(百万円)
3,000
3,000
14,232
261
△72
20,422
△1,134
3
19,291
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年10月2日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
子会社株式
 移動平均法による原価法を採用しております。
子会社株式
同  左
その他有価証券
時価のあるもの
期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)により処理しております。
2.固定資産の減価償却の方法
有形固定資産
 定率法を採用しております。
 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
建物          15年
工具器具及び備品  5年〜6年
有形固定資産
 同  左
(会計方針の変更)
法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。これにより、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益に与える影響はありません。
無形固定資産
定額法を採用しております。
ソフトウェア
自社利用のソフトウェアは、会社所定の合理的耐用年数(見込利用可能年数最長5年)に基づく定額法により償却しております。
3.繰延資産の処理方法
 創立費は支出時に全額費用処理しております。
———————————————
4.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同  左
5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の処理について
 消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
消費税等の処理について
同  左
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1 関係会社に係る注記
 科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
※1 関係会社に係る注記
 科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
未払金
14百万円
未払金
11百万円
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年10月2日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 関係会社に係る注記
 科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
※1 関係会社に係る注記
 科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
受取配当金
229百万円
経営管理料
307百万円
受取配当金
459百万円
経営管理料
475百万円
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年10月2日 至 平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
自己株式
       
普通株式
− 
112
0
112
(注)普通株式の株式数の増加の主な内訳は、新株予約権の権利行使に備えるための増加であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
自己株式
       
普通株式
112 
0
0
112
(注)普通株式の株式数の増加の主な内訳は、新株予約権の権利行使に備えるための増加であります。
(リース取引関係)
項目
前事業年度
(自 平成18年10月2日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.借主側
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額
相当額
(百万円)
減価償却累計額
相当額
(百万円)
期末残高
相当額
(百万円)
工具器具及び備品
4
0
4
ソフトウェア
4
0
4
9
1
8
1.借主側
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額
相当額
(百万円)
減価償却累計額
相当額
(百万円)
期末残高
相当額
(百万円)
工具器具及び備品
5
2
3
ソフトウェア
4
2
2
10
4
5
 
(2)未経過リース料期末残高相当額等
未経過リース料期末残高相当額
(2)未経過リース料期末残高相当額等
未経過リース料期末残高相当額
 
1年内
3
百万円
1年超
5
百万円
8
百万円
1年内
3
百万円
1年超
2
百万円
5
百万円 
 
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
 
支払リース料
1
百万円
減価償却費相当額
1
百万円
支払利息相当額
0
百万円
支払リース料
3
百万円
減価償却費相当額
3
百万円 
支払利息相当額
0
百万円
 
(4)減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4)減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
 
(5)利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
(5)利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
 
(減損損失について)
リース資産に配分された減損損失はありません。
(減損損失について)
リース資産に配分された減損損失はありません。
(有価証券関係)
前事業年度(自平成18年10月2日 至平成19年3月31日)及び当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。 
(税効果会計関係)
項目
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.流動の部
(1)繰延税金資産
1.流動の部
(1)繰延税金資産
未払事業税否認
9
百万円
9
百万円
未払事業税否認
5
百万円
5
百万円
 
(2)繰延税金資産の純額
9
百万円
(2)繰延税金資産の純額
5
百万円
 
2.固定の部
(1)繰延税金資産
2.固定の部
(1)繰延税金資産
 
少額減価償却資産限度超過額
0
百万円
0
百万円
少額減価償却資産限度超過額
0
百万円
その他有価証券評価差額金
778
百万円
778
百万円
 
(2)繰延税金資産の純額
0
百万円
(2)繰延税金資産の純額
778
百万円
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
法定実効税率
40.7%
 (調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.8%
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△35.8%
 住民税均等割
0.2%
 その他
0.6%
 計
△33.2%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
7.5%
法定実効税率
40.7%
 (調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.1%
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△33.5%
 住民税均等割
0.2%
 その他
1.3%
 計
△31.9%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
8.8%
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年10月2日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
  624円36銭
1株当たり当期純利益金額
 7円39銭
1株当たり純資産額
590円27銭
1株当たり当期純利益金額
14円62銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
(注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年10月2日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 当期純利益(百万円)
241
477
  普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
241
477
期中平均株式数(千株)
32,696
32,677
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
新株予約権1種類
(新株予約権の数 1,094個)
新株予約権1種類
(新株予約権の数 1,056個)
(重要な後発事象)
前事業年度(自平成18年10月2日 至平成19年3月31日)
該当事項はございません。
当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
該当事項はございません。 
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
      【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
東洋証券
6,860,000
2,126
水戸証券 
5,560,000
1,506
小計
12,420,000
3,633
12,420,000
3,633
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高
(百万円)
有形固定資産
             
建物
1
1
0
0
1
工具器具及び備品
1
1
0
0
0
有形固定資産計
2
2
0
0
1
  ソフトウェア 
6
6
1
1
5
無形固定資産計
6
6
1
1
5
繰延資産計
 (注)当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。 
ソフトウェア 
 内部統制運用ツール 6百万円
 
【引当金明細表】
            該当事項はありません。 




出典: 株式会社JBISホールディングス、2008-03-31 期 有価証券報告書