有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






(関連当事者との取引)

 前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)

  該当事項はありません。

 

 当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)

  該当事項はありません。

 

【企業結合等関係】

前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)

  該当事項はありません。

 

当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)

 該当事項はありません。

【1株当たり情報】
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
1株当たり純資産額
34,817円24銭
1株当たり当期純利益金額
10,397円80銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、ストックオプション制度に伴う新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。

 
 
1株当たり純資産額
60,891円36銭
1株当たり当期純利益金額
16,069円08銭
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額
15,020円10銭

 

 (注)1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおり
であります。

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
 当期純利益(千円)
157,526
244,314
 普通株主に帰属しない金額(千円)
 普通株式に係る当期純利益(千円)
157,526
244,314
 普通株式の期中平均株式数(株)
15,150
15,204
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額
 当期純利益調整額(千円)
 普通株式増加数(株)
1,061
 (うち新株予約権)(株)
(1,061)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の概要
新株予約権5種類
(新株予約権の数75個・883個・20個・17個・366個 合計1,361個)

 

 

(重要な後発事象)

前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)

    該当事項はありません。

 

当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)

 該当事項はありません。





出典: 株式会社エス・エム・エス、2008-03-31 期 有価証券報告書